カードローンの増額審査に通るポイントを解説!

「今のカードローンの限度額以上のお金を借りたい!」

そんな人の願いを叶える1つの方法に「カードローンの限度額を増額する」というものがあります。

増額のための審査さえ突破すれば、契約の後からでも限度額を増やしてもらえるんです。

ここではカードローンの増額について審査のポイントから申し込み方法まで徹底解説していきます。

カードローンの限度額増額の審査って何をチェックするの?

限度額の増額審査では、借手の生活を見て返済能力があるかをみて判断する

増額審査といっても、審査の内容自体はみなさんが初めてカードローンに申し込んだ時と変わりありません。

「属性調査」と「信用情報のチェック」の2つが大きな柱になります。

属性調査とは、次の3つの側面から「あなたが信用できるかどうか」を調べること。

  • どんな職業についているか
  • どんな住居に住んでいるか
  • どんな生活を送っているか

この3つを総合的に判断して「増額してもしっかりお金を返してもらえるかどうか」を判断します。

 

また過去のローンの利用状況も重要なポイント。

「ローンの返済、クレジットカードの支払い延滞してないかどうか」「債務整理をしてないかどうか」もチェックされます。

(参考:カードローン審査のマニュアル完全版!気になることがパパっとわかる

初回のカードローン審査と増額審査で異なる点

初回の審査と異なるのは次の3つです。

  1. 審査の基準が高めに設定されている
  2. 収入証明書類を求められる可能性が高い
  3. 在籍確認の電話はほぼ確実にかかってくる

①審査に通る人の基準が高めに設定されている

増額審査はもっと「お金を貸しても大丈夫なのか」より厳しくする必要がある

審査する項目は同じといえど、審査のハードルは若干高めに設定されていると考えられます。

カードローン会社からしたら「契約を見直してもっとお金を貸してほしい」と頼まれているわけですからね。

「本当にたくさんお金を貸し出しても大丈夫か」「ちゃんと返済できるのか」を入念にチェックされるのは仕方ないことです。

増額審査は初回の審査よりも厳しい戦いになるということは頭の片隅においておいてください。

巨匠の一言

厳しくなるとは言っても「この人にはもっと貸しても大丈夫!」と思われるような有利な条件を満たしていれば増額審査を突破できます。

カードローンの増額審査を有利にするポイントについては後述しているので参考にしてください。

②増額後に限度額が50万円を超えるなら収入証明書類の提出が必要

限度額が50万円以上の増額なら収入証明書が必要になってくる

限度額が50万円以上になる場合は必ずカードローン会社から収入証明書を求められます。

提出できる収入証明書一覧
  1. 源泉徴収票(最新のもの)
  2. 給料明細書(直近1ヵ月分)
  3. 市民税・県民税額決定通知書(当年度のもの)
  4. 所得証明書(当年度のもの)

上記のうち手に入れやすいものを1点だけ選んで用意しておいてください。

収入証明書の入手方法はこちらで詳しく解説しています。

収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

③増額審査ではほぼ確実に在籍確認の電話がかかってくる

増額審査では在籍確認は避けては通れない

カードローンの増額を申し込むなら、勤め先への電話は避けられないと考えてください。

上でお伝えしたように、増額審査は初回審査よりも返済能力のチェックが入念です。

「転職して収入が減ってないかどうか」をしっかり調べるために、カードローン会社は職場に直接電話をかけてきます。

在籍確認の電話を避けたい人へ

「どうしても職場に電話がくるのがイヤだ!」という人には、職場に電話をかけてこないカードローンに新規申し込みするという選択肢もあります。

在籍確認の電話なしで審査してくれるカードローンについては下記のページを参考にください。

在籍確認なし・職場電話なしでカードローン審査に通る?全11業者を調査

カードローンの増額審査を有利にするためのポイント4つ

初回の審査よりもややハードルが高くなっている増額審査ですが、次の4つのポイントのうち当てはまる項目が多ければ審査に通る可能性があります。

  • 初回契約から最低でも6ヶ月以上経過している
  • 昇給・昇進した
  • 他のカードローンから新しく借り入れしていない
  • 初回契約から引っ越していない

①申し込むタイミングは最低でも初回契約から6ヶ月後

増額審査に申し込むタイミングは初回契約から6ヶ月目以降がおすすめ

1番大切なのは、今契約しているカードローンの利用実績です。

今まで毎月遅れずに返済こなしてきた人は「限度額を増やしてもしっかり返済してくれるだろう」ということで、増額審査で有利になります。

具体的には初めてカードローンを契約してから半年以上遅れずに利用していれば問題ありません。

まだ契約期間が半年に満たない人は、もう少し待ってから増額審査に申し込んでみるもの1つの手です。

他のカードローンの返済が遅れてないことも重要

上でお伝えしたように増額審査では信用情報をチェックされるので、他のローンの利用履歴も筒抜けです。

他のカードローンやクレジットカードの支払いに遅れがあると、増額審査で不利になってしまいます。

これから増額をお考えの人は、増額を考えているカードローンだけではなく、他のローンやクレジットカードの利用情報にも気をつけましょう。

②昇給・昇進した

勤続年数が長ければ長いほど増額審査に有利になる

初回契約時と比べて、収入が増えている人は増額を申し込む際にカードローン会社に報告しましょう。

当たり前のことですが、収入が多い人の方が「返済する余力がある」ということで、カードローン会社も増額のGOサインを出しやすくなります。

また給料が上がっただけでなく「係長→課長」のように昇進していればさらにチャンスです。

会社内の地位が高い方が急に会社をクビになるリスクが低くなるので、収入が安定していると判断してもらえます。

初回契約から転職してないだけでも多少有利になる

昇進や昇給がなくても、初回の契約から転職せずに同じ会社につとめていれば増額審査でやや有利になります。

カードローン会社は「クビになるリスクが低いかどうか」を判断する基準として「勤続年数(=同じ会社でどれだけ働いているか)」もチェックしているからです。

昇進や昇給ほど大きく増額審査に影響するわけではありませんが、少なくとも同じ会社に長く勤めているなら審査で不利にはなりません。

③他のカードローンから新しく借り入れしていない

3社以上の他社からの借入は増額審査に通る可能性が低くなる

他社からの借り入れが増えていると本当にお金に困っていると思われてしまうため、あまり良い印象ではありません。

具体的にはすでに3社以上のカードローンから借り入れしていると、増額審査に通るのはほぼ不可能です。

逆に今のカードローンは初めて契約した時から借金が増えてなければ、増額審査で有利になります。

④初回契約した時から引っ越しをしていない

長年同じ家に住んでいれば増額審査で有利になる

増額含めてカードローン審査では同じところに長く住んでいる方が有利になります。

コロコロ住所を変えない人に対しては「いざとなった時に連絡がつきやすい」ということで、お金を貸し出しやすくなるからです。

初回の契約から引っ越さずに同じところに住んでいるなら増額審査で高ポイントになります。

引っ越し先が「持ち家」なら逆に有利になる可能性アリ

「連絡のつきやすさ」でいうと、カードローン会社からしたら賃貸よりも持ち家に住んでいる人の方が安心です。

「持ち家を捨ててまでして返済を踏み倒して逃げる」とは考えにくいですからね。

たとえ引っ越ししても新しい住まいが持ち家なら逆に増額審査で有利になることもあります。

ここまで読んで「自分じゃ増額できそうにないな…」と感じた人は、他のカードローンへの新規申し込みを検討してみてください。

新規申し込みなら「6ヶ月待たないと審査に通らない」などの条件はないうえ、増額審査よりも審査のハードルは低くなっています。

【2社目vs増額】カードローンの限度額がいっぱいになった時の解決方法

カードローンの限度額増額の審査に申し込む方法

icon-hand-o-right 申し込み方法
  1. 自分から申し込む
  2. 今使っているカードローンから増額の勧誘を待つ

もちろんタイミングとしては増額案内が来てからの方が審査に通る見込みが高くなりますが、案内を待たずに申し込んでみるのもOKです。

【実際に増額できるまでにかかる時間】

申し込んでから実際に限度額を増額してもらうまでの時間は、消費者金融か銀行カードローンかで異なります。

  • 消費者金融(アコム、プロミス、SMBCモビットなど)
    申し込み後2日~3日
  • 銀行カードローン(みずほ銀行、福岡銀行など)
    申し込み後2週間程度

残念ながら初めてカードローンを申し込んだ時みたいに「即日審査、即日契約」で増額できるカードローンはありません()。

お急ぎなら増額よりも新しく他のカードローンに申し込むのがおすすめです。

スピード重視なら下記のページを参考に新規申し込み先を選んでみてください。
即日融資カードローンおすすめランキング!今日中にお金を借りる人の背中、押します。

自分から申し込む方法!おすすめは電話

増額審査の申し込みは電話・店頭窓口・自動契約機・インターネットから

増額の申し込み方法には、

  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • インターネット

の4つがあります。

1番おすすめなのは電話で増額を申し込む方法。

電話なら「いくらまで増額できるか」などをその場で相談しながら申し込むことができます。

有名どころのカードローンの増額審査受付時間は以下の通りです。

カードローン名 受付時間
みずほ銀行カードローン
(銀行カードローン)
月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
*12月31日~1月3日、祝日・振替休日を除く
福岡銀行
(銀行カードローン)
月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
*12月31日~1月3日、祝日・振替休日を除く
acom
(消費者金融)
月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
*祝日・振替休日を除く
SMBCモビット
(消費者金融)
【オペレーター対応】 9:00~21:00
【自動音声案内】24時間
プロミス
(消費者金融)
【オペレーター対応】 9:00~21:00
【自動音声案内】24時間

増額案内の電話・メールが来るのを待つ

利用実績が良好なら審査に通る可能性が高くなる

カードローン会社は契約中の人を定期的に再審査しています。

再審査の中で「この人にはもっとお金を貸しても大丈夫かな」と思えるような人には、カードローン会社の方から増額案内の電話がくるのです。

具体的に増額案内がくるのは次の3つの条件を満たしている人になります。

  • 契約から6カ月以上経っている
  • 1度も返済に遅れがない
  • 借入を適度に行っている(※)

※毎月の返済だけでなく、限度額の中で「借りたり、返したり」を繰り返していること

申し込む方法は「増額しませんか?」という案内に対して「よろしくお願いします」と答えるだけ。

増額案内の連絡は電話かメールになるので、着信履歴やメールボックスはこまめに確認しておくようにしましょう。

「増額案内がくる=100%増額できる」というわけではない?

増額案内はあくまで「自社のカードローン利用履歴」に問題がない人にかかってくるだけです。

増額の意向がある人にはそこからさらに信用情報(他社の利用履歴)などを詳しくチェックすることになるので「増額案内がきたのに増額できなかった…」ということもありえます。

カードローンの限度額増額にデメリットはある?気をつけるべき注意点を解説

増額審査では「減額になる可能性があること」「返済ペースが変わってくること」に注意

増額審査に落ちたら減額されてしまうケースがある

上でお伝えしたようにカードローンの増額審査は正確には「限度額を見直すための審査」です。

審査の結果「もっと貸しても大丈夫」だと判断されれば増額してもらえますが、逆に「この人利用実績が悪いな」と判断されれば限度額が下がってしまうこともありえます。

「増額したかったのに、逆に減額されてしまった…」ということにならないためには、

  • 初回契約から6ヶ月以上たっているか
  • カードローンの返済に送れたことはないか
  • 昇給や昇進など、初回契約時よりも状況が良くなっているかどうか
  • 新たに他の借り入れを作ってないかどうか

この4つをしっかり確認してから増額に申し込むようにしましょう。

限度額を増額すると最低返済額も高くなる

当たり前のことですが、増額してたくさん借りれば借りるほど毎月の返済額は増えることになります。

例えばみずほ銀行カードローンで50万円→150万円に増額して借り入れした場合は以下の通りです。

  • 増額前の最低返済額→1万円
  • 増額後の最低返済額→2万円

限度額を上げると、その分最低返済額も上がるため今までの返済ペースが変わってきます。

限度額を上げる場合は、増額を申し込むカードローン会社と相談して「増額後の返済額はムリのないものか」を確認するようにしましょう。

カードローンを増額できるかどうかの戦いは初回契約時から始まっている

「カードローンの増額審査を有利にするためのポイント」からもわかるように、限度額を増やせるかどうかは「あなたが今までにどれだけ信用を積み重ねてきたか」にかかっています。

もちろん「昇給した」など信用以外の要素もありますが、増額審査の結果は今までの利用実績に左右されることが多いです。

利用実績が危なかったら最悪の場合「逆に限度額が少なくなった…」ということにもなりかねません。

 

この記事を読んで「自分なら問題なく審査に通るはず!」と思えた人は自信をもって増額審査に申し込んでみてください。

逆に「自分の利用実績だとちょっとヤバイかも…給料も増えてないし…」という人は増額ではなく、他のカードローンへの新規申し込みも検討してみるといいでしょう。

確実に審査に通る見込みがあるとは言い切れませんが、少なくとも「限度額を減額される」ということは避けられます。

2社目以降のカードローン審査・申し込みについて詳しくは下記のページを参考にしてください

【2社目vs増額】カードローンの限度額がいっぱいになった時の解決方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク