カードローンの申込みに必要な書類

【カードローン】はお金が不足した時や、急な出費が発生した時などに役立つ金融商品です。
利用者の数が増えたことで、現在ではいろいろな銀行・消費者金融がカードローンを提供しています。

しかしカードローンを申し込むには、必要書類の提出が必要となります。
書類を提出しない限り、カードローンを契約することはできません。

そのため申し込みを行う時は、事前に必要な書類を確認・準備しておくのがベストです。
適切に対応を行っておけば、手続きにかかる時間や手間を減らすことができます。

ここでは提出する必要書類の種類や、必要書類の提出方法などについて解説します。

提出する必要書類の種類

カードローンを申し込む際、必要となる書類は以下の2つです。

1.本人確認書類
2.収入証明書

必要書類の提出が必須とされているのは、申込情報の内容と本人確認を同時に行うためです。
ここでは各書類の特徴などについて解説します。

本人確認書類

本人確認書類とは申込者の顔写真、住所などの情報が記載されている書類のことです。

カードローンを申し込む際は、必ずこの本人確認書類を提出することになります。
本人確認書類として使える書類は、以下の通りです。

・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・パスポート
・各種健康保険証
・住民基本台帳カード
・在留カード

カードローンを申し込む時には、運転免許証やパスポートを提出するのがベストといえます。
これらの書類は顔写真がついている上、公的に発行された身分証明書なので信頼性が非常に高いです。

そのため運転免許証・パスポートを提出しておけば、書類の再提出を求められることはありません。
手続きにかかる時間を最小限に抑えたい方は、こういった信頼性の高い本人確認書類を用意しておいてください。

収入証明書

基本的にカードローンは、借入希望額が10万円以下だと本人確認書類だけで申し込むことができます。
しかし借入希望額が10万円を超える場合は、収入証明書の提出を求められることが多いです。

申込者に融資する金額が高額になれば、その分だけ貸し倒れリスクも大きくなります。
そのため銀行や消費者金融では高額融資を行う際、収入証明書を確認して融資の可否を判断するのが一般的です。

収入証明書として使える書類は、以下の通りです。

・給与明細書
・源泉徴収票
・税額通知書
・納税証明書
・確定申告書

ただし書類を提出する際は、記載されている日付に注意する必要があります。

カードローンを申し込む時は、前年度(直近)の書類を提出するのが一般的です。
提出した書類の日付が前年度より前だった場合、書類の再提出を求められる可能性があります。

申し込みを行う際は、提出する前に必ず書類の日付を確認しておいてください。

必要書類の提出方法

カードローンを申し込む時は、本人確認書類・収入証明書を提出する必要があります。
利用できる提出方法は、以下の2つです。

1.公式サイト・メールで必要書類を提出する
2.郵送で直接カード会社に必要書類を提出する

ここでは各方法の特徴などについて詳しく解説します。

公式サイト・メールで必要書類を提出する

WEBやアプリなどから申し込みを行う時は、この方法で書類を提出するのが一般的です。
本人確認書類・収入証明書の写真を撮り、その画像データをカード会社へ送信します。

この書類提出のメリットは、手続き時間を最小限に抑えられる点です。
写真を撮って送るだけなので、うまくいけば数分程で提出を完了できます。

ただしこの方法で提出を行う時は、写真映りに注意する必要があります。
写真が不鮮明だった場合、再提出を求められる可能性が高いです。

公式サイト・メールで書類提出を行う際は、提出する前に写真の状態をよく確認しておいてください。

郵送で直接カード会社に必要書類を提出する

公式サイトやメールで書類を提出するが難しい場合は、郵送で必要書類を送付するのが最適です。
提出する際の手順は必要書類のコピーをとり、梱包してカード会社へ郵送するといった内容となります。

この方法のメリットは、再提出を求められる可能性を最小限に抑える点です。
提出前の書類をすみずみまで確認できるので、うまくいけば1回で手続きを完了させることができます。

しかし直接書類を送付することになるので、手続きには最短でも2~3日程かかることが多いです。
場合によっては、審査に1週間以上かかってしまうこともあります。

郵送で書類提出を行う際は十分注意してください。

必要書類を提出する際の注意点

ネットやメールでの申し込みが一般的となった現在では、写真で簡単に書類提出を行うことができるようになりました。
公式サイトや専用アプリを利用すれば、数分で書類提出を完了させることが可能です。

しかし必要書類を提出する際は、以下の点に注意してください。

書類に記載されている個人番号・基礎年金番号は隠す

本人確認書類や収入証明書の中には、個人番号などの個人情報が明記されている書類が存在します。
こうした情報が記載されている書類を提出する際は、情報が書かれている部分を隠さなければいけません。

個人番号などを隠さずに書類を提出してしまうと、重要な個人情報が漏洩してしまう危険性があります。
場合によっては情報が漏洩することで、重大なトラブルが発生するかもしれません。

書類を提出する際は、個人番号などの重要情報をしっかり隠しておいてください。

提出する際は事前に書類内容をよく確認しておく

必要書類として使える書類の種類は、各カードローンごとに異なることが多いです。
そのため必要書類を用意する際は、必要書類として使える書類を事前に確認しておく必要があります。

もし提出した書類が必要書類として使えなかった場合、書類を再提出しなければいけません。
手続きにかかる時間や手間は増える上、すぐに融資を受け取ることもできなくなります。

即日融資を希望する方は、書類内容をよく確認して必要書類がきちんと揃っているか確認しておいてください。

まとめ

必要書類の種類や提出方法などについて解説しましたが、いかがでしたか?

カードローンを申し込む際は、本人確認書類や収入証明書を事前に用意しておくことが最も大切です。
必要書類の提出が遅れてしまうと手続きにかかる時間や手間が増え、すぐに借入を行うことが難しくなります。

また書類を用意する際は、書類内容を確認しつつ重要な個人情報などを隠す必要があります。
こうした対策を行っておかないと、提出後に重大なトラブルが発生するかもしれません。

これからカードローンを申し込む方はここで解説した知識を活かし、スムーズにカードローンを契約できるよう対策を行ってみてください。