カードローンが初めての方の疑問を全て解決!

「カードローンを使ってみたいけど、お金を借りるのは不安…」

どのカードローンがいいのか、どこから申込んだらいいのか、審査は何をするのか…など、はじめてお金を借りようと思うと、ギモンや不安は尽きませんよね。

もしくは、お金を借りたあとの返済について不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はカードローン初心者なら誰しもが抱く、9つのギモンや不安をまとめて解消していきます。

初めてお金を借りる人におすすめのカードローンを知りたい人はこちらをチェック!

初心者におすすめのカードローンランキング!初めて借りたい人集合!

この記事の目次

Q1.カードローンを利用しても大丈夫?どんな人が利用してる?

A.正規のカードローンなら安心して利用することができます。現在はカードローンでお金を借りることはめずらしくありません。

ジャパンネット銀行の調査によると「カードローンを定期的に利用している人」は全体の28%。
年収による利用の差はあまり見られません。

カードローンの利用と年収に関するアンケート結果
(引用元:ジャパンネット銀行HP「カードローン利用に関する実態・意識調査実地(2013年2月25日)」より

今やお金がない人のみにかかわらず「生活を少しだけ豊かにするため」にカードローンでお金を借りるのは”よくある話”なんですね。

ここでは、生活の一部になっているカードローンの利用目的や利用にまつわるウワサを検証していきます。

カードローンの使い道は娯楽・交際費が一番多い

カードローンの使いみちは自由で、娯楽費、交際費、生活費など身近な理由で利用されている

基本的にカードローンの使いみちは自由です。借りたお金を何に使うのかは利用者が決めることができます。

以下はジャパンネット銀行によるカードローンの利用目的を表にしたものです。

カードローンの利用目的に関するアンケート結果
(引用元:ジャパンネット銀行HP「カードローン利用に関する実態・意識調査実地(2013年2月25日)」より

レジャーや旅行、飲み会といった娯楽・交際費が1番多いという結果になっています。

旅行ならまとまったお金が必要になりますし、給料日前の飲み会で急な出費が…という場面でも、スグにお金が借りられると便利ですからね。

2番目に多い利用目的は生活費

「今月は家計がキツいな…」というときに手軽に借り入れられるので、カードローンは暮らしの手助けにもなっています。

関連記事申し込みでも聞かれるカードローンの利用目的について、こちらで詳しく解説しています。

【カードローンの利用目的】借入れ理由や利用目的が審査落ちの原因になる!?

カードローンを利用しただけで「ブラックリスト入り」にはならない

カードローンを利用すると信用情報機関に利用情報が登録されるだけで「ブラックリスト入り」はしない

カードローンでお金を借りただけで「ブラックリスト入り」になることは絶対にないので安心してください。

実は、そもそもブラックリストという名簿のようなものは存在しません。

カードローンやクレジットカードを利用すると、「お金を使いましたよ」という情報が信用情報機関※に記録されるだけです。

icon-hand-o-right ※信用情報機関とは?

キャッシングやクレジットカードの返済状況や利用残高などの信用情報を管理する組織のことです。

カードローンの審査時には登録されている信用情報と照らし合わせて、申し込んできた人の信用度を判断しています。

利用したことが登録されてしまうなんてこわい…と感じるかもしれませんが、借りたお金をきちんと返していればまったく問題ありません

「ブラックリスト入り」とは?

シンプルに「ブラックリスト入り」=「お金が借りられなくなる状態」だと考えてください。

お金を借りてから返済の遅延・延滞をしたり、債務整理や自己破産(借金に対する法的措置)を行うと、この情報も信用情報機関に登録されます。

この情報は信用情報機関を通してカードローン会社に知られてしまうので、「この人にお金を貸したら返ってこないかも…」とローンの審査に通らなくなってしまうんですね。

くり返しますが、お金を借りただけの状態では「ブラックリスト入り」になることは絶対にないので、安心してカードローンを使ってみてください。

初めてお金を借りる人におすすめのカードローンを知りたい人はこちら!

初心者におすすめのカードローンランキング!初めて借りたい人集合!

Q2.きちんとカードローンの返済を続けられるか不安…

A.月々の返済額は2,000円からでOK!しっかりと返済計画が立てられます。返済日は月1回で、自分に合った返済方法を選ぶことも可能です。

実はカードローンの返済は考えているよりもずっと楽チン!

ここでは、生活の負担になることなく、計画的に返済を続けられるカードローンの魅力を紐解いていきます。

ここでは【返済額】【返済計画】【返済方法】にしぼって、カードローンの返済について解説しています。

カードローンの返済については、下記のページで詳しくまとめてありますので参考にしてください。

カードローンの返済マニュアル完全版!返済額から返済方法まで丸わかり!

月々の返済額は2,000円~でOK!

カードローンは毎月数千円から返済できる

毎月返済していくお金は最低2,000円からでOK。「毎月の返済に追われて一生完済できない…」なんてことはありません。

以下は消費者金融と銀行について毎月の最低返済額を表にしたものです。

カードローン名 5万円以下 10万円以下 30万円以下
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円
アコム 3,000円 5,000円 13,000円
三井住友銀行カードローン 2,000円 2,000円 6,000円
東京スター銀行 10,000円 10,000円 10,000円

ご希望に合わせて数千円から返済額を決めることができるので、カードローンを利用する前に最低返済額をチェックしてみてください。

(参考:【カードローン全10社の最低返済額を比較】毎月の返済額が安いのはどこ?

返済シミュレーションを利用してしっかりとした返済計画を立てよう

返済シミュレーションを利用すれば毎月の返済額や返済期間が簡単に調べられる

「そもそも返済計画の立て方がわからない…」

そんなときに役立つのが返済シミュレーション

  • 借入れ希望額
  • 返済期間(または返済額)
  • 借入れ金利

⇒以上の情報を入力すると、毎月の返済額・返済期間を自動で計算してくれます。

また、返済にかかる利息額月々の残高も知ることができるので便利です。

カードローンを組む前に返済のイメージをしっかりとつかむことができます。

返済シミュレーションは各社の公式HPに用意されているので、検討しているカードローンでは返済がどうなるのかを確認しておくと安心です。

返済シミュレーションの使い方・画面をチェック

今回はプロミスというカードローンの返済シミュレーショーンで金利17.8%で10万円を借りた場合を調べてみました。

プロミスの返済シミュレーションで必要事項を入力

実行ボタンを押すと、毎月の返済額が9,158円ということがわかりました。

プロミスの返済シミュレーション結果画面

返済計画の詳細では、毎月の残高や利息がいくらかかるのかを確認できます。

プロミスの返済計画表

返済日は月1回!口座引き落としか口座振込が基本

返済日は月1回で、口座振替やATM振込など返済方法を選べる

返済方法はカードローン会社によってさまざまな方法があります。

希望する返済方法の手数料が無料かどうかもチェックしておくと安心です。

返済方法 手数料 返済できる時間
ATM(コンビニ・銀行) カードローンによって異なる コンビニなら24時間
銀行口座引き落とし なし 定日に自動引き落とし
インターネット なし 24時間
銀行振込 銀行の振込手数料(108円) 平日9時~15時
店舗・銀行の窓口 なし 消費者金融:平日の朝から夕方まで(業者によってことなる)
銀行:平日9時~15時

口座引き落とし(口座振替)口座・ATM振込が基本的な返済方法です。

口座引き落としなら返済忘れの心配がありません。残高不足に気をつければ自分で支払う手間も省けて便利です。

口座・ATM振込を利用するなら、注意しておきたいのが手数料。

カードローン全体の傾向としては、

  • 消費者金融(アコム・プロミス・SMBCモビットなど)
    →コンビニATMで手数料がかかる(108円~216円)
  • 銀行カードローン
    コンビニATM手数料無料

で、銀行振込に関してはどのカードローンを利用しても手数料がかかります。

振込手数料が108円かかる場合、1年間の返済で1,296円5年間の返済で6,480円も余分に支払わなければなりません。

返済の手数料をタダにする方法含めて、カードローン返済のコツが知りたい人は下記のページを参考にしてください。

Q3.カードローンの審査に自信がない…。申込条件は厳しい?

A.申し込み条件は「満20歳以上」「安定した収入があること」が基本。審査が不安なら「貸し出しに積極的なカードローン」を選びましょう。

「年収が低いから…」「正社員じゃないから…」とカードローンへの申し込みをあきらめてはいませんか?

カードローンの申込条件の基本はたった2つしかありません。

  • 満20歳以上
  • 毎月安定した収入がある

また、毎月安定した収入があれば雇用形態を問われない場合がほとんど。

正社員以外にも、契約社員、派遣社員の方も申し込むことができます。

主婦や学生の方もパートやアルバイトでも毎月働いて収入があれば問題ありません。

SMBCモビットの申し込み条件
↑カードローン「SMBCモビット」の申し込み条件抜粋

(参考:アルバイト・パートでもカードローン審査は楽勝?真実をお話します

ここでは申し込み条件や審査についてのギモンや不安を解消していきます。

収入がない場合でも、専業主婦の方なら例外としてカードローンに申し込めます。
収入なしの専業主婦OKのおすすめカードローン3選!巨匠が三日三晩寝ずに選んだ!

カードローンの審査は「信用情報」さえ問題なければ、ほぼ通過できる

審査でチェックされる信用情報に問題がなければ審査に通る可能性が大きい

カードローンの審査では「きちんとお金を返してくれるかどうか」を返済能力信用度から判断しています。

審査の時にチェックされるのが信用情報と呼ばれる個人情報です。

  • 本人の情報(氏名・住所・年齢・電話番号など個人情報)
  • 職業の情報(職業・勤務先・雇用形態・勤続年数など)
  • 住居の情報(住居の種類・居住年数など)
  • 借入れデータ(他社からの借り入れ件数・限度額・返済回数など)

特に重視されるのが「定期的にお金を借りて、遅延や延滞がなくきちんと返済しているか」というデータです。

「返済能力がどれだけあるか」を、クレジットカードやカードローンを利用したときの借入額や返済回数から審査しています。

返済能力が高いほど「お金を貸しても安心できる人」として信用度が高いと判断してもらえる可能性大です。

 

またカードローンの審査は減点方式

今までお金を借りたことがない人は、これまでのクレジットカードの支払いに問題がなければマイナスポイントがないので、審査に通る見込みが大いにあります。

※「クレジットカード利用中に問題を起こしたことがある…」という方も、信用情報を回復させればカードローンを利用できます。

【朗報】信用情報は回復する!ブラックリスト入りの期間、早く回復させるコツを紹介!

消費者金融カードローンの成約率は50%に迫る

成約率が高いほど審査に通りやすいが、申込み前にお試し診断をすると審査に通るかどうかの目安が得られる

成約率(新規貸付率※)が高いほど審査に通りやすいということになります。

※成約率:はじめて申し込んで人のうち「どのくらいの人が審査に通ったか」の割合のこと。

たとえばアコムの成約率は48.0%と、およそ2人に1人が審査に通っている計算です。(参考:アコム マンスリーレポート

カードローンの審査はそこまでガチガチに厳しくないと考えられます。

(参考:審査が甘いカードローンはある?審査の難易度を4つのツボで紐解く

 

「でも自分は審査に落ちる方の1人になりそう…」という人は、まず「お試し診断」「簡易審査」を使ってみてください。

申し込みを検討しているカードローンの審査に通りそうかどうかをカンタンに調べることができます。

【お試し診断の利用例~アコムの場合~】

はじめてカードローンへ申し込む場合を想定して、他社借り入れ0件・25歳・年収250万円で診断しています。

アコムの3秒診断入力画面

必要事項を入力し「診断開始」を押すと、結果が出ます。

アコムの3秒診断の結果発表画面

成約率は約50%!アコムの3秒診断はこちら

 

ヤミ金に注意!審査なしのカードローンは存在しません!

審査なしで借り入れOK!と宣伝しているカードローンは、100%ヤミ金だと考えてください。

審査なしでお金を借りられたとしても、法外の高い金利を支払わされたり、暴力的な取り立てをされたりしてしまいます。

「ヤミ金かどうかわからない…」という時は、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」を使って正規の業者かどうかを調べてみましょう。

(参考:ソフト闇金はデメリットだらけ…優良会社なんてない!【口コミ・体験談あり】

 

ただ「審査全て」をなしにできないだけで、審査の中のステップ(書類提出、職場への電話)をなしにできる正規のカードローンはあります。

(参考:カードローンは審査なしOK?キャッシングで「なし」にできる5つのこと。

Q4.カードローンって金利・利息が高いんじゃないの?

A.カードローンによっては低金利で利用できるので、利息を抑えておトクに利用できます。無利息期間を利用すれば、利息なしでの借入れもOK!

「カードローンは金利が高いから、利息だけで何十万も取られてしまうかも…」というイメージがあるかもしれません。

しかし法律が改正されてから金利は最大20.0%と制限されたことで、利用者がバカみたいに高い利息を払うことはなくなりました

5万円の借り入れなら、1年間で利息は5,000円くらいしかかかりません。

また無利息期間があるカードローン会社を利用すれば、少なくとも30日間は利息タダで借り入れできます。

そもそも金利・利息って何?

金利と利息を簡単に例えると以下のようになります。

  • 金利=お金のレンタル料を決める利率
  • 利息=お金を借りた時に発生する実際のレンタル料

例えば、DVDを100円で借りた時に発生するレンタル料が50%なら、支払う金額は150円。

レンタル料を決める50%=金利です。

つまり、DVDを借りるお金100円(借入れ額)+50円(利息)=150円(返済総額)になります。

カードローンの金利・利息については下記のページでまとめています。

カードローンの金利マニュアル完全版!どこよりも詳しくてタメになる

金利は最大20%!少額なら年間で5,000円しかかからない

カードローンは20%以下の金利で利用できて、少額の借り入れなら年間の利息は5000円程度

以下、有名どころのカードローンをピックアップして金利を並べてみました。

カードローン名 金利
SMBCモビット
(消費者金融)
3.0~18.0%
プロミス
(消費者金融)
4.5~17.8%
みずほ銀行カードローン
(銀行カードローン)
1.8~14.6%
静岡銀行カードローン
(銀行カードローン)
4.0~14.5%

消費者金融では18.0%以下、銀行では15.0%以下で利用できることがわかりますね。

カードローンをはじて利用するときは最高金利が適応されるので、金利を比べるなら最高金利に注目しましょう。

アコムなら18.0%、三井住友銀行なら14.5%で借り入れをすることになります。

【例:5万円を金利18%で1年間借りた時の利息】

1年間で5,002円、毎月支払う利息は平均で500円以下です。

回数 返済額 元金 利息
1 4,583円 3,833円 750円
2 3,891円 692円
3 3,949円 634円
4 4,009円 574円
5 4,069円 514円
6 4,130円 453円
7 4,192円 391円
8 4,255円 328円
9 4,318円 265円
10 4,383円 200円
11 4,449円 134円
12 4,522円 67円
合計 55,002円 50,000円 5,002円

無利息期間のあるカードローンを利用しておトクに返済できる!

無利息期間中はかかる利息が0円になるため、支払う利息を安くできる

無利息期間とはその名の通り「1円も利息がかからずにお金を借りられる期間」のこと。

無利息期間のうちに返済をすませれば、借り分だけのお金を返すだけでOKです。

カードローン会社の多くは契約日や借入れの翌日から30日間を無利息期間に定めている傾向があります。

【例:金利18%で10万円を借りて、30日後に返済する場合】

無利息期間を利用すれば、1カ月でかかる1,479円の利息を支払わなくてOKです!

無利息期間 借入れ金額  利息 30日後の返済額
あり 10万円 0円   10万円
なし 1,479円 10万1,479円

無利息期間ありのカードローンを選ぶなら!巨匠のおすすめ2つを紹介!

Q5.カードローンに保証人・担保は必要?

A.カードローンの利用に担保や保証は必要ありません。

「夜逃げした友人の連帯保証人になっていて多額の借金を背負ってしまう…」
「借金のカタに担保にしていた自宅を取り上げられる…」

ドラマなどでそんな場面を見て「借金=保証人や担保が必要」というイメージがあるのではないでしょうか。

しかしカードローンでお金を借りる時に保証人・担保なしで、”あなた”の体ひとつで申し込めます。

保証人や担保は必要なし!保証会社があなたの融資を保証してくれる

保証会社が融資を保証するため、カードローンの利用に保証人や担保は必要ない

カードローンを利用するときに保証人や担保が必要ないのは、保証会社が関係しています。

icon-hand-o-right 保証会社の役割
  • きちんと返済してくれるかどうか、お金を貸りる人の審査をする
  • 万が一返済ができなくなった時に借金を肩代わりしてくれる
  • 返済されなかった借金を業者の代わりに回収する

消費者金融カードローンの場合、カードローン会社が自ら保証会社の役割を担っています。

一方で銀行カードローンの保証会社はグループ会社の消費者金融です。

たとえば、

  • アコム→三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミス→三井住友銀行

というように、銀行それぞれが消費者金融にお願いして利用者の保証業務を担当してもらっています。

Q6.カードローンの利用は家族や職場にバレる?

A.WEB完結サービスで誰にも知られずにカードローンの利用が可能です。カードローン会社によっては職場への電話もなしにすることができます。

  • 職場にかかってくる電話で怪しまれてしまう
  • 窓口や自動契約機で手続きしている姿を見られてしまう
  • カードローン会社から送られてくる郵送物でバレてしまう

カードローンの利用が他人に知られてしまうのはこの3パターンが多いようです。

しかしカードローンの申し込み方法によっては全て避けることができます。

「絶対に誰にも内緒でお金を借りたい!」という人は下記のページを参考にしてください。

誰にもバレないカードローン厳選!「内緒で借りたい」を全力サポート

カードローンは職場への電話なしで借りられる

在籍確認の電話は書類提出に代えられる

職場へ電話がかかってくる在籍確認は「申告された勤務先に本当に勤めているかどうか」を確認するためのものです。

この在籍確認の電話は、勤め先で働いていることがわかる書類を提出すればなしにできます!

書類の写真を撮ってネットにアップロードするだけなのでカンタンです。

icon-hand-o-right ここから1枚用意すれば職場への電話なしOK!
  • 会社発行の保険証(社会保険・共済保険)
  • 社員証
  • 給与明細(1ヶ月分でOK)
  • 源泉徴収票

「どの書類を提出すればいいか」はカードローン会社によって異なります。詳しく知りたい人は下記のページも参考にしてください。

在籍確認・職場電話なしでカードローン審査に通る?全11業者を調査!

また書類が用意できない方も安心してください。

在籍確認の電話を避けることはできませんが、電話の内容はカンタンなものなので不安に感じる必要はありません。

  • 担当者の個人名でかかってくる(例:「山田と申しますが、田中様はいらっしゃますか?」)
  • 生年月日など簡単な本人確認をされる
  • 第三者にカードローンの利用であることは絶対に話さない

「ただいま、〇〇は席を外しております」「〇〇は本日お休みをとっております」など、本人が電話に出られなくても在籍が確認できればOKです。

(参考:職場にバレたくない!カードローン審査の在籍確認

WEB完結で外出なし!郵送物もなしにできる

WEB完結は来店や郵送物なしで契約できるので、カードローンの利用を他人に知られる可能性が低い

ナイショでカードローンを利用するなら、手続きをすべてネット上で完結できるWEB完結サービスがおすすめ。

窓口や自動契約機に出向く必要がないので、お申込みの姿を誰かに見られる心配がありません。

さらにWEB完結サービスを利用すれば、契約書や利用明細書などの郵送物をなしにできます。

ほとんどの場合、郵送物をメールの形で送ってくれるので利用が家族にバレることもありません。

郵送物をなしにして家族バレを防ぎたい方はこちらもチェック!
郵送物のせいでカードローンが家族にバレる?家族に内緒で借りたい人必見!

Q7.カードローン申し込みの手続きが複雑そう、どれくらい時間がかかるの?

A.申し込みから借り入れまで最短即日でOK!本人確認書類があれば、申し込みはネットからいつでもどこでもできます。

365日いつでもどこでも申し込めて、必要最低限の書類でその日のうちにお金を借りられるのがカードローンの魅力。

ここでは、カードローンの申込みや借入れにかかる時間について解説していきます。

申し込みはネットからいつでもどこでもラクラク

ネット申込みは24時間受け付けており、全国どこからでも申し込める

借り入れまでの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 申し込み(ネット・電話・郵送・窓口・自動契約機)
  2. 審査(書類審査・在籍確認)
  3. 契約・カード発行(自動契約機・郵送・窓口)
  4. 借入れ(口座振込・ATM)

初めてカードローンを利用する方はネットからの申し込みがおすすめ。

手順を細かく指示してくれるので迷うことがありませんし、お手持ちのパソコンやスマートフォンから24時間いつでもどこでも申し込むことができます。

またネットから申込むと対応が早いため、その日のうちに審査結果をもらってお金を借りることも可能です。

来店不要でスマホ完結できるおすすめカードローン!空いた時間にパパっと借りる

必要書類は本人確認書類のみでOK!

カードローンを利用するときに必要な書類は本人確認書類のみ

カードローンの申し込みで必要な書類は本人確認書類のみです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳

オススメは運転免許証顔写真のある書類なら一枚だけでOKなので便利です。

また書類の提出方法は「スマホで写真を撮って専用ページにアップロード」というのが主流になっています。

郵送よりも手間や時間がかからないので、より短時間でお金が借りられるようになっているんですね。

健康保険証は本人確認には使えない?

健康保険証も本人確認書類として使うことができます。

しかし顔写真がないので、現住所を証明できる書類の提出も必要になっています。

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道など)※携帯電話料金の明細書は対象外
  • 納税証明書

いずれの書類も発行・領収から6ヶ月以内のもののみ有効です。

追加書類が増えた理由
2016年10月1日以降、犯罪収益移転防止法の改正が大きな理由です。顔写真のない本人確認書類の提出する場合、現住所のわかる書類の追加が義務づけられました。
50万円以上の借り入れに必要な書類

借り入れる金額が50万円を超える場合は、以下のような収入証明書も必要になります。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2~3ヶ月分)

(関連:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

高額の借り入れであるほど、「返済能力がきちんとあるか」を確認する書類が必要になるためです。

(参考:【決定版】カードローン審査の必要書類&事前準備

借入れまでにかかる時間は最短即日

カードローンは最短即日で借入れできる

カードローンなら最短即日でお金を借りることができます。

特に消費者金融カードローンは審査時間が最短30分、融資までにかかる時間が最短1時間~即日と、即日融資に特化しています。

カードローン名 審査スピード 融資スピード
プロミス 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
 アコム 最短即日 最短1時間

即日融資を希望する方は指定口座が必要かどうか、申し込み時間は何時までかをチェックしておくと安心です。

今日中・遅くても明日中にお金を借りたい人は下記のページもチェック!

【即日融資カードローンおすすめランキング】今日・スグにお金を借りる!

Q8.はじめての借り入れ、カードローンの限度額いくらまで借りられる?

A.はじめての借り入れでは、平均で10万円~15万円の限度額になります。またMAXで借りれる目安は年収の3分の1です。

ここでは実際に借りられるお金はどれくらいなのか、カードローンでお金を借りるコツと一緒に解説していきます。

はじめての借り入れは、平均で限度額10万円~15万円くらいになる

初めてカードローンを利用するときの限度額は平均15万以下で設定されることが多い

アコムのIR情報を見てみると、新しくカードローンを借りる人への初回貸付額は平均144,000円

与えられる限度額は平均して15万円以下ということがわかります。

「ちゃんとお金を返してくれるかどうか」がわからない状態なので、いきなり高い限度額で申し込んでも受けつけてもらえないんですね。

審査落ちを防ぐために、まずは必要最低限の金額で申し込みましょう。

参考:アコムの年収ごとの初回貸付額

以下はアコムのデータから、年収ごとの初回貸付額をまとめたものです。

年収 平均初回貸付額
200万円以下 117,000円
200万円以上~500万円以下 146,000円
500万円以上~700万円以下 188,000円
700万円以上~1,000万円以下 217,000円
1,000万円以上 264,000円

信用度が高ければ高いほどお金を多く借りられるのがカードローンです。

はじめて利用する人は信用度が低いので、年収がいくら高くてもたくさんお金を借りることはできません。

利用実績を積んで増額を目指そう

カードローンを使っているうちに「もう少しお金を借りたい」と考える場面もあるかもしれません。

実は限度額は増やすことができるんです!

定期的にカードローンでお金を借りて、延滞なく返済をくり返していると増額のチャンス。

利用実績が認められて「限度額を増やしませんか?」と借入れ先から提案されたり、自分から増額を申請することで限度額を増やすことができます。

(参考:カードローンの増額審査に通るのには理由がある!4つのポイントと2つの注意点を解説

Q9.カードローンの取り立てがこわい、返済が遅れたらどうなるの?

A.乱暴な取り立ては絶対にありません。ただし、返済が遅れると催促の電話や郵送物があります。返済が遅れそうな時はまずは借入れ先に連絡を入れましょう。

「借金をしてしまうと、スーツを着たこわい人たちが脅しに来る」

借金をすると返済に遅れた時にこわいから…と、カードローンの利用を見送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし法律で厳しく制限されていますので、正規のカードローン会社であれば恐喝などの乱暴な取り立ては絶対にありません。

返済が遅れると催促の電話やハガキが届くだけ

返済日に遅れそうな場合はすぐにカードローン会社に連絡をいれる

返済日に支払いが遅れると、借入れ先から「いつなら返せそうか」という連絡があります。

まずはそこであらためて返済日を決めて、きちんと支払いをすることが大切です。

そこで対応しなかった場合、以降は次のように段階を踏んで返済の催促が行われていきます。

  1. 電話・ハガキで催促される
  2. 自宅に督促状が届く
  3. 一括返済を求められる
  4. 強制的に給料が差し押さえられる

(参考:【消費者金融(サラ金)の取り立て】怖くない理由や取り立ての対策法を解説!

電話が掛かってきたりハガキが送られてきたりすると、お金の借り入れが家族や職場にバレてしまう可能性もあります。

返済日に遅れる・遅れてしまった場合は、すぐに借り入れ先へ電話を入れましょう。

カードローンは今や生活の一部として多くの人が利用しています。

カードローン会社も新しく申し込む人に対して積極的にお金を貸している傾向があり、はじめての貸し出しに前向きです。

お手持ちのスマートフォンから365日いつでもどこでも申し込むことができますし、無利息期間のような初めての利用者にうれしいサービスもあります。

返済計画をしっかりと立てて、まずは5万円~10万円くらいの少額の借り入れからはじめてみましょう。

初めてお金を借りる人におすすめのカードローンを知りたい人はこちらをチェック!

初心者におすすめのカードローンランキング!初めて借りたい人集合!

◯この記事のアドバイザー◯
金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。
現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっています。
どの金融機関にも属さない独立系FPです。
海外移住にも対応しており、カナダや韓国への移住や金融・保険情報を得意としています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク