ビジネクストの審査基準・コツを伝授

ビジネクストは最大1,000万円までの事業資金を最短即日融資OKと、個人事業主や中小企業を中心に評価が高いビジネスローン。

とはいえ「便利な分、ビジネクストの審査は厳しいんじゃないの?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論から申し上げますと、ビジネクストは幅広い申し込み者を前向きに審査してくれるビジネスローンだと考えられます。

赤字決算や事業を始めたてでも申し込みOKという特徴こそが、ビジネクストが前向きな審査をしている何よりの証拠です。

今回はビジネクストの審査基準審査の流れを、審査落ちの原因と一緒に徹底解説。

ビジネクストでスムーズな借入れを達成するコツ“まで紹介しているので、「今スグ借りたい!」という方は申し込み前にチェックしてみてください。

【ビジネクストの基本情報】

ビジネクスト

対象者
  • 法人(1期以上)
  • 個人事業主(業歴1年以上)
年齢制限 満20歳~満69歳まで
金利
(実質年率)
年3.10%~18.0%
限度額 1万円~1,000万円
保証人・担保 原則不要
( ※法人の場合は代表者が原則連帯保証)
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
保証人・担保 不要
返済期間 最長5年(60回以内)
コンビニATM まる

今すぐビジネクストで借りる

ビジネクストの特徴・評判について詳しく知りたい方はこちら

ビジネクストの審査が前向きだと考えられる理由

前述の通り、ビジネクストの審査はそこまで厳しくありません

下記2つのポイントから、ビジネクストは幅広い申し込み者に対して前向きな審査をしていると考えられます。

icon-hand-o-right ビジネクストの審査が厳しくないと考えられる2つの理由
  1. 「赤字決算」「事業はじめたて」など、幅広い層の申し込みを受付けている
  2. 最短即日融資OKで、借入れを急いでいる人でもすばやい審査回答をしている

「赤字決算」「事業をはじめたばかり」など申し込み条件のハードルが低い

ビジネクストでは「昨年赤字だった」「創業から1年しか経ってない」という場合でも申し込みを受け付けている

ビジネクストは赤字決算でも、事業をはじめたばかりでも申し込みOK」と公言しているのが最大の特徴。

ビジネクストは赤字決算や事業をはじめてまもない事業主の申し込みを受付けている

本来なら審査で不利になりがちな方の申し込みも受付けていることから、幅広い層の申し込みを前向きに審査する姿勢が伺えます。

基本的にビジネスローンの審査は設定された合格基準に沿って、売上情報や創業年数などの数字情報をもとにコンピューターが機械的に合否を決める仕組みです。

つまり、赤字決算や業歴が短すぎると「そもそも合格基準外」として門前払いされかねません。

しかしビジネクストは審査をコンピューターだけに頼らず、確定申告書や借入れ計画書などを担当者自らがチェックして、「事業の将来性や計画性」を考慮してくれます。

他社のコンピューター審査で弾かれてしまう場合でも、”人の手で審査する”ビジネクストなら借入れできる可能性が十分にあるというワケです。

(参考:ビジネクストは「赤字決算」でも申し込める

最短即日で借入れできる

ビジネクストは最短即日で融資できる

審査に時間がかかる銀行や信用金庫に比べて、最短即日融資OKのビジネクストは審査が緩やかだと言えます。

ビジネクストは最短即日融資もできる

もちろん審査スピードが早いからといって、誰でも通るくらい大ざっぱに審査されているということはありません。

しかし1週間以上かけてじっくり審査する銀行や信用金庫と比べて、お金を貸し出す相手を厳選しているとは考えにくいですよね。

ビジネクストからすればスグにお金を貸すと”返済してもらえない”リスクがありますが、逆に言えば多少のリスクを冒しても新規借入れを求めているとも考えられます。

(参考:ビジネクストは最短即日融資可能)

 

“即日融資のリスク”を金利でカバーして前向きな審査を実現

銀行や信用金庫に比べて、ビジネクストの金利がやや高めに設定されているのは”返済してもらえないリスク対策”です。

実はローン審査において金利が高いというのは「それだけ幅広い申し込み者を受け入れていますよ」というサイン。

あらかじめ高めの金利で貸し付けていれば、万が一貸したお金が帰ってこない状態(貸し倒れ)になっても損害が少ないです。

「もしかしたら返済してくれないかも…」という人も審査に通せるので、低金利の銀行・信用金庫よりもお金を貸す相手を厳選していないと考えられます。

(参考:金利が高めに設定されているビジネスローンは審査基準が緩やか

今すぐビジネクストで借りる

ビジネクスト審査の流れ【審査落ちの原因・審査に落ちた人の特徴もチェック!】

ビジネクストの審査の流れの流れは以下の通りです。

【ビジネクスト審査の流れ】

  1. 申し込み
  2. 仮審査・仮審査の結果通知
  3. 必要書類の提出
  4. 在籍確認(職場への電話)
  5. 本審査・本審査の結果通知
  6. 契約手続き
  7. 借入れ

また審査のステップごと”審査落ちしてしまう人の特徴や原因“も解説していきます。

① 申し込み

ビジネクストの申し込みは24時間いつでもネットで申し込める

ビジネクストの申し込み方法は以下の4つ。

申し込み方法 受付時間
インターネット
(PC・スマホ)
24時間
電話・FAX 平日9:00~17:00
店頭窓口 平日9:30~18:00

中でもオススメなのは、24時間いつでも申し込めるインターネット申し込み

PC・スマホから申し込みフォームに沿って下記の内容を入力するだけでOKです。

  • お申込内容(利用する商品、利用目的)
  • お申込者情報(事業形態、氏名、生年月日など個人情報)
  • ご連絡先情報(本人/会社の電話番号、希望連絡先、メールアドレス)
  • 経営会社情報(会社名、会社の住所、創業年月など事業情報)

特に売上や資産が多いほうがビジネスローン審査は有利に進められるので、自己(自社)所有物件がある方はしっかり入力しておくのをおすすめします。

ビジネクストでは自己(自社)所有不動産の有無もチェックされる

ネット申し込みなら申し込み用紙を用意する必要もないので、所要時間は5分程度もあれば十分でしょう。

ウソや間違った情報で申し込むと即・審査落ちする

「何が何でもお金借りたい…!」という気持ちはもっともですが、申し込み情報にウソをつくのはゼッタイNGです。

申し込み情報は信用情報に照らし合わせて細かくチェックされ、食い違いや不審な点が見つかると「この事業主は信用できない…」と審査落ちします。

icon-hand-o-right 信用情報ってなに?

他社ローンやクレジットカードの申し込み履歴や返済状況など、現在までに利用したすべての金融取引情報のことです。

生年月日や年収、住所などの個人情報も共有されています。

特にビジネスローン審査では「申し込んできた事業の資金繰り」を判断するために、年商や他社借入れ件数などの数字情報は厳しく確認されるので入力ミスに注意してください。

② 仮審査・仮審査結果の通知

仮審査はコンピュータが自動で点数化してチェックする

仮審査ではまず「スコアリングシステム」を使って、コンピューターが申し込み情報をチェックします。

申し込み情報を属性ごとに点数化し、ビジネクストの設定した合格ラインに届いていれば仮審査クリアです。

【仮審査でチェックされる主な項目】

  • 氏名・年齢
  • 会社連絡先
  • 創業・設立年月
  • 年商・年収
  • 他社借入れ状況(借入れ件数、借入れ総額)

仮審査の結果は電話で通知され、「申し込み内容の確認」「提出書類の案内」もされるのでしっかり対応・確認しましょう。

仮審査で審査落ちする原因4つ

仮審査で審査落ちする原因は、主に下記4つです。

  • 3ヶ月以上の返済遅れや自己破産などの返済トラブルの記録が残っている
  • 申し込んだ時点で他社ローンの支払いに遅れている
  • すでに3社以上でローンを組んでいるなど、他社借入件数・金額が多すぎる
  • ひと月のうちに2社以上のローン審査に申し込んでいる

特に61日以上の返済遅れや自己破産といった返済トラブルに心当たりがある人は要注意。

返済トラブルの記録が信用情報に残っていると、ビジネクストに限らず最長で10年間はどのビジネスローン審査にも通りません

返済トラブル 情報の保有期間
61日以上の返済遅れ 1~5年
3カ月以上の連続延滞 5年
債務整理・個人再生 5年
自己破産 7~10年
代位弁済(※) 5年

※返済ができなくなった利用者の代わりに保証会社が借金を支払うこと

特に資金繰りが厳しい事業は、申し込んだ時点で他社ローンの返済に遅れていると即・審査落ちしてしまいます。

もちろん「他社借入れが3社以上ある」「個人的にカードローンで年収3分の1以上借りている」など、他社借入れが多すぎるのも審査落ちの原因です。

またひと月に2社以上のローン審査に申し込んでいる人は、「よっぽどお金がなくて焦っているんだな…」と疑われて不利になりかねません。

(関連①:他社借り入れがあってもカードローン審査に通る!借入件数ごとに最善策を伝授
(関連②:申し込みブラックって何?カードローン審査に落ちた理由がわからない人必見!

③ 必要書類の提出

必要書類はスマホで撮影して送るだけだからラクチン

必要書類の提出はメールにスマホで撮影した写真を添付して送るだけなので、時間も手間もかかりません。

ただビジネクストの必要書類は、法人経営者・個人事業主でそれぞれ異なるので提出前によく確認しましょう。

【法人経営者の必要書類】

  • 本人確認書類 下記いずれか1枚
     (運転免許証・パスポート・個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 決算書 ※原則2期分(1期分しかない場合も申し込み可能です)
  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本)

 

【個人事業主の必要書類】

  • 本人確認書類 下記いずれか1枚
     (運転免許証・パスポート・個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 確定申告書 ※原則2年分(1年分しかない場合も申し込み可能です)
  • ビジネクスト所定の事業内容確認書

特にビジネクストでは一般的なビジネスローンと異なり、「健康保険証」の提出が必須なので注意してください。

また赤字決算や業歴が2年未満など、申込み内容によっては上記の他にも書類が必要になる場合もあります。

提出書類の不備は審査落ちにつながる

提出した書類に不備が見つかると再提出になったり、審査落ちの原因になったりしかねません。

書類を提出する前に、必ず下記のポイントをチェックするようにしましょう。

  • 申し込み者の名前や会社の情報に誤りがないか
  • 資産や売上が正確に記載されているか
  • 書類の有効期限が切れていないか
  • 税務署印などの必要な印が押されているか

もちろん経営状況を少しでもよく見せたいからといって、決算書の数字をごまかしたり、書類を偽造したりするのはゼッタイNG。

審査落ちどころか、最悪の場合逮捕されてしまう可能性もあるので、必ず正しい情報を申告してください。

またメールに添付する画像は「ぼやけて文字が読み取れない」「暗くて不鮮明」といったものを避けて、ハッキリと書類が写っている画像を選びましょう。

(参考:収入証明書を偽造してカードローン審査に申し込んだらヤバイってマジ??

④ 在籍確認(職場への電話)

ビジネクストの在籍確認は職場に電話がかかってくる

職場への在籍確認の電話」は「申し込み者が申告した会社に本当に在籍しているか申告された会社が実在するかどうか」をチェックする重要な審査項目。

事前にビジネクストへ相談しておけば「担当者の個人名」で電話をかけてくれるので、ビジネスローンへ申し込んだことが職場の従業員にバレることはありません。

さらに「平日の昼頃にかけてもらいたい」「朝一番でかけてほしい」など大まかな時間指定であれば、電話するタイミングも柔軟に対応してくれます。

在籍確認の電話は”申し込み者が申告した勤務先に在籍していること”が確認できればいいので、

  • 昼頃まで外出しております
  • 本日はお休みを頂いております

といった返答が得られれば本人が出られなくても1分以内にスグ完了します。

また本人が対応した場合は契約内容(契約できる利用限度額・適用金利)の確認をされることがありますが、所要時間は5分以内が目安です。

在籍確認に対応しないと確実に審査落ち

在籍確認の電話が長期間つながらないとそのまま審査落ちしかねません。

1回目で対応するのがベストですが、つながらなかった場合は2回目以降も時間をズラしながら電話をかけてくれるので、遅くとも1週間以内には対応してください。

ビジネクストでは在籍確認が完了しないと審査を進められないので、スムーズに借入れしたいなら「電話に対応できる人がいる時間帯」を把握しておくのが重要です。

⑤【本審査・結果通知】早ければ最短即日で結果通知

本審査では申し込み情報や返済能力などを最終チェックする

本審査では申し込み情報や提出書類、信用情報をもとに「申し込んだ本人で間違いないか」「設定した限度額に見合う返済能力があるか」を最終チェックします。

【本人確認の項目】

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所

 

【返済能力を確認する項目】

  • 他社借入れ件数・借入れ総額
  • 他社ローンの返済状況・申し込み履歴
  • 返済トラブルの有無
  • 会社情報(売上・納税状況など)
  • 不動産などの資産

すべての情報に食い違いがなければ、本審査で落ちることはほとんどありません。

本審査結果は電話で連絡され、最短即日で合否がわかります。

⑥ 契約手続き

1~2日後にビジネクストから

本審査通過後は、1~2日後に契約書類・返信用封筒が郵送されます。

  • 金銭消費貸借契約証書兼保証契約証書
  • 預金口座振込依頼書(返済用口座の登録)
  • 申込書
  • 大切なお知らせ(主債務者用・代表者用)

上記4種類の書類を記入し、返信用封筒に入れて返送すれば契約手続き完了です。

特に「カードローン」は借入れ方法を口座振込み・ATM借入れから選択でき、ATM借入れの場合はローンカードが発行されます。

基本的に借入れ方法は自分で決められますが、審査次第では担当者から指定される場合もあるので注意してください。

また契約手続き時に記入する書類は、ビジネクストの店舗に来店すれば直接記入・提出もOKです。

⑦ 借入れ

ビジネクストの借入れ方法は2種類ある

ビジネクストの借入れ方法は2つあります。

  • 口座振込み
  • ATM借入れ

口座振込

1度に50万円を超えるまとまったお金を借りるなら、口座振込で借入れるのがおすすめ。

ビジネクストでは、「ビジネスローン」「カードローン」のどちらを選んでも口座振込みの利用OKです。

振込み先は自分のお好きな口座を指定でき、ビジネクストに直接電話して振込み依頼をすればスグにお金が振り込まれます。

ただし即日融資をしたい方は、銀行が閉まってしまう平日の平日の14時30分までに振込依頼を済ませておく必要があるので要注意です。

【振込み依頼先】ビジネクスト窓口:0570-012-055
受付時間:9:00~18:00

ATM借入れ

「月に何度も借入れたい」「資金が足りなくなる度にお金を用意したい」など、少額を繰り返し借入れたいならATM借入れがおすすめ。

ビジネクストでは「カードローン」に限り、契約時に発行されたローンカードを使って提携ATMから借入れできます。

全国のセブン銀行・東京スター銀行・アイフルの提携ATMから、限度額の範囲内で何度でも借入れOKです。

項目 セブン銀行 アイフル 東京スター銀行※
営業時間 24時間 7:00~23:00 24時間
手数料 取引額1万円以下
→108円取引額1万円超
→216円
無料 平日8:45~18:00
土曜9:00~14:00
→無料上記以外の時間/日曜
→108円

※東京スター銀行は借り入れのみで返済にはご利用できません。

ただし利用する提携ATMや時間帯によっては手数料がかかることに注意してください。

 

ビジネクストで審査落ちする人の特徴・原因をおさらい!

ここでビジネクストの審査に落ちてしまう原因を再度振り返ってみましょう。

  • 申し込み情報にウソや間違いがある
  • 過去に自己破産などの返済トラブルを起こしたことがある
  • 申し込んだ時点で他社ローンの支払いに遅れている
  • 3社以上・年収の3分の1以上など、他社借入が多すぎる
  • ひと月のうちに2社以上のローン審査に申し込んでいる
  • 提出書類に不備があるのに再提出に応じない
  • 職場にかかってくる在籍確認の電話に1週間以上対応しない

上記に当てはまらなければ、ビジネクストで審査通過できる可能性は十分にあります。

(関連:【カードローンの審査に落ちる決定的な11個の理由】対策して審査通過を目指す!

今すぐビジネクストで借りる

ビジネクストの審査時間を短くするコツ5つ

冒頭でもお話した通り、ビジネクストは申し込んだ当日中に審査回答・最短即日融資OKと「今スグ早く借りたい!」を叶えるビジネスローンです。

ただビジネスローンは借りる金額が大きくなることが多く、返済能力のチェックで審査が長引くこともあります。

ビジネクストの審査スピードを生かしてスムーズに借入れるには、下記5つのポイントを抑えて”審査時間を短縮する“工夫をすることが重要です。

icon-hand-o-right ビジネクストで最速で借り入れる5つのコツ
  1. 土日・祝日を避けて、平日の正午までにネット申し込みを済ませておく
  2. 今すぐ必要な分の借入れ金額を希望する
  3. 「個人事業主としての期間」を加えた創業年数で申し込む
  4. 「借りた事業資金を何に使うか」をハッキリ申告する
  5. 事業の収支状況に合っ返済計画をしっかり立てておく

【コツ①】土日・祝日を避けて、平日の正午までにネット申し込みを済ませる

土日や祝日は避けて、平日の正午までにネットで申し込みしよう

できるだけ早く借入れしたいなら、平日の正午までにネット申し込みを済ませておくことが大前提。

審査は先着順なので、早く申し込むほど審査結果をもらえるタイミングが前倒しになります。

ただしビジネクストは土日・祝日は審査をしていないので注意してください。

 

即日融資するにはビジネクストへの来店が必須!

ビジネクストで即日融資するには、来店での契約手続きが必須

契約書の原本を提出する必要があり、契約書を郵送するWEB完結では即日融資できません

ビジネクストの店舗は東京に1つしかないため、地方に住んでいる方は「申し込んだ日に借入れ」は現実的ではないかもしれません。

とはいえWEB完結で契約した場合も3営業日程度で借入れできるので、まずは審査時間の短縮に専念するのがベターです。

ビジネクスト 東京店
住所 東京都港区芝2丁目31-19 バンザイビル
営業時間 9:30~18:00
休業日:土日・祝日
電話番号 03-6436-4471

 

【コツ②】借入れ希望額をできるだけ抑える

借入れ希望額はあくまで”最低限必要な分だけ”に抑えよう

申し込む借入れ希望額は今必要な分だけに抑えることも、審査をスムーズに進めるコツ。

ローン審査では借入れ希望額が低いほど、「これくらいならスグ返済できそう」とスグに判断してもらえる傾向があります。

逆に「使うのは50万円だけど、余裕をもって500万円で申し込んだ」など高額の借入れを希望すると、金額が大きい分じっくり審査されかねません。

できるだけ早く借りたい方は「会社の資金に妥協したくない!」という気持ちをグッと抑えて、必要最低限の金額を希望するようにしましょう。

ビジネクストの「カードローン」はあとから限度額を増やせる

ビジネクストの「カードローン」なら、契約後に増額審査を受けられます。

増額審査をクリアすれば限度額を増やせるだけでなく、金利を下げられる可能性もあるのがうれしいポイント。

  • ビジネクストの返済に1回も遅れたことがない
  • ビジネクストと契約して6ヶ月以上経過している
  • 初回の審査時より事業の売上が上がる・上場するなど、有利な条件が増えている

上記すべてに当てはまる方は増額審査に通る可能性が高いので、あとから限度額を増やすのも視野に入れて申し込む借入れ金額を検討してみてください。

【コツ③】創業年数は「個人事業主としての期間」も加える

創業年数は会社設立以前の”個人事業主としての期間”も加えてOK

個人事業主として活動していた期間を加えた創業年数を申告するようにしてください。

ビジネクストでは創業年数を「個人事業主として活動していた期間」も含めて申告できる

たとえば「個人事業主として5年間活動した後、会社を設立して2年経った」という場合、創業年数は5年+2年=7年で申し込みOKということ。

当然ながら創業年数は長ければ長いほど「この事業は安定しているんだな」と判断され、返済能力のチェックをスムーズに終わらせられます。

【コツ④】事業資金を何に使うかをハッキリ申告する

お金の使い道は事前にしっかり決めておくことが大切

「借りたお金を何に使うか」を具体的に申告しておくと、審査をスムーズに進められます。

借りたお金の使いみちを聞かれたら、「仕事で使う機械の買い替えです」というようにハッキリと回答するようにしましょう。

幅広い層の申し込み者に前向きな審査をしてくれるビジネクストですが、お金の使いみちが明瞭であるほうが担当者の心証が良くなるのは言うまでもありません。

赤字決算で申し込むなら「借入れ計画書(事業計画書)」の提出がおすすめ

特に赤字決算の状態で申し込む方は、ビジネクストに「借入れ計画書(事業計画書)」をあらかじめ提出しておくのがベターです。

借入れ計画書とは「借りたお金の利用目的や、売上を見通してどう返済するか」を詳しく記載したもの。

借入れ計画書を提出することで「事業の収支状況をきちんと把握して、借入れ/返済計画を立ててますよ」とアピールできます。

(参考:「事業計画書」や「借入れ計画書」を提出して審査突破率UP)

【コツ⑤】返済計画をしっかり立ててから申し込む

返済計画をしっかり立ててムリなく確実に返せるようにしよう

資金の使用目的だけでなく、「返済計画」をあらかじめ考えておくこともスムーズに審査を進めるには重要です。

ビジネクストは返済方式が3種類に分かれているので、事業の状況に見合った“確実に完済できる”返済方式で「返済計画」を立てておくのがポイント。

※ビジネクストの返済方式

ビジネクストの返済方式はビジネスローン・カードローンごとに異なります。

【ビジネスローンの返済方式】

元利均等返済方式

月々の返済額が一定なので、返済計画が立てやすいメリットがあります。

返済期間は最長で5年(60回まで)です。

 

元金一括返済方式

最終返済期日に一括返済する返済方式。

期日までは利息だけの支払いなので、月々の返済額を安く抑えられます。

ただ最終月に全額返済なので、しっかりと資金のやりくりをしなければいけません。

返済期間は1年(12回)と短いのも特徴です。

 

【カードローンの返済方式】

元金定率リボルビング方式

毎月一定の元金+残高に応じた利息」で支払う返済方式。

利息は「現在の残高」に応じて変動するので、月々の返済額は一定ではありません。

残高が残っているはじめのうちは返済額が大きく、返済が進むにつれ返済額が少なくなっていきます。

担当者と相談しながら返済計画を立てることもできますが、前もって自分でも具体的な返済計画を練っておくと好印象です。

赤字決算がある」「事業をはじめて間もない」など、一般的に審査で不利になりがちな方まで幅広く申し込みを受付けているのがビジネクストの一番の特徴です。

最大1,000万円まで最短即日融資もOKと、「今スグ借りたい」を叶えるビジネスローンになっています。

過去に返済遅れなどの返済トラブルを起こしていない」「他社から多額の借金をしていない」といったことに当てはまるなら、審査をクリアできる可能性が高いです。

またビジネクストでスムーズに借入れたいなら「今必要な分だけの借入れを希望する」「利用目的・返済計画を明らかにしておく」など、審査時間を短縮する工夫をしておきましょう。

特に事業規模の小さい中小企業の経営者の方や個人事業主の方は、まずビジネクストの申し込みを検討してみてください。

\赤字決算・創業1年でも借入れOK!/

今すぐビジネクストで借りる

※このままスマホ・PCで申し込んで、最短即日融資できます。

 

関連記事ビジネクストの特徴やメリット・デメリットについては下記を参考にしてください。

ビジネクストの評判・口コミってどうよ?9個のメリット・デメリットを一挙大公開!

◯この記事のアドバイザー◯
大泉1級FP技能士事務所 主宰
株式会社fp ANSWER 代表取締役

金融機関や生命保険会社、行政などでセミナー講師も行なう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク