アシスト法律事務所

アシスト法律事務所は、債務整理・遺産相続・離婚問題に力を入れている弁護士事務所です。

特に債務整理の相談は無料で簡単にできるので、借金解決の相談所として人気を誇っています。

しかし、無料で相談できる便利なサービスだからこそ、

  • 借金相談をすれば無理に債務整理をされるのでは?
  • 無料で相談するデメリットを知っておきたい

といった疑問点も尽きないことでしょう。

この記事では『アシスト法律事務所』の口コミ、評判について解説していきます。借金問題を相談するか迷っている方の参考になると幸いです。

また、弁護士に債務整理をする際のメリット・デメリットといった、今まさに借金返済で困っている方にとって役立つ内容も解説します。

アシスト法律事務所の基本情報

アシスト法律事務所の基本情報
実績がある案件 借金・債務整理・遺産相続・離婚問題
所属弁護士 鈴木 幸善 弁護士(東京弁護士会)
住所 〒 103-0023
東京都中央区日本橋本町4-1-12日本橋秋山ビル8階
最寄り駅 新日本橋(三越前)駅

アシスト法律事務所は東京に事務所を構えていますが、全国のお客様に対応するため、出張相談やWEB相談にも力を入れている事務所です。

アシスト法律事務所の特徴!

1.債務整理費用について明確に案内してくれる

債務整理を依頼するのは弁護士費用が高いと不安に思っている方も多いですが、アシスト法律事務所では相談時に金額を明確に教えてもらう事ができます。

債務整理をする際に減額できる借金と、債務整理にかかる費用を天秤にかけられるので、債務整理するかどうかの判断を自分で明確に判断できます。

2.土日祝日でも対応をしてくれる

平日はお仕事で時間が取れない方でも、債務整理の相談をすることができます。家族に内緒で相談をしたい、誰にもバレずに借金相談をしたい方は、土日の相談がおすすめです。

平日の仕事終わりに比べると時間を作る言い訳を作りやすいので、一人でこそっと相談をすることができます。

特に土日の時間帯は予約が埋まりやすいので、出来るだけ早い相談・予約がおすすめです。

3.豊富な実績とデータで適切な回答が貰える

債務整理をするかどうかの判断は、弁護士事務所に任せるのがおすすめです。

借金の金額だけで判断できるものではなく収入、生活状況、年齢などのデータから総合的に判断する必要があります。

また債務整理と一言で言っても自己破産、個人再生、民事再生など種類が複数あるので、あなたに合う債務整理の種類を選べるようにしましょう。

弁護士事務所は過去の色々な事例やデータを所有しているので、あなたの借金状況に合わせて選択肢を複数提示してくれます。

icon-hand-o-right あなたの状況に合わせた解決策を知ろう!

自分では債務整理をした方が良いと思っている場合でも、弁護士に相談をすることで債務整理をしない借金の返済方法が見つかる事もあります。

アシスト法律事務所では毎日のように借金相談を受け付けているので、強制的に債務整理を促すのではなく、適切な答えを貰う事ができます。

※アシスト法律事務所なら無料でLINE相談を今すぐ行う事ができるので、あなたも今すぐに借金相談を無料で行ってみませんか?

アシスト法律事務所にLINEで相談をする流れ

アシスト法律事務所に相談の流れ

アシスト法律事務所では、365日24時間LINEで無料相談を受け付けています。

LINEでお問い合わせをする時に、下記の入力があるとスムーズに状況を把握してもらうことができます。

  • 借入社数(会社名)
  • 現在の借入総額
  • 毎月の返済金額
  • 最初に借入をした時期
  • 現在の収入

相談段階でお金が発生することなく、債務整理をするべきかどうかの判断をしてくれます。

実は相談者の大半が債務整理の必要はなく、借金の完済に向けたアドバイスで終了することが多いです。

あなたもまずは借金問題の専門家に相談をすることで、借金完済を目指しませんか?

アシスト法律事務所はこちら

アシスト法律事務所の口コミついて

アシスト法律事務所の口コミ

任意整理で借金の減額に成功!評価:★★★☆☆3

  • 37歳・会社員(男性)・年収400万円

結婚前から、会社の接待交際費が嵩んだことが原因して150万円程の負債を抱えておりました。

結婚してからは、妻が給与を管理するようになり、自分の小遣いの範囲で遣り繰りしていました。

同僚との飲み会などで一時的に手持ち金が不足してしまった際など、カードに頼り、気が付けば負債は230万円程に膨らんでしまいました。

自分の小遣いの範囲では返済ができなくなり、妻に相談すれば離婚にも発展しかねないため、思い切って専門家に相談することにしました。

債権調査の結果は4社からの借入れのうち、1社過払いが出ており、総債務を120万円程に減らすことができました。

手続きも、一時破産も頭をよぎりましたが、任意整理という手続きで問題を解決できました。

家族に内緒で進めることができ、月々の支払も9万円程から2万円程に減額することができました。

一人で悩まずに、思い切って相談して本当に良かったです。

ヒショチャンのワンポイント解説!

相談後の借金返済額が234万円から122万円に減額

自己破産をしなくても月々の返済金額が9万円から2万円の減額に成功しているので、完済までのスケジュールを立てることができます!

金利が0%になっているので、返済が非常に楽になっていますね。※詳しくは下記の表をご覧ください。

相談前 相談後
借入先 4社 3社
返済総額 234万 122万
月々支払 9万 2万
金利 15〜18% 0%
アシスト法律事務所の口コミをもっと見る

過払返還金が400万円!評価:★★★★☆4

  • 65歳・農家(男性)・年収600万円

長年農業を営んでおりまして、
天災などで売り上げが落ち込んだ時など、クレジットカードを利用して急場をしのぐこともありました。

その時はお金を貸していただき、とても助かりました。
しかし、完済してからは過去に使用していたカードのことなどすっかり忘れていました。

昨今「過払請求」という言葉をCMやラジオで耳にするようになり、
もしかしたら自分にもあるのではないかと思い、思い切って相談することにしました。

どこのカード会社で借りていたのかも記憶が薄れていましたが親身になって話を聞いて下さりました。

また、ちまたで言うところの「ブラックリスト」に名前が載ってしまうのではないかと、その点も心配でした。

しかし、完済している過払については、信用情報に傷がつくことは無いと丁寧に教えてくださいました。

結果、400万円もの過払返還をしていただき、手続きも非常にスピーディで嬉しいことばかりでした。

長い老後ですから、妻と旅行に行く資金に充てたいと思います。

本当にありがとうございました。

任意整理で月々の返済が8万円から3万円!評価:★★★☆☆3

  • 46歳・主婦(女性)・年収150万円

5年ほど前、両親の介護でまとまったお金が必要になりました。

当時、我が家には高校生の息子が2人もいました。

家計に余裕がなく、私は夫に内緒で信販会社1社、消費者金融2社から借入れをしました。
理由は両親の入院、治療費です。

その後も教育費が嵩み、借金は200万円ほど膨らんでしまいました。

夫から渡される生活費の中で遣り繰りをしておりましたが、返済が厳しくなり、専門家に相談することにしました。

はじめに相談した法律事務所からは「まずは家族に打ち明けなさい」
「破産するしかない」、と厳しく言われてしまいました。

お金の管理に厳しい夫ですから、借金について打ち明けることに非常に抵抗があり、私は大変落ち込みました。

藁にもすがる思いで、アシスト法律事務所さんに相談をしました。

私の立場に寄り添ってくださり、とても親身になって話を聞いてくださいました。

まずは比較的ご家族に内緒で進められる「任意整理」を案内してくださり、
交渉の結果、月々の支払が8万円から3万円に減額に成功。

利息もかからないようして頂きました。

子供たちも巣立ち、私もパートを始めましたので、自分の収入の中から返済できるようになりました。

あの時アシスト法律事務所に相談して本当に良かったと、心から感謝しております。

相談前 相談後
借入先 3社 3社
返済総額 208万 181万
月々支払 8万 3万
金利 15〜18% 0%

※口コミは実際にアシスト法律事務所を訪れて、相談者の口コミ実績を頂いた信憑性の高いデータです。

アシスト法律事務所で債務整理をするとどうなる?

アシスト法律事務所に相談する前に、債務整理の基本情報を整理しておきましょう。

必ずしも自己破産が必要ではなく、利息の見直し、元本の見直しなど、4つの債務整理の方法があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

手続きの方法によって、メリット・デメリットも異なるので合わせて確認をしましょう。

<任意整理の特徴>

借金を全て無くすのではなく、借入先の債権者と話し合いをして、借金の返済金額(利息)を見直す方法です。

借金総額を減額することができるので、今よりも返済が楽になる方法です。

<メリット>

  • 利息を減らすことができる。
  • 他の債務整理に比べると手続きが簡単。

<デメリット>

  • 信用情報機関に登録される(約5年間の借入ができない)
  • 利息の見直しなので、借金の減額が少ない。

参考:金融庁:任意整理のイメージ

<特定調停の特徴>

任意整理のように借金の返済金額を見直す方法であり、任意整理と違う点は簡易裁判所の調停委員が間に入って話を進めます。

<メリット>

  • 借金の原因を問われない。
  • 債務整理時に財産を手放す必要がない。
  • 調停委員が手続きを進めてくれる。

<デメリット>

  • 信用情報機関に登録される(約5年間の借入ができない)
  • 裁判所に何度か行く必要がある。

<個人再生の特徴>

任意整理は借金の利息の見直しですが、個人再生は借金の元本を見直す方法です。借金の元本自体を見直すので、借金総額を大幅に減額できる可能性があります。

借金が今よりも50%以上減額できている方が多く、自己破産に比べるとデメリットが少ないので債務整理の中でも人気の手続き方法です。

<メリット>

  • 債務を原則80%前後減額することができる。
  • 必ずしも財産を手放す必要がない。

<デメリット>

  • 信用情報機関に登録される(約5年間の借入ができない)
  • 返済能力が無ければ個人再生手続きができない。

<自己破産の特徴>

税金を除く、抱えている借金を0円にする方法です。誰でも自己破産が出来るわけではなく、返済が不能と判断された場合に手続きをすることができます。

債務整理の中でも借金減額が大きいので、その分抱えるデメリットも大きくなります。

自己破産をできるかどうかの審査は裁判官が行います。

<メリット>

  • 借金の支払い義務を無くすことができる。

<デメリット>

  • 信用情報機関に登録される(最長10年間の借入ができない)
  • 最低限の財産以外は手放す必要がある。
  • 事業者であれば信用力を失う。

関連記事:金融庁:個人の自己破産申立件数の年別推移

ヒショチャン

債務整理をすると、必ず信用情報機関に登録されます。最長10年間ローンの審査に通らなくなります。

金融会社も借金を返せなかった方に対して、お金を貸すわけにはいかないので、信用情報機関に登録されているかを必ず確認します。

ローンに通らないことははデメリットですが、今後生活を立て直す上で借入に頼らない環境を手に入れることができます。

アシスト法律事務所のまとめ

アシスト法律事務所は、債務整理に強い弁護士事務所なので、あなたの借金減額に向けたサポートをしっかりと行ってくれるでしょう。

債務整理の手続きは上記に出てきたように手続きの種類が4つあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ご自身で債務整理の選択は難しいので、まずは専門家に無料相談をすることから始めましょう。

弁護士事務所によって得意な法律が異なるので、借金相談は債務整理案件を頻繁に請け負っているアシスト法律事務所がおすすめです。

アシスト法律事務所はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク