ヒトが生きていく上で切っても切り離せないもの。

それは”お金”ですよね。

「毎日ご飯を食べる」
「毎月電気・ガス・水道などの光熱費を支払う」
「欲しかったブランドもののバッグを買う」
「知人とお食事に行く」
「趣味で料理教室に通う」


何をするにもお金が必要になってきます。

そんなお金にまつわる悩みや不安を解決し、みなさんが今よりも豊かで実りある生活を送れるようにサポートするべく当サイトは誕生しました。

「カードローン=借金」という考え方は時代遅れ?!

  • カードローン=お金にルーズな人が利用するもの
  • 借金は貧乏な人がするもの

一昔前まではこのような風潮が蔓延していましたよね。

たしかに「後先のことを考えずに自分の身の丈以上のお金を借りる人は褒められたものではない」というのは今の時代も変わりません。

しかし当サイト(カードローンの巨匠)の見解としては「今足りない分のお金を、返せる範囲でカバーする」ための借金なら、後ろめたさを感じる必要はないと考えています。

実際に同様の考えのもと、日本人の3人に1人はカードローンを利用しています。

カードローンの利用と年収に関するアンケート結果
(引用元:ジャパンネット銀行HP「カードローン利用に関する実態・意識調査実地」より

また表をみてわかるのは、世帯収入が多い人の利用割合が多いということ。

カードローンは、決して「収入が少ない人が最後にすがりつく苦肉の策ではない」ということがわかります。

カードローン=生活を豊かにするための”第2の財布”

それでは実際にカードローンを利用している人は、借りたお金を何に使っているのでしょうか?

まずは下記の調査結果をご覧ください。

カードローンの利用目的に関するアンケート結果
(引用元:ジャパンネット銀行HP「カードローン利用に関する実態・意識調査実地」より

表を見てわかるように、2大利用目的は「娯楽・交際費」「生活費」。

  • ちょっとした贅沢がしたい
  • 人付き合いで飲みにいきたいけど、お金が足りない
  • 水道代や電気代など、生活に必要なお金が足りない

など「不自由なく生活するため」「生活をちょっとだけ豊かにするため」に、カードローンを利用しているのが多いことがわかります。

緊急時に足りないためのお金をカバーするための「第2の財布」として利用している人が多いんですね。

当サイト【カードローンの巨匠の存在意義】

「いざカードローンを利用しよう!」と思っても、初めての人にとっては融資の仕組みや流れなどわからないことだらけですよね。

ただ実際にネットで調べてみても「どこの誰が言ってるのかよくわかならいような情報」が溢れているので、イマイチ信頼性に欠けています。

そんなみなさんのモヤモヤを解消するべく、当サイト(カードローンの巨匠)は誕生しました。

モットーは「他のどのサイトよりも正確に、わかりやすくカードローンの情報を提供する」こと。

全ページを公認会計士の方に監修していただいていることで、情報の信頼性・正確性は担保されています。

監修者の詳細はこちら

また、

  • 難解な語句は噛み砕いてわかりやすく解説する
  • 複雑な仕組みについては身近な具体例を用いて解説する

など、カードローン初心者の人でも難なく理解できるような親しみやすい表現で文章になるような工夫を凝らしています。

他のサイトで「?」になってしまった部分も、当サイトのページを読めばより理解が深まることでしょう。

当サイトを通じてカードローンに関する正しい知識を身に着けて、念願の借り入れを達成することを切に願っております。