借金を返済中の人にとって、その金額が減らせるという話はとても魅力的ですよね。
複数の借金を返している人ならなおさらです。

「そんなうまい話があるわけない!」と思われるかもしれませんが、実は合法的に借金の額を減らす方法がいくつか存在します。

地道にコツコツ返済する以外に、いったいどのような仕組みで借金を減額できるのでしょうか?
具体的な方法と合わせてご紹介していきます。

借金を減額する4つの方法

借金を減額する方法には、主に次の四つがあります。
手続きが多少面倒に感じられるかもしれませんが、一度手続きしてしまえばその後は手間もかかりません。

おまとめローンで金利を下げる

おまとめローンは、複数のカードローンやキャッシングを利用している人が利用できるサービスです。今の借入利率より低い利率で新たに借り入れをすることで、借入先の金融機関を一社にまとめることができます。

複数のローンを返済していると、一口当たりの返済額が小さくても、毎月の返済額が大きくなってしまいます。しかも返済期日がそれぞれ異なるため、返済を忘れる原因になることもあります。

おまとめローンを使えば返済先が一つになるので返済計画が立てやすいだけでなく、借金の総額も把握しやすくなります。基本的に金利が下がる為、総返済額も減額できるという仕組みです。

弁護士に依頼して債務整理をする

債務整理とは、借金の減額や支払期限の猶予などによって、借金による生活苦から解放されるための手続きです。「債務整理」=「自己破産」のように思っている方もいますが、実際には「任意整理」「民事再生」「自己破産」という3つの手続きプラス「過払い金請求」があるので、知っておきましょう。

借金が減額できた場合に返還を続けられそうな場合は「任意整理」、そのままの金額だと返還が難しそうな場合は「民事再生」、財産がなく支払いが続けられない場合は「自己破産」など、人によって適した債務整理の方法は異なります。

過払い金の可能性がある場合は貸金業者に返還請求する「過払い金請求」は、厳密にいうと債務整理とは少し違う手続きになります。弁護士に相談すれば、過払い金請求も含めて適切な方法を対面でアドバイスしてもらえるため安心感が得られます。

借金減額ツールを使用する

借金減額ツールは借金減額シミュレーターとも呼ばれるサービスで、「債務整理をした場合、どの程度借金が減額できるか」を計算できるものです。

借入件数やそれぞれの金額、住んでいる地域、電話番号、メールアドレスといったいくつかの情報を入力するだけで良いので気軽に利用でき、試算結果や自宅周辺にある法律事務所も教えてくれます。「最初から弁護士に相談するのは気が重い」という人にとって、気軽に利用できるという点が最大のメリットといえるでしょう。

債務整理には自己破産だけでなくいくつかの方法がありますが、一般の人にはそれぞれがどのようなものかわかりづらいかもしれません。ツールを使えば、自分にはどの方法が合っているのかわかるという点も大きなメリットです。

過払い金請求で借金を減額する

過払い金とは、カードローンやキャッシングで、本来支払う必要がある金額よりも多く支払っていたお金のことです。長年借金を返してきた人は過払い金が発生している可能性があり、請求すれば過払い金を充当することで、借金を完済したり減額したりできるかもしれません。

2010年6月18日、改正貸金業法が完全施行されました。これ以前は利息制限法の上限を超えるいわゆる「グレーゾーン金利」による貸し出しが行われていたのですが、改正法施行以降は出資法の上限金利が20%となり、「グレーゾーン金利」は撤廃されました。そのため、これ以降に新たに借り入れをした人は過払い金がありません。

しかし2010年6月17日以前に借り入れを開始した人は、グレーゾーン金利によって過払い金が発生している可能性があります。過払い金請求の時効は完済から10年です。そのためすでに完済している方でも、過払い金がある場合は10年以内であれば取り戻せます。

借金の利息は減らせるのか?

借金で問題となるのは、借りたお金そのものよりもむしろ元金にプラスして返済しなければならない「利息」です。利息は返済を続けていても毎月プラスされるので、利息が高いと「こんなに頑張って返しているのに、思うように借金が減らない」という感覚に襲われてしまいます。

「借金の利息を減らしたい」と思ったら、次のような方法を検討してみましょう。

カードローンをまとめて借金を1本化する

複数のカードローンを利用していると、毎月の返済費や返済額が管理しきれなくなり、返済額自体も膨らんでしまいます。そこで3社以上から借り入れをしている方に利用を検討していただきたいのが、「おまとめローン」です。

おまとめローンは、たとえば3ヵ所から30万円ずつ借り入れているカードローンを、別の1社から90万円借りることでそれまで借りていた3社に一旦全額返済します。それ以降はおまとめローン1本のみの返済を続ければ良いわけです。

1社に対する返還なら返済日や返済金額などが把握しやすくなり、返済管理が簡単になります。しかも基本的に金利も下がる(18%の金利が12~15%程度になるなど)ので、毎月の返済額もぐっと抑えられます。

おまとめローンは審査が厳しい?

おまとめローンサービスを提供している金融機関には、銀行や信販会社、消費者金融などがあります。これらのうち、銀行は金利が安いところが多いのですが、その分、審査が比較的厳しいといわれています。

銀行で審査が通らなかった際には、消費者金融のおまとめローンを検討してみましょう。審査のスピードが早く、一般的なキャッシングやカードローンより金利も安いので、スムーズに借金の利息負担を軽減したい人にピッタリです。

任意整理で借金の利息を減額する

任意整理はおまとめローンと同じく借金の負担を軽減する方法の一つですが、その内容は全く異なります。

まず、おまとめローンはこれまでの借り入れより金利が抑えられますが、利息がなくなることはありません。一方で任意整理後は、借入先金融機関と交渉することでなんと利息自体が付かなくなるケースもあります。利息軽減を目的とする場合、その状態でこれまでと変わらない借入先金融機関に対し、返済を続けることになります。

ただし、任意整理は法律上の「債務整理」という手続きにあたるので、信用情報に記録が残ってしまうという点に注意しましょう。整理後一定期間(最短で5年間)は、新たなカードローンなどの借り入れができなくなります。「信用情報に傷をつけたくない」という人は、記録が残らないおまとめローンを検討してみましょう。

法的に借金を減額する方法

借金の返済が本当に難しくなり、利息だけでなく借金そのものを減らしたい場合には法的手段が視野に入ってきます。弁護士に相談し、債務整理を検討してみましょう。債務整理には、大まかに分けて次の三つの方法があります。いずれも法的な手続きなので、信用情報に記録が残るという点には注意しましょう。

任意整理

任意整理は弁護士や司法書士を通して借入先金融機関と交渉し、支払額を一部減額してもらう手続きです。一般的なケースでは「金利部分を減額してもらう」「その後の利息が付かなくなる」などの結果が出ています。

任意整理後は利息をカットした金額を数年にわたって分割返済したり、一括返済する条件で債務を減額してもらったりといった方法があります。この場合は遅延損害金を減らしてもらえるケースはありますが、元金まで減額してもらうことは基本的にできません。

個人再生

個人再生は借金の返済が難しいということを裁判所から認めてもらい、借金を減額してもらう手続きです。減額された残りの借金を、裁判所に提出する「再生計画案」に基づき、原則3年間(特別な事情があると認められれば5年間)かけて返済していきます。

完全に債務をなくしてもらう自己破産と、利息をカットしてもらう任意整理の、中間にあたる手続きと考えればよいのではないでしょうか。個人再生の対象となるのは借金の総額が5,000万円以内の人だけですが、借金を最大で9割(100万円以内なら全額)減額できます。自己破産と違って、住宅を手放さなくても手続きができるという点が大きなメリットです。

自己破産

裁判所に「破産申立書」を提出し、「免責許可」を発行してもらうことで、すべての借金(養育費や税金などの非免責債券を除く)の返済を免除してもらう手続きです。現在所有する資産や今後の収入を総合的に鑑みて、支払い不能だと判断された場合のみ適用されます。

資産がなく今後も収入が増える見込みがなければ少額の借金でも認められることがありますし、多額の借金があっても資産状況が良ければ認められないこともあります。また、財産を隠して破産申立をした場合や特定の債権者だけに偏って弁済した場合などは、「面積不許可事由(めんせきふきょかじゆう)」にあたるとして破産が認められなくなります。

メリット デメリット
任意整理 ・支払額が減額してもらえる

・今後の利息がかからなくなる可能性がある

・自己破産や個人再生に比べると手続きがかんたん

・一部の借入先だけ整理することもできる

・借金を減らす効果が自己破産や個人再生より低い

・業者によっては応じてくれない

個人再生 ・借金が原則5分の1に減額される

・住宅や車などの財産が残せることがある

・返済を続けられる収入がないと手続きできない

・住所氏名が「官報」に掲載される

自己破産 ・基本的にすべての返済が免除される ・住所氏名が「官報」に掲載される

・免責が決定するまで一部の職業(警備員や士業など)に就けない

いずれの手続きをした場合も信用情報に記録され、5~10年間程度新規の借り入れができなくなります。注意しましょう。

借金を減額したいなら弁護士に相談

ここまでにご紹介したように、「おまとめローン」以外の方法で借金を減額するためには「債務整理」もしくは「過払い金請求」をする必要があります。これらの手続きは両方とも弁護士によって進められるので、まずは借金が減額できるか弁護士に相談してみましょう。

任意整理などは司法書士にも依頼できますが、司法書士は取り扱いできる借金に限度額(140万円)が定められています。弁護士はその縛りがありません。弁護士なら裁判を武器に交渉することもできます。

弁護士は手続きそのものが依頼できるだけでなく、どの方法が自分に合った借金の減額方法なのかというアドバイスも受けられます。借金減額ツール(シミュレーター)を使っても、最終的には弁護士や司法書士に相談することになるので、直接相談することをお勧めします。

信頼できる弁護士の選び方

借金について相談しても、弁護士の腕によっては望んだ結果が得られないかもしれません。特に任意整理は、交渉次第で減額の幅が変わってきます。報酬が安いからという理由で弁護士事務所を選ぶと、思うように借金が減らせない可能性があるということです。

信頼できる弁護士を選ぶためには、次のようなポイントを意識しましょう。複数の弁護士事務所に相談し、アドバイスの内容を比べてみることも大切です。

ポイント 概要 チェック方法
債務整理に強いか

 

弁護士にはそれぞれ得意分野があり、すべての弁護士が債務整理について詳しいわけではありません。弁護士事務所のサイトをチェックし、債務整理を得意としているか見極めましょう。 ・サイト内の実績チェック

・相談する際に取り扱い件数や交渉実績を直接問い合わせ

・電話問い合わせ

トラブルがないか

 

弁護士会にはトラブルがあった弁護士に対する処分制度があります。すべてのトラブルが非誠実な対応の結果とは限りませんので、処分実績がある場合は内容を見極めて依頼するか判断しましょう。 ・「弁護士懲戒処分検索センター」で処分履歴の有無や内容をチェック
費用がどの程度かかるか

 

費用だけで弁護士を選んではいけませんが、迷っている場合は決め手の一つになります。弁護士事務所によっては分割支払いや任意整理後の返済代行に対応しているところもあるので、そういった希望があれば事前に確認しておくと安心です。 ・サイト内の価格チェック

・相談時の見積もり

借金問題に強い法律事務所5選

弁護士の選び方がわかっても、人によっては弁護士選びで迷ってしまうこともあるかと思います。
そこで今回は、借金問題を相談するのにオススメな弁護士事務所についても調べてみました。

「どの弁護士事務所に相談すればよいのかわからない・・・」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所は借金問題の相談や、債務整理の代理手続きに対応してくれる法律事務所です。
相談者ときちんと話し合い、それぞれの要望に合った解決方法を提案してくれます。

サンク総合法律事務所の特徴は、以下の3つです。

・初期費用0円、手続き費用は分割払いで払うことも可能
・債務整理を得意とする弁護士が多数存在する(女性の弁護士も在籍)
・24時間365日いつでも電話相談OK

相談者との対話を重要視しているサンク総合法律事務所は、自分の悩みをきちんと聞いて欲しい方にオススメです。
電話相談を利用すれば、今抱えている悩みやトラブルを無料で相談できます。

またサンク総合法律事務所は、借金問題で悩んでいる女性にも適しています。
女性の弁護士さんが相談に対応してくれるので、デリケートな悩みや問題も気軽に相談することが可能です。

さらにサンク総合法律事務所は、債務整理の実績数も非常に豊富です。
年間で約2000件以上の実績を誇るので、借金減額に関する問題が解決できる可能性は非常に高いといえます

借金を減額したくて悩んでいる方は、ぜひ一度サンク総合法律事務所へ相談を行ってみてください。
【借金の相談・減額診断はコチラ】

サンク総合法律事務所の費用相場

公式サイトを確認してみたところ、任意整理・過払い金返還の費用相場は確認できました。
各手続きの着手金・報酬額は以下の通りです。

着手金 報酬金 減額報酬 過払い金返還
任意整理 債務者1件につき10,000円~(税別) 債務者1件につき10,000円~(税別) 減額分の10%(税別) 回収した金額の20%(税別)
過払い金返還 0円 債務者1件につき19,800円~ なし 回収した金額の20%(税別)

一般的な任意整理の平均費用が2~5万円であることを考慮しても、費用は低めに設定されていると思います。
複数の会社から借入していない限り、弁護士費用が高額になることはなさそうです。

ちなみに個人再生と自己破産は借入状況などによって金額が変動するため、サイト上には記載されていませんでした。
個人再生・自己破産の依頼を考えている方は、まず一度見積もりを依頼してみてください。

弁護士法人・響

弁護士法人・響は、20名以上の弁護士が在籍している大きな法律事務所です。
債務整理の他にも遺産相続・交通事故などのジャンルにも対応可能で、豊富な解決実績とノウハウを持っています。

弁護士法人・響の主な特徴は、以下の3つです。

・担当弁護士と複数回面談することが可能
・24時間365日全国どこからでも電話相談が可能
・弁護士費用の支払い相談にも対応

弁護士法人・響への電話相談・面談相談はすべて無料となっています。
どんな借金トラブルを抱えている方も、入念に相談を行ってから手続きを申請することが可能です。

また正式に契約を交わした後には、担当弁護士との面談が必ず実施されます。
弁護士の方と直接話し合うことができるので、信頼性の高い法律事務所を探している方にオススメです。

【借金の相談・減額診断はコチラ】

弁護士法人・響の費用相場

公式サイトを確認したところ、債務整理の費用が細かく説明されていました。
各手続きの費用は以下の通りです。

任意整理 過払い金請求 自己破産 個人再生
(住宅ローン特別条項非適用)
個人再生
(住宅ローン特別条項適用)
着手金 10,000円~(税別) 0円 300,000円~(税別) 300,000円~(税別) 300,000円~(税別)
報酬金 10,000円~(税別) 19,800円~(税別) 200,000円~(税別) 200,000円~(税別) 300,000円~(税別)
減額報酬金 減額分の10%(税別) 減額分の20%(税別) なし なし なし

他の法律事務所と比べても、費用はそれほど大差ないと思われます。
弁護士の方に相談しておけば、費用の分割払いにも対応可能とのことです。

弁護士費用を一括で支払うのが難しいと感じた方は、気軽に弁護士の方へ相談してみてください。

新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所は大阪に存在する弁護士事務所で、日本全国から相談が寄せられるほど人気です。
多重債務などの申告な借金トラブルにも、親身になって対応してくれます。

新大阪法務司法書士事務所の主な特徴は、以下の3つです。

・女性専用の相談窓口が用意されている
・料金体系がわかりやすい
・任意整理・過払い金請求は着手金が発生しない

新大阪法務司法書士事務所は女性の方が安心して相談できるよう、女性専用の相談窓口を用意しています。
そのため「男性の弁護士さんに相談するのは気まずい・・・」という方でも、気軽に相談することが可能です。

また新大阪法務司法書士事務所は料金体系が明確に分けられていて、初めての方でも費用を認識しやすくなっています。
「借金減額に関する問題を相談したいけど、まずはいくらかかるか確認したい」という方にピッタリです。

任意整理・過払い金請求を依頼する時、着手金が発生しないのも嬉しいポイントです。
弁護士の方へ支払う費用が節約できるため、金銭的負担を大幅に軽減できます。

【借金の相談・減額診断はコチラ】

新大阪法務司法書士事務所の費用相場

ネット上で調べてみた結果、費用相場は以下のようになっていました。

着手金(1社あたり) 報酬金(1社あたり)
任意整理 0円 20,000+減額報酬10%
個人再生 要確認 350,000円~
自己破産 要確認 250,000円~
過払い金請求 0円 20,000円+返還額の20%

このように、手続き費用はかなりわかりやすくまとめられています。
初めて債務整理を依頼する方でも、手続き費用をしっかり把握できるはずです。

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループは債務整理の他にも、不動産登記申請代行・商業登記代行などの手続きも取り扱っている司法書士法人です。

この事務所の主な特徴は、以下の通りです。

・債務整理を得意とする司法書士が多数在籍している
・減額診断で借金が減額できるか確認できる
・対応が親切かつ丁寧で初めての方でも相談しやすい

司法書士法人みつ葉グループには、総勢40名の債務整理専属チームが存在しています。
債務整理に詳しいスタッフがサポートを行ってくれるので、信頼性がとても高いです。

また司法書士法人みつ葉グループの公式サイトには、減額診断が用意されています。
簡単な4つの質問に答えるだけで、借金減額の可否をすぐに調べることが可能です。

ネット上では「相談に対して親切・丁寧に対応してくれた」と、いろんな方から好評を集めていました。
借金減額の相談に対して不安を感じている方でも、安心して利用できそうです。

【借金の相談・減額診断はコチラ】

司法書士法人みつ葉グループの費用相場

司法書士法人みつ葉グループの手続き費用は、サイト上にきちんと明記されていました。
それぞれの費用は以下の通りです。

完済済の過払い金請求 返済中の過払い金請求 個人再生 自己破産
相談料 0円 0円 0円 0円
基本報酬 0円 債権者1社あたり10,000円~(税別) 300,000円~ 300,000円~
過払い報酬 返済額の20% 返済額の20% 0円 0円

弁護士法人天音総合法律事務所

弁護士法人天音総合法律事務所は、債務整理を積極的に取り扱っている法律事務所です。
15年以上もの実績と経験があるため、所属している弁護士の信頼性は非常に高いといえます。

主な特徴は以下の3つです。

・夜間や土日祝日でも借金相談ができる
・弁護士面談も夜間や土日に実施することが可能
・債務整理以外の相談にも対応できる

弁護士法人天音総合法律事務所は前もって相談を行っておけば、夜間や土日祝日に相談を実施することが可能です。
仕事や家事が忙しくてなかなか相談できないという方でも、気軽に利用できます。

また弁護士との面談も、事前相談を行っておくことで夜間・土日に実施できます。
「平日は忙しくて弁護士の方と面談できない・・・」という方は、まず一度相談を行ってみてください。

【借金の相談・減額診断はコチラ】

弁護士法人天音総合法律事務所の費用相場

公式サイトを確認したところ、手続き費用はきちんと明記されていました。
各手続きの依頼にかかる費用は、以下の通りです。

任意整理 完済過払い 個人再生
(住宅ローンなし)
個人再生
(住宅ローンあり)
自己破産
着手金 債権者1社につき10,000円~(税別) 0円 550,000円~(税別) 650,000円~(税別) 550,000円~(税別)
報酬金 【和解報酬】
10,000円~(税別)【減額報酬】
減額分の10%(税別)【過払い報酬】
返還額の20%(税別)
※訴訟の場合は25%
【過払い報酬】
返還額の20%(税別)
※訴訟の場合は25%
なし なし なし

まとめ

こちらでは、借金を減額する仕組みや具体的な方法についてご紹介しました。

金額がそれほど多くない場合は「おまとめローン」も視野に入りますが、法的手続きを伴う債務整理では、やはり交渉力のある弁護士への相談がおすすめです。
借金に悩んでいる人は一人で抱え込まず、まずは相談してみてはいかがでしょうか。