みずほ銀行カードローンへの借り換えでおトクになるかを解説!

「利息を安くして完済を目指したい!」という方にとって、みずほ銀行で借り換えるとメリットしかないといっても過言ではありません。

低金利で利息が大幅にカットできて、利用限度額は最大800万円で余裕たっぷり…とまさに借り換え先にピッタリ。

ここでは「みずほ銀行で借り換えたらどれだけ利息がおトクになるのか」のシミュレーションを交えて、みずほ銀行カードローンでの借り換えをどこよりも詳しく解説しています。

また借り換え審査のポイント今のローンを完済してみずほ銀行に借り換えるまでの流れも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 【みずほ銀行カードローンの基本情報】

みずほ銀行カードローン

金利年
(実質年率)
年2.0%~14.0% ※
限度額 最大800万
WEB完結 マル
コンビニATM 手数料無料
(※月4回まで)
返済日 毎月10日
毎月の返済額 10,000円~

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンで借り換える!※借り換えの申し込みフォームに移動します

みずほ銀行カードローンに借り換えれば金利が年14.0%以下になる

みずほ銀行は借入れる金額にかかわらず年14.0%以下の金利で利用できる

借り換え先にみずほ銀行をおすすめする1番の理由は年2.0%~年14.0%の低金利

やや金利が高い消費者金融カードローンはもちろん、他の銀行カードローンと比較しても金利の低さはダントツです。

カードローン名 金利(年率)
みずほ銀行 年2.0%~年14.0%
愛媛銀行 年4.4%~年14.6%
スルガ銀行 年3.9%~年14.9%
アコム 年3.0%~年18.0%
アイフル 年3.0%~年18.0%

借り換えで1番重要なのは、今のローンよりも低金利で利息を減らせるかどうか。

基本的にカードローンははじめて申し込んできた人に上限金利でお金を貸しています。

みずほ銀行はどんなに高くても年14.0%以下の金利が適用されるので、消費者金融カードローンの年18.0%と比較すると年4.0%も低い金利で利用OKです。

100万円以上の借り換えなら金利年12.0%以下で利用OK

みずほ銀行では年12.0%以下の金利で100万円以上の借り換えができる

100万円以上の借り換えなら12.0%以下の金利がゼッタイに適用されるのもポイント。

みずほ銀行では借り換える金額が大きくなるほど金利が下がり、最低年2.0%の低金利で利用できます。

限度額 金利(年率)
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

またみずほ銀行は限度額が最大800万円と、余裕をもって大きな金額を借り換えられるのもうれしいですね。

(参考:みずほ銀行カードローンは限度額が上がると金利が下がる

利息はどのくらい安くなる? 3つの借り換えパターンでシミュレーション

実際に消費者金融カードローン「アコム」からの借り換えをシミュレーション(※)しました。
※各公式サイトの返済シミュレーションで計算しています。

「80万円」「150万円」「200万円」の3パターンで、返済総額・利息・毎月の返済額を比較しています。

① 80万円を3年(36回)で返済した場合
返済総額 利息 毎月の返済額
みずほ銀行
(年14.0%)
99万393円  19万393円 2万8298
アコム
(年18.0%)
104万1,176円  24万1176円 2万8921円

→支払う利息は、アコムよりもみずほ銀行カードローンのほうが5万783円安い

② 150万を5年(60回)で返済した場合
返済総額 利息 毎月の返済額
みずほ銀行
(年12.0%)
201万2932 51万2932 3万4118円
アコム
(年18.0%)
214万1075円 64万1075円 3万5684円

→支払う利息は、アコムよりもみずほ銀行カードローンのほうが12万8143円安い

③ 200万を6年(72回)で返済した場合
返済総額 利息 毎月の返済額
みずほ銀行
(年9.0%)
260万6203 60万6203円 3万6707円
アコム
(年15.0%)
304万4834円 104万4834円 4万2290円

→支払う利息は、アコムよりもみずほ銀行カードローンのほうが43万8631円安い

みずほ銀行では借り換える金額が大きいほど金利が下がり、利息が減る分だけ毎月の返済額も安くなります。

みずほ銀行カードローンで借り換える!※借り換えの申し込みフォームに移動します

みずほ銀行カードローンの借り換え審査は狭き門じゃない

借り換え審査はすでにローンを利用していることを前提とした審査になります。

利用中のローンの返済状況」に問題ないなら、審査に通る見込みが高いです。

また”ゼッタイに”審査に落ちるといえる人には2パターンしかないので、たとえ申し込み金額が多くても「審査落ちそうで怖いな…」と思う必要はありません

借り換え目的の申し込みでも、みずほ銀行カードローンの審査項目や審査の流れは変わりません。

みずほ銀行カードローンの審査について確認しておきたい人は、下記のページも参考にしてみてください。

【みずほ銀行カードローンの審査】落ちる人の特徴7つと通過するための全知識

「今のローンで返済遅れや延滞がない」のが借り換え審査のカギ

利用中のローンの返済遅れや延滞なしなら、みずほ銀行の借り換え審査に通る可能性が高い

みずほ銀行の借り換え審査では利用中のローンで返済遅れや延滞をしたことがないか」1番重要です。

具体的には以下の2つから「毎月きちんと返済ができているか」をチェックしています。

  • 返済日に入金が遅れていないか
  • 何ヶ月も続けて返済を延滞していないか

「1度も返済に遅れたことがない!」という方なら、もはや借り換え審査は恐るるに足らず。

ウラを返せば「今よりも高い金利のローンでもきちんと返し続けていたこと」になるので、返済能力がじゅうぶんにあると判断されてかなり高評価されます。

逆に返済に遅れたことがある方は要注意。

特に61日以上の返済遅れ・3カ月以上続けて返済延滞があると審査落ちの可能性が高いです。

借り換え審査に落ちる人の特徴はたった2つ

利用中のローンの返済状況以外にも、以下のポイントでも審査で不利になってしまう可能性があります。

  • 月収が3万円以下など年収が低すぎる
  • 借り換える金額が年収の2分の1を超えている

年収が極端に低い

月収が3万円以下など年収が極端に低いと、みずほ銀行の借り換え審査で不利になる

借り換えはある程度まとまった金額で申し込む必要があるので、年収が極端に低いと審査で不利になる可能性が高いです。

月収が3万円以下だと、年収の3分の1の金額<貸付け最低額の10万円になってしまいます。

みずほ銀行の借り換え審査でプラス評価を狙うなら年収200万円以上が目安。

年収200万円以下の方でも少額の借り換えなら審査に大きく影響しません。

 借り換える金額が大きすぎる

みずほ銀行で借り換えできる金額は最大でも年収の2分の1以下

「余裕をもって800万円で申し込もう」など、借入れ希望額が大きすぎると審査落ちの原因になります。

みずほ銀行で借り換えられる金額は「年収が200万円なら100万円まで」と最大でも年収の2分の1以下が目安。

利用限度額は年収と返済能力を考慮して相応の枠が与えられるので、いきなり800万円をまるまる借りられるワケではありません。

借り換えたい金額が大きすぎる場合はこのまま返済を進めて、年収の2分の1以下まで残高を減らしてから申し込むのがベターです。

みずほ銀行カードローンの借り換え審査の通過率を最大限高めるコツ3つ

みずほ銀行カードローンの借り換え審査では「今のローンを毎月きちんと返済する」だけがポイントではありません。

以下の3つのコツをチェックしておけば、みずほ銀行で借り換えできる可能性がグッとあげられます。

icon-hand-o-right みずほ銀行での借り換え審査を有利にする3つのコツ
  1. 今のローンで毎月の返済だけでなく、繰り上げ返済もしておく
  2. 現在の借入れ金額でウソをついて申し込まない
  3. みずほ銀行の口座を給与振込用にしておくなど、取引履歴を作る

① 利用中のローンを1円でも多く返済しておく

利用中のローンで繰り上げ返済しておくと、みずほ銀行の借り換え審査に有利になる

みずほ銀行の借り換え審査を有利にしたいなら「利用中のローンでの繰り上げ返済」が有効。

繰り上げ返済(任意返済とは?)

繰り上げ返済とは毎月の支払い日の前後に追加で支払いをすること。

繰り上げ返済するお金には利息がかからず振込んだ分すべてが返済にあてられます。

毎月の返済をきちんとこなすだけでなく、繰り上げ返済をしていると「返済する余裕がある」と判断されます。

借り換えでは高額の希望額で申し込むことになるので、返済する意欲が高いことをアピールしておくと審査担当者にいい印象を与えられるでしょう。

(参考:【カードローンの返済のコツ3選】ムダなお金を節約したい人必見!

② 借入れ金額を正直に申告する

みずほ銀行の借り換え審査では信用度が重要なので、現在の借入れ額にウソをつかないようにする

現在の借入れ状況は少なからず審査に影響しますが、だからといって借入れ金額にウソをついて申し込んではいけません

信用情報をチェックすれば今のローンの返済状況だけでなく、「いくら借りているのか」までバッチリわかります。

わざとローン残高を低くして申し込むと、「自分の借金の金額を把握していないのかな。返す気がないのかも」とかえって逆効果です。

(参考:カードローン審査で「嘘」をついても大丈夫?

③ みずほ銀行に口座があり、取引履歴がある

みずほ銀行の普通口座が定期的に利用されていると、借り換え審査で有利になる

みずほ銀行の口座を持っている方は、その残高や利用履歴がチェックされることがあります。

所持しているみずほ銀行の口座を給与振込み用などに設定していると、「定期的な収入」として審査で評価されて有利です。

また口座残高が常に30万円以上の状態が保たれていると、審査でプラス評価になる見込みが高くなります。

みずほ銀行カードローンで借り換える!※借り換えの申し込みフォームに移動します

みずほ銀行カードローンに借り換えるまでの流れ

今のローンからみずほ銀行に借り換えるまでの流れは以下の通りです。

  1. 今の借入先にローン残高の確認(ローン会社へ電話)
  2. みずほ銀行カードローンに申し込み~契約手続き
  3. みずほ銀行から借入れ(口座振込み・ATM借入れ)
  4. 借入れたお金で今のローンを返済借り換え完了>
  5. 毎月の返済日にみずほ銀行へ返済する

注意点含めて各ステップ毎に詳しく解説していきます。

① 利用中のローン会社へ残高を問い合わせる

みずほ銀行の借り換え審査に申し込む前に、今のロ借入れ残高を利用中のローン会社に問い合わせる

みずほ銀行に申し込む前に「今ある借金がいくら残っているか」をチェックして、「いくらで申し込むか」を検討する必要があります。

今のローン残高を知るには、利用しているローン会社へ電話で直接問い合わせるのが確実です。

残高に対して利息が1日ごとにかかるので返済日までの利息を含めたローン残高を確認するのがポイント。

「みずほ銀行で借入れるまでの時間+今のローンに返済しに行くまでの時間」をチェックしてから問い合わせましょう。

例:みずほ銀行で借り換えを完了するまでの時間の目安

① みずほ銀行の申し込み~借入れにかかる時間:2週間程度

② 今のローン会社へ返済するまでの時間:1日

→①+②の日数に余裕をもたせてみずほ銀行に申し込む日から2週間後~3週間後のローン残高」を確認しておく

② みずほ銀行に借り換え審査を申し込む

今のローン残高を完済できる金額でみずほ銀行の借り換え審査に申し込む

借り換え審査を申し込むときに1番気をつけたいのが「申し込み金額」です。

「申し込んだ金額が完済するのに足りなかった…」ということにならないように、確認したローン残高より2~3万円程度の余裕を持って申し込むようにしましょう。

(例:今のローン残高(返済日までの利息含む):97万3412円→100万円で申し込む)

申し込み後、仮審査・在籍確認の電話・書類の提出・本審査を経て、すべてクリアすれば契約手続きが完了します。

(参考:みずほ銀行カードローンの審査の流れをシミュレーション

申し込み後に「借り換え目的」だと電話で伝えるのも◎

「借り換え目的で申し込んだこと」をアピールしておくと、申し込み金額が大きくても審査で不利になりません。

申し込んだ後にみずほ銀行へ電話して「今申し込んだ○○です。他社からの借り換えを考えているのですが…」と相談してみてください。

③ みずほ銀行カードローンの契約手続き・借入れ

今のローン残高を完済するためにみずほ銀行から返済用のお金を借入れる

契約手続き後、みずほ銀行ATMや提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行、コンビニATMから借入れOKです。

キャッシュカード兼用型 カードローン専用型
みずほ銀行ATM maru maru
コンビニATM(※1) maru maru
ゆうちょ銀行ATM batsu maru
提携金融機関ATM(※2) batsu maru

※1 イーネットマークのあるATM(ファミリーマート系列)、ローソンATM、セブン銀行ATMが利用できます。
※2 提携金融機関についてはこちらを参照してください。

みずほ銀行で借り換えをする場合は、みずほ銀行から借入れたお金を自分で今のローン会社へ返済する必要があります。

④ 今のローン残高を完済する<借り換え完了>

振込前に利用中のローン会社に電話で問い合わせてから、みずほ銀行からの借入れで今のローン残高を完済する

一気に完済する場合、ほとんどのローン会社では事前に連絡が必要です。

「完済をしたいのですが…」と今のローン会社に電話で問い合わせて、以下を再確認してください。

  • 完済(一括返済)をする日にちの確認
  • ローン残高の再確認

完済するには利息分の端数を支払わなければいけないので、1円単位での返済が必要

ほとんどのATMは硬貨を扱えないため、指定の銀行口座へ振込みまたはインターネットバンキングで完済することになります。

ただし銀行振込みの場合は振込手数料がかかってしまうので注意してください。

例:アコムで1円単位の返済をする場合

完済前にまずアコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話します。

「完済日」「ローン残高」を再確認して、完済に必要な金額をみずほ銀行での借入れから引き出しておきましょう。

アコムで1円単位で支払える返済方法は以下のとおりです。

完済方法 手数料
銀行振込み maru
※金融機関による
インターネットバンキング batsu
店頭窓口 batsu

銀行振込みのみ216円程度の振込手数料がかかるので注意してください。

また完済したローンは解約しておくのがおすすめ。

次に新しくローンへ申し込む場合に「完済したことがある」という実績が認められ、審査でプラス評価になります。

⑤ 毎月の返済をみずほ銀行へ返済する

借り換え後は毎月みずほ銀行へ返済していく

今のローン残高を完済した後は、みずほ銀行へ毎月返済していくことになります。

申し込み時に設定したみずほ銀行の口座から毎月10日に引落しされるので、返済忘れの心配がありません。

借り換え後の繰り上げ返済でさらに利息がおトク!

「できるだけはやく完済したい!」という方にとって、みずほ銀行では繰り上げ返済に使える提携ATMの手数料が0円なのもうれしいポイント。

月4回までなら手数料がタダなので、「今月は余裕があるから多めに返したい」というときにお近くのコンビニATMからすばやくおトクに返済を進められます。

カードローン名 コンビニATM手数料
みずほ銀行 無料
※月4回まで
アコム 1万円以下:108円
1万円超え:216円
アイフル

塵も積もれば山となる…というふうに、みずほ銀行なら手数料だけでも年間で最大約2,600円も節約OKです。

(参考:繰り上げ返済(随時返済)をすれば利息を節約できる

みずほ銀行カードローンで借り換えするなら返済遅れなく、今のローンを毎月きちんと返済していることが1番大事です。

他にも「借り換える金額を年収の2分の1以下にする」「申し込みでウソをつかない」など、審査のポイントを抑えておくことでよりスムーズに借り換えられます。

「いくらで申し込めば借り換えできるか」をしっかり把握するためにしっかりと「今のローン残高」も把握しておきましょう。

借り換え後も毎月の返済が口座引落しで返済忘れの心配がなく、繰り上げ返済に使えるATM手数料が0円と、完済を目指す方にピッタリの借り換え先になっています。

みずほ銀行カードローンで借り換える!※借り換えの申し込みフォームに移動します

◯この記事のアドバイザー◯
独立系FPとして、資産運用と社会保障(特に年金)を主に、FP相談(ローン相談含む)・執筆・講演・を行っている。金融庁、日本証券業協会、東海労働金庫などで資産運用、社会保障、金融業界講演多数。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

スポンサーリンク

スポンサーリンク