ファーストビュー

消費者金融で借りたいけど利息を含めた返済額が多くなりそう。返済がキツイんじゃないの?」

消費者金融カードローンはネットや自動契約機を使って誰とも顔を合わせず最短即日でお金を借りられる手軽さが人気です。

しかし「借金が増え過ぎたり、返済できなくなったりしたら怖くて使えない…」と、今一歩申し込みに踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、消費者金融で借入れしても完済できないということはありません

毎月の返済額は最低2,000円~(借入れ金額5万円以下)と少なく、月1回の返済日にきちんと入金してさえいればゼッタイに完済できる仕組みになっています。

また金利も18.0%以下と高すぎることはないので、「利息が膨らんで、借金が2倍3倍になるかも…」といった心配も無用です。

このページでは返済日や返済方法、返済シミュレーションの使い方など、消費者金融カードローンの返済の全知識を丁寧に解説しています。

  • もし返済に遅れたらどうなる? 危険な目にあったりしない?
  • 完済しても利用していた記録は残るの?
  • 返済日はどうやって決まる?

といったギモンにもすべて回答しているので、消費者金融カードローンの返済に関する不安をすべて解消していきましょう。

関連記事▼当サイト(カードローンの巨匠)オススメの消費者金融カードローンはこちら!

【2018年最新】”絶対”おすすめの消費者金融4選【カードローン利用歴10年の私が選ぶ】

▼日本全国65社の消費者金融の特徴は下記のページでまとめています。

【消費者金融の一覧表】大手・中小消費者金融会社を65社一挙公開【全国網羅】

「消費者金融カードローンは完済できない・返済がキツイ」はウソ

冒頭でもお話した通り、消費者金融カードローンでお金を借りても完済できない・返済がキツイ」といったことは決してありません

消費者金融カードローンは借入れだけでなく、返済も便利に利用できるように下記のような工夫をしてくれています。

icon-hand-o-right 消費者金融カードローンの返済がキツくない理由3つ
  1. 毎月の返済額は最低2,000円~で生活の負担になりにくい
  2. 金利は年18.0%以下で、利息が増えすぎない
  3. 返済日は月に1回だけ!自分が都合のいい日を選べる

① 毎月の最低返済額は2,000円~で生活の負担にならない

消費者金融カードローンの毎月の最低返済額は2,000円~でOK。

消費者金融 毎月の最低返済額
(5万円借入れた場合)
プロミス 2,000円
アコム 3,000円
レイクALSA 3,000円
アイフル 4,000円
SMBCモビット 4,000円

たとえば月収10万円のフリーターの方でも、ひと月に2,000円ずつなら生活への負担なしで返済を続けられますよね。

収入が少ない方でも”確実に完済できる金額設定”だからこそ「途中で返済が苦しくなるかも…」という心配は無用です。

毎月の返済額は借入れ金額に応じて変化する

消費者金融カードローンで「毎月いくら返すか」は、借入れ金額によって変化します。

とはいえ、消費者金融カードローンで50万円や100万円といった高額を借りても、毎月の返済額が高くなりすぎることはありません

実際にプロミスで100万円借りたとしても、毎月の返済額は2万6,000円で済みます。

カードローン
(適用金利)
借入れ金額 毎月の返済額
プロミス
(年17.8%)
5万円 2,000円
10万円 4,000円
50万円 13,000円
100万円 26,000円
300万円 64,297円
500万円 107,163円

もちろん規約を守って利用していれば、100万円借りた翌月にいきなり「全額返せ!」と言われることもありません。

毎月の返済額は「5年以内に完済」できるように計算されている

消費者金融カードローンの返済額は、基本的に5年以内に完済できるように設定されています。

法律(自主規制基本規則)によって、100万円以下の貸し付けは5年以内に返済してもらうように定められているからです。

借入れ金額 返済期限
30万円以下 原則3年以内
30万円超~100万円以下 原則5年以内
100万円超 返済能力によっては5年以上でもOK
【※補足】「自主規制基本規則」って何?

自主規制基本規則とは、「カードローン会社でお金を借りた人を保護するルール」のこと。

かつて返済しきれないほどの借金を抱えてしまう多重債務者の増加が深刻な社会問題になっていました。

これを受けて平成18年にカードローン会社に対する法律が改正され、今では下記のルールが設定されています。

  • 申し込み者に年収の3分の1以上のお金を貸してはいけない
  • 金利は年20.0%以下に抑える
  • 借入れ金額ごとに返済期限内に完済できる返済額を設定する

(参考:日本貸金業協会「貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則」より)

低いほどイイと思いがちですが、実は1回の返済額が1,000円や500円など低すぎて返済期間が長引くとその分支払う利息がかさみ、利用者が損をしたり、負担になったりしてしまいます。

毎月の返済額が法律で決められているのは、いわばお金を借りた人の生活を守る工夫なんですね。

② 金利は年18.0%以下で、返済時の利息が膨らみすぎることがない

そもそも消費者金融カードローンの金利は年20.0%以下と法律で決められているので、借金が急に膨らみすぎるということはありません。

金利(実質年率) 借入れ金額
年20.0%
(上限)
10万円まで
年18.0% 10万円以上~100万円まで
年15.0% 100万円以上

特にプロミスやモビットといった、大手消費者金融カードローンは18.0%以下の金利でお金が借りられます。

消費者金融カードローン 金利
(実質年率)
大手 プロミス 17.8%
モビット 18.0%
アコム 18.0%
アイフル 18.0%
中小 フクホー 18.0%
アロー 19.94%
エニー 20.0%

カードローンでお金を借りると、借りた金額に利息を上乗せして返済するのが決まりです。
(例:10万円を借りたら、10万円+利息を返す)

金利が低いほど利息も安くなりますが、金利年18.0%でかかる利息はそこまで高くないというのが実際のところ。

【利息の計算方法】

利息 = 借入残高 × 金利(実質年率)× 利用日数 ÷ 365(366)日 

 

《例》15万円を金利年18.0%で30日間借りた場合
15万円×18.0%×30日÷365日=約2,219円(30日分の利息)

→15万円を30日間で完済するなら、返済総額は15万2,219円

もちろん借金や上乗せされる利息は毎月コツコツ返済していけば確実に減っていくので、「急に返済する金額が増えて返せなくなる…」ということはありません。

無利息期間が使えるカードローンなら利息がおトク

大手消費者金融カードローンでは無利息期間という「お金を借りても利息が0円になる期間」を利用できることがほとんど。

基本的に「はじめてカードローンを契約する方」ならどなたでも使えます。

たとえばプロミスでは10万円でも100万円でも、30日間は借りたお金に対してゼッタイに利息がかかりません

【30万円を1ヶ月後に完済した場合】

カードローン
(実質年率)
無利息期間 返済総額 利息額
プロミス
(年17.8%)
あり
(30日間)
30万円 0円
なし 30万4,450円 4,450円

→無利息期間を利用すれば、最大4,450円分の利息なしでOK!

できるだけ返済時にかかる利息を安く抑えたい方は、無利息期間を利用できる消費者金融カードローンへの申し込みをおすすめします。

関連記事無利息期間が使える消費者金融カードローンはこちらで詳しく解説しています。

【カードローンの無利息キャンペーンフル活用】金利0で15万円を90日間キャッシングできた話

③ 返済日は月1回だけ!自分に都合のいい日にちを選べる

消費者金融カードローンの返済日は毎月1回だけで、ひと月の間に何度も返済を要求されたりはしません。

下記2つのパターンから自分の都合のいい返済日を選べるのもポイントです。

  • 何日か選択肢が用意されている(プロミス、SMBCモビットなど)
  • 1~31日までの中から好きに選べる(アコム、アイフルなど)

【例:プロミスの返済日】
プロミスの返済日は4日間から選べる。

【例:アイフルの返済日】
アイフルは毎月1~31日までの中から返済日を選べる。

「返済するお金がなくなってしまった…」という事態を回避したいなら、給料日の翌日~1週間以内を目安に返済日を設定しておくといいでしょう。

ただし、カードローン会社によっては返済方法によって返済日が変わる・自分で選べない場合もあるので注意してください。

《例》アコムの返済日は返済方法ごとに違う

アコムの場合、口座振替で返済する人だけは毎月6日が返済日になります。

返済方法 返済日
インターネット返済 毎月1~31日のいずれか
提携ATM入金
店頭窓口
口座振替 毎月6日のみ

消費者金融カードローンで利用できる返済方法と返済日は、各業者の公式HPで確認できます。

 

「35日ごと」に返済する方法もある

カードローン会社によっては「35日ごと」に返済日が変化するプランもあります。

1度返済すると次の返済日は翌月の同じ日ではなく、最後に返済した翌日から35日後です。

アコムでは35日ごとに返済するプランも選べる。
(アコムの公式HPより)

返済日が毎回変わってしまうのはネックですが、返済日の間を出来るだけ伸ばしたい方には向いています。

(関連記事:【アコムの返済日を確認したい】何時まで返済できる?返済遅れの対処法まで解説

「返済日通知サービス」を利用して返済忘れを防げる

返済日をウッカリ忘れそうで不安…という場合、「返済日通知サービス」を利用して返済忘れを防止できるのも消費者金融カードローンのポイント。

「返済日お知らせメール(プロミス)」「aiメール(アイフル)」など、返済日前日までにメールで通知してくれます。

また「返済日がわからなくなった」「転職して給料日が変わったから返済日を変更したい」という場合も、公式サイトの会員ページやマホアプリからスグに確認・手続きOKです。

「返済シミュレーション」を使えば返済期間・返済額を計算できる

消費者金融カードローンでは、実際にお金を借りる前に「返済シミュレーション」で返済期間・返済額を計算できます。

返済シミュレーションは各カードローン会社の公式サイトから利用OKです。

【例:アコムの返済シミュレーション】
アコムの公式HPには返済シミュレーションできるページがある。借りたい金額や返済回数(完済までにかかる月数)を入力するだけで

  • 10万円を12ヶ月借りたら完済までにいくら支払う?
  • 10万円を5,000円ずつ返したら何ヶ月かかる?

といった疑問が一瞬で解決できます。

完済までに返済額・利息はいくらかかる?金額ごとに計算してみた

実際に返済シミュレーションを使って完済までに支払う返済額・利息を計算してみました。

今回は10万円・30万円・50万円・100万円を借りた場合をシミュレーションしています。

以下からみなさんが借りたい金額を選んで、返済のイメージをつかんでみてください。

(※タップ・クリックでスクロールします。)

10万円を1年(12回)で返済した場合

カードローン
(実質年率)
返済総額 利息額 毎月の返済額
プロミス
(年17.8%)
10万9,894円 9,894円 9,158円
アイフル
(年18.0%)
10万9,106円 9,106円 1万円
アコム
(年18.0%)
11万11円 1万11円 9,617円

 

30万円を2年(24回)で返済した場合

カードローン
(実質年率)
返済総額 利息額 毎月の返済額
プロミス
(年17.8%)
35万8,746円 5万8,746円 1万4,948円
アイフル
(年18.0%)
35万9,196円 5万9,196円 1万5,000円
アコム
(年18.0%)
35万9,441円 5万9,441円 1万4,977円

 

50万円を3年(36回)で返済した場合

カードローン
(実質年率)
返済総額 利息額 毎月の返済額
プロミス
(年17.8%)
64万8,918円 14万8,918円 1万8,026円
アイフル
(年18.0%)
64万458円 14万458円 1万9,000円
アコム
(年18.0%)
65万721円 15万721円 1万8,076円

 

100万円を4年(48回)で返済した場合

カードローン
(実質年率)
返済総額 利息額 毎月の返済額
プロミス
(年15.0%)
133万5,856円 33万5,856円 2万7,830円
アイフル
(年15.0%)
133万2,398円 33万2,398円 2万8,000円
アコム
(年15.0%)
133万5,856円 33万5,856円 2万7,830円

 

消費者金融カードローンの返済に遅れても危険な目にはあわない

万が一消費者金融カードローンの返済に遅れてしまっても、危険な目にあうことはゼッタイにありません

消費者金融カードローンには取り立てのルールがあり、「暴力をふるう」「大声で脅す」といった乱暴な行為は禁止されています。

icon-hand-o-right 消費者金融の借金取り立てのルール
  • 暴力的な態度を取ったり、乱暴な言葉や大声で脅してはいけない
  • 21時~翌8時まで電話をかけたり、訪問したりしてはいけない
  • 取り立ての電話は1日3回までを基本とする
  • 取り立てのために勤務先に行ってはいけない
  • 大人数で自宅に訪問してはいけない(自宅を訪問できる人数は2名まで)
  • 借金があることを利用者以外(家族や知人、職場の人など)に知らせてはいけない
  • 正月やお盆など不適切な時期に取り立てをしてはいけない など

そもそも「消費者金融の取り立てが怖い」というのは、取り立てのルールが決められる前の話。

現在カードローン会社はすべて国や都道府県に登録され、法律やルールなどしっかりした管理のもとでクリーンに営業しています。

特に大手消費者金融カードローンは「世間のイメージ・口コミ」を重視しているので、返済遅れへの対応には細心の注意を払っているんですね。

どうしても取り立てが怖い…という方は、大手消費者金融カードローンへ申し込むのをおすすめします。

返済を延滞しても電話や郵送物で催促されるだけ

上述のとおり取り立てのルールは厳しく決められているので、実際に返済遅れや延滞をしても電話やハガキで返済を催促されるだけです。

消費者金融カードローンの場合は、まず返済日の翌日~1週間以内に本人の携帯へ連絡を入れます。

電話に出ても丁寧な態度で「いつ頃ご入金いただけますか?」と確認されるだけなので、いきなり怒られることはありません。

「○日までに支払います」と再設定した返済日までに入金すれば、特別な手続きもなく取り立ては終了です。

また「忙しくて電話に1週間以上出られなかった…」という場合は、返済催促の手紙(督促状)が自宅に届きます。

手紙では新しく設定された支払い期日が記載されているので、その日までにきっちり支払えば問題なし。

もちろん支払い後は追加のペナルティもなく、今までどおりに利用できます。

 

消費者金融からの連絡を無視・放置するのはゼッタイNG!

当然ながら返済催促の電話や郵送物を無視して90日以上支払わずにいると

  • 今ある借金の一括返済を求められる
  • 裁判所に訴えられて、借金返済を強制される

など、ゆるやかな催促から厳しい要求に変わります。

最終的に給料を差し押さえられる場合もあるので、連絡を放置している人は返済日を再設定して”返済の意思”をアピールするのが先決です。

「どう頑張っても支払えない…」と思ったら、おまとめローンや債務整理も検討してください。

おまとめローンと債務整理、借金を整理するならどっち?6つの項目で違いを徹底比較!

返済できないならまず電話!返済を待ってもらう・利息だけの支払いの相談もOK

「返済日までにお金を用意できないかもしれない…」と思った時は、スグに消費者金融カードローンに電話で相談しましょう。

いつまでに支払えるか」をしっかり伝えれば、最長で30日間ぐらいまで返済を待ってもらえます。

また消費者金融としても最終的に完済してもらえればいいので、「今月分の利息だけ支払いたい」といった相談にも対応可能です。

1日遅れるだけでも遅延損害金の支払いが必要

ただし、返済に1日でも遅れると遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは返済に遅れた罰金のようなもの。
利息とは別に発生し、延滞の期間が延びるほど金額が大きくなっていきます。

【遅延損害金の計算方法】

遅延損害金 = 借入残高 × 利率(実質年率)× 利用日数 ÷ 365(366)日 

 

《例》残高15万円の返済に30日間遅れた場合(遅延損害金利率:年20.0%)
15万円×20.0%×30日÷365日=約2,466円(30日分の遅延損害金)

返済を待ってもらえるからと油断すると「遅延損害金が膨らみすぎた!」といった事態にもなりかねないので、できるだけ早く返済しましょう。

消費者金融カードローンの返済方法は「口座振替」がおすすめ

消費者金融カードローンの返済方法は各社バラバラですが、主な方法は以下の3通り。

  • 口座振替
  • 提携ATMから入金
  • インターネットから振込み
カードローン 口座振替 ATM入金 インターネット
アコム maru maru maru
アイフル maru maru batsu
promise maru maru maru
mobit maru maru batsu
レイクALSA maru maru maru

特に「返済遅れを防止したいけど、手間はかけたくない」という方には、口座振替による返済がおすすめです。

返済方法① 口座振替

毎月の返済遅れが心配…という方には、口座振替がおすすめ。

返済用口座の残高だけ気をつけていれば、毎月返済日に自動で引き落とされるので返済忘れなしで返済を続けられます。

もちろんATMまで足を運ぶ手間もカットできるため、「返済の手間をできるだけ減らしたい」という方にもピッタリです。

また毎回の支払い手数料が0円で、ムダなお金がかからないのもうれしいポイントの1つ。

ただし消費者金融ごとに返済で使える銀行口座が違うので、申し込み前にきちんと確認しましょう。

返済方法② 提携ATMから入金

大手消費者金融カードローンは全国の銀行・コンビニATMと提携しているので、仕事の合間や出先でも返済できるのがポイント。

特に提携コンビニATMなら24時間いつでも好きなタイミングで返済ができます。

「返済日当日は忙しくて入金できなさそう…」という方は、返済日前の入金もOKです。

「繰り上げ返済(随時返済)」にも提携ATMが使える

完済までの利息をできるだけ減らしたいなら、提携ATMを使って「繰り上げ返済(随時返済)」(※)するのがおすすめ。
※毎月の返済とは別に、返済日の前後に追加で入金すること。

繰り上げ返済で入金した分には利息がかからず、返済期間が短縮されて完済までに支払う利息を大幅にカットできます。

やり方はカンタンで、「今月はちょっと余裕があるな」というタイミングで毎月の返済額に1,000円でも3,000円でも上乗せするだけでOKです。

関連記事

「繰り上げ返済」を使った返済のコツは下記ページで詳しく解説しています。

繰り上げ返済するとおトクに完済できるってホント?利息をたっぷり減らしたい方必見

返済方法③ インターネット振込み

インターネット振込み支払いのタイミングは自由

土日・祝日や平日の深夜でも返済できて、スマホから金額を入力するだけで完了します。

振込み手数料も一切かからないので、「自分のタイミングでおトクに返済したい!」という方におすすめです。

消費者金融カードローンの返済に関するQ&A

Q1. 支払い期限は返済日の何時まで?

A. 返済日当日の23時59分まで間に合います。

詳しい解説をチェック!

返済方法によって異なりますが、返済のタイムリミットは最長で返済日当日の23時59分までOKです。

【例:プロミスの返済タイムリミット】

返済方法 支払いの締め切り
インターネット 当日23時59分
提携ATM 当日23時59分
コンビニのマルチメディア端末 当日23時59分
口座振替 前日まで
銀行振込 当日15時
店頭支払い 当日18時

とはいえ、タイムリミットを1分でも過ぎれば「1日延滞した」扱いになるので、余裕を持って支払うようにしましょう。

また返済日当日の入金が難しそうであれば、「提携ATMからの入金」「銀行振込み」で返済日前の支払いもできます。

「返済日の何日前から返済できるか」は消費者金融によって違うので、直接問い合わせてみてください。

Q2. 残高の一括返済ってできる?

A. 好きな時に一括返済OKですが、事前に残高を問い合わせる必要があります。

詳しい解説をチェック!

消費者金融カードローンでは、いつでも借金を一括返済OK

一括返済すれば返済期間が短くなり、完済までに支払う予定だった利息をすべてカットできるので当然おトクになります。

ただ返済日当日まで利息がかかるので、残高をピッタリ払い切るには事前にいくら支払うかの確認が必須です。

一括返済する日が決まったら「当日までの利息を含む正確な返済額」を必ず電話で聞いてください。

Q3. 完済後・返済後に住宅ローンを申し込んだ場合、過去のカードローン利用はバレる?

A. 解約から5年以上経っていればバレません。

詳しい解説をチェック!

結論から言えば、カードローン解約から5年以上経っていれば住宅ローン審査に影響はありません。

実は「消費者金融から借りていた」という利用記録は、信用情報として一定期間保管されています。

icon-hand-o-right 信用情報とは?

ローンやクレジットカードの申し込み履歴や返済状況など、今まで利用したすべての金融取引情報のこと。

クレジットカードや住宅ローンの審査では、必ず信用情報をチェックされます。

つまり「カードローンの利用記録」は解約日から5年間残るものの情報が削除される6年目なら住宅ローン審査には影響しないというワケです。

ただし完済しただけは解約したことにならないので要注意。
住宅ローンを検討している方は、使う予定のない完済済みカードローンは解約しておくのをおすすめします。

Q4. 消費者金融カードローンの借金は時効で踏み倒せる?

A. 借金を時効で踏み倒せる可能性はほとんどありません。

詳しい解説をチェック!

消費者金融の借金を時効で踏み倒すことは9割9分不可能です。

消費者金融からお金を借りた場合、返済時効成立の条件は最後の返済日の翌日から丸5年経過すること。

しかし以下ケースがどれか1つでも起こると、5年のカウントは中断/リセットされてしまいます。

  1. カードローン会社に対して「借金があること」を利用者が認めた場合
  2. カードローン会社から返済を請求する電話・郵便物がきた場合
  3. 裁判所を通して差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分が執行された場合

たとえばカードローン会社からの電話を無視し続けてたとしても、「催促の書類を受け取ってしまった」だけでカウントは中断されるということ。

そもそもカードローン会社が丸5年間も返済を催促しないことはありえません。

もし時効成立までこぎつけたとしても、それまで利用していたカードローン会社は二度と利用できないというデメリットもあります。

Q5. 複数ある消費者金融からの借入れ・返済をまとめることはできる?

A. 利用中のカードローンよりも金利の低い「おまとめローン」を探してみましょう。

詳しい解説をチェック!

消費者金融からの借金が複数ある人は、おまとめローン(借り換えローン)を利用してみましょう。

バラバラだった返済日が1つになるだけでなく、おまとめ専用ローンなら年収3分の1以上ある借金の1本化も受入れてくれます。

また利用中のローンよりも金利の低いおまとめローンを使えば、完済までに支払う利息を大幅カットで一石二鳥です。

複数ローンを返し続けるストレスから開放されたい方は、以下のページを参考におまとめローンを探してみてください。

関連記事

おまとめローンについて詳しく知りたい方は下記を参考にしてみてください。

→ローン一本化(おまとめローン)マニュアル完全版!痒いところに手が届く!

Q6. 返済中に死亡したら残りの借金はどうなるの?

A. 借金の返済義務は遺産を相続した人に引き継がれますが、引き継ぎを回避することもできます。

詳しい解説をチェック!

借金返済中に利用者が亡くなってしまうと、残りの借金は遺産を相続した人に引き継がれます

例えばあなたの父親が借金を残して亡くなった場合、息子であるあなたは「遺産とともに借金を引き継ぐか」を選択可能です。

そこで遺産相続権を放棄すれば借金の返済義務がなくなります

ただし今度はあなたの祖父母や兄弟/姉妹が引継ぎの選択を迫られるので、借金について家族に周知しておいてください。

もちろん遺産で完済するに越したことはありませんが、借金の額が遺産と比べて大きすぎる場合は借金ごと遺産を全て放棄するのがいいでしょう。

関連記事

遺産相続と借金の関係はこちらで詳しく解説しています。

カードローンの返済中に契約者が死亡したら?親族に捧ぐ3つの対処法

消費者金融カードローンを利用すると途中で返済ができなくなる…ということはゼッタイにありません。

どなたでも確実に完済できるように、下記のような「返済しやすい工夫」をしてくれています。

消費者金融カードローンの返済の工夫3つをおさらい!
  • 毎月の返済額は最低2,000円~で生活の負担になりにくい
  • 金利は年18.0%以下で、利息が増えすぎない
  • 返済日は月に1回だけ!自分が都合のいい日を選べる

もちろん万が一返済に遅れたとしても、電話や郵送物で支払いを催促されるだけなので危険なことに巻き込まれることもありません。

返済がキツい時は事前に電話すれば、「最長30日程度支払いを待ってくれる」「利息の返済だけでもOK」といった返済計画を立て直すサポートにも対応。

また口座振替や提携ATMなど返済方法も多様なので、自分に合った手段で返済忘れ・返済遅れをしっかり防止できます。

今スグお金が必要だけど、返済の便利さも譲れない!」という方こそ、まずは消費者金融カードローンの申し込みを検討してみてください。

関連記事▼当サイト(カードローンの巨匠)オススメの消費者金融カードローンはこちら!

【2018年最新】”絶対”おすすめの消費者金融4選【カードローン利用歴10年の私が選ぶ】

▼日本全国65社の消費者金融の特徴は下記のページでまとめています。

【消費者金融の一覧表】大手・中小消費者金融会社を65社一挙公開【全国網羅】

◯この記事のアドバイザー◯
1959年東京生まれ。
専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。
その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP®資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。
資産運用に関するセミナー、3級、2級FP資格取得の講師、ブログやコラムの執筆などを中心に活動中。

スポンサーリンク

スポンサーリンク