ファーストビュー

「自分が働いてお金を稼いでることを証明できないと利用できない…」
これは初めてカードローンを利用しようとしている方によくある勘違いです。

本人確認のために免許証や保険証は必須ですが、給与明細や源泉徴収所などの収入証明書は用意しなくてもお金を借りることができます

具体的には50万円までの借入れなら収入証明書なしでカードローンに申し込みOKです。

収入証明書不要のカードローンに申し込めば年収の細かな数字をチェックされることはありません

 

このページでは収入証明書なしで借りられるおすすめカードローンを目的別にピックアップしています。

収入証明書なしで借入れるための注意点やコツも紹介しているので、申し込みの前にチェックしてみてください。

50万円まで収入証明書不要のおすすめカードローンを今すぐチェック!

収入証明書不要で借り入れOKのおすすめカードローン4選

50万円まで収入証明書なしで借入れできるカードローンを目的に合わせてピックアップしました。

書類に関しては下記の中からどれか1つをスマホで撮って送るだけです。

【カードローン審査で必要な身分証・本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

保険証しかない方は「保険証+現住所が確認できる書類(公共料金の領収書など)」を提出すればOKです。

(参考:【決定版】カードローン審査の必要書類&事前準備

「おすすめ人」をタップ・クリックすれば紹介箇所に移動します。

収入証明書不要のカードローン おすすめの人
アコム とにかく審査が不安な人
※タップでスクロール
アイフル 職場への電話もなしにしたい人
※タップでスクロール
プロミス 最短1時間で借り入れしたい人
※タップでスクロール
ジェイスコア 低金利で借り入れしたい人
※タップでスクロール

とりあえず審査が不安な人は「アコム」(消費者金融)

アコムバナー

金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
最大30日間の無利息期間あり
限度額 最大800万円
郵送物 なし
(自動契約機に来店した場合)
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
毎月の返済 4,000円(5万円借りた時)
担保・保証人 不要

 

アコムがおすすめの理由

とにかく審査が不安…という方は初めての申し込みでも前向きに審査してくれるアコムがおすすめ。

最短即日で借入れできて、審査スピードも最短30分と申し分ありません。

最大30日間の無利息期間があるので少しだけお金を借りたい方は利息を安く抑えられます。

カードローンの利用が初めてのアルバイト・パート主婦、学生にも大人気です。

アコムに申し込みOKな人

アコムの申し込みはこちら

アコムの特徴・審査について知りたい方はこちら

収入証明書なし×職場への電話なしで借り入れするなら「アイフル」(消費者金融)

アイフル

金利
(実質年率)
年3.0%~18.0%
最大30日間の無利息期間あり
限度額 最大800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
(WEB申し込み)
毎月の返済 4,000円(5万円借りた時)
担保・保証人 不要

 

アイフルがおすすめの理由

「在籍確認の電話が職場にかかってくるのがイヤだ」という方はアイフルがおすすめです。

会社発行の保険証や雇用契約書があれば職場への連絡なしでOK!

わざわざ給与明細や所得証明書などの収入証明書を用意する必要はありません。

24時間いつでもWEB申し込みを受付けていて、土日・祝日問わず夜21時まで当日審査にも対応しています。

アイフルに申し込みOKな人

アイフルの申し込みはこちら

アイフルの特徴・審査について知りたい方はこちら

融資まで最短1時間!即日融資の成功率にこだわるなら「プロミス」(消費者金融)

金利
(実質年率)
年4.5%~17.8%
最大30日間の無利息期間あり(※1)
限度額 最大500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
毎月の返済 3,000円(5万円借りた時)
担保・保証人 不要

 

プロミスがおすすめの理由

とにかく今日中に借入れをしたい方は最短1時間で融資可能なプロミスがおすすめ。

審査時間は最短30分と即日融資に特化したカードローンになっています。

土日・祝日問わずスマホさえあればどこからでも申し込めて、来店なしのWEB完結(※2)でスムーズな審査に対応。

またお金を借りてから30日間は利息が一切かからないのもうれしいポイントです。

(※1)30日間無利息を利用するにはメールアドレス登録をWEB明細利用の登録が必要です。
(※2)対象金融機関は200行以上あります。

プロミスに申し込みOKな人

プロミスの申し込みはこちら

女性オペレーターが選べる!安心感を求める男性・女性に人気!
プロミスレディースの申し込みはこちら

プロミスの特徴・審査について知りたい方はこちら

低金利で借入れOK!利息を安くするなら「J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング

ジェイスコアのバナー

金利
(実質年率)
年0.9%※~12.0%
※情報提携による金利引き下げ後の運用を反映しています。
最大2ヶ月分の利息キャッシュバックサービスあり
限度額 最大1,000万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
毎月の返済 2,000円(5万円借りた時)
担保・保証人 不要

 

J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」がおすすめの理由

利息をできるだけ安く抑えて利用するならJ.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」一択!

年0.9%~12.0%の低金利で借入れできて、最大2ヶ月分の利息キャッシュバックサービスも受けられるのがおトクです。

またAIスコア診断でムダな審査落ちを避けながら、スグに自分の限度額や適用金利がわかるのもスマート。

本人確認書類1枚でWEB完結OKなので、平日の申し込みなら最短即日でお金を借りられます。

J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」に申し込みOKな人

AIスコア・レンディングの申し込みはこちら

J.Score(ジェイスコア)の特徴について詳しく知りたい方はこちら

収入証明書なしでお金を借りるための2つの条件

収入証明書なしでカードローンでお金を借りるために、クリアするべき条件は次の2つだけです。

  1. 50万円以下の借入れ希望額で申し込む
  2. 他社借入れとの合計を100万円以内に収める

条件① 銀行でも消費者金融でも、申し込み金額は50万円以下にする

借入先を問わず申し込み金額が50万円以下なら収入証明書なしで借り入れできる

借入れ先が銀行・消費者金融を問わず、借入れ希望額を50万円以下にして申し込みましょう。

収入証明書のいらないカードローンは最大50万円までなら運転免許証などの本人確認書類1枚で借り入れできます。

カードローン名 収入証明書が不要な金額
アコム 50万円以下
プロミス 50万円以下
アイフル 50万円以下
みずほ銀行 50万円以下
福岡銀行 50万円以下
ジェイスコア 50万円以下
銀行カードローンでも50万円以上の借入れなら収入証明書が必要になった!

(参考:収入証明書不要でお金を借りるなら銀行カードローンと消費者金融はどっちがいい?

どうしても50万円以上のお金が必要!」という方は下記のページを参考に収入証明書を用意しましょう。

収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込むなら】

条件② 他社借入れとの合計を100万円以下に抑える

他社借入と新規申込金額の合計が100万円以下なら収入証明書なしで借入れできる

すでに他社ローンで借入れをしている方は、

「すでに借りている金額」+「新しく借入れる金額」=100万円以下

になっているか確認してください。

他社借入れにカウントされるものって何?

例えば「すでに借りている他社ローン20万円」+「新しく申し込む借入れ金額10万円」=30万円なら収入証明書なしでOKです。

“銀行カードローンからの借り入れ”は他社借り入れにカウントされない場合がある

消費者金融カードローンでは「銀行カードローン」を他社借入れにカウントしないことがほとんど。

【例:消費者金融カードローン プロミスの場合】

プロミスの他社借入に含まれるのは消費者金融ローンやクレジットカードのキャッシング枠

プロミスに問い合わせたところ「銀行カードローンと合わせて100万円を超えても、原則的に収入証明書の提出なしでOK」とのことでした。

ただし、消費者金融カードローンで新しく借りる金額を50万円以下に収める必要があるので注意してください。

【銀行カードローンが他社借入れに入らない場合】

銀行カードローン 消費者金融
(新規借入れ)
合計
80万円 30万円 110万円

→消費者金融カードローンで借りる金額が50万円以下なら、収入証明書なしでOK

収入証明書なしでOKのカードローン4選に戻る
(タップ・クリックで移動します。)

次借りたら100万円超えてしまう…」という方は下記のページを参考に収入証明書を用意しましょう。

収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込むなら】

カードローン審査で収入証明書がいらない理由

カードローン会社は申し込み者の年収をある程度推測できる

カードローン会社は過去のデータから申し込み者の収入を正確に推測できる

カードローン会社は申し込み情報から、申し込み者がだいたいどのくらいの年収があるかを判断できます。

例えば「正社員で同じところで3年間働いていて、独身ならだいたい年収400万円くらいだな…」のように過去の統計データから推測しています。

カードローン会社は今まで何十、何百、何千万という人のことを審査しているので、莫大な量のデータを持っていますからね。

「わざわざ収入証明書なんて提出してもらわなくても審査くらいできる!」というのがカードローン会社のスタンスです。

リスクの少ない50万円以下の貸し出しで、ムダな手間を増やしたくない

50万円以下の少額融資なら万が一返済されなかった場合のリスクが低いので細かく年収を確認しない

また少額の貸付けであれば万が一返済されなかったときの損害が少ないのも理由の1つ。

カードローン会社からしても、膨大な数の申し込みに対してわざわざ一人ずつ収入証明書を確認するのは手間がかかってしまいます。

少額の申し込みであれば低いリスクで貸付けできるので、収入証明書なしで審査するほうが手っ取り早いというわけです。

収入証明書なしでカードローンを利用するコツ3つ

せっかく収入証明書不要のカードローンに申し込んでも“余計なコト”をしてしまうと収入証明書を提出するハメになります。

最悪の場合「申し込んだ人が信用できない…」ということで審査落ちの原因にもなりかねません。

収入証明書なしでスムーズに借入れするために、下記の3つをおさえておきましょう。

icon-hand-o-right “収入証明書なし”で借入れる3つのコツ
  1. 年収や他社借入れでウソをついたり、ごまかしたりしない
  2. 借入れ希望額は必要最低限にして申し込む
  3. 在籍確認の電話が職場へかかってくることを了承しておく

コツ① 年収や他社借入れを自己申告するときにウソをつかない

申し込み情報でウソをつくと収入証明書の提出を求められる可能性がある

収入が自己申告だからといって「年収が低いから100万円増やしておこう…」などウソの情報で申し込んではいけません。

上記の通りカードローン会社は過去のデータやノウハウから、正確に年収を推測することが可能です。

ウソをついたとしても「勤続年数が1年未満なのに年収が500万円もあるのは怪しいな…」と100%バレる上に、収入証明書の提出を求められてしまいます。

(参考:カードローン審査で「嘘」をついて大丈夫?

年収は「税込み/総支給額」で申告OK!

申し込みの時に申告する年収は「手取り」ではなくて「税込み」でOK。

嘘をつかない範囲で「自分にはたくさん収入がある」ように見せることが大切です。

収入証明書がない場合でも偽造はNG!

収入証明書の偽造はデメリットが多すぎるのでゼッタイにおすすめできません。

icon-hand-o-right 収入証明書を偽造するデメリット
  • 収入証明書の偽造には最低でも1万円~2万円の費用がかかる
  • 偽造がバレるとカードローンの強制解約&借金の一括返済を求められてブラックリスト入り
  • 最悪の場合「詐欺罪」「偽造私文書等行使の罪」で逮捕される

そもそもカードローン審査で重視されているのは年収の高い・低いではなく「安定した収入があるかどうか」

3万円でも5万円でも毎月給料をもらっている方ならじゅうぶん審査に通る可能性はあります。
(参考:年収が低くてもカードローン審査に通る?限度額と年収の関係まで解説

わざわざお金を払ってまで逮捕されるリスクを背負うメリットはどこにもありません。

(参考:収入証明書を偽造してカードローン審査に申し込んだらヤバイってマジ??

コツ② 年収に見合った必要最低限の借入れ希望額で申し込む

借入れ希望額を必要最低限で申し込むと収入証明書なしで借入れられる可能性が高い

借入れ希望額は必要最低限にして申し込みましょう。

カードローンの初回の利用限度額は年収の10%~20%で設定されることがほとんど。

例えば年収200万円の人なら、利用限度額はどんなに高くても40万円くらいに落ち着きます。

年収に対して多すぎる金額で申し込んでしまうと「一応年収のウラを取っておこうかな…」ということで、収入証明書の提出を求められる場合があるので気をつけてください。

コツ③ 「職場への電話」で在籍確認する

「職場への電話」で在籍確認をすれば収入証明書を提出する必要がない

収入証明書なしで借入れするには、在籍確認を職場への電話ですませる必要があります。

基本的に在籍確認は職場への連絡になるので特別に手続きすることはありませんが、きちんと対応できるようにしておきましょう。

ただアイフルだけは例外として、収入証明書を提出しなくても職場への電話なしで借り入れOKです。

保険証や雇用契約書を提出すれば職場に電話をかけてきません。

「収入証明書を出したくないけど、職場へ電話がかかってくるのも避けたい…」という方はアイフルがおすすめです。

▼「収入証明書なし×職場への電話なし」▼
アイフルの公式サイトはこちら

収入証明書なしでカードローンで借入れをするには2つの条件を満たすのが最重要です。

収入証明書なしで借入れできる条件をおさらい!
  • 50万円以下の借入れ希望額で申し込む
  • 他社借入れとの合計を100万円以内に収める

せっかく条件を満たしたのに結局収入証明書が必要になった…という状況を避けるために、年収や他社借入れでウソをつくのはやめましょう

また適切な借入れ希望額で申し込むことで審査の通過率を上げられるだけでなく、借入れまでの時間も短縮できて一石二鳥です。

収入証明書なしでスムーズに借入れするために目的に合わせてカードローンを選んでみてください。

目的別!収入証明書不要のおすすめカードローンに戻る
(タップ・クリックで移動します)