リボ払いが"やばい・危険"と言われる理由

「5万円の靴はちょっと高いけど、リボ払いなら毎月5,000円返せばOKだから買っちゃおう」
「給料日前はカツカツだから毎月の返済額が低いのはありがたいな…」

毎月いくら使っても毎月の支払いが一定のリボ払いは、生活の負担が少ないので普段のお買い物で大活躍ですよね。

しかしネット上では「リボ払いはやばい」「リボ払いは危険だからやめた方がいい」と注意喚起をよく目にします。

実は「気づかないうちに莫大な借金を抱えてしまった…」という事態になりかねない危険な返済方法なんです。

その原因は返済期間の長さ金利手数料(利息)の高さ」。

「そんなこと言われてもよくわからない…」という方のためにリボ払いの仕組みと一緒に、リボ払いがやばい理由までどこよりもわかりやすく徹底解説していきます。

リボ払いをかしこく使いこなすコツも紹介しているので参考にしてみてください。

「すでに残高が増えていてどうていいかわからない…」「いつまでたっても返済できなくて不安…」という方はこちらを参考にしてください

【リボ払いの返済地獄から抜け出す2つの方法】金利手数料を抑えて”なるはや”で完済を目指す!

実録!気づかないうちに借金地獄…リボ払いの怖い話

リボ払の怖いところはズバリ使いすぎです。

毎月いくら使っても返済額が同じなのでたしかに負担は軽くなりますが、使いすぎると取り返しのつかない借金を背負ってしまいます。

【20代女性の体験談:きちんと毎月5,000円払っていたのに…今は100万円の借金に】

友達に海外旅行に誘われたけどお金に余裕がなくて、「来月の給料でまとめて返せばいいや」と旅行先の支払いはすべてクレジットカードで済ませました。

しかし返済日は給料日前。そこで5万円分の支払い方法をリボ払いに設定すると、なんと返済額は「毎月5,000円」でOK。

「毎月5,000円だけ払っていればいつか完済できるし、たくさん使えて便利だなあ」と気持ちが楽になって、その後も化粧品や服などショッピングで毎月3万円以上はリボ払いで使っていましたね。

しかし、ある日急にクレジットカードが使えなくなってビックリ!ちゃんと毎月5,000円返していたのに、なぜか利用限度額の100万円に達していたんです。

そこから返済だけの生活を続けて1年経ちますが、ほとんど残高が減っていなくて…いつ完済できるのか途方に暮れています。

リボ払いのヤバさはSNSでも話題の的

同じように「生活費や旅行費などすべての支払いをリボ払いにしていた奥さんの借金が100万円近くになっていた」という話もツイッターで話題に…。

ここではどうにか解決していますが、リボ払いの借金が原因で離婚してしまう…なんて最悪な事態にもなりかねません。

毎月ちゃんと返済していても借金が増えてしまうリボ払い。次からその仕組について詳しく解説していきます。

リボ払いは「毎月決まった金額をダラダラ払い続ける」支払い方法

一言でいうとリボ払いとは「完済までの期間が決まってない中で、毎月決まった金額をダラダラ払い続ける支払い方法」です。

「それって分割払いのことでしょ?」と思われる人もいるかもしれません。

ですが、リボ払いは単なる「分割払い」とは全くの別物で、返済期間が長くなりやすい仕組みになります。

支払い方法 支払い回数 支払い金額 特徴
分割払い  固定 変動 はじめに支払い回数を決めて、その回数に分けて完済する
→商品ごとに、分割回数と毎回の返済額が変わる
リボ払い 変動 固定 完済するまで毎月同じ返済額を支払い続ける
→いくら使っても、毎月の返済額は同じ

分割払いは「何回払い」とはじめに決めるのに対して、リボ払いは「同じ金額を完済するまで」払うことになるんですね。

リボ払いは借金以外に「金利手数料」が発生する

リボ払いは単に返済期間が長くなるだけでなく、金利手数料といういわゆる利息も払うことになります。

クレジットカードの金利手数料を決める金利は年15.0%~18.0%で設定されていることがほとんどです。

これは銀行カードローンと比較するとかなり高いということが分かります。

クレジットカード
(リボ払いの金利※)
銀行カードローン
(金利※)
三井住友銀行VISAカード
18.0%
shizuoka-bank
( 4.5%~14.5%)
イオンカード
(10.2%~15.0%
みずほ銀行
(2.0%~14.0%)
楽天カード
15.0%
jscore logo
0.9% ~12.0%
jaccs
15.0%
seven_bank
(1.9%~14.5%)

※どちらも実質年率です。
※はじめて利用するカードローンでは上限金利が適用されます。

同じ金額を利用する場合、金利が低いほど返済時に支払う金利手数料(利息)は安くなります。

【1年間でかかる金利手数料(利息)】
(50万円を利用・借入れた場合)

《クレジットカードでリボ払い》
三井住友銀行VISAカード
(金利 年18.0%)
《銀行カードローンで借入れ》
みずほ銀行
(金利 年14.0%)
金利手数料
(利息額)
90,000円 70,000円

→完済時の金利手数料=利息は銀行カードローンの方が2万円も安くなっています。

金利手数料は残高に応じて決まので、利用する金額が大きいほど増えていきます。

リボがやばいと言われる3つの理由

リボ払いは毎月決まった金額+金利手数料をダラダラ払い続ける支払い方法。

その他にもリボ払いには、利用者を借金地獄に突き落とす可能性を秘めています。

icon-hand-o-right リボ払いがやばい理由3つ
  1. 新しく買い物をしても返済額が変わらない
  2. 完済までの期間が決められていない
  3. 金利手数料が膨れ上がり借金が増え続ける可能性がある

【理由①】リボ払いは新たに買い物しても返済額が変わらないことが多い

「先月は1万円、今月は3万円使ったけど、今月も来月も返済額は5,000円のまま」と、あらかじめ決められた返済額が毎月変わらないのがリボ払い。

毎月の最低返済額は2,000円からと低額で設定され、毎月同じ金額を返済し続けていきます。

クレジットカード会社 毎月の最低返済額
aeonbank 2,000円のまま一定
rakuten 5,000円のまま一定
jaccs 5,000円のまま一定
リボ払いの返済額の決め方は「定額方式」「残高スライド方式」の2種類

リボ払いの毎月の返済額は定額方式」「残高スライド方式の2種類で決められています。

■定額方式=残高にかかわらず返済額が一定

例:先月は5万、今月は10万円使ったけど返済額は5,000円のままでOK)

■残高スライド方式=利用残高によって返済額が増減する

(例:追加で買い物をして残高が20万円になったので、今月から返済額が5,000円から10,000円に切り替わる)

~10万円未満 10万円以上、30万未満 30万円以上、50万円未満
定額方式 残高にかかわらず5,000円
残高スライド方式 5,000円 10,000円 15,000円

利用残高が増えるだけ返済額が増える残高スライド方式」よりも、残高が増えても毎月の返済額が変わらない「定額方式」のほうが返済期間が長くなりがちです。

その分だけ金利手数料が増えてしまうので、定額方式のほうが借金が増えやすくなります。

【金利15%で30万円分をリボ払いする場合】

■定額方式で返済

内訳 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 利用した
金額
50,000円 100,000円 150,000円 0円 0円 0円 以降
省略
(a)返済額 5,000円 10,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
(b)金利手数料 625円 570円 1,765円 3,600円 3,582円 3,564円
実際の返済額
(a-b)
4,375円 4,430円 3,235円 1,400円 1,418円 1,436円
残高 45,625円 141,195円 287,960円 286,560円 285,142円 283,706円


→返済総額は508,537円、そのうち金利手数料は208,537円

 完済できるのは8年後


■残高スライド方式で返済

(※毎月の返済額:利用残高10万以上から10,000円へ切り替え、切り替え後は完済まで固定)

内訳 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 利用した
金額
50,000円 100,000円 150,000円 0円 0円 0 以降
省略
(a)返済額 5,000円 10,000円 1,000円 10,000円 10,000円 10,000円
(b)金利手数料 625円 570円 1,702円 3,474円 3,345円 3,263円
実際の返済額
(a-b)
4,375円 9,430円 8,298円 6,526円 6,655円 6,737円
残高 45,625円 136,195円 277,897円 271,371円 264,716円 257,979円


→返済総額は373,774円、そのうち金利手数料は73,774円

 完済できるのは3年後

一方で「3万円を3回払いするから毎月の返済額は1万円」と、支払い回数に応じて毎月の返済額が決められるのが分割払い。

分割回数が同じでも、利用金額が高くなるほど毎月の返済額も増えていきます。

【10万円をリボ払い、分割払いした時の返済額】

支払い方法 利用金額 返済額 支払い回数 内訳
リボ払い 10万円 5,000円 20回 毎月5,000円の支払いなので、
支払い回数は20回=10万円÷5,000円
分割払い
(10回払い)
10,000円 10回 10回に分割して支払うので、
毎月の返済額は1万円=10万円÷10回
分割払い
(5回払い)
20,000円 5回 5回に分割して支払うので、
毎月の返済額は2万円=10万円÷5回

 

【20万円をリボ払い、分割払いした時の返済額】

支払い方法 利用金額 返済額 支払い回数 内訳
リボ払い 20万円 5,000円 40回 毎月5,000円の支払いなので、
支払い回数は40回=20万円÷5,000円
分割払い
(10回払い)
20,000円 10回 10回に分割して支払うので、
毎月の返済額は2万円=20万円÷10回
分割払い
(5回払い)
40,000円 5回 5回に分割して支払うので、
毎月の返済額は4万円=20万円÷5回


→10万円でも20万円でも、リボ払いなら毎月の返済額は5,000円で変わらない

リボ払いは利用金額が高くなっても毎月の返済額はそのままなので、その分だけ返済期間が長くなります。

「毎月の返済額が5,000円なら、30万を60ヶ月で完済できる」と思い込みがちですが、実際は「30万円+完済までにかかった金利手数料」を返済していくのでもっと時間がかかります。

また返済額が低いほど返済期間が長くなり、支払う金利手数料が増えてしまいます。

【理由②】リボ払いは完済までの期間が決まっていない

リボ払いは、利用し続ける限り完済がどんどん遠ざかります。

単なる分割払いの場合だと、商品ごとに独立して完済までの期間が決められています。

【分割払いで商品A/B/Cを購入した場合の返済シュミレーション】

※わかりやすいように ①引き落としは購入した当月から ②金利手数料を0円 にして計算しています。

内訳 商品A
(1月に購入)
商品B
(2月に購入)
商品C
(3月に購入)
 利用した
金額
100,000円 120,000円 50,000円
支払い回数 2回 4回 5回
毎月の返済額 50,000円 30,000円 10,000円
完済までの期間 2ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後


■完済までの返済シュミュレーション

返済額の内訳 実際の返済額 残高 返済状況
1月 商品Aのみ 50,000円 50,000円
2月 商品A+商品B 80,000円 90,000円 商品A 完済
3月 商品B+商品C 40,000円 100,000円
4月 商品B+商品C 40,000円 60,000円
5月 商品B+商品C 40,000円 20,000円 商品B 完済
6月 商品Cのみ 10,000円 10,000円
7月 商品Cのみ 10,000円 0円 商品C 完済

→商品Aは2回払いなので完済は2月、

 商品Bは4ヶ月払いなので完済は5月、

 商品Cは5回払いなので完済は7月…と、商品ごとにはじめから完済期間が決まっている

一方、リボ払いは利用した分すべての合算を返済していくので、商品ごとに完済までの期間は決まっていません。

【リボ払いで商品A/B/Cを購入した場合の返済シュミレーション】

※わかりやすいように ①引き落としは購入した当月から ②金利手数料を0円 にして計算しています。

内訳 商品A
(1月に購入)
商品B
(2月に購入)
商品C
(3月に購入)
 利用した
金額
100,000円 120,000円 50,000円
支払い回数
毎月の返済額 5,000円 5,000円 5,000円
完済までの期間

 

■完済までの返済シュミュレーション

返済額の内訳 実際の返済額 残高
1月 商品A 5,000円 95,000円
2月 商品A+商品B 5,000円 210,000円
(1月分との合算)
3月 商品A+商品B+商品C 5,000円 255,000円
(1月分、2月分との合算)
4月 商品A+商品B+商品C 5,000円 250,000円
5月 商品A+商品B+商品C 5,000円 200,000円
6月 商品A+商品B+商品C 5,000円 195,000円
7月 商品A+商品B+商品C 5,000円 190,000円
8月 以降省略

商品すべての合計を返済していくので、商品ごとに完済までの期間が決まっていない

リボ払いは利用した分すべての合計に対して返済をしていくので、完済までの期間がわかりづらいことがデメリット。

利用ごとに回数を決めて返済する分割払いと違い、リボ払いは利用するとこれまでの残高に利用分が足されていきます。

リボ払いを利用しつづける限り残高が固定されず、いつ完済できるかわかりません。

【理由③】金利手数料が膨れ上がり、借金が増え続けることがある

リボ払いを利用すると金利手数料が発生しますが、実際に残高から毎月の引き落とされている金額は返済額の2分の1程度になる場合もあります。

それどころか最悪の場合、返済額を金利手数料が超えてしまい、と毎月の返済額だけでは完済できなくなることも….。

icon-hand-o-right リボ払いの”負のループ”
  1. 残高に対して割高な金利手数料がかかる
  2. 返済額のほとんどが利息の返済にあてられる
  3. 残高が中々減らない
  4. 残高に対して割高な利息がかかる
  5. 返済額のほとんどが利息の返済にあてられる

(以後、繰り返し)

結果的に支払う金利手数料がどんどん増えていくことになるわけですね。

金利手数料の支払い方は「元利定額方式」「元金定額方式」の2種類

リボ払いでは金利手数料の支払い方も元利定額方式」「元金定額方式の2種類に分けられています。

■元利定額方式=毎月の返済額が一定

固定された毎月の返済額に金利手数料が含まれる

内訳 1月 2月 3月
(a)返済に充てられる金額 7,000円 8,000円 9,000円 以降
省略
(b)金利手数料 3,000円 2,000円 1,000円
返済額(固定)
(a+b)
10,000円 10,000円 10,000円


■元金定額方式=毎月の返済額が変動

固定された毎月の返済額に金利手数料を上乗せされる

内訳 1月 2月 3月
(a)返済に充てられる金額 10,000円 10,000円 10,000円 以降
省略
(b)金利手数料 3,000円 2,000円 1,000円
返済額(変動)
(a+b)
13,000円 12,000円 11,000円

「毎月10,000円きちんと払っているから大丈夫」と思って使いすぎると、気づかないうちに多額の金利手数料を支払うことになってしまいます。

【金利15.0%のリボ払いで、30万円を返済するときの内訳】
(元利定額返済の場合)

 利用した
金額
300,000円
(a)返済額 5,000円
(b)金利手数料 3,750円
実際の返済額
(a-b)
1,250円
残高 298,750円

→実際に返済に当てられるのは1,250円だけ!
 返済額の半分以上が金利手数料になっています

「1年間返済を続けているのに、ほとんど残高が減っていない…」という方は、まさに毎月の引き落とし額が少ないことが原因です。

【金利15%・毎月5,000円のリボ払い】

内訳 1月 2月 3月 4月 5月 6月
 利用した金額 50,000円 100,000円 150,000円 200,000円 0円 0円 以降
省略
(a)返済額 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
(b)金利手数料 625円 570円 1,765円 3,600円 6,082円 6096円
実際の返済額
(b-a)
-4,375円 -4,430円 -3,235円 -1,400円 +1,082円 +1,096円
 返済する残高 45,625円 141,195円 287,960円 486,560円 487,642円 488,738円

金利手数料>返済額になった時点で、たとえクレジットカードを利用しなくても借金が増え続けます。

金利手数料が毎月の返済額を超えてしまった時点で、毎月きちんと返済を続けていても残高は1円も減りません。

 

リボ払いの問題点をまとめると…

リボ払いは「利用した分すべての合計金額に対して、毎月同じ金額でひたすら返済し続ける」支払い方法。

リボ払いは返済期間が長くなりやすい仕組みをしています。

  • 利用金額が増えても、毎月同じ返済額で返済し続ける
  • 残高が固定されず、いつ完済できるかわかりづらい
  • 金利が高いからいつまでも借金が減らないことがある

低い返済額のまま高い金利でダラダラ返済し続ける仕組みになっているのが問題点です。

 リボ払い地獄を回避するコツ・注意点

リボ払い地獄に陥らないためにはこの仕組みを理解した上で工夫して利用する必要があります。

コツ① リボ払いを利用するなら…あらかじめ返済スケジュールを立てる

  • あからじめ返済シミュレーションを使って返済計画を立てておく
  • クレジットカード入会時に「自動リボ」になっていないか確認する
  • オトクな特典やキャンペーンを利用する

 

コツ② リボ払いを利用しないという選択肢もアリ!代わりにカードローンで足りない分を借りる

  • 必要な分だけカードローンで借入れて、現金で購入するようにする
  • お金の使い方がルーズ・管理ができない人はそもそもリボ払いを使わない
  • リボ払いも借金であることを意識する

コツ① あらかじめ返済スケジュールを立てた上で利用する

リボ払いは毎月の返済額が同じなので、残高さえ把握しておけば返済計画を立てやすく、管理しやすい支払い方法でもあります。

返済シミュレーションを利用して、完済までの期間完済までに金利手数料をいくら支払うのかを確認してから利用しましょう。

【例:楽天カードの返済シミュレーション】

楽天カードの返済シミュレーションでは返済期間や金利手数料の詳細がわかる

また返済額を増やせば支払う金利手数料もグッと減らせるので、返済シミュレーションで調整しながらおトクな返済計画を立てておきましょう。

リボ払いをおトクに利用したいなら「繰り上げ返済」もオススメ

リボ払いでは「お金に余裕のある月だけいつもより多く返済する」など、自分の好きなタイミングで返済額を増やせる繰り上げ返済もOK。

繰り上げ返済するお金には金利手数料が含まれず、振込んだお金すべてが返済に充てられるので、返済期間を短縮できます。

特に「10万円以上の高い買い物をした」など高額のリボ払いでは積極的に繰り上げ返済をするとおトクです。

(参考:繰り上げ返済(臨時返済)を利用する

コツ② カードローンでお金を借りて、現金で購入する

手持ちの現金だけで買い物をするなら、カードローンでお金を借りるのもひとつの手段。

おすすめは銀行カードローン。クレジットカードのリボ払いよりも低金利で利用できるので、利息を安く抑えて利用できます。

カードローンと聞くとマイナスイメージが強いかもしれませんが、リボ払いもれっきとした借金です。

どちらも前借りしたお金をあとからすべて返済する必要があります。

リボ払いは毎月の最低返済額さえ支払っていればいくらでも使えてしまうことから、「借金をしている」という意識が薄れがち。

お金の使い方に計画性がない・管理がルーズといった人は、そもそもリボ払いの利用をおすすめできません。

【巨匠ピックアップ!】低金利で借りるなら「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行カードローンのココがおすすめ!

出来るだけオトクにお金を借りたい!」という方にオススメなのが、みずほ銀行カードローン。

みずほ銀行カードローンは低金利が最大の特徴で、年14.0%以下で借入れ出来ます。

また提携コンビニATMからの借入れが月4回まで手数料0円なので、ムダなお金がかかりません。

リボ払いより月々の返済額は高いですが、そのぶん合計の返済額をグッと抑えることができます。

特に長い期間高額の借入れを考えている人にとって、オトクに返済できるカードローンだと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンの基本情報・申し込みOKな人をチェック!
金利
(実質年率)
年2.0%~14.0%
利用可能額(限度額) 最大800万円
年齢制限 20歳以上66歳未満
収入証明書 原則必要
毎月の返済 10,000円~
利用用途 自由
担保・保証人 不要
年会費 なし

 みずほ銀行カードローンに申し込める人
  • 社員(正社員・契約社員・派遣社員)の方
  • アルバイト・フリーターの方
  • 学生の方
  • パート主婦の方

※安定した収入がある成人の方なら、みずほ銀行カードローンに申し込めます。

【オトクに借りるなら】みずほ銀行カードローンに申し込む!

※みずほ銀行の口座も同時開設できます。

みずほ銀行カードローンの特徴・審査をチェックする

[/su_spoiler]

リボ払いの仕組みを理解するポイントは「完済するまでの期間」「金利手数料」です。

リボ払いは返済期間が長くなるほど金利手数料がかかり、残高が膨れ上がってしまいます。

仕組みが理解できない・お金の使い方がルーズで使いこなせそうにない…という方はカードローンを検討するのもアリです。

リボ払いを利用する時はあらかじめ返済計画を立てた上で、繰り上げ返済使ってなるべく金利手数料を抑えておトクに使いこなしましょう。

すでにリボ払いの地獄に陥ってしまっている人は、下記のページも参考にしてください。

【リボ払いの返済地獄から抜け出す2つの方法】金利手数料を抑えて”なるはや”で完済を目指す!

スポンサーリンク

スポンサーリンク