ファーストビュー

「少しでもカードローンの審査に通る可能性を高めたい!」

そう思って色々調べてみても、各カードローンの審査基準は見つかりませんよね。

それもそのはず。カードローンは審査の基準を一切公開していません
それぞれ独自の基準で審査しているので「Aでは審査に落ちたけど、Bでは審査に通る」ということも考えられます。

つまり審査の基準がわからないながらにも「どんなカードローンが審査に通りやすいか」を見極められば審査に通る可能性が高くなるということです。

 

ここでは「審査が厳しいってどういうことなのか」から逆算して、審査の甘さ・難易度を紐解くポイントを徹底解説!

審査通過率」や「審査スピード」など、審査の難易度を見極めるためのヒントは意外にたくさん転がっています。

またポイントを絞って「審査が不安な方におすすめのカードローンランキング」も作成しましたので参考にしてください。

ランキングを先にチェック!

そもそも「審査が厳しい」ってどんなカードローンのこと?

審査が厳しいカードローンの特徴2つ

「審査が甘いカードローン」について考える前に、まず全く逆の「審査が厳しいカードローン」について考えてみましょう。

どんな特徴をもつカードローンの審査が厳しいのかがわかれば「審査の難易度が低いカードローンを見極めるポイント」が自ずと見えてきます。

 

当サイトでは審査が厳しいカードローンとは次の2つの特徴に当てはまるものだと定義しました。

icon-hand-o-right 審査が厳しいカードローンの特徴
  1. 新規の貸し出しに積極的ではない
  2. 1つ1つ裏をとって、じっくり審査する

新しくお金を貸し出していないということは、それだけ審査に落ちている人が多いってことですよね。

逆にどんどん審査に通ってお金を借りている人が多いカードローンは審査が甘いと考えられるカードローンです。

このページでは各カードローンが公表している成約率(審査通過率)というデータを参考にして、お金の借りやすさを見極めています。

 

また審査が入念であればあるほど、審査に落ちてしまう人が多くなります。

他のカードローン審査なら見落とされてたかもしれない情報が原因で審査に通らないということが起こるからです。

  • 審査に時間がかかる
  • 収入証明書を提出させて「収入」の裏をとる
  • 職場に電話して「勤務先情報」の裏をとる

このようなカードローンはしっかり・じっくり情報をチェックしていると考えるのが自然なので、審査に通りやすいとはいえません。

 

審査が通りやすいカードローンを見極めるポイント4選

「審査が厳しいカードローン」の特徴から逆算して、次の4つを審査が通りやすいカードローンを探すための目安として定めました。

  • 成約率(審査通過率)が高いかどうか
  • 審査スピードが速いかどうか
  • 収入証明書不要かどうか
  • 職場への電話連絡なしにできるかどうか

 

①成約率(審査通過率)が高いかどうか

カードローンによって審査の難易度は異なる

成約率(新規貸付率)とは「申し込んだ人のうち、実際に審査に通ってお金を借りた人の割合」を表す数字のこと。

【成約率(新規貸付率)計算方法】

例)100人申し込んで50人が審査に通った場合

50/100×100%=50%

この数字はシンプルに「審査に通る確率」です。当サイトをはじめカードローン情報サイトの中では「審査通過率」と呼んでいます。

審査通過率の数字は「審査の通りやすさ」を見極めるための1番大切な目印です。

シンプルに「数字が大きい方が新規の貸し出しに積極的」だと考えてください。

カードローン 成約率※
(審査通過率)
アコム 47.9%
アイフル 46.7%
プロミス 43.3%
mobit  ー(非公開)

※成約率(新規貸付率)のデータは各カードローンの公式HPの記載データを参照して2016年の平均で比較しています。(小数点第2位以下切り捨て)

アコム参考→マンスリーレポート
アイフル参考→月次データ
プロミス参考→月次データ

【各カードローンの2016年成約率推移グラフ】

アコムの審査通過率推移

アイフルの審査通過率推移

プロミスの審査通過率推移

 

②即日で審査が終わるかどうか

カードローン 審査スピード
アコム  最短30分
アイフル  最短30分
プロミス  最短30分
SMBCモビット 最短30分(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

もちろん「審査スピードが速い=審査が甘く見られている」ということに直接結びつくわけではありません。

しかし長い時間かけてじっくり審査しているカードローンよりも、審査スピードが速いカードローンの方が審査が厳しいと考えるのは不自然ですよね。

細かい部分までしっかりチェックしてたら、とてもじゃないけど最短30分で審査結果を教えてくれるわけありません。

傾向として「審査スピードが速いカードローンは審査に通りやすいんじゃないか」と考えるのは自然なことです。

 

③収入証明書が不要かどうか

カードローン 収入証明書
アコム  50万円以下不要
アイフル  50万円以下不要
プロミス  50万円以下不要
SMBCモビット  原則必要

収入証明書の提出なしで審査するということは「収入の細かい数字」まではチェックされないということ。

もちろんカードローン会社は今まで積み上げてきた膨大な申込者のデーターから、年収を「ある程度」算出できるノウハウがあるのはたしかです。

しかし収入証明書がない以上「本当の収入」を知ることはできないので、収入に関してはあくまで「ザックリ」チェックしているということがわかります。

(参考:収入証明書不要のカードローン!免許証や保険証だけでお金を借りる!

④職場への電話連絡をなしにできるかどうか

カードローン 在籍確認
アコム  書類チェックOK
アイフル  書類チェックOK
プロミス  原則職場に電話
SMBCモビット  WEB完結なら職場連絡なし

在籍確認1つとっても、そのカードローンがどれだけ慎重に審査しているかがわかります。

みなさんは「職場に電話をかけて在籍確認する」のと「書類チェックで在籍確認する」カードローン、どっちの方が審査が入念だと考えますか?

もちろん直接職場に電話をかけてまで在籍確認する方ですよね。

どちらも「申し込んだ人の勤務先情報を確認している」という点では同じですが、審査に対する思い入れの違いが見てとれます。

(参考:在籍確認なし・職場への電話なしでカードローン審査に通る方法!全11業者を調査

 

審査が不安な方向けのカードローンおすすめランキングTOP4

上で説明した4つのポイントのみで各カードローンを調査・比較して、審査が不安な方におすすめのカードローンランキングを作りました。

「審査に絶対通りたい!」という方はこの中から申し込み先を絞って見てください。

【ポイント別】各カードローンの評価一覧

カードローン 成約率※
(審査通過率)
最短30分審査 収入証明書不要 職場への電話なし
アコム
(1位)
010101
(47.9%)
maru maru maru
アイフル
(2位)
0101
46.7%
maru maru maru
プロミス
(3位)
0101
43.3%
maru maru batsu
SMBCモビット
(4位※)
ー(非公開) maru batsu marumaru

※SMBCモビットは申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があります。

1位:アコム

アコムバナー

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
成約率
(審査通過率)
47.9%
審査スピード 最短30分
収入証明書 50万円以下不要
在籍確認 書類でOK
担保・保証人 不要
学生の申し込み
パート・アルバイトの申し込み
専業主婦の申し込み 不可

 

巨匠の一言

絶対に次でカードローン審査を突破したい!という方に1番ピッタリなのはアコムのカードローン。

アコムが無理なら他のカードローンも無理!」と言えるくらい自信を持っておすすめできます。

審査通過率は数あるカードローンの中でNo.1!「はじめてのアコム」というキャッチフレーズそのままに新規貸し出しに前向きな姿勢を見せています。

収入証明書なしで、社会保険証や組合保険証を出せば職場への電話を避けられるのも嬉しいポイント。

今からネットで申し込んで22時までにむじんくんでカードを受け取れば即日でお金を借りることもできます。

アコムの申し込みはこちら

アコムの特徴・審査について知りたい方はこちら

2位:アイフル

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
成約率
(審査通過率)
46.7%
審査スピード 最短30分
収入証明書 50万円以下不要
在籍確認 書類でOK
担保・保証人 不要
学生の申し込み
パート・アルバイトの申し込み
専業主婦の申し込み 不可

 

巨匠の一言

アイフルの審査通過率もカードローンではTOPクラスです。

学生やパート・アルバイトなど幅広い方への融資に前向きな姿勢を見せています。

審査は最短30分で終わるので、今申し込めば即日でお金を借りるのも夢ではありません。

また会話ロボット「ルフィア」に、24時間いつでも審査に関するギモンを相談できるのも便利です。

アイフルの申し込みはこちら

アイフルの特徴・審査について知りたい方はこちら

3位:プロミス

プロミス

金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
成約率
(審査通過率)
43.3%
融資スピード 最短1時間
収入証明書 50万円以下不要
在籍確認 職場に電話
郵送物
総量規制
担保・保証人 不要
学生の申し込み
パート・アルバイトの申し込み
専業主婦の申し込み 不可

 

巨匠の一言

審査通過率では上位2つのカードローンに遅れをとっていますが、プロミスがおすすめ第3位!

審査が最短30分なだけでなく、申し込んでからお金を借りるまでの最短1時間融資を公言している唯一のカードローンです。

今申し込めば1時間後にはお金を借りることができる可能性があります。

初めての方なら※30日間無利息で金利が一切かからないのも嬉しいポイントです。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスの申し込みはこちら

女性オペレーターが選べる!安心感を求める男性・女性に人気!
プロミスレディースの申し込みはこちら

プロミスの特徴・審査について知りたい方はこちら

4位:SMBCモビット

SMBCモビット

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
成約率
(審査通過率)
ー(非公開)
審査スピード 最短30分(※1)
収入証明書 原則必要
在籍確認 WEB完結なら電話連絡なし
担保・保証人 不要
学生の申し込み 可(※2)
パート・アルバイトの申し込み 可(※2)
専業主婦の申し込み 不可

(※1)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
(※2)安定した収入がある方なら申し込みいただけます。

 

巨匠の一言

審査通過率を発表してないながらもSMBCモビットが滑り込みで4位にランクインしました。

決め手となったのは「職場に電話がかかる可能性が1番低い」ということ。

「WEB完結で申し込めば電話連絡なし」を公式HPで明言しています。

「職場にバレるのがイヤだ…」という方に寄り添って前向きに審査してる印象ですね。

SMBCモビットの申し込みはこちら

SMBCモビットの特徴・審査について知りたい方はこちら

【専業主婦必見!】銀行のカードローンは審査が甘くないってホント?

銀行カードローンの審査について対立する2つの意見

「銀行カードローンの審査の難易度」に関してはあらゆるサイトで意見が真っ向から対立しています。

【銀行カードローンは審査が甘い派の主張】

銀行カードローンの審査を担当する保証会社が消費者金融だから審査に通る見込みが高い

保証会社とは?

【銀行カードローンは審査が厳しい派の主張】

銀行カードローンは金利が低いから、その分審査が厳しくなる

当サイトの見解としては「上記でランクインしたカードローンより、他の銀行カードローンの方が審査が厳しい」です。

基本的に銀行カードローンは成約率(審査通過率)を公表していません。

企業の透明性を示す上で1番大切な「情報の公開」をしてないわけなので「公表できない事情がある」と考えるのが自然ですよね。
銀行カードローンの審査通過率は低いと推測できます。

また銀行カードローンの在籍確認はほとんどの場合「職場への電話」です。このことからも銀行の審査が入念なことがわかります。

いくら審査通過率が高い消費者金融が審査を担当しているとはいえ、低い金利でお金を貸し出している分審査の基準も高く設定しているというわけです。

 

専業主婦に限っては「銀行カードローン=審査が厳しい」とはならない

専業主婦はカードローン審査でチェックされる項目が少ない

前提として、専業主婦の方は総量規制対象外の銀行カードローンにしか申し込めません。

「じゃあ専業主婦は厳しい審査を突破しないといけないの?」と思うかもしれませんが、専業主婦のカードローン審査に限っては、銀行カードローンの審査基準が高いというわけではありません

専業主婦の方は審査でチェックされる項目が少ないからです。

「働いていない・収入がない」ということ前提で審査してくれるので、勤務先チェックの在籍確認がないのはもちろん収入に関してもノーチェック

しかも旦那さんの勤務先情報や年収すら入力なしで申し込めます。

結局専業主婦の方が審査で見られるのは

  • 信用情報
  • その他簡単な個人情報(氏名・住所など)

の2つだけです。

専業主婦でも審査でチェックされる信用情報とは?

チェックする項目が少ない以上、銀行側も審査を厳しくしようがないんですね。

収入なしの専業主婦OKのおすすめカードローン3選!巨匠が三日三晩寝ずに選んだ!

 

カードローン審査に関する2ch、口コミはあてにならない?

カードローンの審査に関する情報を集めるにはネット掲示板を見たり、口コミサイトを参考にする方法もあります。

俺でも審査に通った!〇〇は審査が甘いぞ!
〇〇カードローンは審査が厳しい。落ちる人続出

など探せば探すほどいろんな書き込みが見つかります。

もちろん口コミやネット掲示板の情報が全く参考にならないとはいいません。
実際にカードローンの審査に申し込んだ人からの生きた情報を拾うことができますからね。

しかしこの2つの情報ソースは「正しい情報である」という確証がありません

口コミもネット掲示板の書き込みも匿名性です。名前を伏せることで「あることないこと書き込める環境」だということを忘れないでください。

正しいか正しくないかよくわからないような情報に踊らされるよりも、ご自身でカードローンが公式に発表している情報やデータを分析して「審査に通りやすいカードローンはどこか」ご自身で見極める方が確実な審査通過に繋がるのではないでしょうか。

 

自分の目でカードローン審査の通りやすさを見極めよう

審査通過率、審査スピード、収入証明書の提出…

カードローン審査の甘さ・難易度を知るための手がかりはたくさん転がってます。

ネットの情報に踊らされずにご自身で「審査が緩いカードローンはどこか」見極めてください。

 

上でも紹介しているように「1番審査に通る見込みが高い」と考えるカードローンはアコムです。

icon-hand-o-right アコム審査の特長
  • 成約率(審査通過率)がカードローンNo.1
  • 審査スピードが最短30分
  • 50万円まで収入証明書なしOK
  • 職場への電話チェックが避けられる

絶対に次の審査で決めたい!という方はまずアコムに申し込んでみるといいでしょう。

新規の貸し出しへの積極性No.1!アコムに申し込んでスグにお金を借りる!

「もうすでにアコムを利用している」「もうアコムの審査に落ちた」という方は、ランキング2位のアイフル、ランキング3位のプロミスあたりを検討してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク