ファーストビュー

「アコムでお金を借りるにはどんな書類を用意すればいいの?」
「アコムを利用したいけど必要書類が多かったらめんどうだな…」

このような疑問や不安をお持ちの方のために、このページではアコムに審査を申し込む上で必要な書類について解説していきます。

結論からいうと、アコムへの申し込みで必要なのは、運転免許証などの本人確認書類たった1枚だけ!

50万円以下の借入れなら収入証明書なしで審査を進めてもらえます。

また書類を1枚提出するだけで、土日・祝日も申し込んだ日のうちに借入れできるのもうれしいポイントです。

 

本当に収入証明書の提出なしでリスクはないの?」というギモンにもしっかり答えているので、申し込み前にぜひチェックしてみてください。

関連記事これからアコムに申し込む人は、下記ページもあわせてチェック!

【アコム審査】7つの特徴と4つの審査基準、知りたくない?【審査落ち撲滅】

アコムは本人確認書類1枚で申し込める!収入証明書なしでもOK

アコムは本人確認書類だけで申し込める

基本的にアコムは本人確認書類1枚だけで申し込みOKです。

icon-hand-o-right アコムの審査で使える本人確認書類

(※いずれか1枚でOK)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

※健康保険証など「顔写真がない書類」の場合は、「現住所の印刷された書類(住民票の写し、公共料金の領収書など)」も提出する必要があります。

(参考:【決定版】カードローン審査の必要書類&事前準備

本人確認書類は「申し込んできた人が”申し込み者本人”か」を確認するために必要な書類です。

  • 記載情報が現在のものと異なっていないか
  • 書類の有効期限が切れていないか

上記2点はしっかり確認しておきましょう。

① 運転免許証

アコムに提出する本人確認書類は「運転免許証」が1番おすすめ。

  • 顔写真
  • 氏名
  • 生年月日
  • 現住所

などの必要情報が1枚で揃うので、”バツグンに信用力の高い”本人確認書類だと言えます。

アコムでも推薦されているので、持っている方は運転免許証さえ出せば間違いありません

アコムでは本人確認書類として運転免許証が推奨されている

手元にあれば便利な運転免許証ですが、提出前には下記3つのポイントを必ず確認しておきましょう。

運転免許証の確認ポイント3つ
  • 有効期限が切れていないか(取得・更新時から3年~5年)
  • 発行時から氏名・住所が変更になっていないか
  • 現住所・生年月日に間違いがないか

もし紛失してしまっても、運転免許センターに行けば即日で再発行可能です。

② パスポート

アコムでは「パスポート」でも本人確認ができます。

顔写真がついているので、運転免許証と同様に1枚だけ提出すればOKなのがうれしいポイント。

特に「免許は持ってないけど、できるだけ用意する書類を減らしたい」という方におすすめです。

ただパスポートは有効期限が最長10年と長い一方で、住所が古い情報になっていることもあるのできちんとチェックしておきましょう。

パスポートの確認ポイント4つ
  • 有効期限が切れていないか(取得から5年~10年)
  • 現住所が正しく記載されているか
  • 氏名・生年月日が正しく記載されているか
  • 顔写真がついているか

外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」の提出が必要

外国籍の方がアコムに申し込むには、下記いずれかの書類の提出が必要です。

  • 在留カード(一時的に日本に滞在している留学生など)
  • 特別永住者証明書(日本での永住権を取得した人)
外国籍の方が必要な書類
共通の本人確認書類
(いずれか1枚)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
 追加で必要な書類
(どちらか1枚)
  • 在留カード
  • 特別永住証明書

本人確認書類は、原則として日本国内で発行されたものでないと受付けてもらえないので要注意。

ただし「パスポート」だけは”全世界共通の本人確認書類”として認められているので、再発行の必要なしで利用できます。

(参考:外国人のカードローン審査について徹底解説【永住権なしでもOK】)

② 健康保険証

社会保険証」「国民健康保険証のどちらでも、本人確認書類として利用できます。

健康保険証を提出する場合は、住所の記載や有効期限をしっかりチェックしておくのがポイントです。

健康保険証の確認ポイント3つ
  • 有効期限が切れていないか(国民健康保険の場合は1年)
  • 手書きの現住所が裏面にしっかり書かれているか
  • 氏名・生年月日が正しく記載されているか

紛失した場合、国民健康保険証なら申請した当日中に再発行OK

ただし社会保険証は再発行に1週間ほどかかるので、他の本人確認書類で代用したほうがスムーズです。

④ 個人番号カード(マイナンバーカード)

個人番号カード(マイナンバーカード)も本人確認書類として利用できます。

提出するのは表面の写しのみなので、「個人番号」が載っている裏面は必要ありません。
※個人番号を第三者に伝えることは法律で禁止されています。

個人番号カードの確認ポイント2つ
  • 発行から住所が変わっていないか
  • 氏名・生年月日が正しく記載されているか

ただし「通知カード」に関しては取り扱ってもらえないので注意してください。

顔写真のない書類の提出には「現住所がわかる書類」も必要!
  • 健康保険証
  • 顔写真のないマイナンバーカード

など顔写真のない書類を提出する場合は、「現住所がわかる書類」の準備も必要です。

【アコムで使える現住所がわかる書類】(※いずれか1つでOK)

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道等)
     ※「携帯電話の領収書」は不可
  • 納税証明書

いずれも領収日・発行日から6ヶ月以内のものしか使えないので注意してください。

今すぐアコムに申し込む!>

アコムで50万円以上借りるなら収入証明書が必須

高額の借入れを希望するなら収入証明書類を用意しよう

  1. アコムで借入れる金額が50万円を超える
  2. 他社借入れとの合計が100万円を超える

アコムでは上記のような”高額の借入れ”を希望するときに収入証明書の提出が必須です。

icon-hand-o-rightアコムの審査で使える収入証明書

(※いずれか1枚でOK)

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書(住民税決定通知書)
  • 所得証明書
  • 確定申告書(青色申告書・収支内訳書)

(参考:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローン申込者向け】)

収入証明書は「定期的い安定した収入があるか」を確認する書類で、審査ではかなり重視されるもの。

「印鑑が押されていない」「発行日が確認できない」など、細かいミスが1つあるだけで提出を受付けてもらえません

提出前には”審査で使える収入証明書の条件”を満たせているか、しっかりチェックするようにしましょう。

関連記事「そもそも収入証明書はどこで発行できるの?」という方は下記を参考にしてください。

収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

① 源泉徴収票

源泉徴収票」は1番用意しやすい収入証明書。

会社に1年以上勤めていれば毎年1回・毎年12月~1月に交付されるので、特別な手続きや手数料なしで取得できます。

原則として提出できるのは”最新のもの(前年度分)のみ”ですが、1月~2月の確定申告前なら前々年度のものでもOKです。

源泉徴収票の確認ポイント4つ
  • 最新年度(前年度分)のものか
  • 氏名・現住所が正しく書かれているか
  • 収入額・所得額が正しく、ハッキリ書かれているか
  • 勤務先名/住所が記載されているか

また手元にない場合でも、会社の人事や総務に問い合わせれば手数料0円で再発行できます。

② 給与明細書

毎月会社やアルバイト先で発行される「給与明細」も収入証明書になります。

直近1ヶ月分のみの提出でOKなので、パート主婦の方やアルバイトの学生の方でもカンタンに用意できます。

ただし

  • 入社が前年1月以降
  • 住民税(地方税)の記載がない

という場合は、直近2ヶ月分の提出が必須なので注意してください。

給与明細の確認ポイント4つ
  • 最新(直近の年月)のものか
  • 名前に間違いがないか
  • 月収が正しくハッキリ記載されているか
  • 勤務先名(発行元)が書かれているか

手書きの給与明細は「社判・社印」が必要

アコムでは手書きの給与明細も利用できますが、勤務先の社判(社印)が必要になります。

アコムでは手書きの給与明細を利用する場合は、社判もしくは社印が必要です

担当印のみだと受付けてもらえないので注意してください。

③ 市民税・県民税額決定通知書(住民税決定通知書)

市民税・県民税額決定通知書も収入証明書として提出OK。

住民税は前年度の年収に応じて決められるものなので、「収入を証明できる書類」として使えるんですね。

毎年毎年5月~6月

  • 会社に勤めている場合:勤務先から手渡しされる
  • 個人事業主や自営業の場合:市区町村役場から自宅に郵送される

ので、特別な手続き・手数料なしで取得できます。

市民税・県民税額決定通知書の確認ポイント4つ
  • 最新年度(前年度分)のものか
  • 氏名に間違いがないか
  • 「収入金額」「所得金額」が正しくハッキリ記載されているか
  • 「発行日」「発行元」が書かれているか

書類の名前や発行時期は地域ごとに異なるので、詳しくはお住まいの市区町村役場に問い合わせてみてください。

④ 所得証明書

所得証明書とは「1年間の収入額を証明する書類」のこと。

市区町村に申告しているすべての収入が記載されるので、バイト・パートを掛け持ちしている学生や主婦の方におすすめです。

ただし発行には「顔写真付きの身分証」「手数料300円程度」が必要なので事前に用意しておいてください。

所得証明書の確認ポイント4つ
  • 最新年度(前年度分)のものか
  • 氏名に間違いがないか
  • 「所得金額」「収入金額」が正しくハッキリ記載されているか
  • 「発行日」「発行元」が書かれているか

市区町村役場へ直接手続きする他に、郵送やコンビニで受け取れるサービス(※)も活用してみるといいでしょう。
※お住まいの市区町村によって仕組みは違います。

⑤ 確定申告書(青色申告書・収支内訳書)

自営業や個人事業主の方は「確定申告書(青色申告書・収支内訳書)」の提出がおすすめ。

住民税と同様に、収入から必要な税金を支払うために発行する書類なので収入証明書」になります。

1月~3月に税務署へ提出したものを用意するだけなので、余計な手間や手数料がかかりません。

万が一失くしてしまった場合は、税務署に行けば手数料300円程度で再発行してもらえます。

確定申告書(青色申告書・収支内訳書)の確認ポイント5つ
  • 最新年度(証明年度が前年)のものか
  • 個人番号(マイナンバー)を見えないように加工しているか
  • 氏名に間違いがないか
  • 「収入金額」「所得金額」が正しくハッキリ書かれているか
  • 「税務署受付印」または「税理士名」が記載されているか

また確定申告書を「電子申告(e-TAX)」で発行した方は

  • 税務署に提出した日付
  • 提出した税務署名

を余白に記載してから、アコムに提出するようにしましょう。

 

“収入証明書の偽造”は厳禁!

収入に不安があるからといって収入証明書を偽造するのはゼッタイにやめてください

審査後に偽造がバレると、借りたお金の一括返済&カードローンの強制解約を要求されます。

最悪の場合、詐欺罪に問われて最長で10年の懲役を課せられることも…。

そもそも収入証明書を偽造するには、1~2万円もの費用をアリバイ会社に支払わなければなりません。

“お金を借りるためにお金をかける”のは本末転倒なので、リスクを負ってまで偽造するメリットは皆無と言えるでしょう。

(参考:収入証明書を偽造してカードローン審査に申し込んだらヤバイってマジ??

さっそくアコムでお金を借りる>

アコムで収入証明書を提出しない・無視するとデメリットしかない

アコムから収入証明書の提出を求められたら必ず提出しよう

前述した通り、基本的にアコムは本人確認書類1枚で借入れできますが、収入証明書の提出を求められる場合もあります。

提出を依頼されたときに「収入証明書を用意するのはめんどう…」と思うかもしれませんが、無視するのはゼッタイにNGです。

「○日提出しなかったらダメ」という具体的な期限は決められていませんが、提出を求められたら1週間以内には出しておくのが得策でしょう。

未提出のまま放っておくと、これからはじめて審査受ける人/すでにアコムを利用している人のどちらもデメリットしかありません。

はじめて審査に申し込む人:希望する金額を借りられない、または審査落ちの原因になる

はじめてアコムの審査に申し込む人が収入証明書の提出に応じないと、希望する金額が借りられないだけでなく、最悪審査落ちしてしまいます。

前述したように、アコムで高額の借入れを希望する場合は収入証明書の提出が必須です。

50万円を超える借入れを希望するときに収入証明書を提出する」のは法律で定められたルールなので、ゼッタイに避けられません。

たとえ審査に通っても「100万円借りたかったのに、20万円になってしまった」など、希望する金額を借りられない可能性があります。

またすでに他社借入れがある方は収入証明書を提出しないと審査を進められないので、そのまま審査落ちしかねません。

すでにアコムを利用している人:限度額の減額やカードローン利用停止のリスクがある

アコムを利用中に収入証明書の提出に応じないと、限度額を大幅に減らされたり、利用停止になったりするリスクがあります。

初回審査以降に収入証明書の提出を求められるのは、アコムの利用期間が3年を超える場合。

「一回契約してるし無視しても大丈夫でしょ」と思うかもしれませんが、提出しないと50万円以下まで限度額が減額される可能性が高いです。

またアコムを含む消費者金融カードローンは、「年収の3分の1以上の金額を貸してはいけない(=総量規制)」と法律で決められています。

【年収の3分の1の金額<アコムを含むローン残高の合計】になっていないかを定期的にチェックしなければなりません。

収入証明書を提出しないと年収が確認できないので、そのままカードローンの利用停止になってしまうこともあります。

総量規制について詳しく知りたい方はこちら
総量規制対象外でお金を借りるための全知識【Q&A】

アコムの公式サイトをチェック>

【アコム必要書類の提出方法】スマホで撮ってアップロードするだけでOK

必要書類はスマホで撮って「アコムの公式サイト・アプリ」にアップロードするだけだからラクチン

アコムの書類提出方法は以下の5つから選べます。

  1. ネット(会員ページ・専用アプリ)
  2. 自動契約機
  3. 店頭窓口
  4. FAX
  5. 郵送(専用封筒で送付)

1番カンタンなのがネットから提出する方法。

スマホで撮った写真をネットにアップロードするだけなので、ほとんど手間がかかりません。

acom_upload

「公式サイトの会員ページ」または「専用アプリ」にログインすれば、24時間いつでも書類提出OKです。

 

書類に不備があると再提出になることも…

提出した書類の有効期限が切れている・内容が不足しているといった不備があると、再提出になりかねません。

書類に問題がなくても

  • アップロードした写真が暗くて見辛い
  • 画像がボケていて文字が読み取れない

だけでも審査はできないので、書類の写真は明るい場所でハッキリ写すように心がけましょう。

また審査落ちの原因になりかねないので、アコムから書類の再提出依頼が来たら必ず対応してください。

今すぐアコムに申し込む>

アコムの書類提出のタイミングは「仮審査結果の通知後」

アコムの書類を提出するタイミングは、仮審査の結果の連絡が来た後

【アコムの審査の流れ】

  1. 借り入れの申し込み
  2. 仮審査の結果の電話
  3. 必要書類の提出
  4. 審査・在籍確認
  5. 審査結果通知
  6. 借り入れ

(参考:【アコム審査】7つの特徴と4つの審査基準、知りたくない?【審査落ち撲滅】

仮審査結果がわかるのは、申し込みから最短30分後になっています。

スムーズに審査を進めたいなら、アコムに申し込む前にあらかじめ必要書類を用意しておくのがベターです。

基本的にアコムは本人確認書類1枚で申し込み・借入れできます。

ただし50万円を超える高額の借入れを希望する場合は、収入証明書が必須になるので注意してください。

審査をスムーズに進めるためには、”書類が提出できる条件をクリアしているか”を事前に確認しておくことが大切です。

提出書類の確認ポイントをおさらい!

■本人確認書類の確認ポイント

  • 申し込み者の氏名が正しく記載されているか
  • 現住所が現在のものと異なっていないか
  • 有効期限が切れていないか

 

■収入証明書の確認ポイント

  • 年収に誤りがないか
  • 申し込み者の氏名が正しく記載されているか
  • 現在の勤務先の住所が書かれているか
  • 最新年度のものか
  • 必要な押印(市区町村の発行印・税務署印・社判など)があるか

書類の提出は、会員ページまたは専用アプリからスマホで撮影した写真をアップロードするのがおすすめ。

ただし書類自体に問題がなくても、書類の画像が暗かったり、ボケていたりすると再提出になりかねないので注意してください。

アコムに申し込む前に必要書類をカンペキに用意して、スムーズな借入れを達成しましょう。

アコムの公式サイトをチェック>

◯この記事のアドバイザー◯
【保有資格】
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員
MBA(ファイナンス)
キャリアコンサルタント
TOEIC講師

どんな資格を最低コストで取得すれば、自分に合った職業に最短かつストレスなく就くことができるかについても個別にアドバイス提供。

スポンサーリンク

スポンサーリンク