ジャパンネット銀行ビジネスローン

ジャパンネット銀行ビジネスローンは、審査・申込みはネットで完結し、利用限度額が500万円金利は4.8%~13.8%です。

Yahoo!出店者は、利用限度額や金利が優遇されています。

結論から申し上げますと、ジャパンネット銀行ビジネスローンは個人事業やYahoo!の出店で、気楽かつ手堅い第一歩を踏み出すのに適したビジネスローンです。

口コミでは

  • 「審査に落ちない?」
  • 「融資まで時間がかかると聞いたが…」

など、様々なうわさがあります。

今回、公式サイトを直撃&電話取材で得た情報をそのままリポート

メリットだけでなく、デメリットなど、サービス内容を実直にお伝えします。

起業や運営拡大に備えジャパンネット銀行ビジネスローンを検討中の方は最後まで読んで参考にして下さい。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの
公式HPをチェック!

この記事の目次

ジャパンネット銀行ビジネスローンとは

ジャパンネット銀行ビジネスローンは2019年5月にスタート。

法人、個人事業主の方なら、事業性資金に限って誰でも申し込みができる使い勝手が良いビジネスローンです。

知名度の向上と利用者増加に伴いサービス内容が拡充。

  • 法人
  • 個人事業主
  • Yahoo!出店者
  • クラウド型会計ソフトFreee会員
  • 中古車オートオークションUSS会員

以上の方が利用できます。

銀行系のビジネスローンで保証会社はアイフル

ジャパンネット銀行のビジネスローンの保証会社は、実績が豊富なアイフルなので、安心して利用できます。

アイフルは、1978年に設立された老舗企業で、創業40年以上にわたって消費者金融業を営んできました。

万が一、利用者の返済が滞った場合でも、アイフルが保証するので、融資を行うジャパンネット銀行にとってもプラスです。

 

ジャパンネット銀行は審査体制も信頼できる!

審査は保証会社のアイフルが行い、後にジャパンネット銀行が最終確認し結果報告となります。
審査体制も整備された、信頼できるビジネスローンです。審査に通れば安泰な事業が臨めるでしょう。

ジャパンネット銀行ビジネスローンを利用できる人

ジャパンネット銀行のビジネスローンを利用できる人・団体は、下記の通りになります。

  • 法人(業歴2年以上):会社や労働組合など営利活動を行う組織
  • 個人事業主(満20歳以上、満69歳以下):株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人
  • Yahoo!出店者:販売物品の仕入れ資金に利用する事業者
  • クラウド型会計ソフトFreee会員:コンサルタント業、飲食店、IT関連など運転資金に利用する事業者
  • 中古車オートオークションUSS会員:会員歴12か月以上で、中古車オークションに参加し車両落札代金に利用する事業者

一般的に、物やサービスを売って利益を得る人は大抵、利用できるビジネスローンです。

既に営利活動をされている法人は業歴が2年以上である事が条件になります。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの審査について

ジャパンネット銀行ビジネスローンの審査

審査の申し込みは、すべて公式サイトにある申し込みフォームに入力すれば完了します。

【申込みフォームの入力必須項目】

・事業情報

  • 社名
  • 会社の所在地
  • 業務内容

 

・個人情報や目的、保険や借入れの状況

  • 代表者の氏名
  • 住所などの個人情報
  • ビジネスローンの利用目的
  • 保険区分(公務員や教員の方が加入する保険)
  • 他社からの借り入れ
  • 銀行取引停止処分履歴

Yahoo!出店者の場合、出店歴や取引状況も審査対象となります。

電話取材を直生リポート!

この度審査に関して電話で取材させて頂きました!上述の通りですが、審査はまず保証会社のアイフルが行い、その後ジャパンネット銀行が最終確認して、電話かメールでの結果報告となるそうです。

ジャパンネット銀行ビジネスローン担当員:「アイフルさんのご報告を待ってのご対応となるため審査申込みが混雑する時期は結果報告まで1~2週間かかります」との事でした。余裕を持って申込みましょう。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの特徴と強み9つ

ジャパンネット銀行ビジネスローンの強みは、以下の9点にあります。

  • 利用額によっては審査に書類が必要ない
  • 事務手数料無料
  • 提携ATM手数料無料
  • 24時間ネット申し込みができる
  • 利用限度額500万円
  • 下限金利が低い
  • Yahoo!出店者の場合金利が上限下限共に優遇される
  • Yahoo!出店者は融資額の上限が3,000万円
  • 担保・保証人が要らない

以降、1つ1つ紹介します。

利用額によっては審査に書類が必要ない

ジャパンネット銀行ビジネスローンは、利用限度額が300万円以下の場合審査に書類が必要ありません(※)。

公式サイトの申し込みフォームに入力するだけで良いので、とてもスムーズです。

「ECサイトの出店にあたり、取り急ぎの仕入れ資金100万円~200万円を工面したい」

そんな人は審査のための書類を準備する手間が無く便利です。

※ただし、利用額が300万円を超える場合、所得証明資料(納税証明書その2、住民税決定通知書、所得証明書、確定申告書等のいずれか)が必要になります。

事務手数料・年会費無料

ジャパンネット銀行ビジネスローンの利用に際して、事務手数料も年会費も無料です。

一般的な金融機関の事務手数料は幅があり、1,000円~10万円程度となり融資額の何%といった金額に設定されます。

例えば三井住友銀行の事務手数料は3万3,000円~7万7,000円(2019年10月現在)です。

余計な支出を避けたい事業主にとってはありがたい恩恵となります。

ATM手数料無料サービスがある

ジャパンネット銀行ビジネスローンで口座を作って、キャッシュカードを利用する場合、最初の1回提携ATM(※)での入出金の手数料は無料です。

2回目以降の入出金で、金額が3万円未満の場合は手数料がかかりますが、3万円以上であればかかりません

また、前月の預金平均残高3,000万円以上の場合、月5回まで金額に関わらず振込手数料が無料になります。

提携ATM

  • セブン銀行
  • イーネット(ファミリーマート、スリーエフ)
  • ローソン銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行ATM利用の場合、振込手数料無料キャンペーン対象者は期間中、2回目以降の入出金で3万円未満の場合でもその際支払った手数料は後日口座に返金されます。

※ジャパンネット銀行の返済は、作った口座にて行います。ATMでの返済はできません。

24時間ネット申し込みできる

ジャパンネット銀行はインターネット銀行ですから、ビジネスローンは24時間いつでも申込めます

来店不要で契約できるので、忙しい経営者でも、空いた時間に無理なく申込むことが可能です。

商品需要の情報を検索したり、事業の会計ソフトをチェックしたり、パソコンをのぞく時間に、ついでに申込めます。

上限500万円まで借りられる!

ジャパネット銀行の個人事業主向けビジネスローンの借入の上限額は500万円です。

最高限度額500万円は、ビジネスローンとしては物足りないと感じる方もいるでしょう。

しかし書類も来店も不要で契約でき業務効率に一切支障をきたすことなく借りられます。

借入れ金額(利用限度額)の範囲であれば申込み不要で、繰り返し借りられるのもメリットです。

金利は利用限度額に適用された数値のまま変わらず、追加の借入れで金利が高くなることもありません。

下限金利が低めである

ジャパンネット銀行ビジネスローンの下限金利4.8%は、他社と比較しても低めです。

ジャパネット銀行ビジネスローンの下限金利を他社と比較したグラフ

  • ジャパンネット銀行ビジネスローン:4.8%
  • オリックスVIPローンカードBUSINESS:6.0%
  • プロミス自営者カードローン:6.3%
  • ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」:9.98%

400万円を借り入れ、返済期間1年で計算すると、

ジャパンネット銀行ビジネスローンで借りた場合、返済額はビジネスパートナー「スモールビジネスローン」で借りる場合より20万円安くなります。

39万2,000円-19万2,000円=20万円

4.8%の場合:利息19万2,000円

=400万円×4.8%(年利)

9.98%の場合:利息39万2,000円

=400万円×9.98%(年利)

(※シミュレーション計算です。変動金利の場合や金利見直し、実際の返済期間によって、実際のご返済額と異なる場合があります。)

Yahoo!出店者の場合金利が上限下限共に優遇される

ジャパンネット銀行ビジネスローンでは、Yahoo!出店者向けのビジネスローンの金利が優遇されます。

適用される金利は1.45%~8.20%です。

条件として売上代金をジャパンネット銀行で受取りしている事が必要になります。

これからYahoo!で出店しようと考える方は、売上代金の受け取りで、ジャパンネット銀行の口座を開設するのがおすすめです。

(※ジャパンネット銀行は2019年10月現在なら、新規口座開設で、Visaデビットを3回以上利用すると1,000円キャッシュバックの特典が付いてきます。)

Yahoo!出店者は融資額の上限が3,000万円!

Yahoo!出店者は、上限3,000万円まで融資を受けられます。

Yahoo!の出店でヒット商品が出て仕入れが大量になった時、3,000万円の枠があるのは心強いです。

上限額3,000万円が適用となるには審査が必要で、出店歴が18か月以上、などが条件になります。(※)。

※借入額は10万円単位で、出店歴18ヶ月未満の場合は1,000万円までです。

担保・保証人がいらない

ビジネスローンを利用する際に、担保・保証人が不要なのは大きなメリットです。

「ただでさえ忙しいのに、頭下げて保証人になってもらって、書類のやりとりするなんて気苦労がひどい……」

ジャパンネット銀行ビジネスローンであれば、そんなストレスはありません。

保証人との書類のやりとりの手間がなく、スムーズに事業資金を調達できます。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの弱みと注意点2つ

どんなカードローンにもメリットとデメリットがあります。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの弱点と、利用上の注意点は以下の2つです。

  • 300万円超の借り入れには書類が必要
  • 融資開始まで1週間以上かかる場合がある

それぞれ解説しますので、2点を把握しておきましょう。

300万円超の借り入れは書類が必要

300万円を超えて借り入れる場合、契約までに所得証明資料が必要です。

所得証明資料とは所得額の記載があり、自分の収入を証明する書類です。

  • 「納税証明書その2」:国税庁が交付する所得金額の証明書です。オンラインか、所轄の税務署に書面で請求します。
  • 「住民税決定通知書」:当年の住民税の金額が確定した際に、地方自治体から送られる、収入の証明となる書類です。毎年5月中旬~6月に発送され、再発行はできません。
  • 「課税証明書等」:収入・所得が記載された書類の1つで、各自治体に請求できます。
  • 「確定申告書」:税務署の収受日付印が押されたものに限ります。(事務所の所在地でなく)事業主の現住所を管轄する税務署窓口に提出した際、その場で控えがもらえます。郵送で提出した場合は、後日、控えが返送されてきます。

ビジネスローンの申し込みの際に入力した所得額と、書類の金額が一致しないと再審査となるので、所得額は正しく入力して下さい。

(※インターネットで提出した場合は、申告データと受信通知データの2つを揃えることで、控えの代わりになります)

融資開始まで1週間以上かかる事がある

ジャパンネット銀行ビジネスローンは、ビジネスアカウントを持っていない場合、開設期間を含めて、入金まで最短5営業日程度かかります。

ジャパンネット銀行ビジネスローンには、ビジネスアカウントの開設が必要です。(※)

ただし、ビジネスアカウントの設定が必要であったり、時間がかかったりするということは、

果たしてあなたの事業が順調に運営されるのか、慎重に検討されていることでもあります。

融資を受けられることになれば、事業内容が認められたことになり、ステイタスや事業展開の自信となるでしょう。

※参照:ジャパンネット銀行ビジネスローン「口座開設の流れ」

ジャパンネット銀行ビジネスローンがおすすめの人

上述のジャパンネット銀行ビジネスローンのメリット、デメリットを踏まえ、おすすめしたいのは以下のような人です。

  • 担保とする財産がない人
  • 保証人となる人がいない(もしくは頼みづらい)
  • 手数料や余計なお金を払いたくない人
  • Yahoo!の出店を予定している人
  • 100万円~500万円の融資を受けて事業を展開したい人
  • 銀行系ローンの融資で安心して事業を展開したい人
  • 忙しくて銀行に行く時間がない人

 

それでは、それぞれのポイントをお伝えしていきます。

担保とする財産がない人

「担保がないわけでないけど、家族と長年住んだ家を差し出すのは気が引ける…」

担保とする財産がない人はもちろん、中には財産はあっても、できれば担保にするのは避けたいという人もいるでしょう。

大切な財産を担保とする事に抵抗を感じる人であっても、担保不要のジャパンネット銀行ビジネスローンは心のかせが無く始められます。

保証人になる人がいない人

「失敗した時の事を思うと、身近な人に迷惑をかけたくない」
「事業が安定するまでは周りに知られたくない」

事業を展開しあくせくする中、誰かに何かを頼む事は精神的な負担となります。

保証人の依頼で関係がこじれることだってあるでしょう。

ジャパンネット銀行ビジネスローンであれば誰かに迷惑をかけず自らの責任でお金を調達し、事業を展開できます。

手数料や余計なお金を払いたくない人

「これから事業を開始するが、資金面でカツカツ…手数料でさえ、出費に感じる」
「お金を借りて利息上乗せで返済するのに手数料を払うなんて納得がいかない」

そんな人にとっても、事務手数料が無料のジャパンネット銀行ビジネスローンであれば無駄な経費が発生しません。

借入額をまるっと事業につぎ込めるのでありがたい配慮と言えますね。

Yahoo!の出店を予定している人

すでに出店している人はもちろん、これから出店を予定している方は、借り入れ上限額、金利ともに優遇されるので、とくにおすすめできます。

「これからYahoo!でヒット商品を出すにはどうやらジャパンネット銀行ビジネスローンの後ろ盾が欠かせないみたいだ…!」

そんな風に気づいた方は、既に成功への第一歩を踏み出していると言っても過言ではありません。

受取口座を設定する必要はありますが、その手間を差し引いてもメリットの方が大きいです。

100万円~500万円の融資を受け事業を展開したい人

「初めて起業するにあたり、最初はダメージの少ない少額融資で地に足のついた事業を展開したい」

ビジネスローンとして500万円の借り入れ上限は低めですが、500万円以内をめどに堅実な事業展開を考えている人にとっては、とても使い勝手の良いビジネスローンです。

1,000万単位の事業展開をする手前、スタートアップの事業展開に適しています。

銀行系ローンの融資で安心して事業を展開したい人

「40代半ばを迎え、消費者金融で借入れるのは家族の手前、抵抗がある」

そんな風に、40代以上の方にとって、消費者金融で資金を工面する事に抵抗感のある人もいると思います。

そういう点でも、ジャパンネット銀行ビジネスローンなど、銀行系カードローンのイメージや信頼性は魅力です。

以前は、銀行のビジネスローンは大口融資がほとんどでしたが、今は10万円単位で融資が受けられるようになりました。

熟年の事業主にとって、銀行系ローンの安心感はありがたいものです。

忙しくて銀行に行く時間がない人

「昼食べる暇もなく、子供のお迎えもあり、お金の入出金で銀行に行く時間なんて作れない!」

そんな方でもジャパネット銀行ビジネスローンであればネットで申し込みも入出金も完了できます。

平日は仕事にかかりっぱなしで土日しか時間が取れない人や、銀行で面会の手続きに並ぶのが嫌いな人にもジャパンネット銀行ビジネスローンはおすすめです。

審査から融資開始の流れ

審査から融資開始の流れ

ここからは、ジャパンネット銀行ビジネスローンを利用する際の、実際の手順と融資が完了するまでの流れを説明します。

流れは次の3STEPです。

  1. インターネットで審査を申し込む
  2. ジャパンネット銀行口座を開設する
  3. 契約が完了したら利用開始

①インターネットで審査を申し込む

申し込みは公式サイトから、すべてネットで完了できます。申し込みフォームへの入力も簡単です。

  • 事業情報
  • 代表者情報

以上を入力するだけです。実際に入力してみたところ、5分で終わりました。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの
お申込みはこちら

⓶審査が通ったらジャパンネット銀行口座を開設する

電話かメールで審査結果を受け取ったら、ジャパンネット銀行の口座を開設します。

口座開設は、ネットの申し込みフォームで可能です。

  • 本人確認書類
  • 事業実態の確認書類

以上の書類の提出が必要になるので、予め用意しておきましょう。書類は郵送でジャパンネット銀行に送付します。

③契約が完了したら利用開始

すべての契約が完了したら、ジャパンネット銀行ビジネスローンの会員サイトにログインしましょう。

借り入れ手続きを済ませれば、開設した口座に入金されます。あとは、口座からお金を引き出すだけです。

ジャパンネット銀行ビジネスローンのまとめ

様々なビジネスローンを検証した経験を持つ巨匠の目で見て、ジャパネット銀行ビジネスローンは個人事業主として第一歩を踏み出すのに適したビジネスローンと言えます。

まず、申し込みをすべてネットで完了できる手軽さは魅力です。

また、Yahoo!での出店を考えている方にとって、金利が優遇されまた借入れの上限額が大きいので、起業の強力なバックアップになります。

上述のメリット、デメリット、おすすめの人など、自身の事業に役立つローンであるか、知識として役立てて下さい。

ジャパンネット銀行ビジネスローンの
お申込みはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク