楽天銀行スーパーローンの審査を解説!

「すでに楽天銀行の口座を持ってるけど、カードローンはだれでも利用できるの?」
「楽天銀行でお金を借りたい!申し込みからの流れを知っておきたい」

など、利用者が多いからこそ「楽天銀行のカードローン審査ってどんな感じなの?」と気になっている方も多くいらっしゃるでしょう。

結論からいうと楽天銀行スーパーローンは、銀行カードローンの中でも幅広い方が利用できる間口の広いカードローンです。

申し込み条件は「20歳~62歳以下で毎月安定した収入がある」ことだけ。

  • 未成年や63歳以上で申し込み条件から外れている人
  • 自分自身に収入のない無職の人
  • 利用中のローンやクレジットカードで3ヶ月以上の返済遅れ/延滞をしている人
  • ウソの情報で申し込もうとしている人

“申し込み前から審査落ちしてしまう”人の特徴に当てはまらなければ、借入れできる可能性があります。

このページでは楽天銀行スーパーローンの審査の流れや審査基準を解説。

楽天銀行で最短日数で借入ができる方法まで紹介しているので、申し込む前にぜひ参考にしてみてください。

楽天銀行スーパーローンの審査基準

冒頭でも述べた通り、楽天銀行スーパーローンは幅広い方に対する審査に前向きな姿勢がうかがえる銀行カードローン。

以下の3つのポイントから、楽天銀行スーパーローンの審査は前向きだと考えられます。

  • 20歳~62歳以下で毎月収入があれば、正社員以外も申し込める
  • 年収の高い/低いにかからず、毎月2,000円ずつ返済できれば審査に通る可能性が高い
  • 保証会社2社のうち1社の審査に通れば借入れできる

毎月の安定した収入の有無

楽天銀行スーパーローンは安定した収入があれば申し込める。

楽天銀行スーパーローンで最低限満たすべき条件は以下の2つだけ。

  • 満20歳以上、62歳の方 ※パート・アルバイトの方は60歳以下
  • お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方

雇用形態の縛りがなく、正社員の方はもちろん契約社員や派遣社員の方など幅広い方が申し込めます。

また毎月収入があれば自営業や個人事業主の方はもちろん、アルバイトの学生の方やパートをしている主婦の方にも借入れができる可能性があります。

返済可能な収入の有無

毎月の最低返済額は2,000円から。

楽天銀行スーパーローンでは毎月の返済額を2,000円からと低めに設定しています。

カードローン 毎月の最低返済額
(10万円を借りた場合)
楽天銀行 2,000円
じぶん銀行 3,000円
オリックス銀行 7,000円
みずほ銀行 10,000円

「毎月の返済額が低い=少しずつしか返済ができない方でも審査に通る可能性がある」ということ。

たとえば「月収が5万円だけ」など収入が多くない方でも、毎月2,000円ずつなら無理なく払い続けられる金額です。

年収の高い/低いが審査に強く影響しないと考えられるので、楽天銀行スーパーローンは幅広い層の利用を想定しているといえます。

保証会社の審査

2社の保証会社がそれぞれの審査基準で審査してくれる。

楽天銀行スーパーローンでは、審査を担当する2社の保証会社(※)のうちどちらか1社の審査に通れば借入れできます。

icon-hand-o-right ※保証会社とは

銀行カードローンの審査を担っている金融関連会社のこと。

「保証会社の審査に通る=楽天銀行スーパーローンの審査に通る」と考えてOK。

保証会社 特徴
楽天カード株式会社
  • 楽天カード(クレジットカード)の審査や運営業務を担当
  • 楽天銀行の信用保証業務に特化
株式会社セディナ
  • 三井住友フィナンシャルグループ傘下の大手クレジットカード会社
  • セディナ自体もカードローン業務を運営し、審査ノウハウが豊富

たとえば楽天カード株式会社の審査に落ちてしまった方でも、株式会社セディナの審査には通る可能性があります。

また楽天銀行スーパーローンの保証会社はどちらも柔軟に審査に対応してくれます。

楽天銀行スーパーローン審査の流れ

楽天銀行スーパーローンの審査の流れは以下の通り。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 在籍確認
  4. 仮審査結果の通知
  5. 書類の提出
  6. 本審査・本審査結果の通知
  7. カード発行・借入れ
  8. 口座振替依頼書の返送

また審査のステップごとに”審査に落ちてしまう”人の特徴もあわせて解説していきます。

 24時間好きなときにWebから申し込み

インターネットからなら24時間申し込みを受け付けてくれている。

楽天銀行スーパーローンの申し込み方法は以下の2つです。

  • インターネット(PC・スマホ)
  • 郵送

おすすめはネット申し込み
スマホ1つで申し込み~借入れまで完結できて、24時間いつでも申し込みOKです。

また楽天会員の方・楽天銀行の口座を持っている方は、専用フォームから申し込むと氏名や住所など基本情報の入力を省けます。

登録したメールアドレス宛てに「受付完了」のメールが届けば、申し込み情報の登録はOKです。

 

ウソや間違った情報で申し込むと即・審査落ち

「年収200万円だけど400万円にしておこう…」など、ウソの情報で申し込んだ時点で即・審査落ちです。

申し込み情報は信用情報と照らし合わせて確認されるため、虚無の情報を記載しても必ずバレます。

icon-hand-o-right 信用情報とは?

利用中のローンの申し込み履歴やクレジットカードの返済状況などの金融取り引き情報のこと。

生年月日や住所、年収、他社借入れ状況などの個人情報も共有されます。

特に他社借入件数・金額をアバウトに記入すると、「自分の返済能力をわかっていない」と見なされて審査落ちの原因になります。

また生年月日や住所などでうっかり入力ミス・間違いをしてしまうと、「ウソの情報で申し込んできた」と疑われてしまうので注意してください。

仮審査で限度額や金利を決定

仮審査は「スコアリングシステム」を利用したコンピューターによる自動審査。

仮審査は「スコアリングシステム」を使ったコンピューターによる自動審査です。

申し込み情報を属性ごとに点数化し、その総合点が合格ライン上にあれば「貸付け可能」と判断されます。

【仮審査でチェックされる基本的な項目】

  • 年齢
  • 勤務先情報(職業、勤続年数)
  • 年収
  • 住宅情報(居住区分、居住年数)
  • 家族構成(配偶者の有無、同居家族の人数)
  • 他社借り入れ状況(借入れ件数、借入れ総額)

また楽天銀行スーパーローンでは仮審査の時点で、「限度額をいくらにするか」「どれくらいの金利で貸すか」まで決定します。

 

仮審査で落ちてしまう人の特徴3つ

仮審査で落ちてしまう可能性があるのは、以下のような人です。

  • 61日以上の返済遅れ、自己破産といった返済トラブルの記録が残っている
  • 他社借入が3件以上、または年収の3分の1以上の借入れがある
  • ひと月のうちに2社以上に申し込んでいる

仮審査では信用情報から”申し込み者の返済能力・信用度”を細かくチェックしています。

特に61日以上の返済遅れなどの事故情報が信用情報に残っていると、最長で10年間はどのカードローン審査にも通りません。

事故情報 情報の保有期間
61日以上の返済遅れ 1~5年
3カ月以上の連続延滞 5年
債務整理・個人再生 5年
自己破産 7~10年
代位弁済 5年

※返済ができなくなった利用者の代わりに保証会社が借金を支払うこと

さらに楽天銀行に申し込んだ時点で他社借入が3件以上、または年収の3分の1以上の借入れがあると「ウチに返す余裕がないかも…」と返済能力を疑われてしまいます。

またひと月に2社以上のカードローンに申し込んでいる人は「よっぽどお金がないのだろう」と判断されてしまい、審査でかなり不利になるので要注意です。

在籍確認の電話

楽天銀行から勤務先に在籍確認の電話がかかってくる。

楽天銀行からみなさんの職場へ、在籍確認の電話が必ずかかってきます。

残念ながら「電話がかかってくる時間」「担当者の性別」は指定できませんが、電話口では「担当者の個人名」を名乗ってくれるので周囲にバレる心配はありません。

本人が職場に在籍していることさえ分かればいいので、本人が在籍していることが確認できれば1分以内で在籍確認が完了します。

また本人が電話に出られなくても、勤務先で働いていることが確認できれば在籍確認とみなされます。

 

在籍確認の電話がつながらないと審査落ちの可能性あり

「1週間以上誰も電話に出なかった」など、長い期間電話に繋がらないとそのまま審査落ちすることもあります。

できる限り自分宛ての電話には1回目で対応するようにし、電話に対応できる人がいる日にちや時間帯も確認しておきましょう。

また在籍確認の電話がなかなかつながらないと審査が長引く原因になるので、「できるだけ早く借入れたい!」という方はタイミングに注意してください。

仮審査結果を電話で通知

仮審査の結果と本審査で提出する書類が電話で通知される。

仮審査結果は最短で申し込んだその日のうちに、電話で通知されます。

この時点で契約できる限度額・金利の確認ができます。

スコアリングの結果によっては「限度額50万円を希望されましたが、100万円でも貸出しができます」と提案されることもあるので、ご自分の好きな方を選んでください。

また電話口で本審査で提出する書類が指示されるので、確認するようにしましょう。

 必要書類をスマホからアップロード

書類提出は写真を撮ってアップロードすればOK。

必要書類は仮審査結果の通知から3日以内に提出してください。

【本人確認書類(いずれか1枚の写し)

  • 運転免許証(※)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 個人番号カード

※運転免許証を持っている方は必ず「運転免許証を提出してください」と指示されます。

 

【収入証明書(どれか1枚の写し)

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 給与明細書(1ヶ月分)
  • 確定申告書

※審査の内容によって使える収入証明書は変わるので注意してください。

メールで届く「受付番号」と生年月日を入力して、楽天銀行のアプリから書類の写真をアップロードして提出するとスムーズです。

楽天銀行スーパーローンは専用アプリから簡単に書類を提出できる。

 

提出書類に不備があると審査落ちの可能性あり

提出した書類に不備があると再提出を求められたり、最悪の場合審査に落ちてしまうこともあります。

スマホで撮影した写真をアップロードする場合「ボケていて読み取れない箇所がある」「画像が暗すぎる」など不鮮明にならないように注意しましょう。

提出書類が下記の条件を満たしているかどうかも確認してください。

  • 発行日付のあるものは6か月以内に作成されたものか
  • 有効期限のあるものは期限を過ぎていないか
  • 記載されている住所は現住所と同じか
  • 本人の名前や会社名が印字されているか
  • 税務署印など必要な印が押されているか

本審査結果をメールで通知

本審査では今までの申し込み情報・信用情報・提出書類をもとに返済能力を見定められる。

本審査では提出された書類や申し込み情報、信用情報をもとに「申し込んだ本人かどうか」「仮審査で決めた限度額を確実に返せるか」を最終チェックします。

【本人確認の項目】

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 年収
  • 勤務先情報 などの個人情報

 

【返済能力を確認する項目】

  • 他社借り入れ件数や借入れ総額
  • クレジットカードやローンの返済状況
  • 債務整理や自己破産などの有無
  • 他社ローンへの申し込み履歴や状況

申し込み情報と提出書類、信用情報に食い違いがなければ本審査で落とされることはほとんどありません。

本審査結果はメールで通知され、書類提出から本審査結果の通知までは2日が目安です。

カードが発行後に即日で融資可能

振り込みで借りれば最短即日で融資を受けられる。

楽天銀行スーパーローンではローンカードが必ず発行され、5日から1週間程度で自宅宛てに郵送されます。

カードが手元に届き次第、全国の提携ATMやネットバンキングから借入れOKです。

 

カードが届く前に口座振込みでも借入れできる

「今スグ借りたいのに5日も待てない!」という方は、カードが届く前に口座振込みで借入れOKです(※)。

詳しくは後述しますが、口座振込みで借入れをするにはネットか電話で振込み希望金額を楽天銀行へ伝えておく必要があります。

遅くとも本審査通過の翌営業日までには、申し込みで登録した「支払い用口座」に振り込んでもらえます。

口座振替依頼書を郵送で返送

カードと一緒に口座振替依頼書が郵送で届く。

最後にローンカードと一緒に届く「口座振替依頼書」に、返済で利用したい「支払い用口座」を書いて楽天銀行に返送してください。

ただしネットの申し込みフォームで楽天銀行口座を「支払い用口座」に指定した場合は記入・返送なしでOK。

これで手続きはすべて完了し、初回利用の翌月から口座自動引落しで返済が始まります。

 

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまう人の特徴をおさらい

ここで楽天銀行ス―パーローンの審査で落ちてしまう人の特徴をおさらいしましょう。

  • ウソや間違った情報で申し込む
  • 61日以上の返済遅れ、自己破産といった返済トラブルの記録が残っている
  • 他社借入れが3件以上、または年収の3分の1以上ある
  • ひと月のうちに2社以上に申し込んでいる
  • 在籍確認の電話に1週間以上出ない
  • 提出書類に不備があったり、提出書類を偽造したりする

該当しない方であれば、楽天銀行スーパーローンの審査に通る可能性は十分あると言えます。

楽天銀行スーパーローンの審査時間は最短3日!

楽天銀行スーパーローンで最短3日で借りるには口座振込みを利用することがポイント。

楽天銀行スーパーローンで最短日数で借入れするには、口座振込みを利用するのが大前提。

項目 かかる日数の目安
申し込み~仮審査結果の通知 即日~
本審査~本審査結果の通知 2日~
本審査終了~口座振込み 即日~翌営業日

口座振込みを利用すれば最短3日でお金を借りるのも夢ではありません。

ここでは”楽天銀行スーパーローンで少しでも早く借入れを成功させる3つのコツ”を紹介していきます。

icon-hand-o-right 楽天銀行スーパーローンから最短で借りるコツ
  1. 審査をしていない土日・祝日を避けて平日にネット申し込みをする
  2. 申し込み時点で振込み希望金額を楽天銀行へあらかじめ伝えておく
  3. 申し込み前に楽天銀行口座を開設し、振込み先へ指定する

土日・祝日を避けて平日に申し込む

審査をスムーズに進めるには、土日・祝日を避けて平日にネット申し込みするのがベストです。

楽天銀行は土日・祝日は審査をしていないので、休日に申し込んでしまうと審査スタートが週明けまで延びてしまいます。

また審査は先着順なので、申し込む人の少ない平日の午前中を狙うのがベターです。

 

申し込んだあとに楽天銀行へ「借入れを急いでいる」と電話しておく

ネット申し込み後に楽天銀行へ電話して「借入れを急いでいる」とアピールしておくのもおすすめ。

審査時間が短くなったり、審査手順が省かれたりするわけではありませんが、今後の審査や手続きを優先してもらえる可能性があります。

振込み希望金額を楽天銀行へあらかじめ伝えておく

口座振込みですばやく借りるには、申し込みの時点で楽天銀行へ振込み希望金額を伝えておくことが重要です。

ネットの申し込みフォームの最後に「振り込んで欲しい金額」を入力する欄があるので、希望した限度額の範囲内で入力しておきましょう。

「振込融資ご希望金額」を記入した場合、初回の借入れ方法は自動的に口座振込みになりローンカードが自宅に届く前に借入れできます。

また申し込み時に「振込融資ご希望金額」を入力しなかった場合でも、本審査結果の通知がくるまでに楽天銀行へ電話して振込み希望金額を伝えればOKです。

楽天銀行カードセンター(融資受付)

  • 電話番号:0120-730-115
  • 受付時間:9:00~17:00(平日のみ)

楽天銀行の口座を振込み先に指定する

楽天銀行の口座を振込み先に設定しておけば、審査が夜に終わってもその日のうちに振り込んでもらえます。

登録口座 振込み受付時間 振込み時間
楽天銀行 24時間365日 即時
その他の金融機関 平日 00:10~
14:45
当日
9:00~15:00
14:45~
23:50
翌営業日
9:00~15:00
休業日
(土日祝、年末年始など)
00:10~
23:50
翌営業日
9:00~15:00

楽天銀行スーパーローンの審査をしてくれるのは平日朝9時から夜20時まで

振込み先が楽天銀行以外だった場合、審査が終わるのが14時45分以降なら振り込まれるのは翌日になってしまいます。

楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンでありながら新規利用の審査に前向きです。

20歳以上62歳以下で毎月2,000円ずつ返済できる方なら、契約社員や派遣社員でも審査に通る可能性があります。

スマホ1つで申し込み~カード発行まで完結できて、融資を受けるまでにかかる時間は最短3日。

「できるだけ早く借りたい!」という方は、平日の午前中に申し込んで「振り込みで借りたい金額」を忘れずに入力してください。