ファーストビュー

SMBCモビットの返済方法は口座振替え・銀行振込み・提携ATMの3つ。

実はそれぞれの返済方法にはメリット・デメリットがあるので、自分に合った返済方法を選ぶのが重要です。

「そんなこと言われても、どれを選べばいいのかわからない…」と迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

このページでは返済方法や返済日、毎月の返済額など、SMBCモビットの返済について完全網羅。

「返済に遅れそう・すでに遅れてしまっている」という返済トラブルの対処法もしっかりフォローしています。

さらに手数料や利息を大幅にカットするコツまで詳しく解説しているので、これからモビットを利用しようと考えている方も参考にしてみてください。

まだSMBCモビットに申込んでない人は下記のページも読んでみてください。

モビットで審査落ちしないための情報を完全網羅しています。

【SMBCモビットの審査まとめ】流れや審査落ちの基準、審査時間まで総まとめ!

SMBCモビットの返済方法は3つから選択OK!かかる手間と手数料がポイント

SMBCモビットの返済方法は以下の3つ。「かかる手間・手数料」に注目して、自分にとって利用しやすい返済方法を選ぶのが重要です。

【SMBCモビットの返済方法】
(※タップ・クリックでスクロールします)

返済方法 申込方法 手数料
口座振替え 返済日に口座から自動的に引き落としされる WEB完結申し込み
(カードなし)
batsu
銀行振込み SMBCモビット指定の銀行口座へ自分で振込む カード申し込み
(カードあり)
maru
提携ATM コンビニや金融機関などの提携ATMから自分で入金する maru

また申し込み方法によって選べる返済方法が違うので、あらかじめチェックしておきましょう。

ここではそれぞれの返済方法のメリット・デメリットについて解説していきます。

口座振替は返済忘れを防げて手数料0円

毎月の同じ日に給料をもらっている人は口座振替えがおすすめ

勤務先から毎月給料をもらっている会社員の方やアルバイトの方は口座振替が1番おすすめ。

「手数料なし」「銀行やATMに足を運ぶ手間なし」で利用できて、さらに返済忘れを防げます。

口座振替えのメリット・デメリット
メリット
  • 手数料が無料
  • 返済忘れを防げる
  • 銀行やATMに足を運ぶ必要がない
デメリット
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行の口座のみ
    (WEB申し込みの場合、ゆうちょ銀行も指定OK)
  • 返済日の前日までに入金しておく必要がある

口座振替えのメリット

口座振替えのメリットは「手数料がかからない」「自動引き都市で返済遅れなし」「外出なしで手続きできる」

口座振替えは手数料0円で返済できるのが最大のメリット。

返済日になると自動的に返済額が引き落とされるので返済遅れの心配がなく、わざわざ銀行やATMに足を運ぶ手間も省けます

またWEB完結申し込みの場合、返済方法が自動的に口座振替えになるので申し込みで申告した口座情報を確認しておきましょう。

口座振替えのデメリット

口座振替のデメリットは「口座振替で利用できる口座が限定される」「返済前日までの入金が必要」

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座でしか利用できないのがネックです。

口座残高が足りない場合は返済遅れ・延滞になってしまうので、返済日の前日までに入金を済ませておく必要があります。

銀行振込みは手数料タダのネットバンキングがおトク

ネットバンキングで取り引きを統一したいなら銀行振込みがおすすめ

インターネットバンキングを利用している方は、自宅にいながら手数料0円で返済できる銀行振込みがおすすめです。

銀行振込みのメリット・デメリット
メリット
  • インターネットバンキングなら手数料0円
  • どの金融機関の預金口座からでも返済できる
デメリット
  • 金融機関や利用する時間帯によって手数料がかかる
  • 返済日の14時までに入金しておく必要がある

銀行振込みのメリット

銀行振込みのメリットは「好きな口座から入金できる」「ネットバンキングなら手数料なし」「ネット上からどこでも返済できる」

振込み先を三井住友銀行・三菱UFJ銀行からお好きな方を選べて、どこの金融機関の口座からでも振込みOKなのが銀行振込みのメリット。

さらに住信SBIネット銀行やオリックス銀行などのインターネットバンキングなら手数料0円で利用できます。

銀行や提携ATMへ足を運ぶ手間も省けるので、忙しい時でも自宅や外出出先からスマホひとつで返済OKです。

口座振込みのデメリット

銀行振込みのデメリットは「提携金融機関以外からの返済には手数料がかかる」「返済日の14時までに入金が必要」

三井住友銀行・三菱UFJ銀行または2社の提携金融機関以外から振り込むと、必ず手数料がかかってしまうので注意。

【他行振込み手数料(一例)】

銀行 手数料
ゆうちょ銀行 216円~
みずほ銀行 216円~
りそな銀行 432円~

例えばゆうちょ銀行から返済をすると、1年間で約2,600もの手数料がかかってしまいます。

また15時までに振込みが反映されないと返済遅れと見なされてしまうので、遅くとも返済日の14時までに入金しておくようにしましょう。

提携ATMは返済当日の夜中までに入金すればOK

給料日が毎月バラバラの個人事業主やアルバイトの方は提携ATMがおすすめ

「給料日が毎月バラバラ」という自営業の方やアルバイトの方におすすめしたいのが提携ATM返済

返済日を待つことなく給料が入ったらスグ返済できるので、「返済日なのにお金が足りない…」という心配がありません。

提携ATMのメリット・デメリット
メリット
  • 提携コンビニATMから返済できる
  • 返済日当日の夜などギリギリの入金もOK
デメリット
  • 三井住友銀行ATM以外は必ず振込み手数料がかかる
  • 硬貨での入金ができない
  • 地方銀行ATMによっては利用明細書が後日郵送される

提携ATMのメリット

提携ATMのメリットは「返済日の24時まで入金できる」「全国の提携コンビニ・銀行ATMから返済できる」

提携ATMは入金の受付け時間が長いのが特徴。

提携コンビニATMなら返済当日の24時までに入金すればOKです。

SMBCモビットは返済で利用できる提携ATMが充実しているので、旅行先・出張先など全国どこからでも返済できます。

提携ATM
コンビニATM セブン銀行ATM、ローソンATM
イーネットATM(ファミリマート、ミニストップなど)
都市銀行ATM 三井住友銀行ATM(※手数料0円)、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
ネット銀行ATM セブン銀行、イオン銀行
地方銀行 北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行

足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行

北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行

百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行

トマト銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行

第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行

その他提携ATM プロミス、セゾンカード、Pat Sat

 

提携ATMのデメリット

提携ATMのデメリットは「三井住友銀行ATM以外の返済に手数料がかかる」「自宅に利用明細が届くことがある」

三井住友銀行ATM以外から返済すると、必ず手数料がかかってしまうのがデメリットです。

  • 1万円以下:108円
  • 1万円以上:216円

また「家族にナイショで利用したい…」という方は利用できる提携ATMに制限があります。

以下の提携ATMは利用明細や領収書が後日自宅に郵送されてしまうので、その場で利用明細が発行される提携ATMを利用するように注意してください。

利用明細・領収書を後日自宅に郵送する提携ATM
都市銀行ATM ゆうちょ銀行
地方銀行 北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行

足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行

北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行

百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行

トマト銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行

その他提携ATM Pat Sat

 

コンビニならレジ店頭での返済も可能!

コンビニで返済する場合、マルチメディア端末を利用すればレジから直接支払うこともできます。

  • ファミリーマート:Famiポート
  • ローソン:Loppi

手数料0円で、返済日当日の23時55分まで返済OKです。

SMBCモビットの申し込みはこちら

SMBCモビットの返済日は5日・15日・25日・末日から好きな日を選べる

SMBCモビットの返済日は「毎月5日・15日・25日・末日」の中から任意で選べる

SMBCモビットの返済日は、ライフスタイルに合わせてご都合のいい日を4つから選べます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日

返済日を設定する時は給料日を基準にするのがベストです。

給料日の翌日~3日後を目安に設定しておくと、「お金が足りなくて返済に遅れてしまった…」という状況を避けられます。

おすすめの返済日  給料日
5日 毎月1日、毎月末日
15日 毎月5日、毎月10日
25日 毎月15日、毎月20日
末日 毎月25日

ただし「給料日が25日だから、返済日も25日に設定する」など、給料日当日を返済日にするのはおすすめできません

特に口座振替えの場合、給料の振り込み前に引き落としをかけられて口座残高が返済額に足りないと、返済遅れや延滞扱いになってしまいます。

 

返済日が土日・祝日と重なる場合

返済日が土日・祝日や年末年始と重なった場合は、返済先(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれか)の翌営業日に支払いが反映されます。

たとえば土曜日に返済したとしても、実際に支払いが処理されるのは週明けの月曜日ということ。

この場合、返済遅れや遅延にはならないので安心してください。

初回の返済日をきちんと確認して返済遅れ・延滞を防ぐ

初回の返済日のみ、借入れのタイミングによって支払い月が変わる

SMBCモビットの返済日で注意しておきたいのが初回の返済日

借入れのタイミングによって同月・翌月・翌々月の中で初回の返済日が変動するので、あらかじめ確認しておく必要があります。

設定した返済日 借入れ日 初回返済日
毎月5日 1日~19日 借入れ日の翌月5日
20日~末日 借入れ日の翌々月5日
毎月15日 1日~末日 借入れ日の翌月15日
毎月25日 1日~9日 借入れ日の同月25日
10日~末日 借入れ日の翌月25日
毎月末日 1日~14日 借入れ日の同月末日
15日~末日 借入れ日の翌月末日

例えば毎月の返済を5日に設定していて5月に借入れをした場合、借入れのタイミングによって初回の返済日は2通りあります。

【例:5月に借入れする場合の返済日】

設定した返済日 借入れ日 初回返済日
毎月5日 5月1日~19日 6月5日(翌月の5日)
5月20日~31日 7月5日(翌々月の5日)
毎月15日 5月1日~31日 6月15日(翌月の15日)
毎月25日 5月1日~9日 5月25日(同月の25日)
5月10日~31日 6月25日(翌月の25日)
毎月末日 5月1日~14日 5月31日(同月の31日)
5月15日~5月31日 6月31日(翌月の31日)

→毎月の返済日を5日に設定していた場合、初回の返済日は2通り

 ① 5月5日に借入れをした場合=初回の返済日は6月5日(次回の返済日は7月5日)

 ② 5月25日に借り入れをした場合=初回の返済日は7月5日(次回の返済日は8月5日)

初回の返済日を把握していない・または勘違いしていると、返済遅れや延滞の原因になってしまうので注意してください。

SMBCモビットの申し込みはこちら

SMBCモビットの毎月の最低返済額は4,000円からでOK

SMBCモビットの毎月の最低返済額は4000円からで、完済まで同じ金額を支払う仕組み

SMMBCモビットの毎月の返済額は最低4,000円からでOKです。

毎月の返済額は「借入後残高スライド元利定額返済方式」によって、借入れ残高に応じて設定されています。

icon-hand-o-right 借入後残高スライド元利定額返済方式

借入れした時点の残高に応じて返済額が決まる返済方式のこと。

また返済額は「返済に充てられるお金+利息」で構成されているので、毎月同じ金額を支払います。
(例 返済額:4,000円=返済に充てられるお金:2,500円+利息:1,500円)

借入れ残高  毎月の最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円
30万円超過、40万円以下 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円
80万円超過、90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円
100万円超過~800万円 借入れ残高が20万円増すごとに4,000円追加

※実質年率18.00%(最高利用残高が100万円以上は実質年率15.00%)の場合

「最後に借入れをした時の残高」で毎月の返済額が決まるので、追加でお金を借りなければ完済まで毎月の返済額がずっと同じ金額です。

例えばはじめに20万円を借りた場合、返済が進んで10万円以下になっても毎月の返済額は8,000円のままになります。

 「追加借入れ」をすると毎月の返済額を減らせる

SMBCモビットでは残高が減ってきたタイミングで「追加借入れ」をすると、毎月の返済額を減らせます

【毎月の返済額を8,000円→4,000円に下げる手順】

  借入れ ①200,000円

②10,000円

返済額 8,000円 8,000円 8,000円 ③4,000円 4,000円
残高 194,958円 141,195円 ②96,887円 ¥104,468円 283,706円

 

  1. はじめの借入れ残高:20万円=毎月の返済額:8,000円
  2. 返済を進めて残高が9万円になったタイミングで、追加で1万円を借入れ
  3. 「借入れ後」の借入れ残高:10万円=毎月の返済額:4,000円

=毎月の返済額が8,000円→4,000円に下がる

(参考:”最後に借り入れした時の残高”で返済額が変わるパターン【消費者金融カードローンに多い】

事前連絡なしで繰り上げ返済OK!利息を大幅カットでおトクに完済を目指す

SMBCモビットでは事前の電話なしでいつでも提携ATMから繰り上げ返済できる

カードローンをおトクに完済するコツは「支払う利息をどれだけ減らせるか」

SMBCモビットでは事前の電話なしで提携ATMから繰り上げ返済できるので、返済期間が短くなる分だけムダな利息をカットできます。

icon-hand-o-right 繰り上げ返済(臨時返済)とは?

毎月の返済とは別に、返済日の前後に追加で支払いをすること。

繰り上げ返済するお金には利息が含まれないので、振り込んだ分すべてが返済に充てられます

「今月は余裕があるからいつもより1,000円多く返済する」「半年かけて貯めた5万円を返済に充てる」など、自分の好きなタイミングでOKです。

実際に比較してみると最低返済額だけで完済するよりも、たった1回繰り上げ返済しただけで約1万6,000円も利息を安くできます。

【20万円を返済する場合の返済期間と利息の比較

① 最低返済額だけで完済した場合
(繰り上げ返済なし / 毎月8,000円×32ヶ月の返済)

完済までにかかる期間 32ヶ月
返済総額 25万2,540円
利息 5万2,540円

 

② 1回だけ10,000円の繰り上げ返済をした場合
(毎月8,000円×30ヶ月+繰り上げ返済10,000円)

完済までにかかる期間 30ヶ月
返済総額 23万5,805円
利息 3万5,805円


→1度だけ10,000円を繰り上げ返済しただけで、支払う利息を約1万6,000円もカット

ただし毎月の返済が口座振替の場合、返済日の前日に返済した分はすべて繰り上げ返済扱いになり、その月の返済には充てられないので注意してください。

 

口座振替えの方は毎月の返済額をあげてもOK!

毎月口座振替で返済している方で「カードを持っていない」「わざわざATMに行くのがめんどう…」という場合は、毎月の返済額を変更がおすすめ。

SMBCモビットのフリーコールに電話して「返済額を増やしたいのですが…」と毎月の返済額を設定しなおしてください。

お問い合わせフリーコール(0120-24-7217)
平日・土日祝 9:00~21:00

※カードローンの返済のコツについて詳しく知りたい方はこちらもチェックしてみてください。

【カードローンの返済のコツ3選】ムダなお金を節約したい人必見!

SMBCモビットの申し込みはこちら

SMBCモビットの返済遅れ・延滞の対処法2つ

「返済日なのにお金が足りない…」「ウッカリ返済日を過ぎてしまった…」という場合は、なるべく早めに対処することが重要です。

ここではSMBCモビットの返済に遅れそう・すでに返済日を過ぎてしまったという方のために、対処法を解説していきます。

返済に遅れそうならSMBCモビットに電話して相談する

返済に遅れそうな時は返済日の前にSMBCモビットに直接電話して相談するのがベスト

「どうしても返済日に振込みに行けない」など事前に遅れることがわかっている場合は、SMBCモビットに電話して相談してください。

返済日を延ばしてもらえるので、電話で再設定した返済日までに支払いましょう。

事故や災害などやむを得ない事情があれば長期間支払いを待ってもらえる可能性が高いですが、ほとんどの場合は1ヶ月先ぐらいまでに返済日を再設定します。

どうしてもお金が足りない…という場合も「支払えません」と正直に伝えてOKです。

「今回は利息分の入金だけでOK」など、親身になって相談に乗ってもらえます。

返済日を延ばした分だけ遅延損害金を支払う必要がある

返済日を延ばすと毎月の返済額に加えて遅延損害金も支払う必要があります。

遅延損害金とは、返済日に入金が遅れたときの罰金のようなもの。

SMBCモビットでは実質年率20.0%で借入れ残高に応じて金額が決められ、返済に遅れた日数分だけ加算されるので注意してください。

【1日でかかる遅延損害金の計算式】

借入れ残高×遅延損害金の金利÷365日

(例:10万円の借入れ残高がある場合)
1日でかかる遅延損害金=10万円×20.0%÷365日=約55円

→1週間返済日を延ばすと、約400円の遅延損害金がかかる

返済に遅れてもSMBCモビットなら乱暴な取り立てはゼッタイなし

返済日に遅れた場合は、SMBCモビットからの電話に対応して支払日を再設定するのが重要

万が一返済日を過ぎてしまった場合、返済日の翌日に個人の携帯宛てにかかってくる電話にしっかり対応してください。

電話を取っても怒鳴られたり、キツい口調で怒られたり、SMBCモビットが乱暴に取り立てることはありません。

「返済日にご入金がなかったので、ご確認の電話をさせていただきました」など、あくまでも「支払いの確認」という形を取って丁寧に対応してくれます。

「○日までに支払います」と改めて返済する期日を決めてきちんと支払えば、それ以降電話がかかってくることはありません。

「お金がなくて2ヶ月連続で返済が遅れてしまっている…」という方も、分割回数を増やして毎月の返済額を下げてもらえることもあるのでまずは相談することが大切です。

逆に電話を無視し続けると最悪の場合訴えられてしまうので、SMBCモビットからの電話には必ず対応してください。

SMBCモビットは口座振替え・銀行振込み・提携ATMの3つから返済方法が選べて、かかる手数料や手間、利用条件が異なります。

それぞれ一長一短ですが、できるだけ利息や手数料を減らしたいなら返済方法を組み合わせるのもひとつの手段。

たとえば「毎月の返済方法を口座振替に設定しておいて、余裕のある月は提携ATMで繰り上げ返済をする」など、できるだけ返済期間を短くするのが重要です。

 

また返済に遅れそう・遅れてしまっている方は、SMBCモビットに電話してできるだけ早く返済日を改める必要があります。

くれぐれも返済に遅れないように、返済日は給料日の翌日~3日後に設定するのがおすすめです。

SMBCモビットの返済のコツを知って便利でおトクな完済を目指しましょう。

SMBCモビットの申し込みはこちら

【関連記事】

これからモビットに申し込みを考えてて「ゼッタイに審査に落ちたくない」と思うなら下記の記事も参考にしてみてください。

モビットの審査について詳細に解説しています。

【SMBCモビットの審査まとめ】流れや審査落ちの基準、審査時間まで総まとめ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク