ファーストビュー

「審査が不安だから一気にたくさんカードローン審査に申し込もう!」

こう思っている方は今すぐ考えを改めてください。

同時にたくさんのカードローンに申し込んでしまうと「申し込みブラック」という状態になってしまいます。

申し込みブラックになってしまったら最後、カードローンの審査を突破する見込みはほとんどありません。

 

このページでは申し込みブラックについてイチから丁寧に、どこよりもわかりやすくお伝えしていきます。

「絶対に申し込みブラックになりたくない!」
「自分、もしかしたら申し込みブラックかもしれない…」

このような方のために申し込みブラックへの対策についても紹介していますので参考にしてください。

下記のページでは、申し込みブラックを避けて複数のカードローンに同時に申し込むコツを紹介しています。

複数のカードローンに申し込みたい!でもムダに審査に落ちるのはイヤだ…」という人は参考にしてください。

カードローン審査で【複数同時申し込み】はアリ?成功へ導く5つのコツも紹介!

カードローンの同時申し込みは厳禁!申し込みブラックは嫌われる!

申し込みブラックってどういう状態のこと?

申し込みブラックとは短期間で複数のカードローンに申し込んできる人のこと。

「ブラック」という言葉が付いていることからもわかるように、短期間で複数のカードローンに申し込んでしまった人は審査に通りづらくなってしまいます。

「短期間」に「複数」って具体的にどれくらい?

申し込みブラックの基準

一般的には「1ヶ月のうちに3社以上申し込んだら申し込みブラック」といわれています。

ただ「どのくらいの期間で、何社のカードローンに申し込んだらダメなのか」の基準は、カードローン会社によってマチマチです。
というか、ハッキリとした基準を教えてくれているカードローンなんて1つもありません。

あくまで目安程度に考えていただければと思います。

1つだけ確実に言えるのは「1ヶ月以内に多くのカードローンに申し込むほど審査に通りづらくなる」ということだけです。

「申し込みブラックになるギリギリまで攻めて申し込む」というのではなく「申し込みブラックにならないように複数のカードローンへの申し込みを控える」という方が賢いでしょう。

申し込みブラックが審査で不利になる理由

申し込みブラックは審査で不利

理由はシンプルに、カードローン会社が短期間で複数申し込むような人を信用してくれないからです。

「たくさん申し込んでおけば、1つくらいひっかかるだろう」
「面倒だから一気に申し込みを済ませた」
「審査に全然通らないから次から次へと申し込んでいる」

短期間で複数のカードローンに申し込む人が「何を考えているか」「どういう状況なのか」はカードローン会社に筒抜けだと考えてください。

あなただったらこのような人を信用してお金を貸しますか?

例えば「誰でもいいからお金を貸してくれ!」と言って、次から次へと知り合いに頼んでいる人にはお金を貸したくないと思うはずです。

お金に困っているという危機感は伝わってくるかもしれませんが、信用してお金を貸すかどうかは別問題。貸したお金が返ってこなくて困るのはあなたですから。

裏を返せば、カードローン会社は「信用できるような人が申し込みブラックになるはずがない」と思っています。

カードローン会社が申し込みブラックをあぶり出す仕組み

カードローンの申し込みは記録されている

「複数のカードローン会社に申し込んだことなんてバレないんじゃないの?」

他のカードローン会社に申し込んだことがバレなければ、新たに申し込んだカードローン会社は「あなたが申し込みブラックだということ」を知るよしもありません。

しかしカードローンの審査には申し込みブラックをあぶり出す仕組みがあります。

 

まずみなさんにお伝えしたいのが「カードローンに申し込んだ」という事実は信用情報に記録されるということ。

カードローン会社は審査の中で必ず信用情報をチェックするので「いつ、どこのカードローンに申し込んだか」は一発でバレてしまうというわけです。

申し込み情報を記録している3つの信用情報機関

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行個人情報信用センター)
  • JICC(日本信用情報機構)

どんなカードローン会社も最低でもこの中の1つ、多くて2つの機関に登録しています。

登録している機関に「〇〇さんの信用情報を教えてください」とお願いして、1ヶ月の間に複数のカードローンに申し込んでいないかチェックしているというわけです。

例えば大手消費者金融のアコムは【CIC】と【JICC】2つの期間に登録しています。

アコムが登録している信用情報機関(引用元:アコム公式ホームページ、クリックで拡大します。)

3つの信用情報機関の記録は共有されている

「申し込み先によっては他のカードローンに申し込んだことを隠し通すことができるんじゃないか?」

例えば、

  • CICのみに登録しているカードローンA、カードローンBの審査に落ちた
  • 新たにJICCのみに登録しているカードローンCに申し込む

というパターンです。

登録している機関がちがうので「他のカードローンに申し込んだことはバレないんじゃないの?」と思いたくなりますよね。

しかしカードローン会社は申し込みブラックのチェックに余念がありません。

3つの機関に登録されている記録は「CLIN(Credit Information Network)」というネットワークで共有されているのです。

clinのイメージ画像

(引用元:CICホームページ

上でもお伝えしたように、カードローン会社は少なくとも1つ以上の信用情報機関に登録しています。

記録が共有されている以上、どこのカードローンに申し込もうが「申し込みブラックであるかどうかは」すぐにわかってしまうんですね。

下記のページでは、申し込みブラックを避けて複数のカードローンに同時に申し込むコツを紹介しています。

複数のカードローンに申し込みたい!でもムダに審査に落ちるのはイヤだ…」という人は参考にしてください。

カードローン審査で【複数同時申し込み】はアリ?成功へ導く5つのコツも紹介!

あなたはどうすべき?「申し込みブラック」の観点からアドバイス!

申し込みブラックを踏まえて「これからカードローンに申し込む人」「すでにカードローンの審査に落ちてしまった人」に管理人からささやかなアドバイスを贈りたいと思います。

自分に当てはまる項目をチェックしてみてください。

まだ1社もカードローンに申し込んでない方

まだどこのカードローンにも申し込んでない方は「ここ!」と決めたカードローン以外には申し込まないようにしてください。

「1社に絞ったら審査に通ってたかもしれないのに、他に申し込んだことが足を引っ張って審査に落ちた…」というのが1番もったいないケースです。

まずは1社に申し込んでから結果を待ちましょう。

初心者におすすめのカードローンランキング!はじめて借りる方必見!

1社の審査に落ちた方

現時点で申し込みブラックになっている可能性はほとんどありません

ただ次も審査に落ちるようなことがあったら申し込みブラックの一歩手前、ジリ貧です。

特に銀行カードローンに申し込んだ人は、審査が比較的厳しくない消費者金融の中から申し込先を決めるようにしてください。

「絶対に次で決めたい!」という方は「審査通過率(※)」という数字も加味しながらカードローンを選ぶといいでしょう。

※審査通過率:「申し込んだ人のうち、どれくらいの割合で審査に通ったか」というデータのこと。別名「成約率」とも呼ばれている。

審査が甘いカードローンはある?審査の通りやすさ、難易度を4つのツボで紐解く

1ヶ月以内に2社のカードローン審査に落ちた方

次の申し込みで審査に落ちてしまったら「ほぼ申し込みブラック確定」の状態です。

「金利が低いほうがいい」など、カードローンに対する他の要望は二の次にしてとにかく審査に通る見込みが高いカードローンに申し込むようにしてください。

選り好みして「結局お金を借りれなかった…」じゃ意味がありませんから。

 

おすすめの申し込み先は大手消費者金融のアコム

アコムバナー

アコムは数あるカードローンの中でも初めて利用される方への貸し出しに積極的です。

審査通過率(申し込んだ人のうち、どれくらいの割合で審査に通ったか)、新規顧客数(新しくお金を貸し出した件数)ともにカードローンに中でNo.1(※)でした。

申し込みブラックであろうとなかろうと「アコムの審査に落ちたら大手のカードローンの審査には通らない」と考えていただいて構いません。

【アコムのカードローンの詳細】

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
成約率
(審査通過率)
47.9%
審査スピード 最短30分
収入証明書 50万円以下不要
在籍確認 職場への電話なしも可能
担保・保証人 不要
学生の申し込み
パート・アルバイトの申し込み
専業主婦の申し込み 不可

アコムの申し込みはこちら

アコムの特徴・審査について知りたい方はこちら

1ヶ月以上で3社以上の審査に落ちた方

1ヵ月で3社以上のカードローンの審査に落ちてしまった方は、もうほぼ確実に申し込みブラックです。

銀行カードローンはおろか、SMBCモビットやアコムなどの大手消費者金融でもお金を借りられる見込みはほとんどありません。

残された選択肢は次の2つです。

  1. 中小消費者金融にチャレンジしてみる
  2. 申し込み履歴が消えるまで待つ(最後に申し込んでから6か月)

広告をバンバン打っているような大手のカードローンには申し込まないという前提で、上の2つの中からご自分に合った方を選んでください。

①中小消費者金融ならワンチャンスあるかも!?

どうしても今お金をが必要なら銀行や大手の消費者金融はあきらめて、マイナーな中小消費者金融に申し込んでみましょう。

中小消費者金融の審査は「今の時点のあなたがちゃんとお金を返す力があるか」を見ます。過去にどこの会社の審査に落ちたかどうかはあまり気にしていないようです。

その証拠に消費者金融のフクホーアローは、いわゆる「ブラック」に該当する人にもお金を貸し出した実績があります。
一縷の望みをかけて中小消費者金融に申し込みをすればお金を借りることができるかもしれません。

ただし、中小消費者金融を利用した場合「キャッシング用のカードがない」「返済は銀行振り込みだけ」など借り入れや返済が大手に比べて少し不便になってしまいます。

どのようにお金を借りれるか、どのように返済できるのかをしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

関連記事大手中小消費者金融カードローンはこちらでまとめています。

【消費者金融の一覧表】大手・中小消費者金融会社を65社一挙公開【全国網羅】

②申し込み履歴が消えるまで待つ

どうしても今お金が必要じゃないなら、とりあえずはお金を借りるのを我慢するのも1つの手です。

「いつ、どこのカードローンに申し込んだ」という記録は6か月経てば信用情報機関からきれいサッパリなくなります

【CICの申し込み情報の保有期間】

JICCの申し込み情報保管期間

【JICCの申し込み情報の登録機関】

JICCの申し込み情報保管期間

【KSCの申し込み情報の記録について】

KSCの申し込み情報保管期間

6か月後には「まだどこのカードローンにも申し込んでない」のと同じ状態でカードローン審査に挑むことができます

「急がば回れ」ではありませんが、今から半年後のカードローン審査に向けて今は辛抱しましょう。

「申し込みブラック」を避けることが審査通過のコツ!

  • カードローン審査に対する不安
  • 「早くお金を借りたい」という焦り

一気に複数のカードローンに申し込みたくなる気持ちはわかりますが、逆に「申し込みブラック」になって自分の首をしめてしまうことになります。

これから新しくカードローンに申し込むなら多くても1ヶ月の申し込みは2社までに抑えるようにしてください。

(参考:カードローン審査で【複数同時申し込み】はアリ?成功へ導く5つのコツも紹介!

過去にカードローンの返済で遅延や未払いなどの金融事故を起こしていないのに、審査に落ちてしまった方は申し込みブラックの可能性が濃厚です。

慌てて、他の大手カードローンに申し込んでも、申し込みブラックの期間が6ヶ月長引くだけ。

どうしても今お金が必要なら、申し込みブラックでも柔軟に審査してくれるアローやフクホーなどの中小消費者金融に申し込んでみてください。

↓関連記事もチェック↓

【カードローンの審査に落ちる決定的な11個の理由】対策して審査通過を目指す!

◯この記事のアドバイザー◯
1959年東京生まれ。
専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。
その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP®資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。
資産運用に関するセミナー、3級、2級FP資格取得の講師、ブログやコラムの執筆などを中心に活動中。

スポンサーリンク

スポンサーリンク