おまとめローン審査の基準を紹介!

「おまとめローンの審査は通らないイメージがあって申し込みづらい…」
「普通のローン審査と審査基準はどう違うの?」

複数のローンを1つにまとめて、返済の負担を減らす手助けをしてくれるおまとめローン。

その分借りる金額も大きくなるので、審査に通らないかも…と不安に思うのも無理はありません。

たしかに通常ローンと比べると、おまとめローンの審査は厳しめだと言えるでしょう。

しかしおまとめローンの審査基準を理解していれば、審査に通る可能性はじゅうぶんあります

このページでは「おまとめを成功させて返済をラクにしたい!」という方を全力でサポート。

おまとめローン審査で落ちた人の条件を徹底考察しながら、審査に通りやすくするコツを余すことなく紹介していきます。

関連記事

そもそもおまとめローンってなに?」という方はこちらを参考にしてください。

ローン一本化(おまとめローン)マニュアル完全版!痒いところに手が届く!

おまとめローン審査が不安なら【アイフル】がおすすめ!

アイフルのバナー

金利
(実質年率)
①おまとめMAX 年3.0%~17.5%
②かりかえMAX 年3.0%~17.5%
限度額 最大800万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
保証人・担保 不要
返済方法 自動引き落とし
提携金融機関ATM、コンビニATMは繰り上げ返済時のみ利用可能
毎月の返済 24,000円
(100万円を5年で完済する場合)
返済期間 最長10年(120回)
おまとめ専用ローン まる

「おまとめローン審査に落ちるのが怖い…」という方は、アイフル「おまとめMAX・かりかえMAX」が1番おすすめ。

  • 満20歳以上の方
  • 毎月安定した収入がある方

利用条件は上記2つだけで、「年収200万円以上」「正社員のみ」など年収や雇用形態に制限なく前向きに審査をしているのが特徴です。

アルバイトの学生やパート主婦の方でもOKと、幅広い層の方が申し込めます。

詳しくは後述しますが“おまとめ専用ローン”で他社借入が審査に影響しづらいのもポイント。

また最短即日でおまとめできるので「返済地獄から一刻も早く抜け出したい!」という方にも最適です。

さらに利用限度額が最大800万円と余裕があり、借金が多すぎて1つにまとめられないかも…といった心配なしで利用できます。

アイフルのおまとめローンは「かりかえMAX「おまとめMAX」の2種類あります。

  • かりかえMAX初めてアイフルを利用する方向け
  • おまとめMAX…アイフルを利用したことがある/利用中の方向け

上記のように「アイフルを利用したことがあるか/ないか」で分かれているだけで、金利や限度額などの契約内容は同じです。

アイフルで借金をまとめる!

アイフルおまとめローンの特徴や審査を詳しくチェック!

「おまとめするなら銀行ローンじゃないの?」

そう思った方もいるかもしれませんが、銀行でおまとめローンを組むのは難しいのが現状です。

2018年以降、銀行は大口融資を自粛しており、審査でも複数社から借りている人はかなり不利になります。

かつては「おまとめ利用OK!」と宣言していた

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

など大手銀行ローンも、今は「おまとめ」の文言を一切使っていません

(関連:銀行カードローンが即日融資を停止!低金利で即日融資するたった1つの方法とは?

【審査は甘い?厳しい?】おまとめローンの審査基準を理解しよう

冒頭でもお話した通り、ハッキリ言っておまとめローンの審査は通常ローンより厳しくなります

借入れ先を1つにするには今ある借金を完済しなければならず、借りる金額が大きくなりがち。

その分「おまとめローンを組んだ後、完済できるのか?」をじっくり審査する必要があります。

しかし実際には審査基準さえ満たしていれば、おまとめローンを組める可能性はじゅうぶんあります

icon-hand-o-right ゼッタイに満たすべきおまとめローンの審査基準2つ
  1. 継続して毎月安定した収入がある
  2. 過去のローン利用で返済遅れ・延滞をしていない

審査基準① 毎月安定した収入がある

安定した収入を長く得ていると審査で有利。

おまとめローン審査では毎月同じだけの収入を得ている」という安定性が最重要です。

もちろん年収が高いほど有利になるのは間違いありませんが、収入の高い/低いだけで審査の合否は決まりません。

もっとも重視されるのは、「同じ職場で何年働いているか」という勤続年数の長さ

たとえば収入が少ないアルバイトの方でも、同じ職場で5年間働いていれば「今後も安定して収入がありそうだな」と前向きに判断してもらえるということ。

逆に年収が高くても「まったく稼ぎのない月もある」など、収入が不安定だと審査に通るのは難しいです。

 

またおまとめローン審査は「収入の安定性」の他にも、

  • 申し込み者が高齢すぎず、今後も継続して働いていけるか
  • 住んでいるのは持ち家か、賃貸か

など、総合的な要素から返済能力を審査されています。

【おまとめローン審査でチェックされる基本的な項目】

審査項目 審査内容
年齢 ・年齢制限を満たしているか

・高齢者は継続した収入が今後も見込めるか など

年収 ・年収の多さ<高いほど高評価>

・収入と返済のバランスが取れているか など

勤務先情報

・勤続年数長いほど高評価>

・企業規模<大企業だと有利>

・雇用形態<正社員・公務員は有利> など

他社借入状況

・借入れ件数(借入れ元)

・借入れ金額(完済可能な金額か) など

住宅情報 ・居住区分<賃貸より持ち家だと高評価>

・居住年数 など

家族構成 ・本人が返済できない場合に対応できる人の有無

・家計と返済のバランス など

つまり、審査に落ちやすいのは「年収が低く/アルバイトで/勤めはじめて1ヶ月」など、極端にマイナスポイントが重なった場合だけ。

毎月きちんと給料をもらっていれば、おまとめローンの審査に通る可能性はじゅうぶんにあります。

6ヶ月以内に自分の状況が変わった方は要注意

直近6ヵ月以内自分の状況が変わった方は注意が必要です。

審査中に「最近転職した/引っ越した」ということがわかると、「今後も同じ職場で働き続けるだろうか?」と疑われてしまいます。

これまで通常のローン審査はクリアしてきた人でも、状況が変わった後は申し込むタイミングを慎重に見極めることが大切です。

(参考:おまとめローン審査を「不利→有利」に!今からできる対策も伝授します。

審査基準② 「返済遅れ・延滞をしていない」など利用状況に問題がない

ローンの利用履歴をチェックされ、返済状況が悪ければ審査に落ちる。

おまとめローン審査に通るのは、”ローン利用中に問題がなかった“人です。

1番重視されるのは、過去/利用中のローンの返済状況

長い間、毎月返済を続けている」と聞けば、「おまとめローンを組んだ後もきちんと返してくれそうだな」と判断してもらえるのは当然ですよね。

逆に61日以上の返済遅・3ヶ月連続長期延滞していると、おまとめローン審査には通りません。

返済トラブルは「事故情報」としてローン業者間で共有・保管され、最低でも5年以上は「返済能力がない」と見放されてしまいます。

事故情報 情報の保有期間
61日以上の返済遅れ 1~5年
3ヶ月以上の連続延滞 5年
債務整理・個人再生 5年
自己破産 7~10年
代位弁済※ 5年

※返済ができなくなった利用者の代わりに保証会社が借金を支払うこと

「1度だけ、返済に1日遅れたことがある…」という程度なら大きな影響はありませんが、心当たりがある人は個人情報(信用情報)を開示してみるのがおすすめ。

申し込み前に「事故情報が残っていないか」を確認して、万全の状態で審査に臨むのがベターでしょう。

個人情報開示をして、カードローンの審査に落ちた理由を探ろう

おまとめローン審査で落ちる人の条件5つ

たとえ審査基準を満たしていても、下記いずれかに当てはまるとおまとめローン審査には落ちてしまいます。

ひとつずつ解説していくので、自分の状況と比べながら読んでみてください。

icon-hand-o-right おまとめローン審査で落ちる人の条件5つ
  1. 「年収をごまかす」「他社借入件数を減らす」など、申込み情報でウソをついた
  2. 申し込んだ時点で利用中のローン返済に遅れている
  3. 今あるローン残高以上の借入れを希望した
  4. 残高の多い/少ないにかかわらず、他社借入件数が5件以上ある
  5. 職場にかかってくる在籍確認の電話に出なかった

① 申込み情報でウソをついた

申し込みでウソをついても、信用情報を照会した時点でバレる

審査を少しでも有利に進めたいからといって、申込み情報でウソをつくと即・審査落ちです。

申し込み情報は信用情報と照らし合わせて「申し込み者が信用できる人か」を詳しくチェックしています。

icon-hand-o-right 信用情報って何?

ローンやクレジットカードの申し込み履歴や返済状況など、今まで利用したすべての金融取引情報のこと。

特におまとめローン審査では、利用している/利用してきたローンの利用状況がすべてチェックされます。

「年収200万円だと不安だから300万円で申し込む」といったごまかしは、100%バレる上に信用度がガタ落ちしかねません。

また氏名や生年月日などの個人情報の入力ミスも「ウソをついて申し込んだ」と勘違いされてしまうので、申込み情報は慎重に入力してください。

② 申し込んだ時点で利用中のローン返済に遅れている

今まさに返済に遅れている人は審査落ち。

おまとめローンに申し込んだ時点で利用しているローンの返済に遅れている人は、まず審査に通りません。

特に保証人・担保なしで利用できるおまとめローンは、あなたの信用を担保にお金を貸してくれます。

大金を貸さなければいけないのに、今まさに約束を破っている人を信用できるはずがありませんよね。

返済遅れをしているなら、まずは利用中のローンの延滞解消に務めるのが先決です。

③ 今借りている金額以上の借り入れを希望する

希望額と借りている金額に大きな差があると、利用目的を疑われて審査で不利になる

申し込みで借りている金額よりも多い金額を希望すると、審査でかなり不利になります。

そもそもおまとめローンの目的は”今ある借金を1つにまとめる“ことなので、追加借入れはできません。

今あるローン金額に30万円や50万円も上乗せすれば一発でアウト。
返済以外の目的で使おうとしている」と疑われてしまいます。

もちろん借金がいくらあるかがわからない人も、利用中のローン会社に電話して残高を確認しておくようにしましょう。

④ 借り入れ件数が5件以上ある

借りている金額が同じでも、件数は少ない方がおまとめローン審査で有利。

ハッキリ言って借入れ件数が5件以上あると、おまとめローンを組むのは難しいです。

たとえ借りている金額が同じでも、件数が多い/少ない場合では多い方が審査で圧倒的に不利になります。

【100万円を借りている場合で比較】

[A]100万円を2社から50万円ずつ借りている人
   →2社から「50万円貸しても大丈夫」と判断されており、信用度が高い

[B]100万円を5社から20万円ずつ借りている人
   →5社から「20万円しか貸せないな…」と判断されており、信用度が低い

→借り入れ件数が多い人は信用度が低く、審査で不利になりやすい

もちろん他社借入金額が多いほど審査は慎重になりますが、50万円など金額が低くても件数が多いほど不利になるので注意してください。

⑤ 在籍確認の電話に出なかった

職場にかかってくる在籍確認の電話に対応しないと審査落ちする

在籍確認の電話に出られないと、おまとめローン審査には通りません。

在籍確認はおまとめローン審査の中でも重要な項目の1つ。
職場に電話をかけて”きちんとした職場で継続して働いている”と確認できれば、「収入が安定している」と判断されます。

しかし職場にかかってくる電話に1週間以上対応できない状況だと、そのまま審査落ちしかねません。

必ずしも本人が電話に出る必要はありませんが、「自分宛てに電話があることを職場の人に伝えておく」など対応できる環境を整えておくのがベターです。

「個人情報の保護」「私用電話の取次ぎ禁止」など職場への電話で在籍確認ができない事情がある方は、下記も参考にしてみてください。

在籍確認なしでおまとめローンを組める?全7社を調査して辿り着いた真実…

 

おまとめローン審査で有利な人

反対に、以下のような人はおまとめローン審査を有利に進められると言えます。

  • 申込み情報でウソをつかず、入力ミスもしていない人
  • 申し込んだ時点で、延滞なく順調に返済を進められている人
  • 今あるローン金額の借入れだけを希望している人
  • 借り入れ件数が4件以下の人
  • 職場にかかってくる在籍確認の電話にきちんと対応できる人

これから紹介する審査のコツも押さえれば、おまとめできる確率アップ間違いナシです。

絶対おまとめしたい!審査通過率を上げるコツ3つ

ここからは「おまとめローン審査にゼッタイ通りたい!」という方に向けて、審査に通りやすくなるコツを紹介します。

icon-hand-o-right おまとめローン審査に通りやすくなるコツ3つ
  1. おまとめ専用ローンを選ぶ
  2. 同時に2社以上申し込まない
  3. ローンの完済実績を1件でも作る

(参考:おまとめローン審査で有利になるポイント

① おまとめ専用ローンを選ぶ

他社借入が審査に影響しにくい「おまとめ専用ローン」に申し込む

確実におまとめローン審査に通る可能性を上げたい方は、おまとめ専用ローン」に申し込むのが大前提。

その名のとおり、おまとめ専用ローンは借金を1つにまとめることを目的にしたローン商品です。

「他社借入れ」が審査で大きく影響しない

他社借入れが審査で大きく影響しにくいのが、おまとめ専用ローンの最大のメリット。

おまとめ専用ローンは、そもそも申し込み者が複数ローンを組んでいるのを前提に審査してくれます。

一方通常ローンは、他社ローンとの返済バランスを見て「いくら貸すか」を決めるので、他社借入れが多いほど慎重にならざるを得ません。

おまとめ専用ローンの審査基準は、あくまでも「今ある借金を借り換えて完済できるか」。
現在まで問題なく返済を続けている
方なら、「おまとめローンを組んでも大丈夫そうだな」と判断してもらえます。

(参考:「おまとめ専用ローン」なら他社借入が審査で影響しにくい

利用目的が「借金の完済」に限定されていて、1度借りたら返済しかできない

おまとめ専用ローンは、借りたり/返したりを繰り返せない「返済専用のローン」。

借りたお金の使い道は今あるローンの完済だけで、1度借りたら追加で借入れできない仕組みになっています。

つまり、今ある借金を返せるだけの返済能力が認められれば、審査に通る可能性が高いということです。

一方通常ローンの利用目的は自由なので、「おまとめ目的です」と申し込まれても返済だけに使ってもらえるかはわかりません。

また借りたり/返したりするのも利用者次第なので、「借りるだけ借りて返してもらえない」のも想定する必要があります。

通常ローンは利用目的や使い方が限定できない以上、大きな金額を貸す相手を厳選しなければならないというワケです。

(参考:おまとめ専用ローンは利用枠の中で「借りたり/返したり」を繰り返せない

② 同時に2社以上へ審査を申し込まない

1社ずつ審査を受けて、ひと月の間に2社以上に申し込まないようにする

おまとめローン審査に通る確率を上げたいなら、必ず1社ずつ申し込むのもポイント。

審査に通るか不安だから…と2社、3社に同時申し込みをすると、かえって「よっぽど返済する余裕がないんだな」と判断されて逆効果です。

特にひと月に2社以上に審査を申し込んでいると、”申し込みブラック“になりかねません。

1度申し込みブラックになると、6ヶ月間はほぼ確実に審査落ちしてしまうので注意してください。

③ ローンを完済した実績を1件でも作る

「1社だけでも完済しておく」など、できるだけ他社ローン残高を減らしておく

今あるローンの中から、借入れ額の少ない1件だけでも完済してから申し込むのも効果大。

完済した記録が1つ以上あると返済能力の高さをアピールできるだけでなく「完済する意思がある」と判断されて格段に信用度が上がります。

「どうしても完済するのは難しい…」という方は、今あるローン残高をできるだけ減らしておくのも有効です。

“借入れ希望額が低いほど審査に通りやすくなる”のは通常ローンと同じなので「返済日の直後に申し込む」「繰り上げ返済(※)をしておく」といった工夫をしておきましょう。
※毎月の返済日の前後に追加で返済すること。

利用していない残高0円のローンは解約しておく

他社借入れを少しでも減らしたいなら、残高0円で使う予定のないローンを解約しておくのも重要です。

1円も借りていなくても、契約が続いている限り他社借入件数にカウントされてしまいます。

「完済から期間が空けば契約が切れる」ことは決してないので、必ず自分で解約手続きをしてください。

(参考:使っていないローンも解約していなければ他社借入れ件数に含まれる

おまとめローン審査に関するQ&A

Q1. おまとめローン審査の流れが知りたい!

A. おまとめローン審査の流れは、カードローンの初回審査とほぼ同じです。

詳しい解説をチェック

おまとめローン審査の流れはカードローンの初回審査とほとんど変わりません

【例:アイフルおまとめローン審査の流れ】

  1. 申し込み
  2. 仮審査(収入証明書の提出)
  3. 在籍確認
  4. 仮審査の結果通知
  5. 本審査(本人確認書類の提出)
  6. 結果通知・契約手続き

(参考:アイフルおまとめローンの審査の流れは?

ただし申し込み先によって在籍確認や書類提出のタイミングは前後します。

「事前に必要書類を用意しておく」など審査をスムーズに進める準備しておきましょう。

また審査や契約手続きで来店が必要な場合もあるので、「来店したくない!」という方は申し込み前に電話して聞いておくのがベストです。

Q2. おまとめローンの審査申し込み~契約完了まで、時間はどれくらいかかる?

A.消費者金融なら最短即日、銀行なら1週間~2週間以上が目安です。

詳しい解説をチェック

同じおまとめローンでも、申し込み先によって申し込み~おまとめ完了までにかかる時間は異なります。

おまとめ方法 融資スピード
消費者金融 aiful 最短即日
SMBCモビット 最短即日
promise 最短即日
銀行 福岡銀行  1週間~
tokyo-star-bank 2週間~
静岡銀行 2週間~

できるだけ早くおまとめしたい方には消費者金融のおまとめローンがおすすめ。

カードローン審査で培ったノウハウがあるので、最短即日で借金を1本化できます。

銀行のおまとめローンは低金利で利用できるものの、審査が慎重になる傾向があるため、早くても1週間~2週間以上はかかると考えてください。

関連記事最短即日で借り換えできる消費者金融のおまとめローンについてはこちら。

消費者金融でのおまとめローン・借り換えってどうよ? メリット・デメリットから切り込む

Q3. おまとめローン審査の申し込みに必要な書類は?

A. おまとめローン審査には「本人確認書類」「収入証明書」が1枚ずつ必要です。

詳しい解説をチェック

おまとめローンの審査では、「本人確認書類」「収入証明書」各1枚ずつの提出が必須。

ただ審査に使える書類は申し込み先によって違うので、公式サイトをよく確認しておきましょう。

【例:プロミスおまとめローンに必要な書類】

収入証明書の中には発行に時間がかかるものもあるので、申し込み前に用意しておくと審査がスムーズです。
(参考:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローン申込者向け】

また申し込み先によっては利用明細書や契約書など、「現在の借り入れ状況がわかる書類」を求められる場合もあります。

提出の必要がなくても正確な借入れ金額を申告するのに役立つので、申込み時には手元に置いておくのがおすすめです。

Q4. ろうきんのおまとめローン審査って厳しい?

A. ろうきんのおまとめローンは利用できる人が限られており、審査基準も高いです。

詳しい解説をチェック

ハッキリ言って、ろうきんのおまとめローンは限られた人しか利用できません

年10.0%以下の低金利で利用できるものの、下記のように審査基準がかなり厳しいです。

  1. 「ろうきんの会員だけ」「勤続1年以上」など申し込みハードルが高い
  2. 低金利で利用できる分、貸し倒れのリスクが高くなるので貸し出す相手を厳選する
  3. 過去または利用中のローンの申し込み履歴や返済状況を厳しくチェックされる

ムダな審査落ちを避けるためにも、審査基準をよく確認して「ろうきんでおまとめローンを組めそうか」を慎重に検討しましょう。

Q5. 有担保ローンでおまとめローンを組んだ方が審査はゆるい?

A. 無担保ローンより審査基準は緩やかですが、おまとめするまでに時間がかかります。

詳しい解説をチェック

有担保ローンでおまとめした場合、無担保ローンよりも審査に通る可能性は高くなります

担保がある=返済できなくなった時の保証がある分、貸す側にとってリスクが少ないからです。

年10.0%未満の低金利で借り換えられるのが魅力ですが、おまとめ完了まで1ヶ月以上かかる場合もあるので注意してください。

(関連:不動産ローンでは借りるまでに1ヶ月以上かかる場合もある

Q6. おまとめローン審査に落ちてしまったら?

A. 落ちた理由を分析して、「新規でおまとめローン審査に申し込むか/債務整理するか」をよく検討しましょう。

詳しい解説をチェック

万が一おまとめローン審査に落ちた場合は、下記2通りから自分に合った方法を選ぶのが重要です。

  • 別のおまとめローンに申し込む
  • 債務整理する

まずは審査に落ちた理由を詳しく分析し、新規申し込みできそうなら別のおまとめローン審査を受けてみるのがおすすめ。

申し込み先によって審査基準は違うので、別のおまとめローンなら審査に通る可能性があります。

審査落ちの原因 新規申し込み
毎月の収入が安定していなかった batsu
過去5年以内に大きな返済遅れ・延滞を起こした batsu
申し込み情報でウソをついた maru
申し込んだ時点でローンの延滞があった maru
今借りている金額以上の借り入れを希望した maru
他社借入れ件数が5件以上あった batsu
在籍確認ができなかった maru

ただし「無収入で何ヶ月も返済を滞納している」「他社借入れ件数が5件以上ある」など、完済の目処が立たない状況なら債務整理を検討してみましょう。

最低でも5年以上は新しくローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできなくなりますが、生活を立て直すには最適です。

通常ローンよりも、おまとめローンの審査は厳しめであることはたしかです。

ただしきちんと審査基準をクリアしている人であれば、利用できる可能性はじゅうぶんあります。

おまとめローンを組める可能性が高い人の条件をおさらい!
  • 毎月安定して収入を得ている人
  • 過去5年以内に長期の返済遅れ・延滞をしていない人
  • 申込み情報でウソをつかず、入力ミスもしていない人
  • 申し込んだ時点で、延滞なく順調に返済を進められている人
  • 今あるローン金額の借入れだけを希望している人
  • 借り入れ件数が4件以下の人
  • 職場にかかってくる在籍確認の電話にきちんと対応できる人

また確実に審査通過を狙いたい方は、おまとめ専用ローンへ申し込むのが大前提。

おまとめ専用ローンは今ある借入れの完済を目的とした「返済専用ローン」で、他社借入がマイナス評価になりにくいのが特徴です。

さらに「同時に2社以上に審査を申し込まない」「ローンを完済した実績を1件でも作る」というコツも抑えておけば、審査を有利に進められます。

それでも「とにかく審査が不安…」「できるだけ審査基準の緩やかな申し込み先を選びたい」という方は、アイフルのおまとめローンへ申し込んでみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク