ファーストビュー

急な出費などでお金が足りなくなってしまったとき、プロミスの増額はとても便利です。

利用限度額が増えればわざわざ新しいカードローンを契約することなくお金を借りられます。

しかし増額するためにはまず増額審査に通らなければなりません。

プロミスの増額審査は初回の審査よりも厳しく、時間がかかります

icon-hand-o-right プロミス増額審査の特徴
  • プロミスのカードローンを契約してから6ヶ月以上経ってないと審査に通らない
  • 今まで返済中に1度でも延滞していると審査で不利になる
  • 増額審査には2~3日ほど時間がかかることもある

「急ぎでお金が必要!」「返済が遅れたことがある…」「そもそも6ヶ月経ってない」という方には、増額申し込みはおすすめできません

増額審査に落ちると最悪の場合、限度額が下がってしまう可能性もあります。

このページを通して「増額申し込みをするのが今の自分にとってベストな選択なのかどうか」をしっかりと見極めてください。

お金が必要なのに増額審査に通る自信がない・・・」「どうしても今スグにお金を借りたい!

そんな人はプロミスの増額をあきらめて、カードローンへの新規申し込みを検討してみるのも1つの手。

申し込み先としては「最短30分で融資可能」「土日・祝日でも貸し出しOK」など、利便性バツグンの消費者金融カードローンがおすすめです。

カードローン利用歴10年の私が選ぶ”絶対”おすすめの消費者金融4選

プロミスで増額するメリット・デメリット

たしかにプロミスで増額できれば、今よりも金利が下がってお得に借り入れできる可能性があります。

しかし審査に落ちてしまうと、最悪の場合限度額が減らされてしまう恐れも…。

メリットだけに飛びつかずに、慎重に判断するようにしましょう。

【メリット】増額すると金利が下がる

限度額が上がると金利が下がる。

プロミスで上限金利の17.8%を設定されている人でも、増額できれば金利を下げられます。

具体的な利用限度額ごとの金利をプロミスは公表していませんが、法律では増額審査で100万円借り入れられるようになった人の金利は15.0%まで下がる仕組みです。

プロミスで利用限度額を50万円→100万円に増額できた場合

金利15.0%で100万円借りると年間の利息は約15万円

プロミスの限度額50万円のまま他社から50万円借りた場合

  • 金利17.8%で50万円借りると年間の利息は約8万9,000円
  • 金利18.0%で50万円借りると年間の利息は約9万円

年間の利息は約17万9,000円

⇒金利が2.8%下がっただけで年間の利息は約2万9,000円も安くなる!

(参考:カードローンの金利を下げる方法!限度額が高いカードローンを選ぶべき理由とは

【デメリット】増額審査に落ちると減額、利用停止の恐れも

限度額減額や利用停止になるリスクもある。

増額審査の結果次第では減額したり、カードローンの利用停止になる恐れがあります。

特に返済中に延滞や滞納を繰り返しているような人は、審査で限度額を見直されてしまう可能性が高いです。

心当たりのある人は、新規でカードローンに申し込めば減額のリスクを回避できます。

「とりあえず今のプロミスの限度額はキープしておきたい!」という人は、他のカードローンに新しく申し込むのが得策です。

(関連:【2社目vs増額】カードローンの限度額がいっぱいになった時の解決方法を比較

プロミスの増額審査は初回のカードローン審査よりも厳しい

増額審査では「返済実績」「返済能力」を厳しくチェックされる。

プロミスの増額審査の内容自体は初回に申し込んだ時と変わりません。
(プロミスの審査について詳しくはこちら→プロミス”超まとめ”「どんなカードローンなのか」の答えは全てココに!

しかし審査の通りやすさでいえば増額審査の方が難易度はかなり高いです。

増額審査で特に厳しくチェックされるのが「返済実績」と「返済能力」の2つ。

  • 今までプロミスのカードローンを利用中に延滞したことがない
  • プロミスのカードローンを契約してから6ヶ月以上経っている
  • 初めてカードローンを契約した時よりも収入が増えた

この3つのうちどれか1つでも条件として満たしていなければ増額審査には通りません。

カードローンの増額審査については下記のページでも詳しく解説しています。

カードローンの増額審査に通るのには理由がある!4つのポイントと2つの注意点を解説

プロミスの増額審査は時間がかかる…申し込みから2~3日かかる場合が多い

最初の申し込みと違い、増額審査の結果は即日では出ない。

プロミスの増額審査は初めてプロミスに申し込んだ時よりも時間がかかります

「カードローン審査は最短30分」とプロミスの公式サイトに記載されていますが、増額審査においては話は別。

プロミスでは増額審査の結果が分かるまで2~3日ほど時間がかかるケースも多いです。

人によっては即日で増額できる場合もありますが、淡い期待を持たずに「増額審査は時間がかかるもの」と割り切っておいたほうがいいでしょう。

「今日中にお金を借りたい!」とお急ぎの人は時間がかかる増額ではなく、新規でカードローンに申し込みましょう。

下記のページで即日融資できるカードローンを紹介しているので参考にしてください。

【即日融資カードローンおすすめランキング】今日・スグにお金を借りる!

プロミスから増額案内された場合は審査が早く終わることも

増額審査をスグに終わらせたい人は、プロミスから増額案内がきたタイミングで申し込むのがベスト

プロミスでは定期的にカードローン利用者の「返済状況」をチェックし、6ヶ月以上延滞せずに返済している人などを対象に増額案内しています。

増額審査でチェックされる返済状況を事前に「問題ない」とプロミスに評価されていれば、増額申し込み後の審査にかかる時間は短くなるということです。

増額案内されたとしても100%審査に通るということではないので注意してください。

あくまで「増額できる可能性が高いよ」というだけなので、実際に申込んでみると審査落ちしてしまうケースもあります。

プロミスの公式HPはこちら

プロミスの増額審査の流れ

プロミスの増額までの流れは以下の通りです。

  1. 必要書類の提出
  2. 信用情報や利用実績をもとにした審査
  3. 職場への在籍確認

①必要書類の提出

増額審査では本人確認書類と収入証明書の提出が必要。

プロミスの増額審査にはまず本人確認書類の提出が必要です。

icon-hand-o-right プロミスの増額審査で使える本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

※どれか1枚(1セット)でOK

また次のような場合は収入証明書の提出をプロミスから求められます。

  • 希望した利用限度額が50万円を超えた
  • 他社からの借り入れと希望限度額の合計が100万円を超えた
プロミスが収入証明書として認めている書類
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

どれか1つを提出すればOKです。

(関連:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

必要書類をプロミスに提出する方法

必要書類の主な提出方法は次の3通り。

  1. 店頭窓口、自動契約機で提出
  2. プロミス公式ページ、もしくはプロミスの専用アプリから提出
  3. FAXで提出
①自動契約機で提出

店頭窓口で審査に申し込んだ場合、持参した書類をその場で提出すればスムーズに手続きOK。

もしくは自動契約機で書類をスキャンして提出するという方法もあります。

どちらも受付時間内に手続きをすませましょう。

②プロミス公式ページ、もしくはプロミスの専用アプリから書類提出

インターネットから増額審査に申し込んだ場合、書類もインターネットから提出できます。

まずは提出書類をスマートフォンや携帯電話で撮影した写真を用意してください。

プロミスの公式サイト内にある会員専用ページから写真をアップロードすれば提出完了です。

③FAX

プロミスコール(0120-24-0365)に問い合わせるとFAX番号を教えてくれます。

自宅やコンビニのFAXでその番号に書類を送れば提出完了です。

②信用情報や利用実績をもとに審査

提出書類や利用実績をもとに「増額しても返せるか」を審査。

提出した書類やプロミスの利用実績、信用情報(※1)をもとに「増額しても大丈夫かどうか」プロミスがチェックします。
(※1)信用情報:金融機関を相手にしてお金の貸し借りに関する記録のこと。プロミス以外の利用実績もチェックされる。

上述したように審査で見られる項目自体は初回の審査(※2)と変わりませんが、「返済実績」と「返済能力」については厳しくチェックされるので注意しましょう。

  • プロミスの返済を1日でも延滞したことがある
  • プロミス以外のカードローンの返済が90日以上遅れたことがある
  • 増額に見合うほど給料が増えていない

この3パターンに当てはまる人は、増額審査で落ちてしまいます。

※2)プロミスの初回審査については、下記のページで詳しく解説しています。

プロミス”超まとめ”「どんなカードローンなのか」の答えは全てココに!

③職場への在籍確認

職場に在籍確認の電話がかかってくる。

プロミスの増額審査では必ず職場への在籍確認の電話があります。

初回審査の時よりも「本当に申告した仕事をしてるのか」を入念にチェックするので、偽造の恐れがある書類提出での在籍確認はできません

在籍確認ができないと審査基準を満たしていても審査に落ちてしまうので注意してください。

(参考:【カードローンの在籍確認”超”まとめ】職場にバレずに審査をやり過ごす方法も紹介

どうしても職場への在籍確認の電話を避けたい人は、職場電話なしのカードローンに新規で申し込むのがおすすめです。

在籍確認なし・職場電話なしでカードローン審査に通る?全11業者を調査

プロミスのカードローン増額審査に申し込む方法

電話かインターネットなら簡単に申し込める。

プロミスの増額審査に申し込む方法は4つ。

  • 電話
  • インターネット
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

各申し込み方法の受付時間は以下の通りです。

(申し込み方法) (受付時間)
電話 平日 9時00分~18時00分
インターネット 24時間
自動契約機  9時00分~22時00分
店頭窓口 平日 10時00分~18時00分

パパっと増額申し込みの手続きを済ませたい人は、電話かネットからの申し込みがおすすめ。

①電話で申し込む

電話申し込みの最大のメリットは、担当者に分からないことを相談しながら手続きできることです。

プロミスコール0120-24-0365)に平日の受付時間内に電話しましょう。

電話をかけて「増額したいです」と担当者に伝えれば手続き方法について細かく説明してもらえます。

②インターネットで申し込む

土日や祝日でも、プロミスの公式サイトにある会員専用ページから増額審査への申し込みができます。

会員専用ページにログイン後、申し込みメニューにある「限度額変更申込」から必要事項を入力すれば申し込み完了です。

プロミス会員ページからの増額申し込みはこちら

申し込み完了後は指定した電話番号にプロミスから電話がかかってきて、必要書類の提出などの細かい説明があります。

③自動契約機で申し込む

街中にあるプロミスの自動契約機からでも増額審査へ申し込めます。

必要書類を持参し、自動契約機のタッチパネルで必要事項を入力して手続きを完了させてください。

自動契約機からは音声ガイダンスが流れるので、機械の取り扱いが苦手という方でもカンタンに操作できます。

④店頭窓口で申し込む

プロミスの有人店舗にある窓口で申し込む方法。

他の申し込み方法と比べて店頭窓口で申し込むことに特にメリットはなく、むしろ手間がかかることの方が多いです。

提出書類に不備があれば1度自宅まで戻らないといけませんし、店内が混雑してれば窓口対応してもらえるまで時間がかかります。

店頭窓口での申し込みを検討している人は、時間に余裕を持って申し込むようにしてください。

「時間の余裕」と「審査に対する自信」があるならプロミスでの増額もアリ

最後にプロミスの増額申し込み前に知っておくべき大切なポイントをおさらいしておきましょう。

icon-hand-o-right プロミスのカードローン増額まとめ
  • 初回契約時から最低でも6ヶ月以上経っていないと審査に通らない
  • 増額するには昇進や昇給などで収入がプラスになっていることが必須
  • 審査に落ちると減額になる恐れがある
  • 増額審査が終わるまで2~3日ほど時間がかかる

プロミスで増額できれば、今よりも低金利で借り入れでたくさん借り入れできる可能性がありますが、審査に通るのは選ばれた人だけ

そもそも初回契約から6ヶ月以上たたないと審査の土俵にすら上がれないうえ、1日たりとも返済に遅れたことがあると審査に落ちてしまいます。
審査に落ちると限度額が下がって恐れがあるので、むやみに申し込むべきではありません。

また「返済を延滞してない」というだけでは許してもらえないのが、プロミスの増額審査。
「給料が上がった」など「お金を返せる余力が増えた」と思えるような要因がないと、審査に通るのは難しいです。

当サイトの見解としては「2~3日なら待てる」「年収が上がったし、毎月遅れずに返済してきた!」という人だけが、プロミスの増額に申し込むべきです。

プロミスの公式HPはこちら

  • 「増額審査、もしかしたら落ちるかも…」
  • 「明日にはお金が必要!」

という方は、増額よりも他のカードローンに新しく申し込みましょう。

申し込み先としては、即日融資OKで新規の貸し出しに積極的な消費者金融カードローンがおすすめです。

カードローン歴10年の私が選ぶ”絶対”おすすめの消費者金融4選

プロミスで借りてるけど、他のカードローンの審査に通るの?」という人は下記のページも参考にしてみてください。

他社借り入れがカードローン審査に及ぼす影響について詳しく解説しています。

他社借り入れがあってもカードローン審査に通る!借入件数ごとに最善策を伝授

スポンサーリンク

スポンサーリンク