虫歯の治療費が払えない時の対処法4つ!お金が足りなくても今すぐ賄える

当ページでは「重度の虫歯で治療費が払えるか心配…」という方のために、虫歯の治療費が払えない時の対処方法を4つご紹介。

初期症状の虫歯なら1,000円〜2,000円程度で治療できる場合が多いですが、歯がボロボロになるまで放置していると歯1本で1万円〜10万円かかる可能性もあります。

4本も5本も重度の虫歯だと総額10万円〜20万円の治療費が必要で、いささか胃が痛くなる話です…。

生活への支障を抑えてきちんと虫歯治療をするためにも、

  • 歯科用の医療ローン
  • 高額治療費の返金制度
  • 医療費控除制度

といった対策方法をしっかり知っておきましょう。

虫歯治療の費用は総額でいくらかかる?

冒頭でも少しお伝えしましたが、虫歯は症状の状態によって治療費が大幅に変動します。

虫歯の進行具合に伴う、治療費の目安額や処置内容がこちら。

治療費の目安 虫歯の状態 治療内容
初期段階の虫歯 1本:700円〜3,000円 虫歯の範囲が小さい 虫歯の部分だけを削り、詰め物を入れる
中度の虫歯 1本:5,000円〜10,000円 虫歯が神経にまで及んでいる 虫歯に侵食された神経を取り除いて神経の代わりとなる薬をつめ、被せ物をつける
(複数回の通院が必要)
重度の虫歯 1本:10,000円〜100,000円 虫歯がかなり進行して、歯を残せない状態 抜歯するか、インプラントなどの人口の歯を入れる
(複数回の通院が必要)

※参考:医療法人社団 伸詠会
※※治療費は各クリニックにより異なります。

このように初期段階の虫歯だと安ければ1,000円程度、少し空洞ができている程度でも3,000円ほどで治療できます。

全部が全部「虫歯治療=高額」というわけではないので、虫歯ができたばかりの方は今からでも治療を始めましょう。

しかし虫歯で歯がボロボロになっていると、神経を抜いたり抜歯して人口歯(インプラント)を入れたりします。

インプラント治療だと材料やメーカーにもよりますが、インプラント本体・手術費・診察料を諸々あわせると平均で総額30万円(1本あたり)は必要…。
※参考:日本インプラント株式会社

インプラントは「自由診療」で健康保険適用外なので、どうしも高額になりやすいです。

“保険証なし”だと治療費が2〜3倍になる

虫歯の治療費をまかなえない方の中には「保険証を持っていないから」という方もいらっしゃるでしょう。

保険証があるとみなさんは治療費の3割を支払うことになりますが、未所持だと自費診療となり10割の治療費を支払うことになります。

保険証を持っていない場合の虫歯の治療費目安
※歯1本あたり

  • 初期の虫歯:2,400円〜10,000円
  • 中度の虫歯:17,000円〜34,000円
  • 重度の虫歯:※インプラント治療は自由診療なので元々保険適用外です。

保険証を持っていないと、初期段階の虫歯でも最高で1万円もかかります。

中度だと1万円の治療費は当たり前になり、保険証ありの場合よりも約3倍も高額

虫歯の治療費を抑えるのであれば、治療を受ける前に保険証を発行しておくことをおすすめします。

虫歯の治療費が払えない時の対処方法

ここから紹介する虫歯の治療費を賄う方法を参考に、少しでも早いうちに虫歯治療に踏み出してください。

▼あなたの状況や要望にマッチした対処方法を選んでください。

  • 昔から馴染みのある歯医者に通う予定
  • 他にも借入れがありローンを組むのが難しい

>>分割払いできないか医師に相談してみる

  • 虫歯が何本かあり総額が10万円前後になりそう
  • 重度の虫歯でインプラントを検討している
  • ローンを組んだことがなく、医療関係でローンを組みたい

>>デンタルローンで治療費をまかなう

  • 治療費はなんとか支払えるが、その後の生活が苦しくなる
  • インプラントといった高額治療を受けるしか手がない

>>高額療養制度で高額支払いの一部を返金してもらう

  • 少しでも早く虫歯の治療費を用意したい
  • 治療費以外にも、療養中の生活費もまかないたい

>>カードローンで借入れして治療費を支払う

①分割支払いできないか医師に相談してみる

一般的にクリニックは分割払いを受け付けていません。

しかし昔から馴染みのあるデンタルクリニックだと、医師に直接相談することで治療費の分割払いに応じてくれる可能性も多少あります。

保険証を持っていない自費診療の方だと、分割払いに応じてくれやすいです。

また虫歯の治療費の分割払い交渉を成功させるためにも、

  • 交渉は1万円〜2万円程度の条件を飲んでくれやすい金額までにする
  • 住所を確認できる書類のコピーを担保にしておく

といった相手に無理をさせない配慮をするのもいいでしょう。

 

デンタルクリニックによっては、治療費を払えない方のために支払いサポートや制度を紹介してくれる医院もあります。

相談するだけならタダなので、まずは分割払いできないか・他に支払い制度がないかを行きつけの歯医者に相談してみてください。

②デンタルローン(医療ローン)で治療費をまかなう

消費者金融でお金を借りるのは不安という方は、デンタルローンという“歯科治療に限定したローン”がおすすめ。

デンタルローンは歯科治療専用の融資で、虫歯治療だけでなくホワイトニングにも充てられます。

◎デンタルローンの特徴

  • 6回〜60回の分割支払いができる
    (1年〜8年の支払い期間)
  • 金利は4%〜8%
  • 申込先によってはクレジットカードや収入証明書などが不要

デンタルローンのプランによっては5年から8年と返済が長期なので、虫歯が複数ある方やインプラント治療を検討している方でも無理なく治療費を毎月支払えます。

例えば2本の歯をインプラント治療して総額60万円かかった場合でも、60回払いで月々1万円です。

そしてデンタルローンの利点は、カードローンよりも金利が低いこと。

消費者金融のカードローンだと金利は年15%〜18%はかかりますが、デンタルローンだと年4%〜8%しかかかりません。

先ほどの「総額60万円の60回払い」を例にだすと、カードローンよりもデンタルローンの方が初月の返済が5,500円も安くなります。

初月返済の内訳

例)総額60万円を60回払いする

  • 【金利が年15%のカードローンの場合】
    ⇒600,000÷60+(600,000÷12×0.15)=17,500円(初月の支払い)
  • 【金利が年4%のデンタルローンの場合】
    ⇒600,000÷60+(600,000÷12×0.04)=12,000円(初月の支払い)

虫歯の治療費を一括で支払うのは難しい
納得のいく治療のためにも、治療費で妥協したくない

このような方はデンタルローンを検討してみてください。

デンタルローンの申込み方法・手順

デンタルローンじは「インターネット」「クリニックの窓口」のどちらかで申し込みできます。

そして申し込みから融資までの大まかな流れがこちら。

  1. インターネットまたは窓口で申込み
  2. 申込み内容を審査
  3. 審査通過後にローン契約書が送付される
  4. 契約書の必要事項を記入し返送する
  5. 契約書の内容が確認できたら融資

クリニックによっては提携しているデンタルローン会社もあるので、まずは歯科ローンの提携があるか確認しておくといいでしょう。

③高額療養制度なら一部費用が返ってくる

虫歯の治療費を支払った後の生活が困窮しそうな方は、高額療養制度を視野に入れてみてください。

高額療養制度は医療費の自己負担額が一定額を超えると、その超えた分の金額が戻ってくる制度。

事後申請で返金してもらうこともできますし、事前申請で当日窓口での支払いを減らすこともできます。

ただし全ての人が返金対象となるわけではなく、自己負担となる上限額も異なるので注意してください。

  • 制度を受けるのは審査が必要
  • 返金対象となる金額のラインは申込者の年齢や所得によって異なる

審査がありますが、審査を通過できれば虫歯の治療費をグッと抑えられます。

例えば年収が370万円以下の方なら高額療養制度による自己負担額が【57,600円】と決まっているので、治療費が15万円でも実質負担はたったの57,600円。

インプラントや被せ物の治療で費用が高額になる方は、まずは高額療養制度に加入するといいでしょう。

また一時的に知人やカードローンで治療費を借りて支払い、高額療養制度で超過分が支給されたら返済に回すというのも一つの手です。

高額療養制度の申込み方法・手順

高額療養制度の申請から、クリニックの窓口提出までの手順がこちら。

※自己負担上限額は厚生労働省で確認できるので、事前に確認しておきましょう。

【事前申請】

  1. 加入している保険者に「限度額適用認定証」の交付を申請
    ※健康保険組合、協会けんぽ、共済組合、国民健康保険で申請できます。
  2. 歯医者の窓口で「限度額適用認定証」を提示

【事後申請】

  1. 歯医者の窓口で治療費を払う
  2. 1ヶ月の虫歯治療費の自己負担額が上限を超えた場合、支給申請をする
    ※健康保険組合、協会けんぽ、共済組合、国民健康保険で申請できます。
  3. 2〜3ヶ月ほどで自己負担限度額の超過分が払い戻される

前述した通り高額療養制度は治療費が高額だった時に申請する「事後申請」と、治療を受ける前に申請する「事前申請」があります。

事前に「限度額適用認定証」を申請しておくと、治療当日は自己負担限度額までの支払いでOKで立替える必要がありません。

また事前申請は、虫歯の治療費が限度額を超えるかどうか不明な場合でも支給申請できます。

虫歯の治療までに時間の余裕がある方は、事前に高額療養制度を申請しておくといいでしょう。

④カードローンで治療費分だけ借りる

虫歯の治療費を含め、通院中の生活費も賄うならカードローンがおすすめです。

上述で紹介したデンタルローンよりも金利が高いですが、借りたお金は治療費以外にも充てることができます

そのため虫歯の治療期間中でも生活費を切りつめたり、欲しかった物を我慢したりしなくてもOK。

他にもカードローンは業者によっては、以下のようなメリットもあります。

  • 業者によっては即日でお金を借りられる
  • 大口融資で高額の虫歯治療にも当てられる
  • 家族や会社にバレずにお金を借りられる
  • 利息0の無利息期間を設けている会社もある

消費者金融やカードローンというと「怖い取り立て」をイメージする方も多いですが、現在では法律が厳しくなり違法な取り立てや高金利の設定はありません

万が一返済が遅れても、郵送や電話で催促の連絡がくるだけなので安心してください。
(関連記事:【消費者金融(サラ金)とは】キャッシング初心者向けにどこよりもわかりやすく解説!)

「虫歯治療のために、家族や知人にお金を借りるのは気まずい」
「虫歯の治療費だけでなく、治療期間中の生活費もまかないたい」

このような方は、カードローンを利用して虫歯治療を検討してください。

カードローンの申込み方法・手順

カードローンは店舗窓口もありますが、インターネットで申し込める会社が多いです。

インターネット申込みならスマホがあれ自宅だけでなく、電車や外出先からでもすぐに申込みできます。

カードローンの大まかな申込み手順がこちら。

  1. インターネットで必要項目を記入し申込み
  2. 仮審査の結果が届く
  3. 身分証明書・収入証明書など必要書類を送る
    ※必要書類を写真でアップロードするだけのローン業者もあります。
  4. 本審査後に結果が届く
  5. 自動契約機または郵送でローンカードを受け取る
    ※口座への振込融資を希望の方は、ローンカードの発行は必要ありません。
  6. 登録完了後に指定口座へ融資が振り込まれる

「WEB完結申込み」を提示しているローン会社なら、必要書類も写真でアップロードするだけ

必要書類を郵送する必要がないので、すぐに申込みが完了します。

また「最短30分審査」などを実施しているローン業者もあり、今すぐ虫歯の治療費をまかないたい方にも最適です。

虫歯治療をサポートするサービス・制度

虫歯の治療費では、以下のように治療費の控除や保証を受けることもできます。

  • 【医療費控除】虫歯の治療費を免除できる
  • 【インプラント保証】インプラント治療の総額を安くできる

中でも医療費控除の申請には審査などなく、確定申告の手続きをきちんとすれば対象になる可能性が高いです。
※控除対象は金額や治療内容で異なります。

上述でご紹介した虫歯の治療費を賄う対象法と合わせることで、より治療費によるダメージを軽減できます。

【医療費控除】治療費に応じて納税額が安くなる

「医療費控除」はその名の通り、虫歯治療をはじめとする治療費の一部を納税の際に免除してもらえる制度

申請すれば虫歯の治療費が戻ってくるわけではなく、医療費に応じて税金を再計算することで納税額が減るという仕組みです。
(年収300万円の方が20万円の控除を受けた場合、年収280万円として税金を計算するイメージです。)

個人事業主の方は、医療費控除を確定申告に反映させることで節税対策にもなります。

そして医療費控除の詳しい条件・内容がこちら。

  • 納税者(控除対象者)が、自分や配偶者・その他家族のために支払った治療費である
  • その年の1月1日から12月31日までの間に支払った治療費である
    ※年内に治療を受けても、支払いが翌年だと対象外
  • 医療費控除の上限額は200万円
  • 《治療費–その他の保険から支給さ給付金–10万円(※)》が控除額になる
    ※差し引く10万円は、年間総所得が200万円以下の方は総所得の5%を引いた金額になる

例えば虫歯の治療費30万円でその他の給付金がない場合、《治療費30万円–保10万円=20万円が控除》ということになります。

さらに治療費以外にも、通院のための交通費や入院中の食事代も控除対象。

虫歯の症状が重く、通院が必要な方でも無理なくクリニックに足を運べます。

医療費控除の申請方法

医療費控除の申請方法は、以下の「医療費控除の明細書」を確定申告の時に提出するだけです。

医療費控除の明細書は、税務署の窓口で配布されていたり国税庁のホームページからダウンロードできたりします。

医療費控除の申請書引用:国税庁 

医療費控除の申請で注意すべき点がこちらの3つ。

  • 3月15日までに税務署で医療費控除の申請と一緒に確定申告を済ませる
  • 歯医者や薬局の領収書は5年間は保存しておく
  • 交通費など領収書がない場合は「金額、区間、日付」をメモしておく

平成29年から医療費控除の申請では、領収書の提出が不要になりました。

しかし税務署から提出を求められる場合もあるので、5年間は領収書保存する必要があります
(「医療費が異常に高い」といった際には、領収書の提示を求められる可能性が高いです。)

虫歯の治療費が予想以上にかかりそうな時は、領収書をすべて保管して確定申告で控除申請しておくといいでしょう。

【インプラント保証】パッケージ料金や無償保証を受けられる

はじめにもお伝えしましたが、インプラントは歯1本で平均総額30万円もかかるほど高額な治療。

そのため最近では「インプラント保証」が増えてきています。

インプラント保証とは、

  • パッケージ料金で受けられる
  • 5〜10年の無償保証
  • 分割払いサービスを受けられる

といった内容でインプラント治療を受けやすくするサービス。

インプラント保証会社と提携している歯医者や、独自に保証制度を用意している歯医者で保証を受けられます。

歯のインプラント治療は診察料から手術代、インプラント本体代など費用が様々。

追加費用が発生することも考えられますが、パッケージ料金を用意している保証プランなら追加費用なく定額で虫歯治療を受けられるのが魅力です。

歯がボロボロでインプラント治療を考えている方は、インプラント保証がある歯医者が最寄りにないかチェックしてみましょう。

放置しがちな虫歯治療ですが、進行具合によっては歯1本で5,000円〜数万円の治療費が必要になります。

虫歯が複数あって治療費を一括で支払えない方は、今回ご紹介した治療費を賄う方法やサービス・制度を取り入れてみましょう。

◎虫歯の治療費が払えない時の対処方法

  • 分割支払いできないか医師に相談してみる
  • デンタルローンで治療費をまかなう
  • 高額療養制度なら一部費用が返ってくる
  • カードローンで治療費分だけ借りる

◎虫歯治療のサポートサービスや制度

  • 治療費によって納税額が安くなる「医療費控除」
  • インプラントのパッケージ料金や無償保証がある「インプラント保証」

窓口ですぐに支払えないなら、デンタルローンやカードローンで融資を受けるのがベスト。

カードローン業者の中には、“即日融資”を設けているところもあるので今すぐにお金を借りられます。

また6万円以上になるなら「高額療養制度」にも加入しておくと、高額な治療費をカットできて負担が少ないです。
※高額療養制度の自己負担額の上限は57,600円からです。

この御時世みなさんへの治療費体制は十分に整っているので、無理なく治療費をまかないって虫歯をきっちり治していきましょう。