foreigner-card

「カードローンには審査があります」

テレビのCMや電車の広告なんかでも、よく見たり聞いたりしますよね。

ただ「審査がある」と聞くと、

  • そもそも外国人でも日本のカードローン審査に申し込めるのか
  • 永住権を持ってないけどカードローンの審査に通るのか

など、気になることがあって「申し込みたいけどあと一歩踏み出せない」という方も多いのではないでしょうか。

実は日本のカードローンは外国人の方が申し込めるのはもちろん、永住権がない方でも審査に通る見込みがあるんです!

ここでは外国人の方の申し込みから審査・借り入れまでをサポートするべく、おすすめのカードローン用意すべき書類審査のポイントまで徹底解説しています。

【永住権なしOK】外国人の方でも即日で借り入れOKのカードローンはこちら

外国人でもカードローン審査に通る!「永住権」なしでもOK!

外国人のカードローン審査事情

結論からいうと、外国人の方は永住権を持っていなくてもカードローンの審査に通ります。

日本で暮らしている外国人の方のタイプと審査の通りやすさをまとめました。

タイプ 備考 審査の通りやすさ
短期滞在の方
(3ヶ月以内の滞在)
短期滞在ビザを持っている 0202
(通らない)
中・長期滞在の方
(3ヶ月以上の滞在)
在留カードをもっている
(在留資格欄に「永住者以外」と明記)
・安定した収入がある
01
通る可能性アリ
永住権をお持ちの方 ・在留カードをもっている
(在留資格欄に「永住者」と明記されている)
・特別永住者証明書を持っている
・安定した収入がある
010101
通る可能性大!

審査をクリアするために大切なのは、

  • 日本に住所があり、住居資格がある
  • 3ヶ月以上住居している
  • 安定した収入がある

の3つに当てはまっていること。

残念ながら旅行や観光などの目的で短期滞在ビザしかもってない方は、日本のカードローンに申し込むことができません。

【カードローンに申し込める外国人2タイプ】

中・長期滞在の方(3ヶ月以上)

留学やビジネスで3ヶ月以上日本で過ごすことが決まっている方ならカードローン審査に通る見込みがあります。

日本に3ヶ月以上滞在する方なら、日本の法務省から発行された在留カードを持っているはずですよね。

在留カードと安定した収入があれば、たとえ永住権がなくてもカードローン審査に申し込むことができます。

ただし肝心なのは申し込み先。銀行が用意している「〇〇銀行カードローン」は永住権がない方の申し込みを受付けてないので注意してください。

永住権なしでも申し込めるカードローン
  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • プロミス

※永住権をお持ちでない方の申し込み先は消費者金融カードローンに限られます。

永住権をお持ちの方
  • 在留カードに「永住者」と書いてある
  • 特別永住者証明書を持っている

この2つのうちどちらかに当てはまる方は、永住権なしの方と比べると申し込めるカードローンが増えます。

icon-hand-o-right 永住権アリの外国人が申し込めるカードローン

【消費者金融カードローン】

  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • プロミス

【銀行カードローン】

  • みずほ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン「レイク」
  • イオン銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
  • じぶん銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」

永住権を持っているということは「今後もずっと日本で暮らす見込みが高い」ということ。

「急に帰国されてしまったから返したお金が返ってこなかった…」ということになりにくいので、カードローン会社としてもお金を貸し出しやすくなります。

外国人の中だけで考えると、永住権を持っている方がカードローン審査で最強です。

ただ「審査に通る見込みを少しでも高めたい」という方は銀行よりも消費者金融のカードローンに申し込むのがおすすめです!

銀行カードローンは安い金利でお金を借りることができますが、条件がいい分審査が厳しくなってしまいます。

確実にお金を借りるなら、消費者金融のカードローンに申し込んで置いたほうが無難でしょう。

まとめると、日本に3ヶ月以上滞在している(滞在予定の)人は滞在期間にかかわらず消費者金融に申し込むのがおすすめです。

カードローン利用歴10年の私が選ぶ”絶対”おすすめの消費者金融4選

【外国籍の人にオススメ!】J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」

ジェイスコア

日本初のAIスコア・レンディング J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」。

年0.8%~12.0%の低金利×最大1,000万円の高い限度額で利用できて、最短即日融資にも対応している充実したサービスが魅力的な新世代ローンです。

ジェイスコアは永住権のない外国人でも国内に在住していれば申し込める

また上記のように J.Scoreの公式サイトでは、学生・留学生で永住権がない方でも申し込めることが明記されています。

申し込みの際には在留カードまたは特別永住者証明書を用意しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」の基本情報
金利年字
(実質年率)
年0.8%※~12.0%
※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、
およびYahoo! JAPANとの情報連携をすべて行った場合に限り適用いたします。
限度額 最大1,000万円
利用目的 自由
(事業性資金・投資性資金を除く)
年齢制限 満20歳以上(※)~満70歳以下
WEB完結 マル
毎月の最低返済額 1,000円~

※20歳の誕生日を迎えた翌月から申し込めます。

AIスコア・レンディングの申し込みはこちら

※J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」について詳しく知りたい人は下記のページもチェック!
J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」の評判は?12つの強みと弱みで解説!

下記のページでは審査について詳しく解説しています。
J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」の審査まとめ!審査基準から審査の流れまで解説

外国人カードローン審査の必要書類

外国人が用意すべき書類

~50万円までの借り入れなら「在留カード+免許証(パスポート)」だけでOK

  • 在留カード(特別永住者証明書※)
  • 本人確認書類(免許証・パスポート・保険証)

日本で3ヶ月以上過ごすことを証明する在留カードに加えて、免許証やパスポートなど本人確認できる書類さえ用意すればOK。
たった2枚書類を提出するだけでカードローンに申し込めます。

※永住権をお持ちの方は在留カードのかわりに特別永住許可書でもOKです。

(参考:外国人の方がカードローン審査で必要な書類

50万円超えなら収入証明書が必要になる

50万円を超える申し込みには上記の2枚に+して「毎月いくら収入があるか」を証明する書類も必要になります。

icon-hand-o-right 収入証明書のバリエーション
  • 給与明細(最新の2ヶ月分)
  • 源泉徴収票

(関連:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローン申込者向け】

書類を用意したり提出したりする手間がかかってしまうので「絶対に50万円以上のお金が必要!」ということではない限り、初めは申し込み金額を少なめにして申し込むのがいいと思います。

「~10万円」申し込みがおすすめ!

申し込む金額を少なめにするメリットは「収入証明書を出さなくていい」ということだけではありません。

【少ない金額で申し込むメリット】

  • 審査結果をもらうまでのスピードが早くなる
  • 審査に通りやすくなる

カードローン審査は貸し出すお金が増えれば増えるほど慎重になるもの。

このくらいの金額なら貸してもいいか」と思ってもらえるほどの少額(~10万円)の借り入れを申し込めば、審査をパパっと終わらせてもらえる見込みが高まります。

外国人がカードローン審査をクリアするために押さえるべきポイント

上述で紹介した必要書類を持っていること以外に、外国人がカードローンの審査を通るために押さえておきたいのが以下の3つ。

  • 安定した収入がある
  • 住所を持っている
  • 過去に返済トラブルの経験がない

これら3つポイント全てに当てはまっていれば、審査を通過できる可能性がかなり高いと言えるでしょう。

安定した収入がある

外国人でも毎月給料をもらっていれば審査に通る

カードローン審査には「どんな形で働いているか」はほとんど関係ありません。

社員であろうが、パート・アルバイトであろうが毎月働いてお給料をもらっていれば、カードローンでお金を借りることができます。

また必ずしも「毎月の給料は少ない=審査に落ちる」ということではありません。
カードローン審査では「どのくらいたくさん給料をもらっているか」よりも「今後も毎月給料をもらえそうかどうか」のほうが重要になります。

ただ当然ではありますが、給料が少ないと借入れできる金額も少額になるので注意してください。

毎月の収入が少なくてもOKな理由

理由はシンプルに「毎月カードローンに返済しないといけない金額が少ないから」です。

例えばカードローンで10万円借りた時に毎月返さないといけない金額の相場はたったの2000円。

毎月の収入が10万円(年収120万円)だったとしても、家賃や生活費を払いながら十分返していける金額です。

「収入が少ないからお金は借りられない…」と諦める前に、まずは少額で申し込んでみてください。

住所を持っている

住所を持っていればカードローン審査に通る

友人の家を転々としていたり、ホテル住まいをしたりといった外国人の方は「現住所がない=住所不定」と見なされてしまいます。

そうなると、お金を返さないまま急に帰国する危険性も出てくるので審査する側も中々GOサインを出せません。

カードローン審査では自分名義のアパートやマンションを借りている、あるいは一軒家をもっていることはとても大切です。

過去にカードローンやクレジットカードで返済トラブルの経験がない

カードローンの審査では「今までのお金の貸し借りについての記録(信用情報)」も見られます。

無担保・保証人なしで契約できるカードローンの審査では「申し込んだ人が信用できるかどうか」が命。

そのため審査の際には、信用情報に返済トラブルの事故情報が記録されていないかチェックします。

icon-hand-o-right 信用情報に記録される事故情報
  • 返済の遅れ・長期延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 強制解約
  • 代位弁済
     
    ※返済ができなくなった利用者に代わって保証会社が借金を支払うこと

上記のような返済トラブルが信用情報に記録されることを、一般的に”ブラックリスト入り”といって最大で10年記録が残ります。

もちろん記録が残っている間は、どのカードローンの審査にも通りません。

自分が返済トラブルを起こしたことがあるかどうかは信用情報機関へ開示請求することでスグに分かるので、気になる方は試してみてください。

母国で借金した記録は残ってる??

母国でお金を借りた記録は、日本のカードローンには関係ありません。

信用情報に記録されるのは、あくまで「日本国内」でお金を借りた場合だけです。

2つのポイントに当てはまれば審査に通る可能性UP!

  • 日本で生活してから長い
  • 返済計画をきちんと説明できる

この2つのポイントを満たしてる外国人の方ならカードローン審査に通る可能性がグッと高まります。

頭金を用意すれば審査で有利になるって聞いたけど…

結論から申しますと「頭金を用意してもあまり意味はない」と言えるかと思います。

たしかに「借りたい希望額の20%の頭金を用意する」というのは住宅ローンを組む場合には有利です。

しかし住宅ローンとカードローンは全く別物。

住宅ローンを組む場合には「連帯保証人」「担保」「保証会社」のいずれかを立てなければなりません。

一方でカードローンは担保や保証人は不要です。
頭金があるかどうかよりも「あなたが信用できる人間かどうか」の方が審査のポイントになります。

同じローンという名前が付いていても内容がぜんぜん違うので、頭金を提示してもカードローン審査で有利になることはないでしょう。
むしろ「この人はまとまったお金があるのに、これ以上一体何に使いたいのだろう?」と怪しまれる可能性だって考えられます。

日本で長く暮らしている

日本で長く過ごしていればチャンス

最低条件は「日本で3ヶ月以上暮らしていること」ですが、日本で過ごしている時間が長ければ長いほど審査で有利になります。

カードローン会社が心配しているのは「外国人の方が帰国して貸したお金が戻ってこない」という事態です。

日本にいる時間が長ければ長いほど「この人は今後もずっと日本で暮らしていきそうだな…」ということで、お金を貸し出しやすくなります。

「在留期間」が残りわずかの人は審査に落ちやすい

たとえ長く日本に住んでいても、在留カードの「在留期間」が迫っている人は審査に落ちやすい傾向にあります。

なぜなら、間もなく帰国してしまう人に融資するのはお金が返ってこないリスクがあるためです。

「10万円借りたいけど、在留期間はあと1週間しかない」という場合は、審査に通らない可能性大。

お金を借りる場合は、借入れ額を返済するのに十分な在留期間があるかどうかも重要です。

返済計画をきちんと説明する

返済計画を説明すればチャンス

「あとどれくらい日本で生活するか」が決まっている方は、期限までに完済するための計画をたてておけば審査で好印象です。

申し込んだ時にかかってくる本人確認の電話の際に、

  • あと日本にどれだけ滞在するのか
  • いくら借りるか
  • 滞在中に完済するために毎月いくら返すのか

を説明できるようにしておきましょう。

カードローン会社としては「返済しようとしている意志」を確認できれば、快くお金を貸し出しやすくなります。

返済の計画をたてる際は各カードローンが用意している「返済シミュレーション」を利用してください。

ヤミ金なんかに申し込むまでもない!外国人の方も大手のカードローンを利用しよう

「日本人じゃないから…」と理由だけでカードローン審査に落ちてしまうことはありません。

永住権がなくても申し込みを受付けているところを見ても、むしろ「外国人の方にもお金を借りてほしい」というカードローンが増えてます。

街中やネットでみるような「外国人OK」を謳っている怪しげなカードローンに申し込むまでもないんですね。
(参考:ソフト闇金はデメリットだらけ…優良会社なんてない!【口コミ・体験談あり】

利用者が多くて信用できる大手のカードローンの中から申し込み先を選んでください。

下記のページでは「永住権のある/なし」に関わらず外国人の方でも申し込めるおすすめのカードローンをピックアップしています。

カードローン利用歴10年の私が選ぶ”絶対”おすすめの消費者金融4選

◯この記事のアドバイザー◯
FPサテライト株式会社 代表取締役。
大学在学時より外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。
卒業後、税理士法人勤務を経て、FP事務所を開業。

スポンサーリンク

スポンサーリンク