お金を借りる方法【全23種】を4項目で比較!即日・無職・審査ナシなど完全網羅

「生活費が足りない…」
「旅行や娯楽費用を一時的に借りたい。」
「借金の返済のためにお金が必要。」
「無職だけど社会復帰のための資金が欲しい!」

などなどお金を借りる理由はみなさん様々ですが、実はお金を借りる方法は数多くあります。

今回はお金を必要とする方のために、お金を借りる方法「全23種」をまとめました。

  • 借りやすさ
  • 融資スピード
  • 金利
  • 借りられる額

などの項目別で特徴をまとめているので、「無職の方」や「今すぐお金が必要な方」など条件に合わせて様々な方法を検討できます。

しかもお金を借りるだけでなく、条件によっては給付金が貰える制度もアリ。

国や地域の自治体からも援助を受けられるので、当記事を一読して自分に合う方法を見つけてください。

【全23種】お金を借りる方法一覧

お金を借りる方法を3つ(①ローン系 ②国・自治体の支援 ③それ以外)に分けて紹介します。 カードローンの利用が難しいなら、国や自治体の制度を利用してみよう。

今回洗い出した「お金を借りる方法」が以下の23種です。

※クリック(タップ)で詳細をチェックできます。

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
消費者金融・銀行系
カードローン
2人に1人程度 消費者金融なら即日融資も可能 ●消費者金融:年3.0%~18.0%
●銀行系:年1.59%~18%
最大1,000万円ほど
フリーローン
(多目的ローン)
消費者金融などより厳しい 会社によっては即日融資可能 年1.7%~14.8% 最大300万円~500万円ほど
JAバンクの
カードローン
銀行系カードローンと同等 1~2週間 各JAによる 最大500万円ほど
労働金庫の
カードローン
消費者金融などより厳しい 組合員なら即日OKの場合あり
(非組合員は不可)
年5.3%~8.5% 上限:最大500万円
(非組合員の方は100万円)
信販会社の
カードローン
銀行系カードローンと同等 2~3週間 年5.0%~18.0% 最大500万円~700万円ほど
緊急小口融資 低所得などの条件あり 即日融資不可 なし 最大10万円
年金担保貸付 年金納税者のみ 即日融資不可 年2.8% 最大200万円
不動産担保ローン 不動産所有者であること 業者によっては即日融資可能 年3.0% 1億円未満
生命保険の
契約者貸付
生命保険加入者なら無職の方でもOK 即日融資可能 年3.0%~5.75%  契約内容による
一時生活再建費 複数条件あり 不可 年1.5%  最大60万円
生活サポート基金
(生活再生ローン)
自己破産した方でも利用しやすい 不可 年12.5%以内 相談次第
職業訓練受講給付金 職業訓練中の方限定 不可 なし  月額10万円
求職者支援資金融資制度 職業訓練受講給付金の支給決定した方 不可 年3.0% 単身者は月額5万円
母子父子寡婦福祉資金貸付金 不明 不可 保証人ありなら無金利  修学資金:月52,500円
(私立自宅外通学の場合)
教育一般貸付 厳しい 不可 年1.71%  最大350万円
定期預金担保貸付制度 定期預金をしている方 即日融資可能 年1%未満  定期預金残高の80%~90%
 就職内定者向けローン 他社借り入れがなければ通りやすい 不可  年3.0%~8.0%  最大100万円
 住宅確保給付金 条件あり 不明 なし  単身者:月額最大53,700円
 介護休業給付金 条件あり 不明 なし  みなさんの日額次第
 お葬式代の給付 故人の保険加入が条件 不明 なし 5万円~7万円
  質屋に物を預ける 品物による 業者によっては即日融資可能 月1.0%~1.5% 品物による
 警察・交番などの機関 借りられない場合もある その場で借りられる なし  最大1,000円
 親・友人などの身内 親族・友人次第  その場で借りやすい 親族・友人の条件次第 親族・友人次第

お金を借りる方法としてベターなのが「カードローン系」で、審査がありますが即日融資ができる・借入れ額が大きいといったメリットがあります。

ただし離職などの諸事情で無職状態だったり、自己破産などのトラブルがあったりした方はカードローンの利用が困難。

そのような方は、国や自治体の給付金制度や貸付金制度を利用するのがオススメです。

以下では、

  • ローン系
  • 国・自治体の支援
  • それ以外の方法

の3つに分けてお金を借りる方法をご紹介していきます。

【ローン系】でお金を借りる方法5つ

①カードローン(消費者金融・銀行)

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利 融資・給付額
消費者金融・銀行系
カードローン
2人に1人程度 消費者金融なら即日融資も可能 ●消費者金融:年3.0%~18.0%
●銀行系:年1.59%~18%
最大1,000万円ほど

お金を借りる方法でもっともバランスが取れているのが「消費者金融・銀行系のカードローン」。

成人していて、安定した収入(毎月継続的な収入)があれば審査申込みできるので、正社員はもちろんアルバイトの方まで幅広く利用できます

また消費者金融と聞くと昔のサラ金や闇金のイメージがありますが、現在のカードローン会社はいたってクリーン。
(関連記事:【消費者金融(サラ金)とは】キャッシング初心者向けにどこよりもわかりやすく解説!)

悪質な取り立てもなく安全にお金を借りられます。

それだけでなく、

  • 即日融資OK
    ※消費者金融に限る
  • 100万円以上の借入れOK

など融資スピードや大口融資に対応しているのも大きな特徴です。

関連記事消費者金融・銀行のカードローンでお金を借りたい方は、下記ページをチェック。

融資スピードや低金利など目的別におすすめカードローンを紹介しています。

 

“あなただけ”のおすすめカードローンを伝授!8つの条件や職業・雇用形態から選ぶ!

②フリーローン(多目的ローン)

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
フリーローン
(多目的ローン)
消費者金融などより厳しい 会社によっては即日融資可能 年1.7%~14.8% 最大300万円~500万円ほど

消費者金融や銀行系のカードローンよりも、低金利でお金を借りたい方には「フリーローン」がおすすめ。

“フリー”とついているように、融資の利用目的に制限なく借入れできます。
消費者金融カードローンなどは、利用目的が「ギャンブル・他借金の返済に充てる」などだと審査落ちしやすいです。

利用目的が審査基準に影響を与えないので、多目的に融資を受けられるローンです。

ただし前述したカードローンとは異なり、フリーローンは何度も借入れできないので注意。

通常のカードローンは一度審査に通ると、年収の3分の1以内なら何度も借入れができます。

しかしフリーローンは借入れする度に審査申込みが必要です。

現状のお金の悩みをとりあえず解決したい方は検討してみてください。

③JAバンクのカードローン

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
JAバンクの
カードローン
銀行系カードローンと同等 1~2週間 各JAによる 最大500万円ほど

JAバンクでもカードローンを利用できます。組合に加入する必要もありません。

即日融資は難しいですが、消費者金融カードローンよりも金利が低いのがポイントです。

ただし借入れできるのは、みなさんが住んでいる地区内のJAバンクのみ

どこでも好きなJAバンクで借入れできないので覚えておきましょう。

またJAバンクのカードローンは、消費者金融などと違いネット申込みに対応していない地域もあります。

ネット申込みに対応していないと窓口まで足を運ぶ必要があるので、WEB完結で済ませたい方は消費者金融や銀行系カードローンがいいでしょう。

④労働金庫(ろうきん)のカードローン

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
労働金庫の
カードローン
消費者金融などより厳しい 組合員なら即日OKの場合あり
(非組合員は不可)
年5.3%~8.5% 上限:最大500万円
(非組合員の方は100万円)

低金利なカードローンで有名なのが、労働金庫のカードローン「マイプラン」。

ろうきんは働く人をサポートする共同組織の福祉金融機関で、営利目的の機関ではないので「年5.3%~8.5%」と低金利です。

労働金庫のカードローンは、ろうきんの組合員でなくて借入れできます
※組合員なら、上記金利よりも更に金利が低くなります。

ただしろうきんは「働いている人を支援するための機関」なので、主な対象者は企業にお勤めの方になります。

また年収が150万円以上あることが申込み条件なので、あなたの年収も加味して検討してください。

⑤信販会社のカードローン

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
信販会社の
カードローン
銀行系カードローンと同等 2~3週間 年5.0%~18.0% 最大500万円~700万円ほど

お金の融資や立て替え(クレジット)などの保証をしている”信販会社”からもカードローンが利用できます。

年利や借入れ限度額は消費者金融カードローンとほぼ同等で、大きな違いは「即日融資が難しい」という点くらいです。

また信販系カードローンのメリットとしては、クレジットカード利用者で滞納などがなければ審査に有利ということ。

信販会社は対象のクレジットカードの審査なども行っているので、過去に金融トラブルがなければ信用を買う良い判断材料になります。

もし信販系カードローンの利用を考えているなら、お持ちのクレジットカードの信販会社を借入れ先に選んでみてください。

【国・自治体】でお金を借りる方法15つ

⑥緊急小口資金

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
緊急小口融資 低所得などの条件あり 即日融資不可 なし 最大10万円

低所得者(※)の方が緊急かつ一時的に生活が困難な状況になった場合は、緊急小口資金で借入れできます。
※都道府県によって基準が異なりますが、一般的には年収300万円以下とされています。

無金利で10万円借りれるので、余計な負担なくお金を借りることができるのがメリット。

ただし「買い物や娯楽に使いたい」「他の借金返済に充てる」などの利用目的では貸してもらえない可能性が高いです。

icon-hand-o-right緊急小口融資の条件
  • 低所得者である
    ※低所得の収入額は各区市町村で異なります。
  • “一時的な生活困難”であり、貸付後は自身の収入で日常生活が可能である
  • 返済の余力がある

借金返済に充てることはできませんが、返済によって生活困難になった方は対象となるので状況次第では強い味方です。

ただし返済期間が「12ヵ月以内」と短いので、借りた後にきちんと返せるかも踏まえて検討してみてください。

⑦年金担保貸付

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
年金担保貸付 年金納税者のみ 即日融資不可 年2.8% 最大200万円

年金担保貸付は、国民年金や厚生年金保険などを担保に融資を受けられる制度。

保険医療・冠婚葬祭・生活費などの支出のために、一時的にお金が必要な場合に利用できます。

年金担保貸付の返済はATMなどの振込ではなく、将来受給される年金から天引きされる仕組みです。

一般的なカードローンのようにみなさんが返済振込に足を運ぶ必要がないので、返済忘れや滞納のリスクがありません

くわえて金利が年2.8%と低金利なので、年金納税者はカードローンよりも年金担保貸付を利用するのも一つの手です。

ただし年金担保貸付は2022年3月末で申し込み受付を終了します。

年金担保貸付の対象者の条件は細かく決められているので、検討されている方は条件に当てはまるかどうか下記で確認しておきましょう。

年金担保貸付の対象者

⑧不動産担保ローン

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
不動産担保ローン 不動産所有者であること 業者によっては即日融資可能 年2%台~9.5% 1億円未満

不動産担保ローンは、その名の通り「不動産(家や土地)を担保にする」ローン。

住宅や土地の状況によっては、最大1億円未満もの大口融資を受けられるのが大きな特徴です。

また年利2%台~9.5%と低金利なので、一般的なカードローンよりも利息の負担を抑えて借入れできます。

ただし不動産を担保にするのでローン返済が遅れたり返済できなかったりした場合、不動産の所有権が貸付業者に譲渡します。

あなたが返せなくなった残高を、家や土地を売却して回収するんですね。

完済できないと最悪の場合は自宅などを失うので、融資を受ける方は慎重に検討してください。

⑨生命保険の契約者貸付制度

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
生命保険の
契約者貸付
生命保険加入者なら無職の方でもOK 即日融資可能 年3%~5.75%  契約内容による

無職の方やローン審査に落ちてしまった方にオススメなのが「生命保険の契約者貸付」。

生命保険のために積み立てたお金を借りる制度で、生命保険の返戻金(※)を担保にしています。
※返戻金とは、契約が満期・または解除した際に払い戻されるお金のことです。

自分が積み立てたお金を借りるので借入れ審査がない上に、即日融資を行っている生命保険会社も今では多数。

最大金利も6%未満の生命保険会社が多く、返済負担が少ないです。

生命保険加入者で、ササッとお金を借りたい方は利用してみてください。

⑩一時生活再建費

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
一時生活再建費 複数条件あり 不可 年1.5%  最大60万円

離職により生活費を賄えない方や、住居を失ってしまった方への公的支援策が「一時生活再建費」。

生活保護制度に似た支援ですが、一時生活再建費は生活保護受給者ほど生活に困窮していない方・就労自立が見込める方が対象になります。

▼一時生活再建費の対象条件▼一時生活再建費の対象者の見取り図引用:東京都福祉保健局

「急にリストラされた方」「自己破産で持ち家を没収された方」などが対象で考えれます。

年1.5%という超低金利で最大60万円借りられるので、上記のような状況に陥った方はまずはじめに検討すべき方法でしょう。

⑪生活サポート基金(生活再生ローン)

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
生活サポート基金
(生活再生ローン)
自己破産した方でも利用しやすい 不可 年12.5%以内 相談次第

すでに自己破産をして融資を受けられない方は、「生活サポート基金の生活再生ローン」でお金を借りるのがおすすめ。

生活サポート基金は新宿区の一般社団法人で、生活再生のサポートなどを行っています。

自己破産や多重債務といった状況下の方に特化したローンですが、“無職の方”は対象外なので注意が必要です。

icon-hand-o-right 生活再生ローンの対象条件
  • 生活再生ローンの利用で日常生活を再建でき、返済余力が確認できる方
  • 生活再生への意思がある方
  • 現在無職の方は対象外。ただし収入がある親族への貸付は可能な場合もある

ただし上記条件にもあるとおり、「収入がある親族への貸付」は可能な場合もあります。

つまり無職の方のサポートのために親族が借入れすることは出来るということですね。

金融トラブルで現在無職の方でも、身内を頼れば生活再生ローンを利用できます。

⑫職業訓練受講給付金

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
職業訓練受講給付金 職業訓練中の方限定 不可 なし  月額10万円

職業訓練受講交付金とは、雇用保険を受けられない求職者の職業訓練中の生活を支援するための制度です。

ハローワークが支援し、月額10万円の援助を受けられます。
※援助なので返済の必要はありません。

また月額の援助だけでなく、職業訓練の実施機関までの交通費も支給。

毎月10万円も支給されるので、これから職業訓練を受けられる方はマストチェックしておくべき給付制度ですね。

職業訓練受講給付金は以下の条件に当てはまる方が対象なので、興味がある方は目を通してみてください。

icon-hand-o-right職業訓練受講給付金の対象条件
  • 本人の月収が8万円以下
  • 世帯全体の月収が25万円以下
  • 世帯全体の金融資産が300万円以下
  • 現在住んでいるところ以外に土地や建物を持っていない
  • 全ての訓練実施日に出席している
  • 世帯の中に同時にこの給付金を受給している人がいない
  • 過去3年以内に、偽りその他不正行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

⑬求職者支援資金融資制度

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
求職者支援資金融資制度 職業訓練受講給付金の支給決定した方 不可 年3.0% 単身者は月額5万円

前述した「職業訓練受講交付金だけでは生活できない!」という方のために設けられた制度が求職者支援資金融資制度。
※職業訓練受講給付金と違い、求職者支援資金融資制度は「お金を借りる制度」なので注意してください。

職業訓練受講給付金を受給する予定がある方を対象としており、職業訓練受講給付金と併せてお金を借りられます。

単身者なら月額5万円借りられるので、職業訓練受講給付金のと合わせると月々15万円もまかなえる計算

職業訓練受講給付金だけでは生活が困難な方は、併せて検討してみてください。

⑭母子父子寡婦福祉資金貸付金

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
母子父子寡婦福祉資金貸付金 不明 不可 保証人ありなら無金利  修学資金:月52,500円
(私立自宅外通学の場合)

現在20歳未満のお子さんがいる父母などの方は、母子父子寡婦福祉資金貸付金が支給されます。

母子父子寡婦福祉資金貸付金は“ひとり親世帯”を対象にし、児童の育成をサポートすることが目的の支給です。

お子さんの教育費や入学費などの支払いが困難な親御さんには心強い制度。

修学資金であれば、高校の場合は月52,500円を限度として借りられます(私立の自宅外通学の場合)。

保証人ありなら無金利なので、母親だけ父親だけの世帯でも負担なく借りられる方法です。

⑮教育一般貸付

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
教育一般貸付 厳しい 不可 年1.71%  最大350万円

お子さんの教育費のためにお金が必要な方には、教育一般貸付があります。

簡単にいうと国(日本政策金融公庫)が貸してくれる教育ローンのことで、国が貸してくれるので信頼性が高いです。

入学金や受験費用などまとまった教育費の支払いに便利で、最大350万円も融資OK。

授業料の高い大学の入学金・授業料の支払いに役立つ教育ローンです。

⑯定期預金担保貸付制度

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
定期預金担保貸付制度 定期預金をしている方 即日融資可能 年1%未満  定期預金残高の80%~90%

定期預金をされている方は、「定期預金担保貸付制度」で定期預金を担保にお金を借りられます。

定期預金をしている方なら利用できるので審査はありません。

また借入れ可能額は“定期預金の80~90%”で、数十万程度ならサクッと借りられます

ただし定期預金が担保になっているので、返済できないときは定期預金から回収されるので覚えておきましょう。

⑰就職内定者向けローン

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
 就職内定者向けローン 他社借り入れがなければ通りやすい 不可  年3.0%~8.0%  最大100万円

内定先が決まった方を対象にしたローンもあります。

「就職内定者向けローン」は内定後の入社や引越し準備、卒業旅行でお金が必要な人に便利なローン。

おもに学生を対象としたローンなので金利も年3.0%~8.0%と安く、10万円借りた場合でも月々400円ほど(※)の利息しか発生しません。

またローン会社にもよりますが、初任給支給まで利息のみの返済を実施している会社もあります。

パーッと卒業旅行に行きたいけどお金がない人・就職までに万全の環境を整えておいきたい方は、内定者向けのローンを利用してみてください。

(関連記事:内定が決まっていたら無職でも借入れ可能)

⑱住宅確保給付金

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
 住宅確保給付金 条件あり 不明 なし  単身者:月額最大53,700円

住居確保給付金は、住居を失った方・または失う可能性がある方を支援する給付制度。

職に就けないことで家賃が支払えず、アパートを追い出されそう…

住宅確保給付金はこのような方のために、働く機会や住宅維持の支援を目的としたものです。

月額最高53,700円も支給(東京都1級地の場合)され、それを家賃支払いに充てることができます。

“過去2年以内に離職された65歳未満の方”が対象といなるので、離職から2年以内に住居確保が困難になった方はおすすめです。

⑲介護休業給付金

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
 介護休業給付金 条件あり 不明 なし  月収の3分の2程度

家族の介護のために休業を余儀なくされた方は、「介護休業給付金」で支援を受けられます。

給付額はみなさんの月給の3分の2程度。

  • 月給20万円⇒給付額は月額13.4万円
  • 月給30万円⇒給付額は月額20.1万円

このように月々10万円以上は支給されるので、かなり助かりますね。

介護期間“1ヵ月”の間に就業している日数が10日以下でないと支給されないので、気をつけて下さい。

⑳お葬式代の受給

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
 お葬式代の給付 故人の保険加入が条件 不明 なし 5万円~7万円

お葬式費用でお金に困った場合は、お葬式の給付金制度を利用できます。

以下の故人が保険に加入していることが条件で、加入保険によって給付額が異なります。

  • 国民健康保険(または社会保険)
    ⇒5万円~7万円
  • 後期高齢者保険
    ⇒3万円~7万円

健康保険に加入していれば5万円以上は支給されるので、急なお葬式でも負担を減らせます。

故人が国民健康保険に加入されていた場合は、お住まいの市区町村の国保健康保険課へ問い合わせてください。

社会保険加入の場合は、故人が勤務していた職場へ連絡して対応してもらいましょう。

【その他】お金を借りる方法3つ

㉑質屋に物を預ける

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
  質屋に物を預ける 品物による 業者によっては即日融資可能 月1.0%~1.5% 品物による

手軽に少額のお金を借りたい方におすすめなのが「質屋に物を預ける方法」。

質屋で品物を預けて担保にすることで、みなさんに融資してくれるシステムです。

返済期限までに元金・利息を完済できれば、品物はあなたの手元に戻ってきます。

返済できなくても持ち物が返ってこなくなるだけで低リスク。

貴金属やブランド物を持っており、5万円10万円の少額融資を希望される方は利用してみてください。

㉒警察・交番などの機関

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
 警察・交番などの機関 借りれない場合もある その場で借りれる なし  最大1,000円

「財布を落として電車賃が払えない!」というときに真っ先に思い浮かぶのが、交番でお金を借りる方法でしょう。

交番や警察署では“公衆接遇弁償費”という制度があり、1,000円までなら借りられます。

また借りられるのは実は交番だけでなく、以下の場所も対象。

  • 警察署
  • 企画課
  • 運転免許試験場
  • 鉄道警察隊
  • 駐在所
  • 地域安全センター
  • 鉄道警察隊分駐所
  • 警ら用無線自動車

誰にでもお金を貸すわけではなく「財布を落とした」「財布を盗まれた」など、きちんとした理由が必要です。

また交番でお金を借りたまま返済しないと、逮捕されるリスク大

お金を貸す時に個人情報や住所などを控えるので、借り主を突き止めることは容易いです。

交番や警察署でお金を借りる方は忘れず返済しましょう。

㉓親・友達などの身内に借りる

借りやすさ
(審査の通りやすさ)
融資・給付までの
スピード
金利
(手数料)
融資・給付額
 親・友人などの身内 親族・友人次第  その場で借りやすい 親族・友人の条件次第 親族・友人次第

学生の方などは、親御さんを頼ったほうが話が早い場合が多いです。

親御さんに返済を条件にお金を借りられると、金利や返済期間もなし

万が一返済できなくても、信用情報が傷つくこともないので超低リスクです。

カードローンの場合、返済トラブルを起こしてしまうと将来クレジットカードの発行や各種ローンを利用できなくなります

少しでも可能性があるならまずは身内に頼み、どうしても無理そうなら他の方法で借りるのが得策です。

【条件別】お金を借りるおすすめの方法を紹介

ここからは上述で紹介してきたお金を借りる方法を、

  • お金の借りやすさ(審査の通りやすさ)
  • 金利・手数料の安さ
  • 融資スピード
  • 融資可能額

との4項目で比較して、それぞれおすすめの方法をまとめました。

あなたの条件ごとにお金を借りる方法を知りたい方は、項目別の借入方法を参考にしてください。

①お金を借りやすい・審査に通りやすい

お金を借りやすいのは、カードローンや質屋。カードローンなら、アルバイトでも、親御さん経由で借りることもOK。質屋では物を預け、お金を借入れできます。

借入れ条件に縛られずに、一般的な方がお金を借りやすい方法が以下。

  • 消費者金融・銀行系カードローン
  • JAバンクのカードローン
  • 信販系カードローン
  • 生命保険の契約者貸付
  • 質屋に物を預ける

消費者金融などのカードローンは、正社員だけでなくアルバイトも利用できま

例えば大手消費者金融「プロミス」だと審査通過率は47.3%(※)で、おおよそ2人に1人は融資を受けられる計算。
プロミス2019年3月期データ

審査まで最短30分のローン会社も他数あるので、取り急ぎ自分がカードローンを利用できるか知りたい方は審査申込みしてみるといいでしょう。

無職の方なら親御さんにカードローンで借りてもらい、親御さん経由で返済していくのも一つの手です。

またブランド物が手元にあれば質屋を利用することで、無職の方でも学生でもお金を借りられるので併せて検討してみてください。

②金利・手数料が安い

安い利息や手数料で借りられる、または給付支援を受けられる方法がこちら。

▼低金利▼

金利
(手数料)
消費者金融・銀行系
カードローン
●消費者金融:年3.0%~18.0%
●銀行系:年1.59%~18%
フリーローン
(多目的ローン)
年1.7%~14.8%
年金担保貸付 年2.8%
不動産担保ローン 年2%台~9.5%
生命保険の
契約者貸付
年3%~5.75%
一時生活再建費 年1.5%
求職者支援資金融資制度 年3.0%
教育一般貸付 年1.71%
定期預金担保貸付制度 年1%未満
 就職内定者向けローン  年3.0%~8.0%
  質屋に物を預ける 月1.0%~1.5%

▼給付金制度▼

給付
緊急小口融資 なし
職業訓練受講給付金 なし
母子父子寡婦福祉資金貸付金 保証人ありなら無金利
 住宅確保給付金 なし
 介護休業給付金 なし
 お葬式代の給付 なし
 警察・交番などの機関 なし

カードローン系から各自治体の貸付し制度まで、借入れ額にもよりますが3%前後の金利でお金を借りることもできます。

例えば《年利3%で100万円を借入れして36回で返済する》場合、初月の利息は約2,500円

月額2万円返済すれば、初月は元金17,500円を返済できます。

このように金利3%前後なら元金をきちんと返済できるので、闇金のように「返済しているのに元金が減らない」といったリスクは限りなく低いです。
※闇金は10日1割(トイチ)といった高金利を課していたので、 返済しても元金が減らない事態も多数ありました。

また生活に困窮している方は、条件によっては給付金制度で支援を受けられます

低所得者や離職によって収入がない方は、上記のような給付制度で生活の立て直しを図ってみてください。

関連記事低金利のカードローンを希望される方は、こちらをご参照ください。

最高金利でも「年14%ほど」の金利の低いカードローン会社をまとめてあります。

 

低金利カードローンおすすめランキング!利息が安いとこだけを巨匠が厳選!

③即日融資できる

消費者金融カードローンは即日キャッシング対応が多く、最短1時間で即日借入れできます。

少しでも早くお金を借りたい方は、“即日融資”が受けられる以下の方法をチェック。

  • 消費者金融・銀行などのカードローン
  • フリーローン
    ※ローン会社による
  • 生命保険の契約者貸付
  • 定期預金担保貸付制度
  • 質屋に物を預ける
    ※店舗による

中でも消費者金融カードローンは即日キャッシング対応の会社が多く、プロミスやアコムといった大手なら最短1時間で融資を受けられる可能性もあります。
※銀行系カードローンは即日融資に対応していません。

「今日明日中にお金が必要!」という方は、まずは消費者金融カードローンを検討してみてください。

関連記事「お金の悩みを今すぐ解決したい」という方は下記ページに目を通してみてください。

【即日融資でお金を借りる】カードローンおすすめ6選&即日融資5つのコツ

④融資限度額が高い

融資の上限額でいうと「不動産担保ローン」がもっとも高額ですが、不動産を所有していない方は各種カードローンがおすすめ。

融資・給付額
消費者金融・銀行系
カードローン
最大1,000万円ほど
フリーローン
(多目的ローン)
最大300万円~500万円ほど
JAバンクの
カードローン
最大500万円ほど
労働金庫の
カードローン
上限:最大500万円
(非組合員の方は100万円)
信販会社の
カードローン
最大500万円~700万円ほど
年金担保貸付 最大200万円
不動産担保ローン 1億円未満
教育一般貸付  最大350万円
定期預金担保貸付制度  定期預金残高の80%~90%

消費者金融や銀行系おカードローンなら最高で800万円まで借りられるローン会社が多く、

  • 起業の準備金
  • 車購入の足しにする

などなど大口融資が必要な方には最適です。

クレジットカードは金額が大きくなるにつれて金利が高くなりますが、カードローンは借入れ額が大きくなるほど“金利が低く”なります。

そのため多額の借入れをしても、利息返済に追われることはありません。

闇金でお金を借りるのはゼッタイNG

闇金でお金を借るのは絶対にNG!金利が20%以上の業者は違法業者なので要注意!

簡単に大金を借りられる方法として「闇金」が有名ですが、闇金は危険性が高いので絶対に利用しないでください。

闇金は違法な貸付で、

  • 年利3000%以上
  • 悪質な取り立て

といったように、到底払えない利息請求をされ取り立てられる可能性が高いです。

また近頃では闇金業者がクレジットカードの現金化業者に姿を変えています。

町中で「クレジットカードを現金化します!」といった広告を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

この現金化についても、”高額な手数料”や”詐欺行為”が横行していて、実態は闇金と変わらない場合がほとんど…。

ローン業者の金利は最高でも年20%と法律で決まっているので、それ以上の金利を課してくる業者は違法業者です。

審査が甘かったり今スグ借りられたりしても、ゼッタイに誘惑に負けないでください。

今回ご紹介したように、お金を借りたり支給してもらえる方法は23種もありました。

icon-hand-o-right パターン別お金を借りる方法まとめ
  • 各種カードローンで借りる
    ⇒即日融資や多額の借入れがしやすい
  • 国や各自治体の支援制度で借りる(給付金を受け取る)
    ⇒対象条件なら低金利で借りられたり、支援金をもらえたりする
  • その他の方法で借りる
    ⇒リスクが低く少額融資を受けやすい

一般的な学生・会社員の方なら各種カードローンがおすすめ。

ローン会社によっては最短1時間で借入れも可能なので、今すぐお金が必要な方の救いとなります。

また低所得で生活困窮や求職希望などの状況の方は、国や各自治体が行なっている貸付・給付金制度が最適です。

場合によっては借りるではなく「支給してくれる」ので、返済や利息の負担がなく生活再生をサポートしてくれます。

当記事を参考に無理のない方法で、あなたの現在のお金の悩みを解決していきましょう。

金欠になることが多い…」という人は、下記のページもあわせて読んでみてください。
「お金がない」という状態に陥るのを防ぐために、ファイナンシャルプランナーの先生監修のもと解決策を提示しています。

なぜ「お金がない」という状況に陥るのか。理由と対策を解説

なぜあなたは「お金がない」のか。金欠の人の共通点8つと給料日まで食いつなぐアイディア

スポンサーリンク

スポンサーリンク