ファーストビュー

「どうせお金を借りるならイメージがよくて安心感のある方がいい!」という方にオススメの銀行カードローン。

ただ日本には都市銀行や地方銀行、ネット銀行など数多くの銀行がありますよね。

選択肢の数がたくさんあるがために「どこの銀行カードローンに申し込んだらいいのか」迷っている方も多いのではないでしょうか?

というわけで今回は全国の銀行の中から【カードローンの巨匠】が厳選したおすすめカードローンをランキング形式で紹介していきます。

銀行カードローンおすすめランキングTOP4

  • 金利が低い
  • 限度額が高い
  • 来店なしのWEB完結で申し込める
  • コンビニATMから手数料無料で借入・返済できる

この4つのポイントで銀行系カードローンのおすすめランキングを作成しました。

1位から4位まですべて見どころがあるカードローンなので、ぜひ自分に「びしっ」ときたカードローンに申し込んでください。

第1位:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利年
(実質年率)
※年2.0%~14.0%
限度額 最大800万
WEB完結 マル
コンビニATM 手数料無料
(※月4回まで)

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

巨匠の一言

銀行カードローンから選ぶならみずほ銀行カードローンが1番おすすめです!

日本3大メガバンクの1つというだけあって、安心感・信頼感はお墨付き。

メガバンク随一の低金利最大800万円の限度額と、借り入れ条件に関しても文句なしです。

またどこにいてもWEB完結申し込みができるのも強みの1つ。

みずほ銀行まで来店しなくてもお金を借りることができます。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら

みずほ銀行カードローンの特徴・審査について知りたい方はこちら

第2位:オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

金利年
(実質年率)
年1.7%~17.8%
限度額 最大800万円
WEB完結 マル
コンビニ提携ATM 手数料無料
巨所の一言

オリックス銀行カードローンは最大800万円の限度額でゆとりをもって利用できるので、大口融資に向いています。

特にうれしいのはコンビニ提携ATM(イーネット・ローソンATM・セブン銀行など)が手数料0円で利用できること。

金利の低さは1位のみずほ銀行カードローンにやや劣りますが、1ヵ月のうちに何回提携ATMを使っても手数料はかかりません。

WEB完結で来店なし・口座開設なしでスムーズな借り入れができるのもポイントです。

オリックス銀行カードローンの申し込みはこちら

第3位:福岡銀行カードローン

金利
(実質年率)
年3.0%~14.5%
限度額 最大1,000万(※1)
WEB完結 マル
(※2)
毎月の返済額 2,000円
(10万円借入れた場合)

※1限度額は最大1000万円ですが、借りすぎには気をつけましょう。
※2福岡銀行カードローンのWEB完結申し込みは福岡銀行の普通口座が必須です。

巨匠の一言

福岡銀行カードローンの持ち味は毎月の返済額が低くて生活の負担になりにくいところ。

年3.0%~14.5%の低金利で利用できて、利用限度額も最大1,000万円と高額の借入れに向いています。

また自分自身に収入があれば、アルバイトをしている学生年金受給者の方まで幅広く申し込みを受付けているのもうれしいポイントです。

ただし利用できるのは居住地や勤務先が九州または山口県にある方に限定されているため、惜しくも第3位という結果になりました。

福岡銀行カードローンの申し込みはこちら

第4位:住信SBIネット銀行「MR.カードローン」

住信SBIネット銀行

金利年
(実質年率)
0.99%※~14.79%
(※所定の条件を満たした場合の年0.6%引下げ適用後)
限度額 最大1,200万円
WEB完結 マル
コンビニATM 手数料無料

 

巨匠の一言

住信SBIネット銀行の強みは限度額が1,200万円だということ。

金利も低いので、たくさん借りても利息を抑えながら利用できます。

借入れ・返済時のATM手数料0円に加え、毎月の最低返済額が2,000円からと生活の負担にならないのもうれしいポイントです。

ただカードローンの利用に住信SBIネット銀行の口座開設が必須なので第4位という結果になりました。

住信SBIネット銀行カードローンの申し込みはこちら

失敗しない銀行カードローン選びのポイント

①金利の低さ

銀行カードローンの金利は安いが中には金利が高いものもあるので注意して低金利カードローンを選ぼう

前提として銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が安いのが特徴です。

しかし、銀行カードローンならどこに申し込みをしてもいいわけではありません。

中には消費者金融並みに金利が高い銀行カードローンもあります。

例えば金利の高い銀行カードローン(ジャパンネット銀行「ネットキャシング」)と、今回1位にランクインしたみずほ銀行カードローンで利息を比べてみました。

【50万円を1年借りた場合の利息】

  • みずほ銀行の金利年14.0%→70,000
  • ジャパンネット銀行の金利18.0%→90,000

⇒1年間で20,000円の差。
※500,000円×14.0%で70,000円。
※500,000円×18.0%で90,000円

3年だと60,000円で5年経つと100,000円も違います。
※利息は全て単純計算です。

3.5%の金利の差でも金額にしてみると意外にお金はかかることが分かりましたね。

金利が低い銀行カードローンを選べば、カードローン会社に支払うムダなお金を節約することができます。

②限度額が高い

限度額が高いのを選べば金利が低くなる可能性もあり急な出費に対応ができる

せっかく銀行カードローンを利用するなら、限度額が高いところに申し込んでおいて損はありません。

「10万円~50万円くらいの少額のお金を借りたい!」と思っている人でも、限度額が高いカードローンに申し込むメリットがあります。

  • 低金利で借り入れできるチャンスUP
  • 今後の急な出費にも対応できる

審査の結果高い限度額で契約できれば、それだけ低金利で利用できる可能性が高くなります。

限度額いっぱいに借りなくても低金利で利用できるので、少ししか借りるつもりがない人でも限度額が高いカードローンに申し込んでおいた方がお得です。

また限度額が高いカードローンを1社契約しておけば、今後まとまったお金が必要になった場合でも他のカードローンに新規申し込みする必要はありません

限度額までなら増額(=借り入れできる枠を増やすこと)してもらえる見込みがあるので、気軽に相談してみてください。

③WEB完結での申し込みに対応している

webで申込めばいつでもどこでも審査に申し込めて便利

今回ランクインしたカードローンはすべてWEB・スマホ完結で借り入れできます。

銀行に来店したり、契約に必要な書類をわざわざ郵送で送る必要はありません。

またWEBから申し込めるということで、24時間申し込みできるのも嬉しいポイントです。

仕事が忙しい人・時間がない人に適しているといえます。

④コンビニATMから手数料無料で借入・返済ができる

銀行カードローンによっては手数料が無料のものがあるので返済に負担をかけずに済む

銀行カードローンによってはコンビニATMをした時に手数料(108円~216円)がかかります。

返済だけの場合でも1年続けたら約1,300円。3年過ぎたら約3,900円、5年なら約6,500円です。

今回ランクインした銀行カードローンはコンビニATMの手数料が無料なので、便利かつお得に返済をすすめることができます。

カードローン会社  手数料が無料の機関
 みずほ銀行 イオン銀行・提携ATM(※)
 ※月に4回まで(みずほマイレージクラブに入会する必要がある)
オリックス銀行 イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行・イオン銀行ATM
福岡銀行 福岡銀行ATM、熊本銀行、親和銀行
 住信SBIネット銀行 イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行・イオン銀行ATM

(※)毎月最初の1回は手数料無料。2回目以降は取引金額が3万円以上なら手数料無料でご利用できます。

どことなく信頼・安心感のある銀行カードローンですが、金利や限度額、申し込みや返済の便利さはピンキリです。

  1. 金利が低い
  2. 限度額が高い
  3. WEB完結申し込みができる
  4. コンビニATMから手数料無料で借入・返済ができる

このページでお伝えした4つのポイントを参考に、自分に合ったピッタリの銀行カードローンに申し込んでください。

「銀行カードローンおすすめランキングTOP4」に戻る