ファーストビュー

「アイフルのおまとめローンのメリット・デメリットは?どれくらいおトクになるの?」
「アイフルおまとめローンの審査って厳しいの?」

アイフルは通常カードローンのイメージが強く、おまとめローンがあることを最近知った方も多いのではないでしょうか。

アイフルのおまとめローンは年収や雇用形態の制限なく、幅広い層の方が申し込めるのが最大の特徴。

また総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借入れがあっても最大800万円までおまとめできるのもうれしいポイントです。

このページではアイフルおまとめローンのメリット・デメリットから審査基準まで徹底解説。

おまとめローン後も借入れできるの?」というギモンまでしっかりフォローしているので、ぜひ参考にしてみてください。

【アイフル おまとめローンの基本情報】

アイフルのバナー

金利(実質年率) ①おまとめMAX 3.0%~17.5%
②かりかえMAX 3.0%~17.5%
利用限度額 最大800万円
 返済日 6日・23日・27日から選択
 申込条件 【おまとめMAX】
満20歳以上、安定した収入と返済能力を有する方
【かりかえMAX】
はじめてアイフルを利用する方
満20歳以上、安定した収入と返済能力を有する方
 必要書類 ■本人確認書類
(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
■収入証明書
(給与明細書、確定申告書など)
■他社借入条件等の確認ができる書類
(利用明細・契約書など)


アイフルのおまとめローンには「借り換えMAX」と「おまとめMAX」の2種類がありますが、金利や限度額などの条件は同じです。

  • かりかえMAX初めてアイフルを利用する方向け
  • おまとめMAX…アイフルを利用したことがある/利用中の方向け

上記のようにアイフルを利用しているかどうかで利用できるローンが変わるだけです。

アイフルで借金を一本化する

アイフルおまとめローンのメリット・デメリット

アイフルでおまとめするメリット・デメリットは以下のとおりです。

■メリット
申し込み条件は2つだけで審査が前向き、最大800万円までおまとめできる

■デメリット
借入れ元に制限があり、おまとめ後はアイフル「おまとめローンでは」追加借入れできない

【メリット】アイフルは審査に前向きで最大800万円までおまとめできる

アイフルのおまとめローンは幅広い人が利用できて最大800万円まで借換えできる。

アイフルおまとめローンには以下のメリットがあります。

icon-hand-o-right アイフルおまとめローンのメリット4つ
  1. 申し込み条件が2つしかなく、前向きな審査をしてくれる
  2. 年収の3分の1以上の借入れもおまとめできる「おまとめ専用ローン」
  3. 最大800万円の限度額で高額の借金も全てまとめられる
  4. 代理返済で元の借入れ先に返しに行く手間が省ける

アイフルのおまとめローンには年収や雇用形態に制限がありません

  • 満20歳以上の方
  • 毎月安定して収入を得ている方

この上記2つの審査条件を満たす方ならどなたでも申し込みOKです。

毎月の収入があるならアルバイトの学生・パートの主婦の方も利用できるので、幅広い方に前向きな審査をしていることが伺えます。

また総量規制の例外※なので年収の3分の1以上ある高額の借入れも最大800万円まで1本化できるのが魅力的です。

【※総量規制の例外】

アイフルを含む消費者金融には「総量規制」というルールがあり、「年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない」と決められています。

ただしアイフルおまとめローンは「総量規制の例外」に当てはまるので、年収の3分の1を超える借入れもOKです。

  • 顧客に一方的有利となる借換えおまとめローン
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(専業主婦が借りる場合)
  • 個人事業者に対する貸付け(ビジネスローン)
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでのつなぎ資金に係る貸付け

(参考:日本貸金業協会HP

(参考:総量規制対象外でお金を借りるための全知識【Q&A】

さらにおまとめ時にはアイフルが現在の借入れ先に直接入金してくれるので、返済のために銀行・ATMに行く手間は一切かかりません。

3社以上から借りていて「それぞれ返しに行くのが面倒!」という方にもおすすめです。

アイフルで借金を一本化する

【デメリット】借入れ元に制限があり、おまとめ後は追加借入れできない

アイフルのおまとめローンは借り入れ元に制限があり、全ての借金をまとめられるとは限らない。

アイフルでおまとめした時のデメリットは以下のとおりです。

icon-hand-o-right アイフルおまとめローンのデメリット2つ
  1. 借入れ元によっておまとめできない場合がある
  2. 返済専用のローンなので、アイフルおまとめローン内で追加の借入れができない

アイフルのおまとめローンでは

  • クレジットカードのショッピング枠
  • アイフルおまとめローンの金利年17.5%以下のローン(※)

※アイフルで100万円以上のおまとめローンを組む場合は金利年15.0%以下のローン

は1本化できないので要注意です。

特に「銀行・消費者金融のカードローン全般」「クレジットカードのキャッシング枠」の金利を申し込み前に確認しておきましょう。

「金利が年15.0%未満」などアイフルよりも金利が低い借入れ元があると、おまとめしても利息を減らせないと判断されて審査落ちしてしまいます。

また毎月の負担を減らして完済を目指す”返済専用ローン”なので、おまとめ時の融資以降は追加で借入れできません
(参考:「おまとめ専用ローン」で追加融資を受けることはできない

通常カードローンのように「10万円返すと借りられる枠が10万円分空く」わけではないので注意してください。

【アイフルおまとめローンの金利】返済シミュレーションで完済までの利用イメージをつかむ

アイフルでは利用者ごとに「おまとめ後の金利・毎月の返済額」が審査で決まります。

実際に申し込んでみないと「金利や毎月の返済額がいくらになるか」は断言できません。

ただし100万円以上借りれば金利が年15.0%以下になることは確実なので、おまとめしたい金額が高額であるほどおトクになると考えられます。

100万円以上借りると金利が下がる理由

アイフルを含む消費者金融は「利息制限法」で、100万円以上の借入れなら金利が年15.0%以下になると決められています。

金利(実質年率) 借入れ金額
年20.0%
(上限)
10万円まで
年18.0% 10万円以上~100万円まで
年15.0% 100万円以上

実際にアイフルでおまとめローンを組んだ事例を紹介

ここからは実際にアイフルでおまとめして完済した事例を紹介していきます。

アイフルでおまとめローンを組む前/組んだ後で

  • 毎月の返済額はいくら安くなるのか
  • 完済までに支払う金額はどうなるのか

の2点を比較して、完済までのイメージをつかんでいきましょう。

①100万円・他社借入れ2件をおまとめした高村さんの場合

【おまとめ前の借り入れ状況】

借入れ元
(実質年率)
借入れ金額 毎月の
返済額
返済総額 利息額 返済回数
A社
(年18.0%)
50万円 1万5,125円 69万5,756円 19万5,756円 46回
B社
(年18.0%)
50万円 1万5,125円 69万5,756円 19万5,756円 46回
 合計  100万円 3万250円 139万1,512円 39万1,512円 46回

 

【おまとめ後の返済状況】

おまとめ先
(実質年率)
おまとめ金額 毎月の
返済額
返済総額 利息額 返済回数
アイフル
(年15.0%)
100万円 2万9,000円 131万220円 31万220円 46回
おまとめ前
との差
ー1,250円 ー8万1,292円

 

巨匠のヒトコト

高村さんは毎月の返済額こそ大きく変わらなかったものの、最終的に支払う金額を8万円以上も減らすことができました。

カードローンでも返済回数を減らせば完済までの金額を減らせますが、おまとめローンなら返済回数が同じでも利息を抑えることができることがわかります。

300万円・他社借入れ3件をおまとめした湯山さんの場合

【おまとめ前の借り入れ状況】

借入れ元
(実質年率)
借入れ金額 毎月の
返済額
返済総額 利息額 返済回数
A社
(年18.0%)
70万円 2万1,175円 97万4,073円 27万4,073円 46回
B社
(年15.0%)
135万円 2万7,042円 210万9,203円 75万9,203円 78回
C銀行
(年15.0%)
95万円  1万9,030円  148万4,212円  53万4,212円 78回
 合計  300万円 6万7,247円 456万7,488円 156万7,488円 78回

 

【おまとめ後の返済状況】

おまとめ先
(実質年率)
おまとめ金額 毎月の
返済額
返済総額 利息額 返済回数
アイフル
(年12.0%)
300万円 5万8,000円 421万7,438円 121万7,438円 73回
おまとめ前
との差
ー9,247円 ー35万50円 ー5回

 

巨匠のヒトコト

湯山さんは毎月の返済額が1万円近く減ったことで、生活への負担を大きく減らすことに成功しました。

おまとめする前よりも返済回数も5回(5か月分)短くなり、返済総額は35万円もおトクになっています。

500万円・他社借入れ5件をおまとめした倉田さんの場合

【おまとめ前の借り入れ状況】

借入れ元
(実質年率)
借入れ金額 毎月の
返済額
返済総額 利息額 返済回数
A社
(年15.0%)
160万円 3万2,230円 251万4,004円 91万4,004円 78回
B社
(年18.0%)
60万円 1万8,150円 83万4,916円 23万4,916円 46回
C社
(年17.8%)
70万円 2万1,103円 97万726円 27万726円 46回
D銀行
(年15.0%)
130万円 2万6,212円 204万2,611円 74万2,611円 78回
E銀行
(年13.0%)
80万円 1万5,245円 118万9,071円 38万9,071円 78回
 合計  500万円 11万2,940円 755万1,328円 255万1,328円 78回

 

【おまとめ後の返済状況】

おまとめ先
(実質年率)
おまとめ金額 毎月の
返済額
返済総額 利息額 返済回数
アイフル
(年4.5%)
500万円 10万円 553万8,847円 53万8,847円 56回
おまとめ前
との差
ー1万2,940円 ー201万2,481円 ー22回

 

巨匠のヒトコト

倉田さんは元々の借入れ額が大きかったこともありますが、利息が200万円以上も安くなったことに注目してください。

同時に返済回数も22回(1年10ヶ月分)毎月の返済額も1万円以上カットできて無理なく完済できたようです。

アイフルで借金を一本化する

アイフルおまとめローンの審査基準が知りたい!審査落ちの原因4つ

「アイフルおまとめローンなら返済がラクになりそうだけど、審査落ちが不安…」と、アイフルおまとめローンの申し込みに今一歩踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし“アイフルおまとめローンの審査で落ちてしまう”人の特徴に当てはまらなければ、審査に通る可能性をグッと高めることができます。

審査に通るか不安な方は、1つ1つご自身と照らし合わせながら読んでみてください。

icon-hand-o-right 審査で落ちてしまう人の特徴4つ
  1. 61日以上の返済遅れ、自己破産など返済トラブルを起こしたことがある
  2. 申し込んだ時点で他社ローンの支払いに遅れている
  3. ひと月に2社以上に借り入れを申し込んでいる(申し込みブラック)
  4. 年収に対して借入れ金額・件数が多すぎる

審査基準はアイフルの通常のカードローンと似ているので、下記もあわせて参考にしてみてください。

【アイフルの審査”超”まとめ】審査落ちの基準や審査の流れを完全解説!

① 61日以上の返済遅れ、自己破産といった返済トラブルを起こしたことがある

返済トラブルの情報が残っているうちに申し込んでも審査落ちになる。

他社ローンの利用中に返済トラブルを起こしたことがある人は即・審査落ちです。

【返済トラブル】

  • 61日以上の返済遅れ
  • 3ヶ月以上の返済延滞
  • 債務整理・個人再生・自己破産
  • 強制解約
  • 代位弁済 ※返済ができなくなった利用者の代わりに保証会社が借金を支払うこと

返済トラブルの記録は「事故情報」としてカードローン会社間で共有されており、5~10年間は消されずに信用情報機関に保管されます。

事故情報 記録の保有期間
61日以上の返済遅れ 1~5年
3カ月以上の連続延滞 5年
債務整理・個人再生 5年
自己破産 7~10年
代位弁済 5年

「返済トラブルはあったけどアイフル以外で1年以上前だし…」と思っていても、審査時に事故情報はしっかりとチェックされるのでバレないことは決してありません。

また保有期間を過ぎて記録が消されない間は、アイフルに限らず他のローン審査にも一切通らないので注意してください。

関連記事心当たりのある方は「個人情報(信用情報)の開示」をすれば返済トラブルの記録が残っていないかを確認できます。

個人情報開示をして、カードローンの審査に落ちた理由を探ろう

② 申し込んだ時点で他社ローンの支払いに遅れている

他社ローンの支払いに遅れているとおまとめできない。

アイフルおまとめローンに申し込んだ時点で、利用中のローンの支払いを延滞していると審査落ちします。

審査ではみなさんの借入れ・返済状況を通して、「他社ローンできちんと返済を続けているか」を細かくチェックしています。

申し込み前に返済を延滞しているローンがあると、「今返せていないのに、ウチでおまとめしたところでちゃんと返せるのか?」と疑われかねません。

③ ひと月に2社以上のカードローンに申し込んでいる(申し込みブラック)

ひと月に2社以上申し込んでいると「申し込みブラック」になり、6か月間はどのローン審査にも通らない。

短期間のうちに複数のローン審査へ申し込んでいると「相当お金に余裕がないんだな…」と審査で不利になります。

中でもひと月の間に2社以上に申し込んで落ちている人は、”申し込みブラック”になっている可能性が高いです。

申し込みブラックになると申し込み履歴が消えるまでの6ヶ月間はどのカードローン審査にも通らなくなるので注意してください。

④ 年収に対して借入れ金額が大きすぎる

既に年収の半分以上の金額を借りている人はおまとめできない。

「すでに年収の2分の1近くの借入れがある」など、年収に対して借入れている金額が大きすぎる人は審査でかなり不利。

アイフルおまとめローンは「借入れ金額が大きくなってしまった人」が対象なので、通常ローンよりは他社借入が審査に影響しにくいのはたしかです。

しかしおまとめローンを組んでも完済できない可能性が高いと判断されると、アイフルから断られてしまいます。

借入れ件数が5件以上など、借入れ件数が多すぎて毎月の返済が続けられているか怪しい場合も審査に通るのは難しいでしょう。

「確実におまとめできなきゃ困る!」という人は、残高の小さいローンだけでも完済してなるべく3社以内にしてから申し込むのがベターです。

 

万が一アイフルのおまとめローン審査に落ちてしまったら

アイフルのおまとめローン審査に落ちてしまっても、審査基準の違う他社のおまとめローンなら利用できるかもしれません。

以下のリンク先を参考に別のおまとめローンを探してみてください。

【おまとめローン・ローン一本化のおすすめランキング】巨匠渾身の力作!

 

また「2社以上からおまとめを断られた…」という人は債務整理も選択肢に入れてみましょう。

債務整理とおまとめローンを徹底比較!それぞれの特徴を解説!

アイフルではおまとめ後の他社借入れは契約違反にならない

アイフルでおまとめ後に「他のカードローンで借りる」ことは違反にならない。

審査に通って無事に借金をおまとめできても「どうしても生活費が足りない…」など必要な時にお金を借りられないのは不安ですよね。

上述の通りアイフルおまとめローンは”返済専用”なので、同じローン内で借りたり/返したりを繰り返せません。

ただしアイフルおまとめローンではおまとめ後に他のカードローンから追加で借りることができます。

利用規約のどこを読んでも「おまとめローン後の追加借入れはNG」という記載はありませんでした

おまとめ後に借りるなら「新規申し込み」か「再利用」

アイフルでおまとめローンを組んだ後に借入れする方法は以下の2つです。

  1. 別のカードローンに新しく申し込む
  2. おまとめ前に使っていたカードローンで借りる

方法① 別のカードローンに新しく申し込む

アイフルではおまとめローン後に新しく別のカードローンへ申し込んでも契約違反にはなりません

ただし「すでに返済専用のおまとめローンを組んでいる」ということが、新規借入れの審査で不利になりがちです。

そこで新しくカードローンに申し込むなら、新しい申し込みも前向きに審査してくれる消費者金融カードローンがおすすめ。

「今スグお金が必要!」という場合も、消費者金融カードローンなら申し込んだその日に借入れできるのがうれしいポイントです。

【2018年最新】”絶対”おすすめの消費者金融4選【カードローン利用歴10年の私が選ぶ】

方法② おまとめ前に使っていたカードローンを解約せずに再利用する

アイフルでおまとめローンを組む前に利用していたカードローンを解約せずに再利用することもできます。

すでに契約済みのカードローンなら審査を受けなくてOKなので、「新しく申し込む」よりも確実に借りられることが最大のメリット。

“万が一のための保険”として、カードローン完済後もすぐには解約しないでおくのもひとつの手段です。

(参考:おまとめローンを組んだ後も完済したカードローンを再利用できる

追加融資はおまとめ分を含めて「年収の3分の1以上借りられない」ので注意

追加借入れで注意すべきは、アイフルでおまとめした分も含めて年収の3分の1までしか借りられない場合があること。

特に消費者金融カードローンで新しく借入れする場合は、借入れ希望額を総量規制以内に収める必要があります。

【例:年収300万円の人の場合】

おまとめ金額 追加借入れできる? 追加借入れ
できる金額
80万円 まる 20万円
100万円 ばつ
120万円 ばつ

→おまとめした金額と合わせて100万円(=年収の3分の1)までしか借りられない。

アイフルおまとめローンに関するQ&A

Q1. アイフルおまとめローンの審査の流れは?審査時間はどれくらい?

A. アイフルおまとめローンは申し込み~おまとめ完了まで最短即日で終わります。

詳しい解説をチェック

アイフルのおまとめローンは以下の流れで審査が進み、最短即日で1本化ができます。

  1. 申し込み
  2. 審査(収入証明書の提出)
  3. 在籍確認
  4. 本人確認(来店・郵送で本人確認書類の提出)
  5. 契約手続き・カード発行<代理返済実行・おまとめ完了>

申し込み方法はインターネットか電話のどちらかです。

  • インターネット申し込み:24時間
  • 電話申し込み:10:00-21:00

「基本的な審査の内容」「審査に必要な書類」はアイフルの通常カードローンとほとんど同じなので、詳しい内容を知りたい方は以下のリンク先を参考にしてください。

【アイフルの審査”超”まとめ】審査落ちの基準や審査の流れを完全解説!

Q2. アイフルおまとめローンは土日・祝日も審査できる?

A. 残念ながら審査はしてくれませんが、土日・祝日でも申し込みは受付けています。

詳しい解説をチェック

土日・祝日は審査を進められませんが、申し込みだけは済ませることができます。

「月曜日から審査開始してほしいけど忙しくて申し込む暇がない」という方は、休日のうちに申し込んでおくと契約手続きまでスムーズです。

【休日に申し込んで平日に契約手続きする例】

日曜日 インターネットから申し込み
月曜日 審査結果を電話で受け取る
火曜日 店頭窓口で契約手続き

Q3. アイフルでおまとめした後に「完済証明書」の提出は必要?

A. アイフルから「完済証明書」の提出を指示されることはありません。

詳しい解説をチェック

アイフルからおまとめ後に完済証明書の提出を求められることはありません

おまとめ完了後に「利用していたローンはご自分で解約してください」という案内は来ますが、仮に解約せずにいても違反にならないのが実際のところです。

ただし完済したローンを契約したままにしていると、将来住宅ローンを組むときなどに他社借入の項目で審査が不利になることもあるのは覚えておきましょう。

完済済みローンは「時間が経って自動的に契約が切れる」ことはないので、早めに自分から解約しに行くことをおすすめします。

(参考:カードローンを完済したらすぐに解約してしまうのがベスト

アイフルおまとめローンは年収や雇用形態に制限がなく、幅広い層の人が利用できるのが最大の特徴。

最大800万円までおまとめできて、年収の3分の1以上の借入れも余りなくおまとめOKです。

申し込み条件も2つだけと前向きな審査をしているので、審査落ちの原因を申し込み前に確認しておけば審査通過の確率をグッと高められます。

またおまとめ後も他のカードローンで借入れできるので、万が一お金が足りない!という事態に備えて利用できるのもうれしいポイント。

アイフルは「今すぐに高額の借入れをまとめて楽になりたい…」と願っているみなさんの強い味方となってくれるでしょう。

アイフルで借金を一本化する

スポンサーリンク

スポンサーリンク