東京スター銀行おまとめローンの審査は厳しい?

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は、複数ローンを1本化して毎月の返済の負担を軽くするおまとめローン。

年12.5%の低金利で利息を大幅にカットできる上に返済日を1つにまとめられるので、スマートに完済を目指すのにピッタリです。

しかし「そんなに便利だと審査が厳しいんじゃないの?」と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん”誰でも東京スター銀行でおまとめローンを組める”というわけではありませんが、かといって審査ハードルが高すぎるということはありません

このページでは審査基準や審査の流れ、審査に落ちてしまう人の特徴まで東京スター銀行のおまとめローン審査を徹底調査。

さらに東京スター銀行に申し込む前にできる”おまとめローンを組むまでの時間を短縮するコツ”まで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【東京スター銀行 スターワン乗り換えローン(おまとめローン)基本情報】

東京スターおまとめ説明

金利 年12.5%
利用可能額(限度額) 30万円~1,000万円
年齢制限 満20歳以上65歳以下
利用用途 無担保個人向けローンのお借り換えおよびおまとめ
担保・保証人 不要()
年会費 なし

※保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる方

東京スター銀行の申し込みはこちら

▼東京スター銀行おまとめローンの特徴・メリットについては、下記のページで詳しく解説しています。

東京スター銀行おまとめローン「スターワン乗り換えローン」の評判!10項目からガチ考察!

東京スター銀行のおまとめローン審査はそこまで厳しくない

冒頭の通り、東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」の審査ハードルはそこまで高いとは考えられません

ここでは3つのポイントから、東京スター銀行がおまとめに前向きだと言える理由を解説していきます。

icon-hand-o-right 東京スター銀行のおまとめローン審査が厳しくないと考えられる理由
  1. 複数の借入れがある人を対象とした「おまとめ専用」のローン
  2. 源泉徴収票なしでも勤続3ヶ月以上から審査に申し込める
  3. 審査基準7つは”あってないようなもの”

「おまとめ専用ローン」である

「おまとめ専用ローン」なので借入れ件数が多くても利用できる。

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は借金の1本化に特化した”おまとめ専用ローン

以下の特徴から、複数の借入れがある状態でも審査に通る可能性が高いと言えます。

  • 他社借入金額・件数が多くても審査で不利になりにくい
  • 利用目的が「今あるローンの返済」に限定されている

他社借入が審査で不利になりにくい

おまとめ専用ローンは「申し込み者がすでに複数のローンを組んでいること」を前提に審査をしています。

“他社ローンとの返済バランス”をみて貸し出す金額を決めている通常ローンと違い、他社借入が多くても審査で不利になることはありません。

おまとめ専用ローンなら「今ある借金を借り換えるだけ」なので、複数社から数百万円の借り入れがあっても審査に通る可能性が高いです。

借金の完済を目的とした「返済専用のローン」

利用目的が「利用中のローンの返済」に限定されているのもポイント。

通常のカードローンは利用目的が自由なため、おまとめ目的で申し込んだとしても借金の返済に使ってもらえるかはわかりません。

貸したお金の使いみちを制限できない分、審査はより慎重になります。

一方おまとめ専用ローンは”返済専用のローン”なので、今ある借金を返せるだけの返済能力が確認できれば利用OKです。

(参考:おまとめ専用ローンは審査が柔軟

提出する収入証明書は「直近3ヶ月分の給与明細」でOK

3ヶ月分の給与明細があれば申し込める。

後述もしていますが、東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は直近3ヶ月分の給与明細を提出すれば申し込めます

つまり少なくとも3ヶ月以上同じ職場で働いていれば審査に通る可能性があるということです。

多くの銀行カードローンが「源泉徴収票の提出を求める=最低1年の勤続年数をボーダーにしている※」なかで、この対応はかなり良心的だといえます。

※【例】オリックス銀行カードローンで必要な収入証明書

オリックス銀行の収入証明は給与明細が使えない

公表されている審査基準7つは”あってないようなもの”

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は合計7つもの審査基準を公表しています。

しかし全て、

  • 他のローンと共通している基準
  • おまとめローンを検討している人なら達成している見込みが高い基準

この2つに分類できるので、ハッキリ言って見かけ倒し。
「満たさないといけない基準が多い」=「審査が厳しい」というわけではありません。

■他の銀行ローンと共通している基準

  1. 申し込み時、満20歳以上65歳未満
    (=どこのローンにも年齢制限がある)
  2. 保証会社の保証が受けられる
  3. 過去に債務整理(※)や自己破産をしたことがない
    ※弁護士などを通して借金を軽減する手続き
  4. 利用しているローンで返済遅れ・延滞をしていない
  5. 過去6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査(※)に落ちていない
    (=他の自社ローンの審査に落ちていない)

※他社ローンでは基準非公開の場合、言い回しが若干違うこともありますが、上記に該当する人はどこの銀行ローンも利用できません。

■おまとめローンを検討している人なら達成している見込みが高い基準(東京スター銀行特有の基準)

  1. 正社員・契約社員・派遣社員自営業・アルバイト・パート不可
  2. 年収200万円以上

これが新規の借り入れを前提としている利用目的自由のカードローンだったとしたら、正直基準は高すぎます。

しかし今この記事を読んでいる人の多くは、すでに満たしているのではないでしょうか?

社員でもなくて、年収が200万円にも満たない人は、そもそもおまとめローンを考えるほどのお金を借りられないはずです。

「年収の基準がある」「雇用形態の基準がある」からといって、審査自体が厳しいわけではありません。

東京スター銀行の申し込みはこちら

東京スター銀行に申し込めない自営業やアルバイト・パートの方、年収が200万円未満の方は消費者金融のおまとめローンを検討してみてください。
消費者金融でのおまとめローン・借り換えってどうよ? メリット・デメリットから切り込む

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」審査の流れ

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」の申し込み~借入れまでの流れは以下の通りです。

【東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」審査の流れ】

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 在籍確認
  4. 仮審査の結果通知・必要書類の提出
  5. 返済用口座開設・インターネットバンキング登録
  6. 本審査・本審査の結果通知
  7. 契約手続き
  8. 他社ローンの返済<おまとめ完了>

また審査のステップごとに“審査に落ちてしまう人”の特徴もあわせて解説していきます。

①【申し込み】インターネットなら24時間スマホひとつで申し込みOK

インターネットからなら24時間申し込める。

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」の申し込み方法は以下の3つです。

申し込み方法 受付時間
インターネット
(PC・スマホ)
24時間
電話 平日9:00~20:00
土日祝日9:00~17:00
店頭窓口 平日9:00~15:00
(予約制)

24時間いつでも申し込み可能なネット申し込みがおすすめ。

お手持ちのスマートフォン1つで申し込みからおまとめまでWEB完結でOKなので、審査をスムーズに進められます。

申し込みで審査落ちしてしまう人の特徴2つ

申し込みの段階で審査落ちする可能性が高い人の特徴は以下の2つです。

  1. ウソの情報・間違った情報で申し込む
  2. 他社で借りている合計額以上の金額を希望する

申し込み情報は信用情報に照らし合わせて入念にチェックされているので、「年収を200万円増やして申し込む」などウソをつくと100%バレて最悪審査落ちします。

icon-hand-o-right 信用情報とは?

利用中のクレジットカード・他社ローンの申し込み履歴や返済状況などの金融取引き情報のこと。

生年月日や住所、年収、他社借入状況といった個人情報も記録されています。

うっかり入力ミスをしてしまった場合も、「ウソの情報で申し込んできたな…」と疑われてしまうので要注意です。

(参考:カードローン審査で「嘘」をついても大丈夫?

また今ある借金を1つにまとめることが目的なので、他社から借りている以上の金額を借りようとすると利用目的を疑われてしまいます。

他社借入金額や件数をあらかじめ確認してから申し込むようにしましょう。

他社から借りている金額を確認する方法

「今自分がいくら借りているか分からない…」という方は、利用中のローン残高を以下の方法で確認しておきましょう。

  • 利用しているカードローン会社に直接電話で問い合わせる
  • 会員ページや返済用のネットバンキング口座の取り引き情報をネット上で確認する
  • 自分で信用情報の開示請求をして書類で確かめる

(参考:個人情報開示をして、カードローンの審査に落ちた理由を探ろう

また新しい借入れ先に申告する他社借入れ残高は「利息を含めない残高の元金のみ」

複数ある他社借入の合計が元金 200万円+利息 20万円の220万円あっても、申告するのは元金の200万円のみでOKです。

②【仮審査】コンピューターによる「スコアリングシステム」で自動審査

過去の信用情報に事故情報があると仮審査で落ちてしまう。

仮審査は「スコアリングシステム」を使ったコンピューターによる自動審査です。

申し込み情報をそれぞれ点数化し、その総合点が合格点を超えていればクリアできます。

【仮審査でチェックされる基本的な項目】

  • 年齢
  • 勤務先情報(職業、勤続年数)
  • 年収
  • 住宅情報(居住区分、居住年数)
  • 家族構成(配偶者の有無、同居家族の人数)
  • 他社借り入れ状況(借入れ件数、借入れ総額)

仮審査で審査落ちしてしまう人の特徴3つ

仮審査で審査落ちする可能性が高い人の特徴は以下の3つです。

  1. 3ヶ月以上の返済遅れや自己破産など、返済トラブルを起こしたことがある
  2. 申し込んだ時点で他社ローンの支払いに遅れている
  3. 過去6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査に落ちている
① 信用情報に事故情報がある

3か月以上の返済遅れや返済滞納、自己破産といった事故情報が信用情報に残っていると即・審査落ちになります。

【事故情報】

  • 61日以上の返済遅れ・3ヶ月以上の返済延滞
  • 債務整理・個人再生・自己破産
  • 強制解約
  • 代位弁済 ※返済ができなくなった利用者の代わりに保証会社が借金を支払うこと

たとえば長期の返済遅れ・延滞は解消から5年間自己破産は10年間と、事故情報が残っている期間中はどのカードローン審査にも通らないので注意してください。

② 申し込んだ時点で利用中の他社ローンの支払いに遅れている

申し込んだ時点で利用中のローンの返済に遅れていると審査に通りません。

先月のローンの返済日を3日過ぎているのに払っていない人が「東京スター銀行でおまとめローンを組みたい」と言っても、審査落ちはほぼ確実です。

東京スター銀行が公表している審査基準にも「現在利用中のローンを延滞していない方」という項目があるので、返済に遅れている人はまず審査に申し込めません。

仮に返済に遅れたことを隠して申し込んでも、他社ローンの返済状況は信用情報を通してスグにバレてしまいます。

③ 過去6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査に落ちたことがある

申し込んだ時点から過去6ヶ月の間に東京スター銀行のローン審査に落ちている人は「スターワン乗り換えローン」を利用できません。

「スターワン乗り換えローン」だけでなく、東京スター銀行のカードローンや住宅ローンの審査も含まれるので注意してください。

(参考:スコアリングでマイナスポイントが多いと審査に落ちる)

③【在籍確認】東京スター銀行から職場への電話で”勤務先の在籍状況”をチェック

東京スター銀行から直接職場に在籍確認の電話が来る。

東京スター銀行では職場への電話で「申し込み時に申告した職場で本当に働いているか」をチェックしています。

残念ながら「電話がかかってくる日時」「担当者の性別」は指定できませんが、電話口では担当者の個人名を名乗ってくれるので職場バレの心配はありません。

申し込み者本人が電話に対応すれば「ありがとうございます。確認が取れましたので失礼いたします」と、1分もかからずスグ終了します。

また本人が出られなくても「ただいま席を外しております」など、勤務先に在籍していることが確認できればOKです。

在籍確認の電話が繋がらない場合、審査落ちの可能性アリ

在籍確認の電話がなかなか繋がらないと審査時間が長引く原因になるので注意してください。

審査をスムーズに進めるには「1回目の在籍確認の電話に対応する」のがベストです。

また「1週間以上在籍確認の電話に対応できない」など、長い間電話が繋がらないと審査に落とされてしまうこともあります。

電話に対応できる人がいる日にちや時間帯をあらかじめ確認してから申し込むようにしましょう。

「職場への電話なしでおまとめローンが組みたい…」という方は、下記のページを参考にしてみてください。

在籍確認なしでおまとめローンを組める?全7社を調査して辿り着いた真実…

④【仮審査の結果通知・必要書類の提出】書類提出は専用URLからアップロードでOK

必要書類は専用のURLから写真をアップロードして提出。

仮審査の結果が出るのは申込みから最短3日後、メールで通知されます

必要書類はメールに記載の専用URLからアップロードで提出すると、今後の審査がスムーズです。

【顔写真付きの本人確認書類 (どれか1枚)  ※顔写真付きのもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

※外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書も加えて提出してください。

【前年の収入が確認できる書類 (どれか1枚)

  • 給与明細(直近3ヶ月分)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書

収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

提出書類に不備があると審査に落ちる可能性がある

スマホで撮影した書類をアップロードするときは明るくはっきりと文字が読める写真を選びましょう。

「ぼやけて文字が読み取れない」「画面が暗すぎる」など画像が不鮮明だと再提出になったり、審査落ちの原因になったりしてしまいます。

提出書類が以下の条件を満たしているかもきちんと確認してください。

  • 発行日付のあるものは6か月以内に作成されたものか
  • 有効期限のあるものは期限を過ぎていないか
  • 記載されている住所は現住所と同じか
  • 本人の名前や会社名が印字されているか
  • 税務署印など必要な印が押されているか

また発行に時間がかかるから…といって偽造した書類を提出すると、最悪逮捕されてしまうなどデメリットしかありません。

(参考:収入証明書を偽造してカードローン審査に申し込んだらヤバイってマジ??

⑤【口座開設・インターネットバンキングの登録】契約手続きまでに済ませておくのがベター

できるだけ早く借りるためにインターネットバンキングに登録する。

東京スター銀行でできるだけ早くおまとめローンを組むにはWEB完結で手続きを進めるのが重要です。

特にWEB完結で必須の「返済用口座の開設」「インターネットバンキングの登録」を契約手続きまでに済ませておきましょう。

  • 東京スター銀行普通預金口座の開設
  • 東京スターダイレクト(インターネットバンキング)の登録

以下の流れで口座開設~契約手続きをするとスムーズにおまとめローンが組めます。

  1. 返済用口座の開設・キャッシュカードの発行
  2. ネットバンキングの登録
  3. 本審査~インターネットバンキングから契約手続き

特にネットバンキングの登録には返済用口座のキャッシュカードが必要なので、仮審査結果の通知後スグに口座開設するのがベスト。

仮審査の結果通知後に届く「口座開設の案内メール」から最短5日で開設できます。

⑥【本審査・本審査の結果通知】書類提出から1週間程度で審査結果がわかる

申し込み情報・提出された書類・信用情報から返済能力を審査。

本審査では申し込み情報や信用情報、提出書類をもとに「申し込み者本人かどうか」「返済能力がじゅうぶんにあるか」を最終チェックします。

【本人確認の項目】

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 年収
  • 勤務先情報 などの個人情報

 

【返済能力を確認する項目】

  • 他社借り入れ件数や借入れ総額
  • クレジットカードやローンの返済状況
  • 債務整理や自己破産などの有無
  • 他社ローンへの申し込み履歴や状況

提出書類と申し込み情報に食い違いがなければ、本審査で落とされることはほとんどありません。

本審査結果は書類提出から1週間程度を目安に、メールまたは電話で通知されます。

⑦【契約手続き】インターネットバンキングから契約手続きを完了させる

契約手続きは「東京スターダイレクト(インターネットバンキング)」にログインしてネット上で完了できます。

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」はネットバンキングの画面上で契約手続きできる

契約内容に同意すると契約書をダウンロードできるので、必要な方は保存しておきましょう。

⑧【他社ローンの返済】利用中のローンの振込み返済先を登録する

現在の借入れ先に東京スター銀行が「代理返済」してくれる。

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は代理返済が利用できるので、自分で今の借入れ先に返済する必要はありません。

icon-hand-o-right 代理返済とは?

利用者が現在抱えているローンを代わりに全額返済してくれるシステム。

東京スター銀行が現在の借入れ先に直接入金して返済してくれるので、ATMや銀行に足を運ぶ手間が省けます。

契約手続き後に電話で通知された代理返済日から、土日・祝日を除いた2営業日前の19時までに以下の2つを登録してください。

  • 利用中のローン会社指定の返済用口座
  • 各ローンから借りている金額

代理返済日に登録した振込み先宛てに東京スター銀行から直接返済されると、借金のおまとめが完了します。

代理返済日以降は毎月10日に、東京スター銀行の返済用口座から自動引き落としで返済していけばOKです。

「銀行振り込みによる返済が出来ないローン」を利用している場合

銀行振込みで返済できない(返済用の振込み先がない)ローンを利用している場合は、自分で今の借入れ先に返済する必要があります。

「利用中のローン会社指定の返済用口座」の代わりにお手持ちのお好きな口座を登録し、一旦手元に来たお金で利用中のローンを完済すればOKです。

 

審査に落ちる人の特徴

ここで東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」の”審査に落ちてしまう人”の特徴を振り返りましょう。

  • ウソの情報・間違った情報で申し込む
  • 他社で借りている合計額以上の金額を希望する
  • 3ヶ月以上の返済遅れや自己破産など、返済トラブルを起こしたことがある
  • 申し込んだ時点で他社ローンの支払いに遅れている
  • 過去6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査に落ちている
  • 在籍確認の電話が1週間以上繋がらない
  • 提出書類に不備があったり、偽造したりする

また上述の通り東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は審査基準が詳しく公表されているので、申し込み前にチェックしておくことも大切です。

最短時間で東京スター銀行おまとめローンを組むコツ3つ

東京スター銀行で申し込み~おまとめローンを組むまでの時間は2週間~1ヶ月程度が目安。

項目 かかる日数の目安
申し込み~仮審査結果の通知 3日~
返済用口座開設・キャッシュカード郵送 5日~
書類提出~本審査結果の通知 1週間~
契約手続き~代理返済 1週間~

おまとめローンはどうしても借入れる金額が大きくなるので、しっかりと返済能力をチェックする分、審査時間が長くなりがちです。

ただし申し込み前にちょっとした工夫をしておけば、おまとめローンを組むまでの時間をグッと短縮できます。

icon-hand-o-right 最短日数で東京スター銀行おまとめローンを組むコツ3つ
  1. 東京スター銀行の普通口座を開設しておく
  2. 申し込む前に他社借入件数・金額をできるだけ減らしておく
  3. あらかじめ収入証明書を用意しておく

「2週間も待てない!明日にでもおまとめローンを組みたい!」という方は消費者金融のおまとめローンを検討してみてください。

消費者金融でのおまとめローン・借り換えってどうよ? メリット・デメリットから切り込む

① 東京スター銀行の普通口座を開設しておく

東京スター銀行の口座開設を申し込み前にしておく。

申し込み前に東京スター銀行の普通口座を開設しておけば、「口座開設にかかる時間」を完全カットできます。

またネット上で契約手続きをするには、普通口座のキャッシュカードを使った「インターネットバンキングの登録」が必須

口座を開設しておけば「キャッシュカードが届くまでの時間」も省略できるので、契約手続きがスムーズです。

さらに東京スター銀行の口座を給与振込み用として利用していると、「定期的に安定した収入がある」と判断されて審査でプラス評価されることもあります。

② 他社借入件数・金額をできるだけ減らしておく

借入れ金額・件数を少しでも減らしておくと審査がスムーズ。

申し込み前に他社ローンの残高を少しでも減らしておくと、「これだけだったら返せるだろう」と審査のハードルが下がりやすいです。

現在借りている金額がそのまま東京スター銀行で借りる金額になるので、ローン残高が少ないほど返済する余力があるとアピールできます。

他社借入金額を年収の3分の1以下に減らしておくのが理想的ですが、1万円でも2万円でも今ある借金を減らしておくのがベター。

また他社借入件数が少ないほど返済状況を調べる件数が少なくなるので、審査スピードをあげられます。

③ 収入証明書は早めに用意しておく

収入証明書の中には発行に時間がかかるものもあるので、事前に発行しておくのがベター。

収入証明書をあらかじめ用意しておくと審査をスムーズに進められます。

おすすめは給与明細
給料日に毎月発行されるものなので、特別な手続きなし・手数料0円でスグ用意できます。

収入証明書の中には発行・再発行までに1週間以上かかるものもあるので、申し込みの前に準備をしておくといいでしょう。

収入証明書 発行時間
給与明細 即日
源泉徴収票 自社でなら即日
外部委託なら最長1週間
確定申告書 再発行なら1~3週間
住民税決定通知書 即日
課税証明書 即日

(参考:収入証明書(所得証明書)はどこで発行・入手できる?【カードローンに申し込む人必見】

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」は、他社借入金額・件数が多めにあっても前向きに審査してくれる”おまとめ専用ローン”。

「61日以上の返済遅れ・延滞などの返済トラブルを起こしていない」年収200万円以上」など、東京スター銀行が公表する審査基準を満たしていれば利用できる可能性が高いと言えます。

気をつけたい点としては、申し込み~おまとめ完了までに2週間以上がかかること。

東京スター銀行でできるだけ早くおまとめローンを組みたいなら、「東京スター銀行の口座を開設しておく」など申し込み前の工夫が重要です。

年12.5%以下の低金利で利息を大幅に減らせるので、「複数ローンの負担から開放されたい…」とお悩みの方はぜひ申し込みを検討してみてください。

↓東京スター銀行おまとめローンのメリット・デメリットについてはこちら↓

東京スター銀行おまとめローン「スターワン乗り換えローン」の評判!10項目からガチ考察!

◯この記事のアドバイザー◯
株式会社ベリーライフコンサルタント代表
CFP(R)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

川崎市を拠点に法人様や個人事業主様の資金作りや節税対策の顧問契約も提供している。