派遣(社員・アルバイト)の在籍確認完全ガイド

「派遣バイトで毎回職場が変わるから電話に対応できないかも…」

派遣で働いている方にとってカードローンの審査でネックになるのが”職場にかかってくる在籍確認の電話“ですよね。

すでに申し込みの時点で「勤務先は派遣元と派遣先、どっちを記入すればいいの?」と迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために当ページでは「派遣で働く人が職場へかかってくる在籍確認の電話を切り抜ける方法」を詳しく解説。

  • 勤務先は派遣元・派遣先のどちらを申告すればいいかわからない…
  • 在籍確認の電話はどのタイミングでかかってくるの?
  • 職場が私用の電話禁止だから申し込めないかも…
  • 電話に本人が対応できなくてもカードローン審査に通過できる?

など、派遣で働いている方が在籍確認の電話について抱いている不安・ギモンを徹底的に解消していきます。

後述していますが、カードローンに会社によっては「職場への電話なし」で在籍確認をすませてくれるところもあります。

そもそも在籍確認の電話をカットできれば、電話絡みの悩みを全て解決です。

下記記事を参考に、まずは電話なしでカードローンの審査を乗り切ることを考えてみてください。

在籍確認なし・職場電話なしでカードローン審査に通る?全11業者を調査!

派遣で働いている人が在籍確認の電話を突破するポイント4つ

派遣で働いている人が職場にかかってくる在籍確認の電話をクリアするにはコツをつかむのが重要

カードローンに申し込むと「申告された勤務先できちんと働いているか」をチェックするために在籍確認が必須。

在籍確認の方法は”申し込み者が働いている職場に直接電話をかける”の場合がほとんどです。

(参考:【カードローンの在籍確認”超”まとめ】職場にバレずに審査をやり過ごす!

ここでは以下の4つのポイントから、在籍確認の電話をスムーズにクリアする方法を解説していきます。

icon-hand-o-right 派遣で働く人が在籍確認の電話をクリアする4つのポイント
  1. 申し込み時の勤務先情報は「派遣元・派遣先」のどちらで登録するかを確認する
  2. 「在籍確認の電話があること」を勤務先にあらかじめ伝えておく
  3. 在籍確認の電話は「申し込み後」にかかってくるのが基本
  4. 本人が不在でも「申告された勤務先への在籍(登録)」が確認できればOK

申告する勤務先が「派遣元・派遣先」のどちらかをカードローン会社に確認しておく

派遣元・派遣先のどちらに電話をかけるかはカードローン会社によって違う

派遣で働いている方は「A派遣会社に所属していて、B株式会社に勤務している」と2つの勤務先があるのがネック。

在籍確認の電話をスムーズに突破するには

  • 派遣元(スタッフとして登録している会社)
  • 派遣先(実際に働いている会社)

のどちらにかかってくるのか、あらかじめカードローン会社に電話して確認しておくことが重要です。

以下の表では有名カードローンが在籍確認の電話をかける先をまとめているので、申し込み前に参考にしてみてください。

カードローン 電話がかかってくる場所
アコム 派遣元 
SMBCモビット どちらでも可
(申し込み者が希望する方)
アイフル 派遣先
プロミス どちらでも可
(在籍確認が取りやすい方)
みずほ銀行カードローン 派遣元

 

迷ったら”派遣元(スタッフ登録している会社)”で登録しておく

以下のようなケースは派遣元(スタッフとして登録している会社)“で登録しておくのがベターです。

  • 申告する勤務先に指定がない(どちらでもOK)場合
  • 短期間のうちに職場がコロコロ変わる場合

特に「6ヶ月以上同じ職場・現場で働くことがほとんどない」というような派遣アルバイトの人は派遣元を申告するのをおすすめします。

勤務先に「在籍確認の電話がある」とあらかじめ伝えておく

電話があることを職場の人に事前に伝えておくとスムーズに在籍確認できる

あらかじめ「在籍確認の電話がかかってくると思います」と伝えておくとスムーズに審査を進められます。

派遣元/派遣先のどちらにかかってくる場合でも、派遣社員として働いているスタッフが多いと名前を把握しきれていないこともあるので要注意。

「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれたときに「そのような者はおりません」と対応されてしまうと、審査落ちの原因になりかねません。

職場バレを防ぐ言い訳は「クレジットカードの在籍確認」もアリ

「職場バレがイヤだから事前に勤務先へ申し出るのは不安…」という方はクレジットカードの在籍確認と言い訳をするのもアリです。

職場へかかってくる在籍確認の電話はカードローンの審査だけにあるものではなく、クレジットカードの申し込みでもあります。

カードローンの場合はオペレーターが”個人名”を名乗るのに対して、クレジットカードだと”カード会社名”を名乗る場合もありますが、電話に対応した人がよほど用心深くない限り、職場バレに繋がる可能性は低いでしょう。

それでも不安という方は、

  • 「自分宛に電話があるかも」とあらかじめ職場の人に言っておく
  • 担当者に在籍確認の電話の希望日時を伝える

といった対策をするといいかもしれません。

在籍確認の電話が職場へかかってくるタイミングは「申し込み後」が基本

在籍確認の電話のタイミングは申し込み後

在籍確認の電話がかかってくるタイミングは申し込み後にかかってくることがほとんど。

  1. 申し込み
  2. 職場への在籍確認の電話
  3. 必要書類の提出
  4. 審査・審査結果の通知
  5. 契約手続き・借入れ

カードローン会社によっては必要書類の提出後の場合もあるので、申し込み前に審査の流れを確認しておくと審査がスムーズです。

 

また職場へ電話をかける時は「カードローン名(社名)」を名乗ることはありません。

  • 消費者金融カードローン→「担当者の個人名」
  • 銀行カードローン→「銀行名」または「担当者の個人名」

とはいえ、「個人名で電話がかかってくると怪しまれるかも…」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

要件を聞かれたとしても「カードローンで借入れしようとしていること」を本人以外の第三者にはゼッタイに話さないので職場バレの心配はありません。

要望がある場合は申し込み後にカードローン会社へ電話しておく

「担当者の性別を指定したい」など、要望や相談がある場合は申し込み後にカードローン会社へ電話しておきましょう。

電話がかかってくる時間帯については「午前中なら対応できる」など大ざっぱな指定であれば考慮してもらえる可能性が高いです。

ただし「ウソの要件を話してほしい」「偽の会社名を名乗ってほしい」といった希望には応えられないので注意してください。

在籍確認の電話は「勤務先への在籍」が確認できれば本人が不在でもOK

在籍確認の電話は派遣元/派遣先にかかわらず、「申告された勤務先に在籍している(登録している)こと」を確認できれば3分もかからずに終了します。

(※タップ・クリックでスクロールします)

■ 派遣先にかかってくる電話の内容

■ 派遣元にかかってくる電話の内容

 

「派遣先」に在籍確認の電話がかかってくる場合

実際に働いている派遣先に電話がかかってきた場合でも、本人が対応できなくてもOK

実際に自分が働いている職場に電話がかかってくる場合、「本人が対応するか・しないか」で内容が変わります。

■ 派遣先にかかってきた電話を本人が対応した場合

カードローン会社「もしもし。私、山田と申しますが○○様はいらっしゃいますでしょうか。」

本人「はい。私が○○ですが。」

カードローン会社「(フルネーム)様でお間違いないでしょうか。」

本人「はい。そうです。」

カードローン会社「個人名で大変失礼いたしました。私、○○カードローンの担当山田と申します。在籍確認のためのお電話でございました。ありがとうございました。」

本人「わかりました。よろしくお願いします。」

不在などで本人が対応できなくても、「ただいま席を外しております」「本日はお休みをいただいております」など勤務先で働いていることが確認できればOKです。

■ 派遣先にかかってきた電話を本人以外が対応した場合

カードローン会社「もしもし。私、山田と申しますが○○様はいらっしゃいますでしょうか。」

派遣先の社員「大変申し訳ございません。○○はただいま席を外しております。どのようなご用件でしょうか。」

カードローン会社「それでは、時間を改めて折返しお電話いたします。ありがとうございました。」

※「折返しお電話いたします」と答えた場合でも、再び職場に電話がかかってくることはありません。在籍確認の電話はこれで終了します。

 

「派遣元」に在籍確認の電話がかかってくる場合

派遣元に電話がきた場合は「スタッフ登録していること」が確認できればクリアできる

派遣元にかかってくる場合は、本人が在籍確認の電話に対応する必要はありません。

■ 派遣元に電話がかかってきた場合

カードローン会社「もしもし。私、山田と申しますが○○様はいらっしゃいますでしょうか。」

派遣元の社員「本日、○○は派遣先の会社へ出勤しております。どのようなご用件でしょうか。」

カードローン会社「急ぎの用事なので直接携帯にかけてみます。ありがとうございました。」

※「携帯にかけてみます」と答えた場合でも、携帯へ連絡が来ることはありません。在籍確認の電話はこれで終了します。

「在籍しております」「派遣先へ出勤しております」など、実際に派遣元の会社にスタッフ登録していることがわかればOKです。

派遣で働いている人でも「職場への電話なし」で在籍確認をクリアできる

派遣で働いていても「職場への電話なし」のカードローンに申し込める

派遣で働いている人の中には

  • 個人情報保護のため「会社に在籍しているかどうか」を答えられない
  • 派遣元/派遣先の会社では「業務に関係ない私用の電話」が禁止されている

など、職場の都合で電話での在籍確認ができない場合もありますよね。

実はカードローンの在籍確認は、ゼッタイに職場への電話でなければならないというわけではありません。

ただし「職場への電話なし」で在籍確認をクリアするには以下の3つのポイントが重要です。

icon-hand-o-right 派遣で働く人が職場への電話なしにする3つのポイント
  1. 申し込み先は消費者金融カードローンを選ぶ
  2. 「勤め先を証明する書類」「収入証明書」を提出する
  3. 申し込み後にカードローン会社へ「書類提出で在籍確認したい」と電話する

“職場への電話なし”なら消費者金融カードローンを選ぶ

「職場への電話なし」で在籍確認するならWEB完結できる消費者金融カードローンへ申し込む

大前提として職場への電話なしで在籍確認ができるのは、基本的に消費者金融カードローンだけ。

区分 カードローン名 職場への電話連絡なし
消費者金融 SMBCモビット marumaru
アコム maru
アイフル maru
プロミス batsu
銀行 みずほ銀行カードローン batsu
shizuoka-bank batsu
オリックス銀行カードローン batsu
福岡銀行 sankaku

また消費者金融の中でも、申し込み~借入れまでネット上ですべての手続きができるWEB完結」が使えるカードローンを選ぶのがベターです。

上記のSMBCモビット・アコム・アイフルは、”「WEB完結+書類提出」で職場への電話なしの可能性アリ。

たとえばアコムの場合、事前に相談したあと社会保険証を提出すれば、勤務先への電話がナシになる見込みがあるんですね。

【SMBCモビットの「WEB完結申し込み」なら職場バレの可能性0!】

SMBCモビット

SMBCモビットは「WEB完結申し込みならゼッタイに職場への電話なし」と公言している唯一のカードローン。

以下2つの条件を満たせば「職場にかかってくる電話」を完全にカットできます。

  1. 「収入証明書」「勤め先を証明する書類」の提出
  2. 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持っている

書類の提出もスマホで写真を撮ってアップロードするだけでカンタンです。

会社がお休みでもスムーズに在籍確認できるので、土日・祝日でも最短即日で借入れOKなのもうれしいポイント。

「職場バレの可能性を1%でも残したくない!」という方にもおすすめの消費者金融カードローンになっています。

SMBCモビットの基本情報・申し込みOKな人をチェック!
金利 実質年率3.0%~18.0%
利用可能額(限度額) 最大800万円
年齢制限 満20歳~69歳
毎月の返済 4000円(10万円借り入れた時)
利用用途 自由
担保・保証人 不要
年会費 なし
 SMBCモビットに申し込める人
  • 社員(正社員・契約社員・派遣社員)の方
  • アルバイト・フリーターの方
  • 学生の方
  • パート主婦の方

※自身に安定した収入がある人は誰でも申し込めます。

SMBCモビットのWEB完結申込はこちら

「勤め先を証明する書類」「収入証明書」の提出で在籍確認OK

勤め先・収入がわかる書類を提出すれば、職場への電話なしで在籍確認できる

職場への電話以外で在籍確認をする場合は、勤め先を証明する書類」「収入証明書」の提出が必須です。

■ 勤め先を証明する書類

  • 社員証
  • 健康保険証
  • 給与明細
  • 源泉徴収票 など

 

■ 収入証明書

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書 など

「現在どこに勤めているのか」「現在まで継続・安定した収入があるか」を書類でチェックできるので、わざわざ職場に電話をかける必要はありません。

 

上述の通りSMBCモビット・アコム・アイフルでは、以下の書類を提出すれば職場への電話なしで在籍確認できます。

カードローン 社員証 保険証 収入証明書
SMBCモビット maru maru 必要
アコム batsu maru 必要
アイフル batsu maru 不要
(50万円以下)

※社会保険・共済保険のいずれか

またアイフルだけは50万円以下の申し込みに限り、収入証明書なしで審査を進めることもできます。

「どうしても収入証明書を用意できない…」という方は、アイフルへの申し込みを検討してみるのもひとつの手段です。

アイフルの申し込みはこちら

申し込み後の電話が重要!「職場への電話なし」で在籍確認をクリアする流れをチェック

「職場への電話なし」で在籍確認するなら、申し込み後スグにカードローン会社に電話して相談するのが重要

職場への電話なしで在籍確認をする流れは以下の通りになります。

  1. 申し込み
  2. カードローン会社へ電話する
  3. 必要書類の提出<職場への電話なし>
  4. 審査・審査結果の通知
  5. 契約手続き・借入れ

職場への電話なしで在籍確認を突破するためには申し込み後にカードローン会社へ電話するのがカギ。

「在籍確認の電話を書類提出にしてほしいのですが…」と伝えておけばOKです。

「専用URL・アプリからスマホで撮った写真をアップロード」または「自動契約機から提出」で必要書類を提出すれば、職場への電話なしで在籍確認できます。

派遣で働く人の在籍確認に関するQ&A

Q1.派遣登録だけして実際に働いていなくても在籍確認はクリアできる?

A.在籍確認はクリアできるかもしれませんが、申し込んだ時点で収入がない場合は審査落ちしてしまう可能性が高いです。

詳しい解説をチェック

派遣会社にスタッフ登録だけの状態でカードローン審査に通るのはハッキリ言って難しいです。

たしかに派遣会社に在籍していれば、在籍確認自体はクリアできる可能性は高いでしょう。

しかしカードローンの審査では「申告された勤務先で毎月給料をもらっていること」が重視されます。

審査時には信用情報(※)を通して年収や勤続年数がチェックされるので、「登録だけしていて実際に働いていない」という場合はほとんど審査に通りません

※ローンやクレジットカードの利用状況や、生年月日、年収などを記録した個人情報のこと。

Q2.在籍確認される勤務先をアリバイ会社にして申し込むのはアリ?

A.偽装がバレると逮捕されてしまうなど、デメリットが大きいので利用するべきではありません。

詳しい解説をチェック

“アリバイ会社を使って在籍確認にクリアしたとしても、偽装がバレる可能性が高い”というのが当サイト(カードローンの巨匠)の見解です。

カードローン会社は「利用者の勤務先や年収などに変わりがないか」を定期的にチェックし、場合によっては抜き打ちで職場に電話をかけることもあります。

偽装がバレると強制解約借入れたお金の一括返済を要求されたり、最悪の場合は詐欺罪などに問われて逮捕されかねません。

また職場への電話を避けるためにアリバイ会社で収入証明書を偽造することも、同じリスクを背負うことになるのでやめたほうが得策です。

派遣で働いている方が職場へかかってくる在籍確認の電話をクリアするには、以下のポイントをあらかじめ確認しておくのが重要。

派遣で働いている人が在籍確認をクリアするポイントをおさらい!
  • 申告する勤務先が派遣元・派遣先のどちらかを確認する
  • 勤務先に「在籍確認の電話があること」を伝えておく
  • 在籍確認のかかってくるタイミングを確認する
  • 在籍確認の電話について要望がある時は事前にカードローン会社に相談する

職場にかかってくる電話は必ずしも本人が対応する必要はなく、「申告された勤務先に在籍(登録)している」ことがわかればOKです。

また「私用の電話が禁止されている」などどうしても電話に対応できない場合は、消費者金融カードローンへの申し込みがベスト。

「WEB完結申し込み」+「勤務先を証明する書類・収入証明書の提出」をすれば、職場への電話なしで在籍確認を突破できます。

在籍確認に対応する準備をしっかりとして、自信を持ってカードローンへ申し込んでみてください。

↓関連記事もチェック!↓

◯この記事のアドバイザー◯
大泉1級FP技能士事務所 主宰
株式会社fp ANSWER 代表取締役

金融機関や生命保険会社、行政などでセミナー講師も行なう。