ファーストビュー

「カードローンでお金を借りてみたいけど利息が高そうで不安…」と利用をためらっている方もいらっしゃるかもしれません。

実は無利息期間のあるカードローンを活用すればムダな利息を支払うことなく、タダでお金が借りられます!

実際に筆者は3社のカードローンをハシゴして、合計15万円を90日間・利息0円で借入れることに成功しました。

このページでは「無利息期間って何?どうやって使うの?」という方のために、実体験をもとにした”無利息期間のフル活用術”をこっそり伝授。

タダでお金を借りるために注意するポイントやコツまでしっかりと解説しているので、ぜひチェックしておトクな借入れを成功させましょう。

実際に無利息でキャッシングできたカードローン3つを先にチェック!
(※タップ・クリックでスクロールします)

そもそもカードローンの無利息期間・無利息サービスって何?

無利息期間とは「利息0円でお金を借りられる期間」のこと

無利息期間とは「お金を借りたときに利息が一切かからない期間」のこと

無利息期間とはその名の通り「お金を借りても利息が一切かからない期間」のことです。

無利息期間中であれば10万円でも100万円でも、借りたお金に利息は1円もかかりません

カードローンによっては最大30日間の無利息期間を用意しています。

カードローン 無利息の期間
アコム 最大30日間
プロミス 30日間
アイフル 最大30日間

通常、カードローンでは金利に応じて1ヶ月ごとに利息を支払います。

1ヶ月の利息額の計算方法

しかし無利息期間があれば1ヶ月分の利息をまるっとなしにできるので、借りたお金をそのまま返すだけでOKです。

無利息期間あり/なしで1ヶ月後の返済額を比較

カードローン 無利息期間の有無 返済総額 利息額
アコム
(実質年率18.0%)
あり
(30日間)
20万円 0円
なし 20万3,000円 3,000円

→無利息期間では3,000円分の利息なしで借入れOK!

無利息期間の利用は”初回限定”がほとんど

無利息サービスを利用できるのはカードローンにはじめて申し込む人のみ

無利息期間を利用する条件はカードローン会社によって違いますが、「はじめてカードローンを契約する方」に限定していることがほとんどです。

カードローン 無利息期間を利用する条件
アコム ・はじめてアコムを利用する方
・返済日を「35日ごと」に設定する
プロミス ・はじめてプロミスを利用する方
・メールアドレスの登録
・WEB明細を利用する
アイフル ・はじめてアイフルを利用する方

カードローン会社が無利息期間を用意している理由は、1人でも多く新しいお客さんを獲得するため

無料お試し期間のようなもので、「またお金が必要になったときもウチを利用してもらおう!」という狙いがあるんですね。

無利息サービスでおトクにお金が借りられるカードローン3選

無利息サービスを利用するなら消費者金融カードローンが便利

無利息期間を利用してお金を借りるなら消費者金融カードローンがおすすめ。

実際に筆者が合計15万円を借りるために利用した無利息期間ありの3社(プロミス・アコム・アイフル)は、すべて消費者金融カードローンです。

icon-hand-o-right 消費者金融カードローンがおすすめの理由
  • 審査時間が最短30分・融資までに最短1時間~即日と、申し込みから借入れまでのスピードが早い
  • 夜遅い時間や土日・祝日でも当日審査・即日融資ができる
  • はじめての申し込みでも前向きに審査してくれる

平日・休日を問わず当日審査・即日融資OKで、今スグお金が必要!という状況でもすばやくおトクに借入れできるのがポイント。

以下では、各カードローンの基本情報と特徴をまとめています。

気に入った特徴があればタップ・クリックして紹介箇所に移動してください。

カードローン 特徴
アコム 新しい申し込みに前向きな審査で利用者数トップ
プロミス 最短1時間で借入れできて、無利息期間が1番長い
アイフル 職場への電話なしで、契約するだけで無利息期間の利用OK

※モビットも知名度が高い消費者金融ですが、無利息キャンペーンは実施していません。

 はじめてのカードローンでも前向きな審査で利用しやすい「アコム」

アコムバナー

無利息期間 最大30日間
※契約日から
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額  最大800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
当日審査タイムリミット
(申し込み)
21時
(平日・土日・祝日)

アコムの無利息期間を利用する条件

  • アコムをはじめて利用する方
  • 契約時に返済日を「35日ごと」に設定する

 

アコムの特徴

はじめてカードローンを利用する方でも前向きに審査してくれるアコムは、「審査が不安だけどおトクに借入れをしたい!」という方の強い味方。

もちろん無利息期間が設けられているので、契約したその日に借入れすれば最大30日間利息なしで利用できます。

最短30分で審査結果がわかるのも、借入れを急いでいる方にとってうれしいポイントです。

アコムの申し込みはこちら

アコムの特徴・審査について知りたい方はこちら

ゼッタイに30日間利息0円で利用OK!どこよりもおトクな「プロミス」

無利息期間 30日間
※借入日の翌日から
金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
限度額  最大500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
当日審査タイムリミット
(申し込み)
21時
(平日・土日・祝日)

プロミスの無利息期間を利用する条件

  • プロミスをはじめて利用する方
  • Eメールアドレスを登録する
  • WEB明細を利用する

 

プロミスの特徴

お金を借りた翌日から無利息期間がはじまるのはプロミスだけ!

契約日にかかわらず、ゼッタイに30日間は利息なしでOKです。

申し込みから融資まで最短1時間と、消費者金融カードローンの中でも随一の融資スピードを誇ります。

平日・休日問わず21時まで当日審査を受付けているので、夜遅い時間から手続きを進めらるのもうれしいですね。

プロミスの申し込みはこちら

女性オペレーターが選べる!安心感を求める男性・女性に人気!
プロミスレディースの申し込みはこちら

プロミスの特徴・審査について知りたい方はこちら

職場への電話なしでおトクにお金を借りるなら「アイフル」

アイフル

無利息期間 最大30日間
※契約日から
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額  最大800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
当日審査タイムリミット
(申し込み)
21時
(平日・土日・祝日)

アイフルの無利息期間を利用する条件

  • アイフルをはじめて利用する方

 

アイフルの特徴

アイフルは「収入証明書なし×職場への電話なし」で申し込めるのが最大の特徴。

契約するだけで無利息期間がカンタンに利用できて、契約した当日に借入れをすれば最大30日間は利息なし!

夜遅い時間や土日・祝日でも当日審査を受付けていて、「配達時間えらべーる」などサービスが充実しているのもポイントです。

アイフルの申し込みはこちら

アイフルの特徴・審査について知りたい方はこちら

3社の無利息カードローンからタダで合計15万円を借りたときのポイントを解説

プロミス・アコム・アイフルの3社の無利息期間90日分をハシゴして、合計15万円を利息なしで借入れしたスケジュールは以下のとおりです。

3社の無利息期間を利用・合計15万円を利息0円で借りたスケジュール

  1. 4/10 プロミスに申し込み・3万円借入れ
  2. 5/9 プロミスで3万円完済<無利息期間:30日間>
  3. 5/10 アコムに申し込み・5万円借入れ
  4. 6/8 アコムで5万円完済<無利息期間:30日間>
  5. 6/10 アイフルに申し込み・7万円借入れ
  6. 7/9 アイフルで7万円完済<無利息期間:30日間>

→無利息期間:合計90日間、タダで借りたお金の合計15万円

無利息期間をハシゴするには以下の3つのポイントに注意する必要があります。

icon-hand-o-right 無利息期間をハシゴする3つのポイント
  • 無利息期間がいつからいつまでなのか、あらかじめ期間を把握しておく
  • 1社あたりの申し込み金額を10万円以下の低額にする
  • 手数料のかからない方法で借入れ・返済をする

ポイント① 無利息期間のはじまり/終わりのタイミングを把握しておく

無利息期間はカードローン会社によって「借入れの翌日から」「契約日から」などはじまるタイミングが異なる

「完済しようとしたら無利息期間を過ぎていた…」という事態にならないように、無利息期間がいつまでなのかをあらかじめ把握しておく必要があります。

カードローン 無利息の期間 無利息期間が始まるタイミング
プロミス 30日間 借り入れの翌日から
アコム 30日間 契約日から
アイフル 30日間 契約日から

プロミスは契約日にかかわらず借入れの翌日から無利息期間が始まるため、ゼッタイに30日間は利息なしでお金が借りられます。

一方アコム・アイフルは契約したその日から無利息期間が始まるので、借入れ日が遅くなるほど無利息期間が短くなってしまうことに注意してください。

無利息期間の違い

カードローン 契約日 借入れ日 無利息期間
プロミス 1月1日 1月2日 30日間
アコム 29日間
アイフル

→アコム・アイフルは契約日から無利息期間が始まるため、翌日に借入れると無利息期間が29日間になってしまう

ポイント② 申し込み金額をなるべく低くする

利息なしで借入れをするなら、借入れる金額は10万円以下を目安に「無利息期間中に全額返せる金額」に収める

借入れ希望額は10万円以下の少額で申し込むようにしてください。

利息0円で借入れをするには、無利息期間中に借りたお金を一括返済することが鉄則。

申し込む金額は給料で全額返せる範囲に収めましょう。

 

また申し込む金額が小さければ小さいほど低いリスクで貸付けできるので審査がスムーズに進みます。

ポイント③ 手数料のかからない方法で借入れ・返済をする

タダでお金を借りるなら利息だけでなく、手数料0円で借入れ・返済を済ませる必要がある

完全にタダでお金を借りるためには、利息だけでなく手数料も0円にする必要があります

【手数料0円の借入れ・返済方法】

カードローン 借入れ方法 返済方法
プロミス プロミスATM、三井住友ATM、口座振り込み プロミスATM、三井住友ATM、ネットバンキング
アコム アコムATM、口座振り込み、 アコムATM、ネットバンキング
アイフル アイフルATM、口座振り込み アイフルATM、ネットバンキング

借入れで手数料がかかってしまうと1円単位で返済しなければならないので、完済するときに返済方法が限られてしまいます。

また通常であれば借入れ額に利息や手数料分の端数が出るため、一括返済する前にカードローン会社へ「完済をしたいのですが…」と電話しなければなりません。

しかし利息・手数料なしであれば”借りたお金をそっくりそのまま返すだけ”なので、完済前の電話や返済方法の制限なしで利用OKです。

無利息サービスははじめてカードローンに申し込む方であれば誰でも利用できて、いくら借りても利息がかからない便利なサービス。

無利息期間を上手に利用してタダで10万円以上のまとまったお金を借りることも夢ではありません。

また手数料のかからない借入れ・返済方法を選べばムダなお金を支払うことなく、完済前の電話も省略できて一石二鳥です。

もちろん無利息期間中に完済できることが重要なので、借入れるお金が給料で返せる金額かどうかに注意してかしこく使いこなしましょう。

30日間無利息でキャッシングできるカードローン一覧に戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク