カードローンでお金を借りる"学生"に捧げる全知識

「カードローンは便利そうだけど、学生だから借りられないかも…」

学生だから…とカードローンの利用を諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし学生の方でも20歳以上でアルバイトをしている方ならカードローンを利用可能です。

ここでは「学生の方がカードローンの利用で気になっていること」を徹底解説しています。

申し込みの前に疑問や不安をすべて解消して、カードローンへ申し込んでみてください。

学生でもカードローンの審査は通る?

「20歳以上で、アルバイトで毎月給料をもらっている」なら学生の方でも利用できます。飲み会、旅行、生活費など使いみちは自由です。

SMBCモビットの申し込み条件
(カードローン「SMBCモビット」の申し込み条件抜粋)

「借りたお金を遊びに使うのに抵抗がある…」という方も大丈夫。
「何に使うか」は利用者が決められるので、罪悪感を覚える必要はありません。

カードローンは豊かな学生生活を送るための手助けをしてくれます。

申し込み条件は「20歳以上・アルバイトで毎月給料をもらっている」の2つだけ

満20歳以上かつアルバイトで毎月給料をもらっている学生はカードローンを利用できる

カードローンの申し込み条件は「満20歳以上」「毎月安定した収入がある」の2つだけです。

カードローン会社 申し込み条件
SMBCモビット ・満20歳以上69歳以下
・安定した収入のある方
アコム ・20歳以上70歳未満
・安定した収入と返済能力がある方
プロミス ・満20歳以上69歳以下
・本人に安定した収入のある方

成人済みで、毎月3万円でも5万円でもアルバイトで給料をもらっていれば申し込みOK。

ただし「親からの仕送り」は「安定した収入」に見なされないので、自分自身に収入がない学生の方は申し込めません。

またアルバイトをしている学生でも高校生の方や、大学生でも18歳、19歳といった未成年の方は申し込めないので注意してください。

未成年がカードローンを利用できない理由

カードローン会社が未成年者の申し込みを制限しているのは、貸したお金を回収できないリスクが高いからです。

未成年者がお金を借りて返済ができなくなった場合、未成年者を保護する法律によって契約の取り消しができます。

もちろん親の同意なくウソの同意書で申し込むと全額返済することになってしまうので要注意。
カードローン会社をダマすようなことはしてはいけません。

飲み会、旅行、食費などカードローンの使いみちは自由!

カードローンの利用目的は自由なので利用者が使いみちを決められる

教育ローンや学費ローンと違い、カードローンで借りたお金の使いみちは自由です。

カードローンの利用目的に関するアンケート結果
(引用元:ジャパンネット銀行HP「カードローン利用に関する実態・意識調査実地」より

ジャパンネット銀行による調査でも、レジャーや旅行、飲み会といった娯楽・交際費が1番多い利用目的になっています。

学生の方であれば「突然飲み会に誘われたけどお金が…」という場面も少なくないのではないでしょうか。

卒業旅行やショッピングはもちろん、家賃や食費の急場しのぎなどピンチの場面にも役立つのがカードローンです。

ただし事業資金としては使えないので起業を考えている学生の方は注意してください。

学生が審査に通る借入金額とは?

学生の方が借りられる金額は5万円~10万円程度が目安です。

基本的にカードローンで借りられる金額は年収の3分の1が目安になります。

学生の方は収入源がアルバイトになるので、社会人と比べて借りられる金額が低いのがネック。

しかし利用を続けていれば借りられるお金を増やせるチャンスもあります!

学生が借りられる金額は5万円~10万円が目安

総量規制から推測すると学生が借入れできる金額は5~10万円が目安

学生の方がカードローンで借りられるお金は5万円~10万円程度が目安。

カードローンでは年収と返済能力を考慮して、利用限度額という「借りられるお金の上限」が決められます。

特に消費者金融カードローンでは年収の3分の1までが利用限度額の上限。

いきなり100万円を借りたい!と申し込んでも、300万円以上の年収が必要になるのでまず審査に通ることはありません。

【アルバイト代が毎月3万円の場合の利用限度額】

例えば毎月のアルバイト代が3万円だとすると、年収は3万円×12カ月=36万円。

利用限度額の目安は年収の3分の1なので年収36万円÷3=12万円。

借りられるお金はおよそ10万円と考えられます。

また利用限度額内であれば、上限金額まで借りたり・返したりをくり返せます。

「利用限度額は10万円だけど5万円だけ借りる」のもOKです。

カードローンの利用を続けていると利用限度額を増やせる

カードローンを利用し続けていると利用限度額を「増額」できる可能性があります。

契約してから6ヶ月以上経っていて、毎月遅れずに返済し続けていると「もっとお金を貸してもちゃんと返してくれそうだな」と認められます。

増額には審査が必要になりますが、10万円以上借りたいならまずはカードローンの利用実績を積み上げましょう。

学生でも即日借りられるカードローン

アルバイト先への電話なし・親バレなしでお金を借りるなら「SMBCモビット」

SMBCモビット

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
利用可能額(限度額) 最大800万円(最低1万円)
年齢制限 満20歳以上69歳以下
毎月の返済 4000円(5万円借り入れた時)
利用用途 自由
WEB完結  maru
審査スピード 10秒簡易審査OK
融資スピード 最短即日
当日審査のタイムリミット 20時(申し込み)
アルバイト先への電話 なしでOK

 

巨匠のひとこと

SMBCモビットならWEB完結を利用することでアルバイト先への電話がゼッタイなしでOK!

ローンカードや郵送物が家に送られてこないので親バレなしでお金が借りられます。

また10秒簡易審査でスムーズな審査にも対応。

夜20時までに申し込めば土日・祝日でもその日のうちに借入れできます。

SMBCモビットの申し込みはこちら

はじめてのカードローンが不安なら新規申し込みでも前向きな審査の「アコム」

アコムバナー
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
※最大30日の無利息期間あり
利用可能額(限度額) 最大800万円(最低10万円)
年齢制限 20歳以上70歳未満※
毎月の返済 3,000円(5万円借り入れた時)
利用用途 自由
WEB完結 maru
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
当日審査のタイムリミット 21時(申し込み)

※20歳以上で安定した収入がある方であれば利用できます。

 

巨匠のひとこと

「はじめてのカードローンで審査が不安…」という方にはアコムがおすすめです。

はじめてアコムに申し込みをするという方でも前向きに審査してもらえます。

平日・土日を問わず最短30分で審査結果がもらえるので手続きがスムーズ。

30日間の無利息期間中は利息0円でお金を借りられるのもうれしいポイントです。

アコムの申し込みはこちら

とにかく今スグお金を借りたい!即日で借入れするなら「プロミス」

プロミスのバナー

金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
※最大30日の無利息期間あり
利用可能額(限度額) 最大500万円(最低1万円)
年齢制限 20歳以上69歳以下
毎月の返済額 2,000円(5万円借り入れた時)
利用用途 原則自由※
WEB完結 maru
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
当日審査のタイムリミット 21時(申し込み)

※生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。

巨匠のひとこと

とにかく今スグお金を借りたいならプロミスのWEB完結申し込みがおすすめ。

審査時間が最短30分で借入れまで最短1時間と、業界随一の融資スピードが特徴です。

さらに消費者金融カードローンの中でも低金利で、30日間の無利息サービスで利息を安く抑えられます。

毎月2,000円の返済でOKなので生活の負担になりません。

プロミスの公式サイトはこちら

親・勤務先にバレずにお金を借りる方法

「WEB完結」ならカードの発行や郵送物をなしにできるので、親バレすることはありません。

スマホひとつで申し込みから借入れまですべての手続きを完結できる「WEB完結サービス」。

店頭窓口や自動契約機に足を運ばずに済むので、誰にも知られずにカードローンで借入れできます。

契約書や利用明細書の発行なしで利用できて親バレ対策にも最適です。

WEB完結なら郵送物なしで親バレしない

WEB完結をなら郵送物やカード発行をなしにできるので、学生でも親にバレることなくカードローンを利用できる

すべての手続きをスマホやパソコンで完結できる「WEB完結サービス」を利用すれば親バレを防げます。

口座振込での借入れにも対応しているので、ローンカードの発行なしでOK。

契約書や利用明細書もなしにできるので、実家に郵送物が送られてしまうという心配もありません。

あくまでもカードローンは申し込んだ本人以外に連絡することがないので、親への電話なしでお金を借りられます。

学生証・保証人なしでOK、必要な書類は本人確認書類だけ

学生でもカードローンの利用に必要な書類は本人確認書類だけでOK

カードローンでお金を借りるときは担保や保証人は必要ありません。

申し込みに必要なのは「本人確認書類」だけ。

提出方法は「スマホで写真を撮って専用ページにアップロードするだけ」なのでカンタンです。

【カードローン審査で使える本人確認書類】

≪本人確認書類≫ ※顔写真つきのものがベスト

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証 など

ただし学生証は本人確認書類には使えないので注意してください。

「現住所を証明できる書類」が必要になる2パターン

以下のような場合は「現住所を証明できる書類」の提出が必要です。

  1. 本人確認書類として「健康保険証」を提出する
  2. 1人暮らしや引っ越しをして本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う

≪現住所を証明できる書類≫ 

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道など)※携帯電話料金の明細書は対象外
  • 納税証明書

いずれの書類も発行・領収から6ヶ月以内のもののみ有効です。

健康保険証を提出するときに追加書類が増えた理由
2016年10月1日以降、犯罪収益移転防止法の改正が大きな理由です。顔写真のない本人確認書類の提出する場合、現住所のわかる書類の追加が義務づけられました。
50万円以上の借り入れに必要な書類

借入れる金額が50万円を超える場合は、以下のような収入証明書も必要になります。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2~3ヶ月分)

アルバイト先への電話なしでもカードローンを利用できる

アルバイト先への電話連絡をなしにするには「アルバイト先を証明する書類」を用意する必要がある

「申告されたアルバイト先で本当に働いているかどうか」を電話をかけてチェックするのが在籍確認です。

カードローン会社によっては「アルバイト先を証明する書類」を提出すれば、アルバイト先への電話をなしにできます。

≪アルバイト先を証明する書類≫

  • 会社発行の保険証(社会保険・共済保険)
  • 社員証
  • 給与明細(1ヶ月分でOK)
  • 源泉徴収票

(参考:在籍確認・職場電話なしでカードローン審査に通る?全11業者を調査!

書類が準備できない場合でも、在籍確認の電話はカンタンに終わるので不安に感じる必要はありません。

電話は「山田と申しますが、〇〇様はいらっしゃいますか?」と担当者の個人名でかかってきます。

「カードローンを利用しようとしていること」を第三者へ話すことは法律で禁止されているので、担当者が内容を話すことはありません。

また必ずしも本人が電話に出る必要もナシ。

「本日はお休みをいただいております」などアルバイト先で働いていることが確認できればOKです。

派遣バイトや家族の仕事を手伝っている場合の在籍確認の電話

派遣でアルバイトをしている方は派遣元の会社へ在籍確認の電話がかかってきます。

家族の仕事を手伝っている場合は店舗や作業場があればそちらに連絡が来ますが、自宅で作業している場合は電話がかかってくるのは自宅です。

在籍確認の電話が不安…という方は、アルバイト先への電話なしで利用できるカードローンを選ぶといいでしょう。

審査から融資までにかかる時間

A.最短で申し込んだ日にお金を借りられます。WEB申し込みなら24時間いつでもスマホから申し込みOK。夜遅い時間や土日・祝日でも当日審査に対応しています。

カードローンなら最短で申し込んだその日にお金が借りられます。

審査時間が最短30分、借入れまでにかかる時間が最短1時間~即日なので、遅くとも翌日までにお金を用意することも可能です。

特に消費者金融カードローンは審査~融資までにかかる時間が短く、即日融資に特化しています。

カードローン名 審査スピード 融資スピード
プロミス 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
 アコム 最短30分 最短即日

夜遅い時間や土日・祝日でも当日審査に対応

自動契約機のあるカードローンは夜遅い時間や土日・祝日の当日審査を受け付けている

自動契約機のあるカードローンなら学校やアルバイト帰りの夜遅い時間や、土日・祝日でもその日のうちに審査結果がもらえます。

カードローン会社 当日審査の申し込みタイムリミット
SMBCモビット 20時
アコム 21時
プロミス 21時

WEB申し込みは24時間受付け

WEB申し込みは24時間受け付けで、夜中に申し込んでおくと翌日の営業時間に審査することも可能

WEB申し込みならお手持ちのスマホから24時間いつでも申し込めます。

手順を細かく指示してくれるので、カードローンの利用がはじめての方でもスムーズに手続きOKです。

「明日中にお金が必要になった!」という場面でも、夜の間にWEB申し込みをしておけば翌日の営業時間に優先的に審査をしてもらえます。

返済にはどれぐらいの金利がかかる?

学生という理由で金利が高くなることはありません。

「学生だから…」という理由で高い金利が設定されることはありません。

学生でも社会人でも同じ金利でお金を借りられます。

また「無利息サービス」の期間中に全額返済すれば実質タダで借入れOKです。

そもそも金利・利息って何?

カードローンでお金を借りると「借りた金額+利息」を支払う必要があります。

金利と利息をDVDのレンタルに例えてみましょう。

  • 金利=お金のレンタル料を決める料金
  • 利息=お金を借りた時に発生する実際のレンタル料

例えばDVDを100円で借りた時に発生するレンタル料が50%なら、支払う金額は150円。

レンタル料を決める50%=金利です。

つまり【DVDを借りるお金100円(借入れ額)】+【100円×50%(金利)=50円(利息)】=150円(返済総額)になります。

 法律で定められた上限金利20%以下で利用できる

学生でも法定金利20%以下でカードローンを利用できる

カードローンの金利は上限20%と法律で決められており、ほとんどのカードローンは18%以下で借入れOK。

カードローン名 金利(実質年率)※
SMBCモビット 3.0%~18.0%
 アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

※はじめて利用する場合は上限金利が適用されます。

「学生だから高い金利を設定される」ということはなく、利用者はみんな同じ金利でお金を借りられます。

無利息期間中はタダでお金をかりられる

無利息期間中に完済すれば利息0円で借り入れできる

「無利息期間」とは「利息0円でお金を借りられる期間」のこと。

消費者金融カードローンを中心に設けているサービスで、無利息期間中に全額返済すればタダでお金を借りられます。

カードローン 無利息期間 無利息期間が始まるタイミング
プロミス 30日間 借り入れの翌日から
アコム 30日間 契約日の翌日から

無利息サービスを利用すれば期間中の利息を支払わずに済むので、返済にかかるお金が減るのもうれしいポイントです。

【例:金利18%で10万円を借りて、30日後に返済する場合】

無利息期間を利用すれば、1カ月でかかる約1,500円の利息を支払わなくてOKです!

無利息期間
(実質年率)
借入れ金額 利息 30日後の返済額
30日間あり(18.0%) 10万円 0円   10万円
なし(18.0%) 1,479円 10万1,479円

まとめ

学生の方でも20歳以上でアルバイトで毎月給料をもらっていればカードローンを利用できます。

お手持ちのスマホから24時間いつでも申し込みができて、平日の夜遅い時間や土日・祝日にも借入れOK。

「WEB完結」を利用すればカードの発行や郵送物をなしにできるので、親に利用がバレることもありません。

またカードローン会社によっては書類を提出するだけで、アルバイト先への電話をなしにできます。

飲み代や旅行、生活費など自由に使えて、今スグお金を借りられるカードローンを活用してみてください。

◯この記事のアドバイザー◯
行政書士として相続・遺言など民事を中心に業務を扱い
FPとして証券会社での経験を活かし資産運用や不動産関連のアドバイスやセミナーなど幅広く業務を行っている。