決算書不要のビジネスローンを紹介!

「起業して1年しか経っていない…2年分の決算書が手元にない…」
「用意するのがめんどうだし、できれば決算書なしで事業資金を借りたい!」

「ローンを組みたいけど、必要な書類が何枚もある…」と、ビジネスローンへの申し込みへ今一歩踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。

中でも決算書は発行するのに時間も手間もかかるので、「できれば決算書なしで申し込みたい」のが本音ですよね。

実はオリックスVIPローンカードBUSINESS」なら決算書の提出なしで申し込みOKです。

しかも審査スピードは最短60分とビジネスローン随一で、申し込んだその日のうちに借入れるのも夢ではありません。

今回は「オリックスVIPローンカードBUSINESS」が決算書なしで借りられる理由を解説しながら、魅力を紹介していきます。

関連記事「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の審査についてはこちらで解説しています。

【オリックスVIPローンカードビジネスの全て】審査は甘い?即日OKの事業者ローンに切り込む!

決算書不要のビジネスローンは【オリックスVIPローンカードBUSINESS】

オリックスVIPローンカードビジネス

対象者 ■個人事業主
■法人経営者
(※業歴1年以上)
金利
(実質年率)
6.0%~17.8%
限度額 最大500万円
審査スピード 最短60分
融資スピード 最短即日
(※平日14時30分までに契約)
保証人・担保 不要
毎月の返済 15,000円~
返済期間 最長122カ月(約10年)
コンビニATM まる

決算書なしのビジネスローンに申し込むならオリックスVIPローンカードBUSINESSがおすすめ。

申し込み必要な書類は「本人確認書類」「収入証明書」の2つだけでOKです。

icon-hand-o-right オリックスVIPローンカードBUSINESSの必要書類

【本人確認書類】(いずれか1点)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

 

【収入証明書】(いずれか1点)

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 年金通知書
  • 給与明細(2ヶ月分)+賞与明細書(1年分)

(参考:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

通常2週間以上かかる決算書の作成・発行の手間を省けるので、スムーズに手続きが進められるのもうれしいポイント。

また「2年分の決算書をどうしても用意できない」など、起業して間もない方にもおすすめのビジネスローンになっています。

経営状況申告書はフォーマット通りに記入するだけでOK

個人事業主の方は決算書の代わりに「経営状況申告書」を提出する必要があります。

ただし自分で1から書類を作成する必要はなく、公式サイトからPDFをダウンロードして記入するだけなのでカンタンです。

個人事業主は経営状況申告書を書く必要がある

経営状況が把握できているな10~20分ほどで書き終わるので、決算書の作成に比べればほとんど手間なしで申し込めます。

\「決算書なし」で事業資金をGET/
オリックスVIPローンカードビジネスに申し込む!

※このままスマホやPCで申し込めます。

オリックスVIPローンカードBUSINESSが「決算書なし」で審査できる理由2つ

冒頭でも述べましたが、基本的にビジネスローンに申し込むには決算書が必要になります。

  • 売上げが伸びているか
  • 経営は黒字になっているか
  • 欠損金(税務上の赤字)は出ていないか

など決算書から申し込んできた事業主の経営状況をチェックして、「貸しても返してくれる見込み(=返済能力)があるか」を判断するためです。

しかし「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は、以下の理由から決算書をそこまで重視しない審査体制になっています。

icon-hand-o-right 決算書を重視しない理由2つ
  1. 業歴1年以上の方まで審査対象を引き下げている
  2. ノンバンク系ビジネスローンで融資に回せるお金に余裕がある

① 業歴1年以上なら申し込めて、申し込み条件のハードルが低い

オリックスVIPローンカードBUSINESSは業歴が1年以上あれば申し込める。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は業歴1年以上から申し込めると、申し込み条件のハードルが低いのが最大の特徴。

その証拠に申し込み時に入力する「経営会社情報」の売上げを申告する項目では、前年度分の入力だけでOKになっています。

orixvip_uriage

ローン審査では「継続して収入が安定していること」が最重要。

ほとんどのビジネスローンは審査対象を「業歴2年以上の方」に設定しているので、決算書から”少なくとも2年間連続で収益が安定していること”をチェックする必要があります。

【ビジネスパートナーの必要書類】
ビジネスパートナーは法人・個人事業主どちらも業歴2年以上が必要

しかし「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の審査対象を業歴1年以上の方」に引き下げているので、決算書はあまり重視されないと考えられます。

② ノンバンク系ビジネスローンで融資に回せるお金に余裕がある

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」を含むノンバンク系ビジネスローンは、銀行ローンと比べて審査がゆるやかだと言えます。

icon-hand-o-right 「ノンバンク系」とは?

ノンバンク(Non-bank)とは銀行以外の金融機関のこと。

カードローンで言えばアコムやモビットといった消費者金融など、銀行や信用金庫、信用組合を除いた貸金業者を指します。

預金などローン商品以外を扱う銀行と違い、「お金を貸すこと」に特化しているのが特徴です。

ノンバンク系ビジネスローンのひとつである「オリックスVIPローンカードBUSINESS」も

  • スコアリングシステムで審査コストが安い
  • 銀行よりも金利がやや高めで、貸し倒れのリスクが低い

と「融資に回せるお金に余裕がある」という理由で、決算書を重視しなくてもOKな仕組みになっています。

① スコアリングシステムで審査コストが安い

オリックスVIPローンカードBUSINESSではコンピューターの自動審査を採用しており、人が審査するよりもコストが低い。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は、スコアリングシステムで審査コスト(審査にかかる費用)が安く抑えられています

【スコアリングシステムを使ったビジネスローン審査の流れ】

  1. 申し込み
  2. 仮審査<コンピューターによる自動審査>
  3. 本審査・最終決定(担当者による書類チェック)<融資OK>

スコアリングシステムとは、「貸付けできるかどうか」を申し込み情報からコンピューターが判断する自動審査のこと。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は申し込み時に入力する「本人情報」「経営会社情報」から、申し込み者の返済能力を判断しています。

【本人情報】

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 居住形態・居住年数
  • 家族構成
  • 前年度の個人所得

 

【経営会社情報】

  • 会社名
  • 会社の住所
  • 電話番号
  • 業種
  • 従業員数
  • 資本金
  • 創業年月日
  • 勤続年数
  • 売上げ【前年度(必須)・前々年度(任意)】

上記の申し込み情報に点数をつけて、その総合点が合格ラインを超えていれば自動的に「貸付けOK」と判断してもらえます。

融資できるお金に余裕がある分幅広い層に貸付けできるので、「赤字が出ている」など現時点で致命的な問題がなければ決算書なしでも前向きに審査してもらえるというワケです。

人がじっくり審査する銀行や信用金庫は審査コストが高い

銀行や信用金庫は「この事業主に○○円の融資をしてもいいか」を多くの人が関わって審査しているので、審査コストが高い分融資に回せるお金が少なくなります。

【銀行・信用金庫の申し込み~融資決定の流れ】

  1. 申し込み
  2. 銀行の担当者の審査
  3. 銀行の担当者が稟議書を作成
  4. 支店内で稟議書が回覧される
  5. 支店長が中間決定
  6. 本部の部長・役員が最終決定<融資OK>

② 銀行と比べて金利がやや高めで貸し倒れのリスクが低い

銀行ビジネスローンよりも金利が高くて貸し倒れのリスクが低く、審査が緩やか。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は銀行ローンに比べてやや金利が高い分、審査が緩やかです。

ビジネスローン 金利
オリックス 年6.0%~17.8%
 楽天銀行 年3.0%~15.0%
 東京スター銀行  年6.5%~14.5%
りそな銀行 年6.0%~14.0%
ジャパンネット銀行 年1.45%~8.2%

「金利が高い」ことは一見するとデメリットに思えますが、実は幅広い層の申し込みを受付けていることの裏づけ。

もし貸していた相手がお金を返せなくなる「貸し倒れ」になっても、高金利で貸していれば損害をカバーできるからです。

【100社に300万円ずつ貸した場合の収益・貸し倒れ損失】

■金利が年5.0%の銀行ビジネスローンの場合

①利息から得られる収益:1,500万円(=1社あたりの融資:300万円×100社×年5.0%)

②貸し倒れの損失:1社あたり300万円

①÷②=5社

→損害にならないのは貸し倒れ5社まで

■金利が年14.9%のオリックスVIPローンカードBUSINESSの場合

①利息から得られる収益:4,470万円(=1社あたりの融資:300万円×100社×年14.9%)

②貸し倒れの損失:1社あたり300万円

①÷②=14.9社

→損害にならないのは貸し倒れ14社まで

=金利が高いオリックスVIPローンカードBUSINESSは多少の貸し倒れがあっても損をしない!

金利がやや高い「オリックスVIPローンカードBUSINESS」には、2~3件くらいの貸し倒れなら取り返せるだけの収益があります。

返せなくなる可能性が少しくらいあっても受け入れられるので、決算書をじっくりチェックする必要がありません。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」はビジネスローンとしても利用しやすい

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」には”決算書なしで申し込める”以外にも、以下のようなメリットがあります。

icon-hand-o-right オリックスVIPローンカードBUSINESSのメリット3つ
  1. 審査は最短60分!申し込んだその日のうちに借りられる
  2. スマホ1つで申し込み~借入れまでWEB完結できる
  3. 10年以上かけて自分のペースでゆっくり返済を続けられる

シンプルに”ビジネスローン”として見ても優秀なので「決算書不要でも不便だったらイヤだな…」と思っていた方も納得できるでしょう。

① 審査スピードは最短60分!申し込んだその日のうちに借入れOK

審査がビジネスローンの中でも最速の60分で終わる。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は「審査が最短60分で終わる」と公言している唯一のビジネスローン。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは最短60分で審査が終わると公言している

実際に他のビジネスローンと比べても、審査・融資スピードは群を抜いて早いことがわかります。

ビジネスローン 審査スピード 融資スピード
オリックス銀行 最短60分 最短即日
ビジネクスト 最短即日 最短即日
ビジネスパートナー 最短即日 最短2日
楽天銀行 1~2週間 2週間程度
三菱東京UFJ銀行 2週間 2週間以上

「午前中に申し込んで、午後には借入れ」というのも夢ではないので、今スグ事業資金が必要な方にはぴったりのビジネスローンです。

 

「銀行振込み」ならカードなしでも即日融資OK!

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の融資スピードの早さは口座振込み対応のおかげ。

ローンカードが届くまでには最低1週間はかかりますが、平日14時30分までに振込み依頼を済ませておけば口座振込みで即・借入れできます。

また振込み先は自分のお好きな口座が設定できるので、口座開設なしで利用できるのもうれしいポイントです。

(参考:インターネットで申し込んで最短で借りるコツ

オリックスVIPローンカードビジネスに申し込む!

② スマホ1つで申込み~借入れまでWEB完結できる

スマホひとつで申し込み~借り入れまで完結できるので、来店の必要がない。

スマホ1つだけで申込み~借入れまで完結できるのも、「オリックスVIPローンカードBUSINESS」の強みです。

平日、土日・祝日を問わず24時間いつでもネット申し込みを受付けていて、思い立ったときにスグ申し込めます。

必要書類の提出もスマホで写真を撮ってアップロードするだけと、カンタンなのもうれしいポイント。

審査結果はメールで通知され、契約手続きもWEB上で済ませられるので来店なしで借入れできます。

③ 自分のペースで10年以上かけてゆっくり返済もOK

オリックスVIPローンカードBUSINESSは最大122ヶ月かけて自分のペースで返済できる。

「オリックスVIPローンカードBUSINESS」はビジネスローンの中でも返済期間が長く、最大122回に分けてゆっくりと返済できるのがポイント。

ビジネスローン 返済期間 毎月の最低返済額
(50万円借りた場合)
オリックス銀行 122ヶ月 15,000円~
ビジネクスト 60ヶ月 12,700円~
東京スター銀行 12ヶ月
(12ヶ月ごとに更新)
10,000円~
福岡銀行 12ヶ月 89,082円~

毎月の最低返済額も15,000円~、無理のない金額設定なので自分のペースで完済を目指せます。

繰り上げ返済に全国の提携ATMが使える

「今月はお金に余裕があるから多めに返済したい…」という場合、毎月の返済とは別に全国の提携ATMから繰り上げ返済OK

毎月の返済に加えて繰り上げ返済をすれば、完済までの期間を短くできる分利息を安く抑えられます
※ATMでの返済には手数料がかかります。

返済に使えるコンビニATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net(ファミリーマート、ミニストップなど)
  • ゼロバンク(サークルK・サンクス)
  • バンクタイム(サークルK・サンクス)
返済に使える銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 三井住友信託銀行ATM
  • しんきんバンクATM
  • イオン銀行ATM
  • アットバンクATM(福岡県内)
  • 北海道銀行ATM
  • 北洋銀行ATM
  • 青森銀行ATM
  • みちのく銀行ATM
  • 東北銀行ATM
  • 北日本銀行ATM
  • 七十七銀行ATM
  • 仙台銀行ATM
  • 秋田銀行ATM
  • 北都銀行ATM
  • 山形銀行ATM
  • きらやか銀行ATM
  • 東邦銀行ATM
  • 大東銀行ATM
  • 常陽銀行ATM
  • 足利銀行ATM
  • 栃木銀行ATM
  • 群馬銀行ATM
  • 武蔵野銀行ATM
  • 千葉銀行ATM
  • 京葉銀行ATM
  • 東日本銀行ATM
  • 八千代銀行ATM
  • 東京スター銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • 北越銀行ATM
  • 山梨中央銀行ATM
  • 長野銀行ATM
  • 北陸銀行ATM
  • 富山第一銀行ATM
  • 北國銀行ATM
  • 福井銀行ATM
  • 福邦銀行ATM
  • 静岡銀行ATM
  • スルガ銀行ATM
  • 十六銀行ATM
  • 大垣共立銀行ATM
  • 愛知銀行ATM
  • 名古屋銀行ATM
  • 中京銀行ATM
  • 百五銀行ATM
  • 第三銀行ATM
  • 滋賀銀行ATM
  • 京都銀行ATM
  • 近畿大阪銀行ATM
  • 大正銀行ATM
  • 南都銀行ATM
  • 鳥取銀行ATM
  • 山陰合同銀行ATM
  • 島根銀行ATM
  • トマト銀行ATM
  • 広島銀行ATM
  • もみじ銀行ATM
  • 西京銀行ATM
  • 阿波銀行ATM
  • 徳島銀行ATM
  • 百十四銀行ATM
  • 香川銀行ATM
  • 伊予銀行ATM
  • 愛媛銀行ATM
  • 四国銀行ATM
  • 高知銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 福岡中央銀行ATM
  • 佐賀共栄銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 長崎銀行ATM
  • 肥後銀行ATM
  • 豊和銀行ATM
  • 宮崎太陽銀行ATM
  • 南日本銀行ATM
  • 琉球銀行ATM
  • セゾンカードATM

決算書なしで事業資金を借りるなら「オリックスVIPローンカードBUSINESS」がおすすめ。

基本的に本人確認書類と収入証明書だけで申し込めて、特別に書類を発行する手間は一切かかりません。

スマホ1つで申込み~借入れまで完結できて最短即日で借りられるので、急な支払いの手助けとして活躍してくれます。