アコムの返済額について解説

「アコムで借入れしたいけど、毎月の返済がキツいとイヤだな…」

たとえカードローン審査をクリアして借入れできても、毎月ちゃんと払っていけるか不安ですよね。

しかしアコムなら毎月の最低返済額は3,000円からと、収入が少ない方でも生活に余裕をもって返済を続けられる金額になっています。

またお近くの提携コンビニATMから24時間いつでも繰り上げ返済できるので、「いつまでたっても完済できない…」という心配もありません。

このページでは返済シミュレーションを通して、「アコムで毎月返済するとどれくらいの金額・期間で完済できるのか」を詳しく解説。

また”毎月の返済額を減らす秘技”をまで紹介しているので、アコムの返済額をおトクに抑えたい人は一見の価値アリです。

関連記事▼アコムの基本情報や審査については以下のページで詳しく説明しています。

【アコム審査】7つの特徴と4つの審査基準、知りたくない?【審査落ち撲滅】

「アコムの利息高いな…」と感じている人へ

現在アコムを利用中の方は、低金利の銀行カードローンに借り換えれば今よりも利息を安く抑えられます。

  • 80万円の借入れ
    →完済までの利息が約5万円安くなる
  • 150万円の借入れ
    →完済までの利息が約13万円安くなる

借り換え先としておすすめなのがみずほ銀行カードローン。

どれだけ高くても年14.0%※、一番安くて年2.0%の低金利で利用できるので、借り換えれば今よりも確実に金利が下がります。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローン

\アコムからの借り換えにおすすめ/みずほ銀行カードローンへの借り換えに申し込む

みずほ銀行への借り換えについて詳しく知りたい人は下記のページも読んでみてください。

みずほ銀行カードローンへの”借り換え”で金利はどれだけ下がる?審査のポイントも解説

アコムなら毎月の最低返済額は毎月3000円~でOK!無理なく完済できる

アコムの毎月の最低返済額は3,000円からでOK。

たとえば「毎月の収入が5万円だけ」と収入が少ないアルバイト・パートの方でも、しっかりと返済し続けられる金額設定になっています。

借入れ金額 返済額の目安
5万円 3,000円
10万円 5,000円
30万円 13,000円
50万円 15,000円
80万円 24,000円
100万円 30,000円
300万円 45,000円
500万円 75,000円

上記のように借入れ金額ごとに毎月の返済額が変わるので、利用を考えている金額の返済額を申し込み前にチェックしておきましょう。
(参考:【カードローン全10社の最低返済額を比較】毎月の返済額が安いのはどこ?)

毎月の返済額は”利息込み”の金額

毎月の返済額は「利息分も含まれている金額」になっています。
(例:返済額3,000円=返済に宛てられるお金:2,000円+利息:1,000円)

利息を計算して上乗せする…という必要はないので、毎月決められた同じ金額を返済し続ければOKです。

返済シミュレーションで完済までのイメージをつかむ【10万円・30万円・50万円・100万円】

実際にアコムで最低返済額で返済を始めた時に、

  • 利息と返済総額がいくらになるのか
  • 完済するまで何ヶ月かかるのか

をシミュレーションしてみました。

借入れ金額 毎月の返済額 返済期間 返済総額 利息
10万円 5,000円 24ヶ月 11万9,772円 1万9,772円
30万円 1万3,000円 29ヶ月 37万993円 7万993円
50万円 1万5,000円 47ヶ月 59万8,327円 19万8,327円
100万円 3万円 44ヶ月 130万1,674円 30万1,674円

「アコムで借入れするとこれくらいの利息・期間がかかるんだな」と、完済までのイメージをつかむ参考にしてみてください。

アコムは毎月の最低返済額を減額・変更できる!

アコムでは返済が進み借入れ残高が減っていくと、毎月の最低返済額を変更できます。

【アコムの最低返済額は「定率リボルビング方式」で決まる!】

アコムの返済方式は「定率リボルビング方式」。

借入れ金額×借入れ残高ごとに決められた一定の割合」によって毎月の返済額を決める仕組みのことです。

“一定の割合”は、契約時に設定された利用限度額によって異なります。

利用限度額 返済額(金利年18.0%とした場合)
30万円以下 借入れ残高×4.2%
30万超~100万円以下 借入れ残高×3.0%
100万円超 借入れ残高×1.5%~3.0%

 

■例:5万円を借りた場合

5万×4.2%=2,100円
→1,000円未満がある場合は切り上げるので、返済額は3,000円

つまり「借入れ残高が減るほど毎月の返済額が安くなる」ということです。

【利用限度額が50万円の場合】設定される一定の割合…3.0%

残高 返済額
50万円 15,000円
(50万円×3.0%)
30万円<20万円返済> 9,000円に変更可能
(30万円×3.0%)
10万円<40万円返済> 3,000円に変更可能
(10万円×3.0%)

1,000円未満は切り上げになるので、返済額を変更できるのは前回の返済額より1,000円以上減額できたときのみです。

 

ただ、返済を進めたて残高が減っても毎月の返済額は自動で減らないので、下記いずれかの方法で手続きする必要があります。

  • アコムの会員ページ「各回の返済(支払い)金額変更のお申込み」
  • アコムATM
  • アコムへ電話

減額が可能な時のみ、画面上に表示されます

もちろん毎月の返済額を減らすと利息を支払う期間が長くなる(=返済期間が延びる)ので、返済額の変更は慎重に検討してください。

毎月の返済が苦しいときは「最低返済額の減額」を相談するのもアリ

「このまま同じ額を返済するのはどうしても苦しいかも…」という場合は、払えなくなる前にアコムに電話で相談しましょう。

事情を説明すれば、一時的に返済額を減らしてもらえる可能性があります。

アコムなら一時的に返済額を減額できる

公式サイトにもハッキリと明記されているので、減額することを後ろめたく思う必要はありません。

返済額は最大で「利息のみの支払い」まで減額可能です。

ただし利息のみを返済し続けても借金は1円も減らないので、短期間のみの利用にとどめて返済計画を立て直すことに専念しましょう。

アコムの返済額はネットでカンタンに確認OK

「今の返済額いくらだっけ?」という時は、インターネット・専用アプリの利用がおすすめ。

会員ページにログインして「残高期日照会」を選択するだけで、24時間いつでも確認できます。

上記2つ以外にも、

  • アコムプッシュホンサービス24(0120-134-567)に電話する
  • アコムのATMや提携ATMで確認する
  • 自動契約機(むじんくん)やアコム店舗に立ち寄る

といった方法があります。

確認できる内容はどれも同じなので、自分がやりやすい手段を選ぶようにしてください。

アコムの公式サイトをチェック>

アコムをできるだけおトクに返済するには「繰り上げ返済」がカギ!

「アコムをできるだけ早く・おトクに完済したい」という方は、繰り上げ返済の利用がおすすめです。

icon-hand-o-right 繰り上げ返済(臨時返済)とは?

毎月決められた返済額とは別に、返済日の前後に”繰り上げて”追加で入金すること。

繰り上げ返済分の入金には利息がかからないので、全額返済に充てられます

繰り上げ返済をするとローン残高が早く減る分、返済期間を短縮して完済までに支払う利息を安くできます。

【50万円を返済する場合の返済期間と利息の比較】

①最低返済額だけで完済した場合
(繰り上げ返済なし / 毎月1万5,000円×47ヶ月の返済)

完済までにかかる期間 47ヶ月
返済総額 69万8,327円
利息 19万8,327円

 

②2万円の繰り上げ返済を2回した場合
(毎月1万5,000円×40ヶ月の返済+繰り上げ返済20,000円×2ヶ月)

完済までにかかる期間 40ヶ月
返済総額 65万8,981円
利息 15万8,981円

→2万円を2回繰り上げ返済しただけで、完済までにかかる利息を約4万円もカットできる上に、完済が7ヶ月早くなる

(参考:繰り上げ返済(随時返済)をすれば利息を節約できる

アコムでは一括返済も受付けOK

「ローン残高が5万円だけだし、いっぺんに完済したい」など一括返済をしたい方は、まずアコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話してください。

返済残高は利息によって毎日変わっているので、電話をすれば「一括返済予定日・返済額」を決めてくれます。

一括返済は1円単位で返済できる「インターネット・店頭窓口・銀行振込み」の利用がおすすめ。

また完済しないとアコムの解約ができないので注意してください。

提携ATMなら24時間いつでも、自分の好きなタイミングで繰り上げ返済できる

繰り上げ返済のタイミングはボーナス返済はもちろん、「今月はちょっと余裕があるから多めに払おうかな」など自分の好きなタイミングでOK。

返済方法 手数料0円
インターネット マル
提携ATM サンカク
※1
アコムATM マル
銀行振込 サンカク
※2
店頭支払い マル

※1 1万円以下の取引だと110円・1万円以上の取引だと220円
※2 金融機関によって異なります

特に提携コンビニATMなら24時間いつでも利用できるので、外出ついでに繰り上げ返済できるのもうれしいポイントです。

アコムの提携ATM一覧

【自社ATM】

  • アコム

 

【提携コンビニATM】

  • セブン銀行ATM(セブンイレブン)
  • ローソンATM(ローソン)
  • イーネット(ファミリーマートなど)
  • ゼロバンクATM(サークルKなど)

 

【提携銀行ATM】

  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • 第三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行

 

【その他】

  • クレディセゾンATM

 

口座振替なら引き落とし金額の変更ができる!

毎月の返済方法が口座振替の方は、毎月の引き落とし金額を変更するのも1つの手段。

口座振替では毎月最低返済額が引き落としされています。

もし「この調子なら多めに支払っていけそう」と思ったら、「引き落とし金額を上げたいのですが…」とアコム総合カードローンデスクへ電話して返済金額を設定し直してください。

  • 電話番号:0120-629-215
  • 受付時間:平日9:00~18:00

関連記事カードローンをおトクに返済するコツを知りたい方は下記もチェックしてみてください。

【カードローンの返済のコツ3選】ムダなお金を節約したい人必見!

アコムの月々の最低返済額は3,000円と低めの金額設定で、生活の負担なく返済を続けられます。

返済を進めるほど毎月の返済額を安くできるのもうれしいポイントです。

万が一支払いが苦しくなっても、アコムに相談すれば一時的に返済額の減額利息のみの支払いに親身になって対応してもらえます。

逆に「できるだけおトクに、すばやく完済したい!」という場合は、「繰り上げ返済」を活用するのがおすすめ。

提携コンビニATMなら24時間いつでも繰り上げ返済できるので、自分の好きなタイミングでムリなく利息を減らせます。

アコムのカードローンは

  • なるべく生活に負担をかけずに返済したい
  • 利息を抑えておトクに完済したい

といった様々なライフスタイルに合わせやすいカードローンだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク