個人事業主の方で、「会社経営のために資金調達を行いたい」と考えている方はいませんか?

事業資金を集めようと考えた時は、銀行などの金融機関に融資を依頼するのが一般的です。
しかし会社の規模や業績によっては、融資を断られてしまう場合があります。

そんな時に役立つのが、【ファクタリング】です。
どのような個人事業主の方でも、ファクタリングを活用すれば効率良く資金繰りを行うことができます。

この記事ではファクタリングの内容や特徴、ファクタリング会社の選び方などについて解説します。

ファクタリングとは

ファクタリングは企業が所有する売掛債権(入金待ちの請求書)を売却し、資金を得るサービスです。
決済日になる前に売掛債権を現金化することができるので、早く資金を調達したい時に役立ちます。

またファクタリングは銀行融資に比べて、審査のハードルが低めに設定されています。
そのため実績が少ない個人事業主の方でも、条件さえ満たしていれば気軽に申し込むことが可能です。

「銀行に融資を希望したが断られてしまった・・・」という方は、ぜひ一度相談を行ってみてください。

2社間と3社間の違い

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類が存在します。
それぞれの仕組みや特徴は、以下の通りです。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは「自社」と「ファクタリング会社」との間で取引を行う方法です。
取引の手順は以下の通りです。

1.自社からファクタリング会社に売掛債権を譲渡する
2.ファクタリング会社から売掛債権と同等の資金を受け取る
3.取引先の会社から売掛金を受け取る
4.受け取った売掛金をファクタリング会社へと支払う

取引を行うのは主に自社とファクタリング会社であり、原則として取引先の会社に手続きを依頼することはありません。
そのため2社間ファクタリングは、取引先の了承を得ることなくファクタリングを行うことが可能です。

また2社間ファクタリングには、以下のようなメリットも存在します。

・交渉や手続きにかかる時間を短縮できるので、短時間で資金を集めることができる
・中小規模のファクタリング会社が多いため、審査のハードルが低い

ただし、大手ファクタリング会社の大半は2社間ファクタリングを提供していません。
3社間ファクタリングに比べて手数料も高額になるので、申し込みの際は注意してください。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは「自社」と「ファクタリング会社」「取引先企業」との間で取引を行う方法です。
取引の手順は以下のようになります。

1.自社とファクタリング会社との間でファクタリングの契約・承認を行う
2.自社と取引先企業との間でファクタリングの契約・承認を行う
3.自社が取引先企業に支払い金額の確認を行う
4.ファクタリング会社から売掛金と同等の資金を受け取る
5.ファクタリング会社が取引先企業に売掛金の請求を行う
6.取引先企業がファクタリング会社に売掛金を支払う

3社間ファクタリングを実施する際は、取引先の企業に債権譲渡を承認してもらう必要があります。
そのため2社間ファクタリングに比べて、審査のハードルは高いです。

しかし手続きを分割することができるため、低い手数料で取引を行うことが可能です。
以下のようなメリットも実感することができます。

・大手ファクタリング会社を利用できるので、取引時にトラブルが発生しにくい
・取引先企業の承認を得る必要があるため、会社の信用を損失する心配がない
・直接ファクタリング会社に売掛金を回収してもらうことができる

ただし取引先企業から承認を得る必要があるため、手続きには時間がかかります。
迅速に資金を集めたいと考えている方は気をつけてください。

ファクタリング会社の選び方

ファクタリングを利用する中小企業が増えた現在では、全国各地にさまざまなファクタリング会社が存在しています。
そのためファクタリングを実施する際は、それぞれの目的に適したファクタリング会社を選ぶことがとても重要です。

ファクタリング会社の選び方で大切なのは、【手数料の額】【最少・最大買取額・】【償還請求権の有無】を確認することです。
ここではファクタリング会社を選ぶ時の重要ポイントについて解説します。

手数料の額

ファクタリングを実施する際は、ファクタリング会社に手数料を支払うのが一般的です。
手数料の額は、利用者の信用度や利用回数などに応じて変動します。

そのためファクタリング会社を選ぶ際は手数料の相場を確認し、実際の手数料が適切な額であるか確認することが大切です。
各ファクタリング手数料の相場は以下の通りです。

2社間ファクタリング 支払金額の15%~30%
3社間ファクタリング 支払金額の1%~9%

ファクタリング会社選びで迷っている方は、まず手数料の額と相場を比較してみてください。

最少・最大買取額

最少・最大買取額とは、ファクタリング会社が対応できる金額を表したものです。
ファクタリングの最小買取額と最大買取額は、各ファクタリング会社ごとに異なります。

そのためファクタリングを実施する際は、所有している売掛債権に対応できるファクタリング会社を探す必要があります。
売掛債権の額が最少買取額を下回っていた場合、ファクタリングを実施することはできません。
もちろん、最大買取額よりも売掛金が高い場合も同様です。

ファクタリングを希望する場合は、所有している売掛債権に対応できる会社へ相談を行ってください。

償還請求権の有無

償還請求権は倒産などの原因で売掛金が入金されなかった場合、利用者に対してファクタリング会社が請求を行う権利のことです。
ファクタリング会社には、【償還請求権あり】と【償還請求権なし】の会社が存在します。

【償還請求権あり】のファクタリング会社に依頼してしまうと、売掛金の入金がなかった場合は利用者がファクタリング会社に資金を払うことになります。
そのためリスクを最小限に抑えたい場合は、【償還請求権なし】のファクタリング会社を選ぶのがベストです。

これからファクタリング会社を選ぶ方は、償還請求権のあり・なしをきちんと確認するようにしてください。

おすすめのファクタリング会社

ファクタリング会社の中には、さまざまな特徴を持った会社が多数存在します。
ここでは、ファクタリングを依頼するのにおすすめな会社を3つ紹介します。

三共サービス

三共サービスは手数料・入金スピード・取引実績に自信があるファクタリング会社です。
手数料が【3社間:1.5%~】【2社間:5%~】と低めに設定されているので、ファクタリング手数料の節約にとても適しています。

豊富な契約実績があり、来店せずにファクタリング契約を行うことも可能です。
2社間ファクタリングであれば、最短即日入金にも対応してくれます。

初めてファクタリングを実施する方にピッタリな会社といえます。

ベストファクター

ベストファクターは、2社間ファクタリングに特化したファクタリング会社です。
迅速かつ丁寧な対応で手続きを行ってくれるので、売掛債権をすぐに資金化することができます。

また信用情報の内容を気にせずに取引を行うことかできます。
新設法人会社や個人事業主の方でも、気軽にファクタリングを依頼することが可能です。

信用情報に自信のない方や個人事業主の方は、ぜひ一度相談を行ってみてください。

ビートレーディング

ビートレーディングは、簡単5秒診断が利用できるファクタリング会社です。
チェック項目を入力するだけで、資金化の可否や支払額をすぐに確認することができます。

またビートレーディングは手続きスピードにも優れているため、最短即日入金にも対応することができます。
2社間ファクタリングだけでなく、3社間ファクタリングにも対応可能です。

資金化の可否や売掛債権の価値を確認しておきたい方は、一度診断を行ってみてください。

申し込みを行う際の注意点

ファクタリングを実施すると、売掛債権をすぐに資金化することができます。
ただしファクタリング会社に取引を依頼する際は、以下の点に注意する必要があります。

相見積もりは必ず実施しておく

ファクタリング会社の大半は、サイト上に手数料を明記しています。
しかし明記されている手数料は、1.5%~20%などの大まかな数値で表示されていることが多いです。

そのため実際のファクタリング手数料は、見積もりを行わなければ明確に確認することができません。
ファクタリングを行う際は、相見積もりを行って目的に合った会社を選ぶことがとても重要です。

これからファクタリング会社を選ぶ方は相見積もりを活用して、より多くの資金を獲得できるよう対応してみてください。

まとめ

ファクタリングの内容や特徴、ファクタリング会社の選び方などについて解説しましたが、いかがでしたか?

ファクタリングを行う際はそれぞれの会社の【手数料の額】【最少・最大買取額・】【償還請求権の有無】を確認し、目的に適したファクタリング会社を選ぶことが大事です。

また申し込みを行う際は、事前に相見積もりを行うことで実際の手数料や獲得資金額を確認する必要があります。

ファクタリングの実施を考えている方はここで解説した知識を活用して、それぞれの目的に合ったファクタリング会社を検索してみてください。