【レイクALSAを解約したい!】解約方法や解約で注意するべきことを解説します。

「完済が近いけど解約のやり方が分からない…」
「レイクALSAの解約で注意することはある?」

この記事では、そんな方のためレイクALSAの解約方法や注意点をまとめました。

カードローンの解約は「時間がかかって面倒」というイメージがありますが、実際には電話1本でスグ解約可能

さらに解約することで、他のローン審査で有利になるなどのメリットもあります。

完済し終わった、もうすぐ完済しそう、という人は当記事を一読してスムーズに解約しましょう

レイクALSAの契約は「完済=解約」ではない

大前提として、レイクALSAの契約は完済しても自動で解約にはなりません

  • 【完済】…レイクALSAからの借入れ残高が0円で返済がない状態
  • 【解約】…レイクALSAとの契約を解除すること

カードローンは完済したとしてもまたいつでも自由に借りられるという契約なので、一度完済しても解約にはならないのです。

レイクALSAの規約にも、申し出がないと自動更新すると記載されています。

第 3 条(本契約の有効期限および本契約の終了)
(1) 本契約の有効期限は、会員となった日より 5 年間とし、期間満了の 1 ヵ月前までに会員または銀行から特に申出がないときは、引続き 1 年間自動更新するものとし、以降も同様とします。
(引用:【カードローンの取扱いに関する規約】)

完済=解約と勘違いしていると、いつまでも解約されていない状態を放置しかねないので注意しましょう。

今後レイクALSAで借り入れる予定がないなら、後述する解約の手続きが必要です

レイクALSAのカードローンを解約するメリット

まだ本当に解約するか迷っている方のために、レイクALSAの解約することで得られるメリットをご紹介します。

icon-hand-o-right レイクALSA解約のメリット
  • 信用力が上がり、他社カードローンや住宅ローンなどの審査で好条件になる
  • 借金癖が改善できる
  • 他のカードローンの完済までが早くなる

先ほども述べたように、解約をしないとレイクALSAからいつでも借りられる貸出枠がある状態

たとえ完済していても、貸出枠があると住宅ローンや新規ローン、クレジットカードなどの審査では不利になってしまいます。

またいつでもお金を借りられる契約を解除することで、無駄な出費を抑えることが可能です。

家や車など大きなローンを考えている方や、借金癖をなおしたい方は特に解約手続きを済ませることをおすすめします。

レイクALSAの公式HPはこちら

レイクALSAの解約方法はかんたん3ステップ

レイクALSAの解約方法をかんたんな3ステップにまとめました。

  • 【ステップ1】返済総額をチェックする
  • 【ステップ2】一括返済する
  • 【ステップ3】電話で解約依頼する

【ステップ1】返済総額をチェックする

レイクALSAのカードローンを解約するためには、完済する必要があります

利息は日割り計算で毎日変わるため、確認した金額をその日のうちに返済して初めて完済です。

そのため解約する前に、次のどちらかの方法で返済総額を確認しましょう。

  • 会員ページへログインして確認
  • 電話で照会(0120-09-09-09)

ホームページからも飛べる会員ページに入れば、あといくら返せば完済なのか簡単にわかるのでチェックしてみてください。

もしネットが面倒なら、電話でも総額を教えてもらえます。

【ステップ2】一括返済する

1円単位まで返済金額がわかったら全額入金しましょう。

一括返済をする方法は、以下ののいずれかです。

  • 提携ATM
  • WEB返済サービス
  • 銀行振り込み

コンビニなどの提携ATMは1,000円以下の端数が返済できないので、後日口座振込での返還となります。

また、銀行振り込みは手数料がかかる場合があるので覚えておいてください。

【ステップ3】電話で解約依頼する

全額返済し終わったら、レイクALSAのフリーダイヤルで「解約したいです。」と伝えましょう。

郵送やインターネットでの解約はやっていないので、電話一択となります。

解約の受付は平日9時~18時(※年末年始をのぞく)なので、平日仕事の方は休憩中など時間を見つけて電話してください。

電話で聞かれる内容は、

  • 会員番号
  • 名前
  • 生年月日

など本人確認をするだけ。

書類の提出を求められることもなく、電話さえつながればアッサリ終わります。

レイクALSAフリーダイヤル

お問い合わせ先 0120-09-09-09
受付時間 平日9時~18時

レイクALSAを解約する際に注意するべきポイント4つ

具体的な手続き方法がわかったところで、解約にともなう4つのポイントをご紹介します。

  • 【ポイント①】再契約には「再審査」が必要
  • 【ポイント②】信用情報の反映には1週間かかる
  • 【ポイント③】解約証明書の発行は必要なら送ってもらう
  • 【ポイント④】カードは細かく切って破棄する

【ポイント①】再契約には「再審査」が必要

レイクALSAのカードローンを一度解約すると、再度借りたいときには再審査を受ける必要があります

以前契約していたからといって、審査が省略できるわけでありません

再契約でも新規申込者と同様の手順で審査があります。
(関連:レイクALSAの審査は甘い?審査落ちする人はいる?審査の流れまで完全解説!)

またレイクALSAで行っている利息0円キャンペーン初めての方限定なので再契約の際は利用できないので注意しましょう。
※選べる2つの無利息キャッシング…最初の借入れが30日間無利息/5万円までの借入れが180日間無利息

もし再度消費者金融と契約するなら、利息0円キャンペーンがある新しい業者に申し込むのがおすすめです。

再契約は「プロミス」がおすすめ

カードローンの再契約を考えている方にはプロミスがおすすめ。

30日間無利息キャンペーンを受けられる上に、融資まで最短1時間でサクッと完了します。

プロミス

  • 審査まで最短30分、融資まで最短1時間でOK
  • 30日間無利息キャンペーン実施中
  • 申込から借入れまでweb完結
  • 最低返済額は2,000円から
  • 全国の提携ATMから借入れ・返済できる

プロミスの申し込みはこちら

【プロミスのカードローンとは】申し込みから審査、返済まで鬼まとめ!

【ポイント②】信用情報の反映には1週間かかる

カードローンを解約したという記録が信用情報(※)に反映されるのは、解約してから約1週間後
(※)カードローンなどの利用状況など、すべての金融取引の情報のこと

解約してすぐに信用情報が変わっていなくても焦らず、タイムラグがあることを覚えておいてください。

また新たにローン契約などを申し込むなら、信用情報機関に解約情報が加わってからのほうが無難です。

もしも急ぎで新規契約の予定がある方が、解約後1週間たってから信用情報機関に登録されているか確認しましょう。

関連記事▼信用情報の開示方法は下記ページで詳しく紹介しています。

信用情報を開示したい!CIC・JICCでの開示方法や手数料を総まとめ!

【ポイント③】解約証明書の発行は必要なら送ってもらう

解約証明書とは、解約成立を証明する書類のこと。

解約依頼の電話で必要だと伝えれば、約1週間後に無料で郵送してもらえます

郵送先はレイクALSA申込時に入力した自宅勤務先の住所です。

住宅ローンなどの大きなローン審査時に提出を求められることがあるので、必要な場合は送ってもらいましょう。

【ポイント④】カードは細かく切って破棄する

解約後レイクALSAのカードは、不正利用を防ぐため細かく切って破棄しましょう

切ったカードをそれぞれ別の場所に捨てるとさらに望ましいです。

「e-アルサ」は場合は、カードレスなのでアプリをアンインストールすればOK

細かいようですが少しの手間ですから、不正を未然に防いで自分の身を守りましょう。

今回お伝えしたように、レイクALSAの解約は電話1本でOKなのでカンタンです。

面倒な書類の提出もないので、思い立ったらすぐに解約手続きできます。

icon-hand-o-right レイクALSAの解約方法おさらい!
  • 【ステップ1】返済総額をチェックする
  • 【ステップ2】一括返済する
  • 【ステップ3】電話で解約依頼する

解約を済ませておけば新規ローンを組む際に審査に有利になる可能性があるので、完済後は解約するのがおすすめです。

ついつい借りすぎてしまうクセがある方も、簡単な手続きなのでササッと解約してしまいましょう。

レイクALSAの公式HPはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク