免許証なしでも消費者金融カードローンは申し込める

「消費者金融カードローンで借りたいけど、運転免許証を持ってない…」
「免許証なしで申し込めるカードローンってあるの?」

みなさんは消費者金融カードローンで借りたいのに、「運転免許証がないから…」と諦めていませんか?

たしかに運転免許証が1枚あれば、すべての消費者金融へ申し込めるのは事実。

ただ、カードローン審査は運転免許証がなくても受けられるんです!

実は審査で使える「本人確認書類」は、下記のように免許証以外にもたくさんあります。

  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード
  • 年金手帳 など

このページでは消費者金融カードローンの審査に使える、運転免許証以外の「本人確認書類」を完全ガイド。

書類の入手方法提出前にチェックする項目もまとめたので、申し込み前にぜひ読んでみてください。

関連記事カードローン審査に必要な書類については、こちらでも解説しています。

【決定版】カードローン審査の必要書類&事前準備

消費者金融カードローンは「運転免許証なし」でもお金を借りられる!

運転免許証以外でも消費者金融に申し込める

冒頭の通り、消費者金融カードローンの申し込みに運転免許証が必須”というワケではありません

以下3つの条件を揃えた書類であれば、「本人確認書類」として提出が認められています。

  1. 顔写真が載っている
  2. 氏名・生年月日・現住所が書いてある
  3. 有効期限内である

詳しくは後述しますが、パスポートなど顔写真が載っている書類なら1枚だけで審査に申し込めることがほとんどです。

 

そもそもカードローン審査では、「申し込んできた人が本人か」のチェックが必須。

万が一返済が止まった場合、本人に連絡を取って借金を回収するためです。

カードローン会社も商売でお金を貸しているので、貸したお金を返してもらえないと困ってしまいますからね。

ただ運転免許証以外でも本人確認はできるので、”審査に免許証は必須ではない”というワケです。

【コラム】「本人確認書類といえば運転免許証」なのはナゼ?

運転免許証が必須!と勘違いされやすいのは、上記の条件を1枚ですべて満たす”本人確認書類の代表”だからです。

「氏名や住所など基本的な個人情報が記載されている」のはもちろんですが、

  • 同時に顔写真を確認できる
  • 定期的に更新する(どんな理由でも本人以外には発行できない)
  • 警察がデータを管理している

と”他人になりすましにくい“要素が揃っているので、本人確認書類としてトップクラスの信用度があります。

顔写真が載っていない場合は「追加書類」が必要な可能性アリ

顔写真のない書類は「現住所がわかる書類」とセットで提出

実はカードローン審査は、健康保険証など「顔写真のない本人確認書類」でも申し込みOKです。

ただし現住所を証明できる書類」の追加が必要になることがほとんど。

【カードローン審査で使える「現住所を証明できる書類」】

  • 電気・ガス・NHKなど公共料金の領収書(領収押印があるもの)
  • 住民票
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 社会保険料の領収書 など

領収日付から直近2回分、または発行年月日から6ヶ月以内のもの

たとえば健康保険証でプロミスに申し込みたいなら、下記の追加書類いずれか1枚も用意しておきましょう。

【プロミスで健康保険証を提出する場合】

本人確認書類 追加書類
(いずれか1枚)
健康保険証 ・ガスや電気など公共料金の領収書領収押印があるもの)
・住民票
・国税または地方税の領収書(もしくは納税証明書)
・社会保険料の領収書

領収日付から直近2回分、または発行年月日から6ヶ月以内のもの

顔写真のついていない書類しか手元にない方は

  • 追加書類のあり/なし
  • 追加書類に何が使えるか

を、申し込み先の公式サイトで事前にチェックしておくのをおすすめします。

【”運転免許証なし”で申し込むなら「アイフル」がおすすめ!】

アイフルのバナー

今持っている書類だけで申し込めるか不安…という方は、アイフルへの申し込みがおすすめ。

審査で使える本人確認書類が豊富で、運転免許証を除いて10種類以上あるのがポイントです。

【アイフルで使える本人確認書類】(運転免許証を除く)

1枚だけで申し込める書類顔写真つき

  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード

 

2枚用意して申し込める書類顔写真なし

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本(妙本)
  • 国民健康保険の被保険者資格証明書
  • その他公的証明書類(住民票の記載事項証明書など)

以上の中から1点(顔写真がないものは2点)あれば申し込めるので、今から新しく書類を発行する手間がかかりません。

書類の提出方法もスマホから書類の写真をアップロードするだけで、スムーズに審査を進められます。

アイフルの基本情報を見る
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
30日の無利息期間あり
利用可能額(限度額) 最大800万円(最低1,000円)
年齢制限 満20歳以上70歳未満
収入証明書 50万円まで不要
(本人確認書類だけでOK)
毎月の返済 4000円(10万円借り入れた時)
利用用途 自由
担保・保証人 不要
年会費 なし

icon-hand-o-right
アイフルに申し込める人
  • フリーター
  • パートをしている主婦
  • アルバイトの学生
  • 自営業をしている方
  • 派遣社員・派遣スタッフとして働いている方

免許証なしでアイフルから借りる!

アイフルの審査を詳しく知りたい方はこちら

消費者金融カードローンで使える本人確認書類5つをチェック!

実際に大手消費者金融カードローンで使える、「免許証以外の本人確認書類」は下記5つ。

(タップ・クリックすると、解説までスクロールします。)

本人確認書類 SMBCモビット プロミス アコム アイフル レイクALSA j.score
健康保険証 maru maru
※1
maru
※1
maru
※1
maru
※1
maru
パスポート maru maru maru maru maru maru
個人番号
カード

(マイナンバーカード)
maru maru maru maru maru maru
住民基本台帳カード maru maru maru maru batsu batsu
年金手帳 batsu batsu
※2
maru
※1
maru
※1
batsu batsu

 

※1)1つだけでは本人確認が取れず、「現住所の印刷された書類(住民票の写し、公共料金の領収書など)」も1点提出する必要があります。
※2)審査で使えるのは、現住所が印字されているオレンジ色の年金手帳のみです。

ここからは書類ごとに、

  • 提出書類としての特徴
  • 入手する方法
  • 提出前に確認すべきポイント

を解説していきます。

今みなさんが持っている書類は提出書類として使えるか、チェックしてみてください。

① 健康保険証

条件を満たしていればどの保険証も使える

健康保険証は、誰もが持っている本人確認書類です。

社会保険証」「国民健康保険証」「船員保険証」と複数の種類がありますが、基本的にどれでも使えます。

提出する時は、以下のポイントを必ず確認しましょう。

健康保険証の確認ポイント3つ
  • 有効期限は切れていないか(国民健康保険は有効期限が1年
  • 現住所が裏面に正しく書かれているか
  • 氏名・生年月日に間違いがないか

失くしてしまった方も、国民健康保険証なら各地域の役所に行けば当日中に再発行OK。

ただし社会保険証の再発行は勤務先へ依頼するため、最低でも1週間以上かかります。
スグに申し込みたい方は、社会保険証以外の書類で代用するのがベターです。

また顔写真がない書類のため、1点だけでは審査してもらえない場合がほとんど。

公共料金の領収書(ガス、水道など)といった、追加書類をあらかじめ用意しておくとスムーズに審査を進められます。

② パスポート

過去に作ったパスポートも10年以内なら使える

パスポートは顔写真がついている本人確認書類なので、1点だけで審査してもらえるのが最大のメリット。

また有効期限が発行から最長10年間なので、過去に作っていれば今も使える可能性が高いです。

発行から期間が空いている場合も多いので、提出前には下記を必ず確認しておきましょう。

パスポートの確認ポイント4つ
  • 有効期限は切れていないか(取得時から5年~10年)
  • 現住所が正しく記載されているか/変更がないか
  • 氏名・生年月日に間違いがないか
  • 顔写真がついているか

パスポートは各都道府県にあるパスポート申請窓口で申し込めば、どなたでも新しく発行できます。

ただし発行までに6日以上費用が1万円以上かかるので、今持っていない方にはおすすめできません。

外国籍の方は「在留カード」「特別永住証明書」も使える

外国籍の方はパスポート以外にも、下記2つの書類が使えます。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

どちらも顔写真つきの書類ですが、カードローン会社によっては追加書類の提出を求められることもあります。

たとえば外国籍の方がプロミスに申し込む場合、必要書類の組み合わせは以下の通りです。

プロミス申し込みに必要な書類
(外国籍の方)
本人確認書類
(どちらか1枚)
・在留カード
・特別永住証明書
 追加で必要な書類
(いずれか1枚)
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード

(参考:【プロミス審査の必要書類】確認するべきポイントと提出方法を完全マスター!

③ 個人番号カード(マイナンバーカード)

顔写真付きの個人番号カードは審査に使える

本人確認書類として、個人番号カード(マイナンバーカード)も使えます。

パスポートと同じく発行から最長10年間有効で、顔写真つきで発行できるのがポイントです。

個人番号カードの確認ポイント4つ
  • 有効期限は切れていないか(発行日から10回目の誕生日まで)
  • 顔写真がついているか
  • 発行から住所・氏名の変更はなかったか
  • 氏名・生年月日に間違いがないか

これから交付を申請する方は、申請用のWEBサイトから簡単に申し込めます。
インターネットからのマイナンバーカード交付申請はこちら(外部リンク)

ただし申し込み~カードを受け取りまで1ヶ月以上かかるので、借入れを急いでいる方に新規発行は向いていません。

また「マイナンバーの通知カード」は審査で使えないので注意してください。

カードローン審査で個人番号カードを提出する時は、マイナンバーの載っていない表面(住所・顔写真が載っている側)だけを送りましょう。

マイナンバーを他人に教えてしまうと、法律違反になってしまいます。

マイナンバーカード以外にも「マイナンバー入りの書類(住民票の写しなど)」を提出する時も、マイナンバーだけは隠して提出してください。

④ 住民基本台帳カード

再発行はできないが、今持っているなら審査に使える

住民基本台帳カードを持っている方も、カードローン審査に申し込めます。

2015年で発行は終わっていますが、最長で2025年まで有効期限を過ぎていなければ利用OKです。

住民基本台帳カードの確認ポイント4つ
  • 有効期限は切れていないか(取得時から10年)
  • 現住所が正しく記載されているか
  • 氏名・生年月日に間違いがないか
  • 顔写真がついているか

当然ながら、有効期限が切れているとカードローン審査には使えないので要注意。

ただ写真つきのものを役所に持参すると、個人番号カードを作る時の本人確認書類として受け取ってもらえます。

⑤ 年金手帳

年金手帳では審査できない消費者金融も少なくない

年金手帳でも、カードローン審査は受けられます。

有効期限なしで更新する必要もないので。手元に持っているものをそのまま提出できるのがポイントです。

年金手帳の確認ポイント2つ
  • 現住所が正しく記載されているか
  • 氏名・生年月日に間違いがないか

失くしてしまった方も、役所に行けば即日・無料で再発行できます。

ただ「年金手帳では審査できない」という消費者金融も少なくありません。
「利用できるかどうか」を申し込み前に必ず確認しておきましょう。

また提出できたとしても現住所を確認できる追加書類が必要なので、事前に準備しておくのがベストです。

消費者金融カードローンで50万円以上借りるなら「収入証明書」も必要

50万円以上借りる場合は収入証明書も必要

消費者金融カードローンの審査では、収入証明書の提出が必要になることもあります。

収入証明書とは、その名の通り「収入があることを証明する書類」全般のこと。

下記いずれかに当てはまる方は、本人確認書類と合わせて提出してください。

  1. 消費者金融カードローン1社だけで、50万円以上借りる場合
  2. 他社ローンの金額+新しく借りる金額=100万円以上になる場合

【カードローン審査で使える「収入証明書」】

  • 給与明細 ※原則直近2ヶ月分
  • 源泉徴収票
  • 住民税課税証明書・住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 年金証書・年金通知書

本人確認書類と同じく、使える収入証明書もカードローンごとに違うので必ずチェックしておきましょう。

運転免許証なしの消費者金融カードローンに関するQ&A

Q1. 引っ越し前の住所が書いてある書類は審査に使えない?

A. 現住所を証明できる書類を、追加で提出できれば大丈夫です。

詳しい解説をチェック!

引越したばかりで書類に載っている住所が違っても、現住所を証明できる書類を一緒に提出すればOKです。

「現住所が確認できる書類」をおさらい!
  • 電気・ガス・NHKなど公共料金の領収書(領収押印があるもの)
  • 住民票
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 社会保険料の領収書 など

領収日付から直近2回分、または発行年月日から6ヶ月以内のもの

ちなみに健康保険証や年金手帳であれば、住所の変更・再発行は即日で終わります。

ただ住所変更の手続きをする際には、別の本人確認書類が必要なので注意してください。

Q2. 免許証以外でも来店なしで書類提出できる?

A. 書類はすべて、来店なしでインターネットから提出できます。

詳しい解説をチェック!

運転免許証以外の書類でも提出方法は一切変わらず、下記から自由に選べます。

  • インターネット(PC・スマホ)
  • メール
  • FAX
  • 郵送
  • 自動契約機

特に借入れを急いでいる方はインターネットからの提出がおすすめ。

スマホで書類の写真を撮ってアップロードするだけで、外出なしでスムーズに提出できます。

ただ書類の種類にかかわらず、「写真がぼやけている」「暗くて読み取れない」といった不備があると審査できません。

再提出を求められて時間をロスしてしまうので、書類の写真は明るい場所でハッキリ写すことを心がけましょう。

(関連:審査に必要な書類はスマホから提出

Q3. 保険証の種類によって審査の有利/不利は変わる?

A. 保険証の種類が審査に影響することはありません。

詳しい解説をチェック!

保険証の種類によって、審査の有利/不利は変わりません。

氏名・生年月日・現住所の確認だけが目的なので、保険証の種類が審査に大きく影響することはないんですね。

ただ勤務先が発行する「社会保険証」は身分証明だけでなく

  • どこに勤めているのか
  • 発行から何年経っているか(=勤続年数)

といった勤務先情報/状況も同時に確認できるので、信用度が多少高くなる可能性アリ。

「正社員で高収入、勤続年数が5年以上」など審査結果が優良なら、「社会保険証で在籍確認できた」と判断されて職場への電話なしで審査を進められることもあります。
(参考:在籍確認なし・職場電話なしでカードローン審査に通る?全11業者を調査

Q4. 住民票は本人確認書類として使えないの?

A. 使えないことはありませんが、あまりおすすめはできません。

詳しい解説をチェック!

住民票の写しでも審査を受けられますが、あまりおすすめはできません。

そもそも役所・コンビニで発行する時に、別の本人確認書類が必要です。

他に使える書類があるなら、住民票を発行するより手元の書類で申し込んだほうが手間を減らせます。

また本人以外でも取り寄せられる書類なので、本人確認書類としての信用度はそこまで高くありません。

「現住所を証明できる書類」の提出も必須なので、借入れを急ぐ方は避けるのがベターでしょう。

Q5. 運転免許証を偽造したらバレる?

A. ほぼ確実にバレる上、偽造自体が犯罪なので最悪逮捕されてしまいます。

詳しい解説をチェック!

運転免許証を偽造して申し込んでも、審査に通るのはほぼ不可能です。

消費者金融カードローンの審査担当者は、複数の視点から「提出された書類が本物か」を入念にチェックしています。

  • 免許証の材質や文字のフォント、光の反射具合はどうか
  • チェックデジット※は正式に登録されているか
    ※免許証に記載されている12桁の番号
  • 信用情報※に登録された内容とズレはないか
    ※ローン会社間で共有されている申込み者の個人情報

バレれば即・審査落ちするだけでなく、ニセモノだとわかれば通報・逮捕されかねません。

そもそも免許証以外の書類でもカードローンは申し込めるので、”偽造するだけ損”です。

消費者金融カードローンは、運転免許証なしでもお金を借りられます

免許証以外にも、下記の「本人確認書類」を用意すればOKです。

「運転免許証以外の本人確認書類」をおさらい!
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード
  • 年金手帳

ただし「顔写真のない書類」で申し込む場合は、公共料金の領収書などの「現住所を証明できる書類」の提出も必要なので要注意。

50万円以上借りたい方は、収入証明書も用意しておきましょう。

もちろんカードローンごとに使える書類は異なるので、申し込み前に公式サイトで確認するのがベターです。

それでも「今持っている書類で申し込めるか不安…」という方は、使える書類が豊富なアイフルへの申し込みをおすすめします。

\免許証なしでも申し込みOK!/

アイフルで今すぐ借りる!

※審査は最短30分で終わります。

アイフルの審査を詳しく知りたい方はこちら

関連記事▼本人確認書類だけで借りられる消費者金融カードローンは下記をチェック!

【収入証明書不要のカードローン厳選5つ】本人確認書類だけで借り入れ!【即日融資OK】

 

▼カードローンの巨匠が”絶対”おすすめする消費者金融カードローンを知りたい方はこちら

”絶対”おすすめの消費者金融4選【カードローン利用歴10年の私が選ぶ】

◯この記事のアドバイザー◯
独立系FPとして、資産運用と社会保障(特に年金)を主に、FP相談(ローン相談含む)・執筆・講演・を行っている。金融庁、日本証券業協会、東海労働金庫などで資産運用、社会保障、金融業界講演多数。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

スポンサーリンク

スポンサーリンク