おまとめローンは総量規制対象外

このページにたどり着いた方は「たくさん他社借入があってもおまとめローンは組めるの?」と、ギモンや不安を抱いているのではないでしょうか。

たしかに年収3分の1以上の他社借入があると、通常のカードローン審査には落ちてしまいます。

しかしおまとめローンは総量規制対象外

「すでに4社から借りている」など複数ローンを組んでいる方でも、年収の3分の1以上の借入れが可能です。

今回は「総量規制対象外になるおまとめローン」についてじっくり解説しています。

おまとめローンに抱きがちな誤解や注意点まで詳しく紹介しているので、申し込み前に1度チェックしてみてください。

関連記事▼当サイト(カードローンの巨匠)おすすめの総量規制対象外のおまとめローンはこちら!

【おまとめローンのおすすめ3選】厳選3社をランキング形式で紹介!

 

年収の3分の1以上の他社借入を1つにまとめたい方は下記を参考にしてください。

【高額】500万円以上の大口おまとめローンを組みたい!おすすめはどこ?

「おまとめローン」は総量規制対象外!年収の3分の1以上の他社借入があってもOK

冒頭でもお話した通り、おまとめローンは総量規制対象外です。

そもそも総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を対象にした「年収の3分の1までしか借りられない」という決まりのこと。
年収が300万円の人なら、100万円(=年収の3分の1)までしか借りられません。

しかしおまとめローンは”総量規制対象外”として、例外的に年収の3分の1以上の借入れができるようになっています。

関連記事

総量規制について詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

総量規制対象外でお金を借りるための全知識【Q&A】

総量規制対象外になるのは「おまとめ専用ローン」だけ

おまとめローンは総量規制対象外

そもそもおまとめローンを組むには

  1. おまとめ専用ローンを利用してまとめる
  2. 通常ローンを利用して自分でまとめる

の2通りの方法がありますが、総量規制対象外になるのは「おまとめ専用ローン」だけ

借入れ元が消費者金融/銀行のどちらでもあっても、「おまとめローン・借り換えローン」の名前がついていれば”おまとめ専用ローン”と考えてOKです。

銀行カードローンは”一応”総量規制対象外だが…

銀行カードローンは総量規制とは関係ない法律の下でお金を貸し出しているので、厳密には総量規制対象外です。

icon-hand-o-right カードローンに適用される法律
  • 銀行カードローン:銀行法(←総量規制の取り決めなし
  • 消費者金融カードローン:貸金業法(←総量規制の取り決めアリ

銀行カードローンは”銀行法”のもと、各銀行の融資部の判断で自由にお金を貸し出しています。

しかし2017年に銀行カードローンの過剰融資が発覚。
金融庁の指導の下で各銀行が貸し出しを自主規制するようになりました。
(参照:カードローン、銀行も総量規制 過剰融資批判に対応

現在の銀行カードローンに年収の3分の1以上の借り入れを申し込んでも、断られる可能性が高いです。

関連記事他にも「即日融資の停止」など、銀行カードローンへの締め付けは厳しくなってます…。

銀行カードローンが即日融資を停止!低金利で即日融資するたった1つの方法とは?

おまとめローンが総量規制の対象外になる2つの理由

おまとめローンが総量規制対象外になる理由は2つあります。

  1. 「顧客に一方的有利になる借換え」に当てはまる
  2. 利用目的が今ある借金の借り換え・完済に限定される

理由①:「顧客に一方的有利になる借換え」に当てはまる

「顧客に一方的有利」に当てはまる

おまとめローンが総量規制対象外になるのは、「顧客に一方的有利となる借換え」として”総量規制の例外”にあてはまるためです。

【貸金業法における総量規制の例外】

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
    (施行規則第10条の23第1項各号)

(参照元;日本貸金業協会HP

「顧客に一方的有利となる借換え」とは下記のように利用者が得をするローンのこと。

  • おまとめ前よりも金利が下がる
  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 完済までに支払う借金が減る

おまとめローンは「借金を1つにまとめることで、利用者が借金を返済しやすくなるローン」なので、総量規制対象外になります。

(参考:借り換え・おまとめローンは総量規制の例外

理由②:利用目的が借換え・返済に限定される

利用目的が借入れ・返済に限定される

おまとめローンは利用目的が借換え・返済に限定されるので、大きな金額を借りられる仕組みになっています。

おまとめローンで借りたお金は他社ローン返済にしか使えません

さらに1度借入れたあとは”返済専用のローン“になるので、大きな金額を貸してもきちんと返ってくる可能性が高くなります。

カードローン会社側としては「借金の完済が目的なら、大きな金額を貸し出してもいい」という考えなんですね。

通常ローンが総量規制対象外にならない理由

通常ローンでは借りたお金の使いみちは利用者の自由です。

すでに多額の借金があったとしても、通常ローンで借りたお金をショッピングに使おうが、旅行資金にしようが、制限がありません。

とはいえカードローン会社もボランティアでお金を貸しているワケではないので、借りるだけ借りて返せない…という状況を避ける必要があります。

つまり”借したお金をしっかり返してもらう”ための制限として、「通常ローンは総量規制(年収3分の1)以内までの貸付けしかできない」と決められているというワケです。

また利用目的が返済に限定されることで、「4社から借りている」など他社借入が多い人でも審査で不利になりにくいのもうれしいポイントです。

関連記事おまとめローンのメリットをもっと知りたい方はこちらもチェック!

【おまとめローンのメリット5つ】申し込み先を選ぶポイントまで完全解説!

総量規制対象外のおまとめローンを利用するときの注意点2つ

おまとめローンが総量規制対象外だからといって、いくらでも借りられるというワケではありません

ここからは下記2点をポイントに、おまとめローンを組む前にチェックするべき誤解や注意点を解説していきます。

icon-hand-o-right 総量規制対象外のおまとめローンを利用するときの注意点2つ
  1. 年収の2分の1以上・5社以上の借入れがあると、最悪の場合審査落ちする
  2. おまとめローンを組んだあとのローン残高は「総量規制の対象」になる

① 他社借入が多すぎると審査落ちの原因になる

借入れが多すぎると審査落ちになる

たしかにおまとめローンは総量規制対象外ではありますが、あまりにも他社借入が多すぎるとそもそも審査に通らないこともあります。

  • 年収の2分の1以上の金額を借りている方
  • 5社以上から借りている方

は「おまとめローンを組んでも完済できる見込みがない」と判断されかねません。

また利用中のローンで返済遅れや延滞をしていると、「返済を続ける能力が足りなさそう…」と疑われて審査落ちの可能性が高いです。

「他社借入が多すぎるかも…」という方は債務整理も視野にいれて、おまとめローンに申し込むかどうかを慎重に見極めるようにしましょう。

総量規制対象外で借りられる金額は「返済負担率20%程度」が目安

「おまとめローンで借りられる金額は○円まで」とは厳密に決められていませんが、「返済負担率(返済比率)」が目安になります。

返済負担率とは「年収のうち”1年間の返済金額”がどれくらいの割合か」を示した数字のこと。

当サイト(カードローンの巨匠)を監修してくださっている公認会計士の方に伺ったところ、おまとめローンの返済負担率の相場は20%程度になるそうです。

あくまで計算上ですが、「年収300万円なら、250万円までおまとめローンを組める可能性が高い」ということになります。

「総量規制外で借りられる金額」を詳しく知りたい方は下記を参考にしてください。

総量規制対象外のおまとめローンで借りられる金額の目安と計算方法

② ローンを組んだ後のおまとめローン残高は「総量規制の対象」になる

ローンを組んだ後のおまとめローン残高は「総量規制の対象」になる

おまとめ後に新しくローンを組む場合、おまとめ後のローン残高は総量規制の対象になることに要注意。

たとえば年収300万円の場合、おまとめローン後の残高が100万円以下にならないと新規で追加借入れできません。

【おまとめローン前】

  • A社:50万円
  • B社:50万円
  • C社:20万円

→「A社+B社+C社=120万円をおまとめローンで1つにする」ときは総量規制対象外

【おまとめローン後】

D社:120万円

→「D社でおまとめローンを組んだ120万円」は総量規制の対象

=おまとめローン後は100万円(年収300万円÷3)までしか借りられない

特に消費者金融カードローンで新規借入れするときは、借入れ希望額が年収の3分の1以内になっているか必ず確かめましょう。

■年収:300万円

■借入れ可能額:100万円(=年収300万円÷3)

ローン残高 新規借入れ希望額 借入れできる?
おまとめローン

80万円

10万円 maru
20万円 maru
30万円 batsu

 

→おまとめローン後に借りられる金額は
 【借入れ可能額:100万円】-【ローン残高:80万円】=20万円まで

関連記事おまとめローン後に新規借入れをしたい方はこちらもチェック!

おまとめローン後に他社借り入れできる?追加融資を受ける方法をチェック!

おまとめローンは年収の3分の1以上借入れがあっても利用OKです。

おまとめローンは

  • 「顧客に一方的有利になる借換え」に当てはまる
  • 利用目的が今ある借金の借り換え・完済に限定される

という理由から”総量規制対象外“として認められています。

ただし「おまとめローンだからといっていくらでも借りられる」ということではないので要注意。

おまとめローン後の残高は「総量規制の対象」になるので、特に消費者金融カードローンでの新規借入れは年収の3分の1以内に収めるようにしましょう。

また「年収の2分の1以上または5社以上の借り入れがある」という方は申し込みを慎重に検討してください。

まずはご自身の状況をよく振り返ってから、おまとめローンを有効活用できるプランをしっかり立てるようにしましょう。

◯この記事のアドバイザー◯
行政書士として相続・遺言など民事を中心に業務を扱い
FPとして証券会社での経験を活かし資産運用や不動産関連のアドバイスやセミナーなど幅広く業務を行っている。